村瀬彰吾がつづる新選組話題を含む日記&エッセイ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

清水次郎長もいたなあ―――3

【家康の上を行く次郎長  ―――?!】
【高島嘉右衛門と親友だった―――?!】


前回は、次郎長の前半生を振り返ってみたのだが、本日は、後半生を見てみよう。

次郎長は、慶応4年を境にして、それまでの前半生とは違って、驚愕の善人に変貌していた。
次郎長のした事業の全部を細かく述べることはできないので、彼の行ったことを列記して、その中で特筆すべきことを詳細に述べる。




1 明治元年9月18日――咸臨丸事件
旧幕府海軍副総裁榎本武揚は、8月品川沖から艦隊を北へ向けて脱走させた。
途中、咸臨丸が暴風雨により房州沖で破船し、流されたのか、修復のためか、清水湊に停泊した。駿府藩は、官軍を欺いて脱走した船だけに、停泊させることに困惑した。この頃、東北では新政府軍が会津若松城を包囲攻撃中であったし、駿府藩は、幕府軍を説得し箱館行きを中止、降伏させねばならない立場にあったのだが。

 9.18日、新政府軍の富士山丸、武蔵丸、飛竜丸の3艦が、とうとう清水港入り、咸臨丸を砲撃した。
そして、副艦長春山弁蔵ら7名を斬殺した。春山弁蔵は長崎海軍伝習所の第1期生であり、草創期のわが国造船界にとって、重要な人材であった。砲撃の間に、乗組んでいた者の大半は海に飛び込み、近くの三保貝島などに泳ぎ着いた。咸臨丸は拿捕され、翌朝、品川まで曳航された。
 そののち、港には、多数の幕府軍の兵士の遺体が港に浮き、次第に腐乱し始めていた。官軍は放置したままで、何ら処置をしようとしないので、漁民たちには漁の邪魔にもなっていたのだが、「賊軍に加担する者は厳罰に処す」とのお触れが出ており、官軍の睨みを恐れて誰も手を出せずにいた。
黙っていられないのが次郎長である。
ただちに子分たちに小船を出させて港に浮かぶ遺体の回収作業をおこない、向島に埋葬、石碑まで建てた(壮士の墓)。
次郎長は官軍から出頭を命じられ、糺問官に「賊兵を葬うとはお上を恐れぬ行動」と詰め寄られる。
次郎長は言った。
「死ねば皆仏だ。仏に官軍も賊軍もない」と、言い放った。
結果的に次郎長にはお咎めなしになったが、背後に山岡鉄舟の影があったとも云われている。
鉄舟は、後に、明治政府の中で、明治天皇の付き人になっている。

勝海舟―山岡鉄舟―清水次郎長の関連がここで出来上がってくる。
山岡鉄舟と清水次郎長の親交ぶりに関心をもった勝海舟が次郎長との会談を望み、鉄舟に頼んだ。
ここで、海舟は、次郎長に意地の悪い質問をした。
家康が、「自分の家来で四天王と呼ばれていた酒井忠次、榊原康政、本田忠勝、井伊直正は、いつでも自分のために死んでくれる」と言ったのを、勝は覚えていて、勝海舟は次郎長に尋ねた。
「よお、次郎長さんよう。東海道一って言われる、あんたほどの親分なら、あんたのために死ねる子分はいってぇどれくらいいるんでえ」。
「そんなもんいやしませんや。―――でも子分のために死ねる親分なら、ここに一人いますぜ」。
世間広しといえども、将軍にしろ、大名にしろ、自分の手下のために死ねると言える人物がどれほどいるだろうか。
海舟も鉄舟も、この一言だけで、次郎長という人物の奥深さ、大きさに感嘆した。

2 牧の原の開墾事業
3 徳川の藩校「明徳館」内に英語学校の設立
4 「静降社」を設立し、清水港の改良、定期便(清川丸、静岡丸)の創設。
5 三保の松原に、塩田開発。
6 遠州相良に油田開発。
7 横浜からの船で出会った青年医師を、医師不足の清水で開業させる。
8 富士裾野に開墾事業。
9 清水港に料亭旅館「末廣」を開業。一大サロンに。(近年、当時のたたずまいのまま復元された)
10 東海道線開通事業に協力。
11 新門の辰五郎に頼まれ、前将軍慶喜の警護兼ねて『話し相手』に。





調べ上げると、以上のようなことが判明してきた。
これらは、難民化してしまった徳川将軍家家来2万人の衣食住を面倒見るばかりでなく、『職探し』まで苦心している。
(東日本大震災で被災した人たちには、衣食住ばかりでなく、仕事にありつかせるところまで、行政は見てやるべきだと思うが)

次郎長は、様々な開墾事業や塩田開発、油田開発は、徳川難民ばかりでなく、近所の刑務所につながれていた囚人たちの縄を解いで職業訓練をさせ、また、自分の子分大政小政をはじめ、もと任侠だった人間を共に開墾事業に就かせていた。
これらの次郎長の実業家として大事業のうち、特に7番目に挙げた『富士の裾野開墾』について述べたい。

これは、現在でも、「次郎長開墾」として知られている。
富士市大淵、次郎長町という地名まである。
次郎長が何故、ここを開墾地として定めたのか、今でも、分からないという。
一説には、「神道天照教」という新興宗教と関係があると言われている。
この宗教の教祖様は、意外にも、あの井伊直弼を襲撃した1人、徳田寛豊であった。日本国を平和で安らかな国にしたいという願いから、神教、仏教、儒教、キリスト教を統一して、老若男女の別なく、誰でもが参加できる教えを広めるというものであった。
場所は、富士宮の入会地6万坪に聖地として定め、そこに本殿を築いたというものだ。当時、信者の数は、10万人を超えていたという。そして、この辺りには、一つの街並みが完成していたという。

ここは、現在、桜の名所として知られているが、本殿のあった正面に4人による桜の植樹がされているという。1人は、西郷さんの弟で海軍大臣であった西郷従道。そして、高島嘉右衛門、清水次郎長、そして教祖の徳田寛豊である。
この場所に、日本の首都を遷都するという考えがあったという。それを首謀したのが、あの西郷隆盛であった。
西郷さんが、吉原宿の「たいや旅館」に宿した時、富士山の瑞気、天に沖する姿を見て、ここを日本の中枢地と定め、遷都の相談をしていたというものである。
その都市計画図が、今でも絵巻物として残されている。

僕は、先日、村瀬塾の仲間と横浜へウォーキングしたとき、「横浜に高島嘉右衛門が日本の夜明けを開幕し、それに次郎長も参加していた」ような気がしていた。
で、塾の阿部さんというメンバーに、嘉右衛門と次郎長の接点の調査を依頼していた。
彼は、精力的に調査をしてくれ、とうとう、横浜の図書館の職員からその証拠となるものを突き止めたのである。
それは、次郎長開墾に嘉右衛門も参加していたという証であった。
次郎長開墾は、それ自体は、次郎長が生きている間には、成功しなかった。富士のすそ野の開墾は想像以上に厳しいもので、一朝一夕には無理があったのである。
でも、この地は、その後、官と民が協力して、肥沃な土地に生まれ変わったとのことである。
それも、次郎長と嘉右衛門の開墾があったればこそのことである。

次郎長町の様子
 次郎長町の様子ーー平成


今の次郎長町のあたりの昔の地図を見てみると、驚くことに、次郎長開墾のすぐ右側に「高島開墾」があるではないか。

次郎長・高島開墾図
 次郎長・高島開墾図

これで、二人は、協力して開墾事業に携わっていたことが判明した。
では、一体、二人の最初の接点はどこにあったのであろうか。
それは、次郎長が『清水港――横浜港』の航路を開発するとき、自ら何べんも横浜に通って、すべての段取りから国への交渉など、嘉右衛門とひざを並べて相談していたからに他ならない。
かれは、清水で様々な事業を起こして茶をはじめとした物品を生産しても、それらを外国へ流通させなければ、事業になりえないことを理解していたから、どうしても航路を確立させることにまい進したのである。

当時、嘉右衛門は、横浜――函館ルートをすでに作り上げていたから、そうしたノウハウは体験していたのである。そこで、横浜での、二人の相談場所はいったいどこであったのか、知りたくなった。すると、意外な事実が発覚した。

高島嘉右衛門が、神奈川と横浜の海を埋め立てて、そこに鉄道を通したのは有名な話である。そして、その埋立地には、遊郭を誘致したのだった。
そして、その賑わいを、浮世絵師の歌川国松が浮世絵に残していたのである。
当時の繁盛ぶりと鉄道の近さがよくわかる。

高島町神風楼
高島町神風楼[1]


当時、最も人気のあった遊郭は、神風楼という店であったが、それは、三層楼の壮大なものであったという。それが、見事に、その浮世絵に描かれていた。
ここの楼主、山口粂蔵は、幕末には勤王の志士を庇護し、明治政府の高官たちは大概、この人に一度や二度は世話になっているほどの大変な大物であったが、次郎長親分も世話になっている。
粂蔵は、次郎長が横浜にやってくると、この神風楼を定宿にさせ、嘉右衛門とのつなぎ役を演じていたらしい。
また、次郎長が投獄されていた時分には、粂蔵自身が減免運動までして、早期の釈放を実現している。

神風楼の古写真
高島町・神風楼

なお、余談だが、箱根宮の下にある『箱根富士屋ホテル』は、粂蔵の養子仙之助が開業したものである。

つまり、次郎長と嘉右衛門との最初の接点は、なんと、この遊郭「神風楼」にあったのだ。二人は、ここで、新しい航路について相談し、また、富士裾野の開墾事業についても、検討を重ねていたのだった。

図らずも、ここの数か月、この二人と仲居屋十兵衛について密着してきた僕だが、まさか、こんな接点があったとは、全く知らないことであった。仲居屋十兵衛についても魅力的な人だが、この人は、横浜で文久2年までしか確認されていないので、次郎長との接触はあり得ない。だが、嘉右衛門とはつながりがあったに違いない。嘉右衛門は、安政5年以降には、すでに、横浜に進出しているからだ。

3回にわたって、次郎長について述べてきたが、まだまだ言いたいことはたくさんある。
言えなかったことは、次の機会に再び、登場していただく。




スポンサーサイト

清水次郎長もいたなあ―――1

まずは
第九とスクリーンミュージック

久しぶりのブログである。
仕事が取り込んでいて、つい、筆が遠のいてしまった。
昨年の暮れは、いつもの『第九』コンサートを行なったが、第1部で大がかりな仕掛けをしたので、僕の生涯でも、記憶に残る大仕事となった。
勿論その分お金もかかり、満席になったが赤字状態で、過去の積立金を大方吐き出してしまうほどだった。

その第1部であるが、今回は、スクリーンミュージックを僕のビッグバンドとストリングスを入れて12曲、演奏した。
150人の合唱団も一緒である。

結果として、お客様からの反響は異常なほど好評で、

「青春時代の良き思い出がよみがえりました」「あの名画の主題曲を生で聴けるなんて、幸せでした」「日野で、こういう音楽が聴けるとは思わなかった」「音楽って素晴らしいですね、落ち込んでいた自分が、よみがえってきました」
と、こんなところである。
その時のDVDも出来上っているが、写真もあるので載せる。
不肖、僕が指揮棒を振っている。
ステージ--a

満席--b

自分の演奏--c
自分の演奏
キャッツよりメモリー--d
キャッツよりメモリー

高島嘉右衛門・中居屋重兵衛・清水次郎長

さてそんな暮れだったのだが、このブログについても気にはなっていた。
ここの所、長い間書いていなかったから、自分としても気持が落ち着かなかったのだが、また、このホームページのトップ画面も古い情報なので、斬新なものに改めたいと管理人に相談していた。
あと、ひと月もたたないうちに、新しいものに変わるはずである。

そんなこんなであったが、さて、本日は、清水の次郎長である。
昨年あたりから、若い頃から関心の強かった『高島嘉右衛門』についてここのコーナーで紹介したが、その後、同じ横浜を作った男として『中居屋重兵衛』も、僕の塾で講義した。
この人も、幕末に横浜で大活躍したのだが、実に魅力的で、もっと世間で騒がれてもいいのに、と思っている。
いずれ、ここで紹介する。

本日は、全く同じ時期、東海道の博奕打ちで山本長五郎という人がいた。そう、清水港の次郎長の話である。
この人は、やくざの大親分ではあったが、大変な人気者であった。それは、映画や読み物で大きく取り上げられたから人気が出たといってよい。
だが、ここでは、実在した人物として、稀有な実績を積み、それが社会貢献としてとてもやくざ者とは思えないほどの良績を残している一面を紹介したい。
ただ、それは、彼の後半生のことであり、前半は、どこにでもいる博奕打ちの侠客であった。

きっかけは、勝海舟

僕がこの人に興味を持ったのは、26歳の頃であった。
あの頃、NHK大河ドラマで『勝海舟』が放映されていて、最初は主演が渡哲也だった。
だが、彼は、放送が始まってすぐ病に倒れてしまい、代わりに松方弘樹が勝を演じた。
長崎の勝の恋人で『お久』という人がいた。
この時、大原麗子が演じていたが、なんて声の魅力的な人だろうと思った。その人は、今はもういないが―――。
これを見はじめて、僕は、勝の生き方に大変感動し、直ちに子母澤寛の『勝海舟』を買ってきて読み始めた。
ここで、僕は、幕末という時代の大勢を知ったのであった。
勝と西郷、そして坂本龍馬との関係を知った。
また、その周辺にいる人物も知ることとなり、その後の僕の人生に大きな影響があった。

幼い頃より、近所のお下がりの映画館で、東映の時代劇を見て育った自分だから、当然「清水一家」や「忠臣蔵」「新選組」は大好きな演目であった。
でも、子母澤寛の勝海舟の小説の中で教えてもらったのだが、次郎長が勝に協力して、そんなに活躍したなんて、知らなかった。
勝の幕臣の弟分に当たる『山岡鉄舟』と次郎長との深い絆も、すべてが頷けてくる。

徳川本家は、慶応3年の暮れには、事実上崩れ去っていた。
というより、正確には、徳川幕府の方である。これは、政治体制として、大政奉還があって、その後の王政復古の大号令で完全に消滅したと言ってよい。
だが、徳川の将軍家はどうだろう。
これが、問題なのである。
鳥羽伏見で戦があり、四境戦争に続いて連戦連敗の徳川にはすでに、浮かぶ瀬はなかった。
だから、15代将軍と会津中将の容保は、手に手を取って、大阪湾に遊弋していた“開陽丸”を奪って江戸へ逃げた。

「戦」に負ければ、野に下るだけ

関ヶ原の戦で徳川が勝ち、豊臣を完全消滅させて栄華を誇っていた徳川であったが、260年経過して今度は負けた。
ただ、それだけのことである。

だから、体制が変わるのである。
だが、それまでの歴史と少し違うのは、薩長『西軍幕府』として権力を誇ったのではなく、今度は『日本国』となった。
廃藩置県後、幕藩という大名としての独立国家はなくなった。

官軍側は慶応4年1月、この慶喜に追討令を出した。有栖川熾仁親王を総督に西郷をはじめ参謀たちが東へ東へと東海道を江戸へ目指した。
だが、この時まだ、徳川家への処分は決まっていなかった。戦争で負け慶喜は上野寛永寺で謹慎しているのだから、藩主(慶喜)は切腹、お家断絶、領地没収でも文句は言えなかった。
浅野家と同じ運命である。
だが、この場合には、ここからさらに大きな犠牲、血が流れることになる。江戸は火の海になるだろう。西郷は、そうしたことにはしたくなかった。
勢いづく兵隊たちを抑えながら、しかし時にはガス抜きもさせながらこの戦を終結させなければならなかった。

勝海舟は、この時、徳川家の大参謀の地位にあったから、官軍の西郷と渡り合い、有利な条件で徳川家が存続できるよう交渉したのである。
そのために、3月初旬、山岡鉄太郎を駿府へ勝の名代として送った。この時、先方はすでに小田原に達していたのだが、西郷隆盛はまだ駿府にいた。
東海道を小田原から箱根を抜け、三島から沼津、由比、府中(駿府)に至るには、勢いづいた官軍の陣中を突破しなければならない。幕臣の山岡一人では、到底行きつけるものではない。
だから勝は、助っ人として薩摩人益満休之助を伴に付けた。

だが、この益満は、三島あたりで病に倒れ、鉄太郎一人で突破しなければならなくなった。

東海道の難所、『サッタ峠』

由比の海岸沿いの光景は、東海道でも優れて素晴らしいので、様々な観光資料で紹介されているが、ここの海岸線は、新潟の親不知などと並んで断崖絶壁の難所である。
だから、江戸の時代には、海岸沿いに歩くことは困難なので、すぐ上の『サッタ峠』を超えることになっていた。

由比海岸ーーー1

由比海岸ーー2

由比海岸ーー3

富士川を渡って蒲原、由比に来たころには、夕闇が迫っていた。山岡鉄太郎は、1人でサッタ峠を上っていたが、暗闇の中から突然怒声が聞こえた。
「止まれ!」
とても突破はできないと判断した山岡は、直ちに引き返して峠をおりはじめた。
官軍は、引き返す鉄太郎を容赦なく背後から射撃してくる。
命からがら逃げ延びることが出来た山岡は、一軒の宿屋に飛び込んだ。

次郎長と山岡との出会い

ここは、松永家が代々営む『望嶽亭』であり、サッタ峠の登り口にあった。その当時の当主松永七郎兵衛は、事態を敏感に悟って直ちに奥の座敷に隠れさせ、追手が迫って来る前に山岡を漁師の姿に変装させた。

【その時、山岡が所持していたフランス製の十連発小銃は、いまだ望嶽亭に、大切に保管されている】

山岡鉄太郎のピストル――_
山岡鉄太郎のピストル

現在の望嶽亭入口――_
現在の望嶽亭入口

秘密の階段――_
秘密の階段

鉄太郎の隠れた蔵座敷――_
鉄太郎の隠れた蔵座敷

官軍の探索をうまくすり抜けた望嶽亭の当主松永は、下僕の栄兵衛に命じて、秘密の抜け道を通らせて山岡を海岸まで案内し、一艘の小舟で清水港まで送り届けた。

松永から手紙をもらっていた次郎長は、自身が山岡を案内して無事、西郷のいる駿府伝馬町『松崎屋源兵衛』宅に案内した。
ここから、あの有名な西郷と勝の「無血開城」へ話が進むのである。
(次郎長=長五郎は、まだ10歳にも満たない幼い頃、由比にいる義母の実家や縁続きにたらい回しにして預けられていた。
その当時、松永家19代当主嘉七は、長五郎の面倒をみていたから、義理があるのである)

この話が実話なのかどうか、よくわからないが、そのピストルがいまだに残されているということから、大筋は本当なのだろう。
次郎長が案内したかどうかについても不明だが、その後の山岡との深い絆を想うと、あってもよい話のように思えるが。


次回へつづく

江戸川柳 『念のため 湯屋で仲人見合いさせ』『風が吹くと置屋が儲かる』

最近、日本のお風呂が外国で人気があるらしい。
アラスカの人が最初に注目したらしいが、あの湯船に温まるのがなんとも気分爽快でリフレッシュに良いとのことで、アメリカ本土でも静かなブームになってきているという。
日本人は、今では、プラスチックで出来ているバスタブに入ることが多いが、アメリカでは、檜の感触と香りに関心を寄せているとか。
こういうニュースを聞くと、日本人と風呂について、歴史的に考えてしまう。
すると、やっぱり、ペリーやハリスが日本にやってきたときのことを思い出す。


日本食は今や、寿司をはじめ、てんぷらやすき焼きなどが世界のいろんな国で人気があり、材料的には、豆腐やしょうゆなどがもてはやされているのは、周知のことだ。

日本人は、欧米人に比べて肥満が少ないし、現在では世界一といわれる長寿国だし、わが国の風俗習慣が見直されて当然である。
でも一面、最近頻繁に報道されているように、超高齢化社会に突入して、その割りに若い人が減ってきていて、社会保障面での財政が維持できるのか、確かに心配ではある。

1億2千万人いた日本人がこれから8千万人に減るという。
子供が少ないのだ。
その割りに、世界一の長寿国。
財政が持たないのは、当然である。
だから、社会保障と税の一体改革なのかーーー。

一つの方法としては、この際、移民をどしどし受け入れて、若い人に労働力人口として頑張ってもらうのも必要になるのかも。
だって、地球的には、人口は増えていて、食糧不足だというのだから、わが国に来てもらうものいいのじゃないかと、単純に思うが。

でも、ピラミッド型が崩れるという世代別の人口構成のいびつさは、僕が年金の仕事をしていた1980年当時から指摘されていたことだし、今更、何で騒いでいるのだろうと言いたい。
その当時から、6人で一人の高齢者を支える時代から、3人で支えなければならない時がやってくる、と言われていた。
それが恐ろしいことに、最近では、2人で一人とか、1人で一人のように報道するところも出てきた。

もっと早く手を打っておくべきだったのに。
今、この国では、社会保障のために増税が議論されているが、この数十年の間に、年金の財源が相当に浪費されてしまった。
無駄遣いもたくさんあるが、金額的には、その大部分が運用の失敗だったらしい。
ああゆう資産を、株式をはじめとした投機につぎ込んでいいものなのか、不思議である。

今から約30年前、バブル絶頂の時、『新人類』などという言葉が流行った。今は、全く言わなくなった。
「時代」か。

確か、金融会社などで、若い社員がファンドマネージャーとして配属されて、一日で数百億単位のお金を運用し、数億円を稼ぎ出すような人たちが象徴だったように思う。

ただ、現金を持っているだけの無能な連中は馬鹿にされた。
どしどし運用して、稼ぎ出さなければならない時代だった。
他社、他人に負けじと競争して稼いだ。
儲かった。
だから、銀行から大きな借金をしてまで投機に走った。
その結果、すごい資産家が誕生した。

でも、はじけた。
資産家が一転して、大きな負債を抱えることになった。
この時、「歌う不動産王」として有名になった歌手がいた。
当時、ハワイの多くのホテルを所有していたと言われる彼だが、90年代の初めには、借金が1000億円を超えていたと言われる。

そんな体験をしてきたわが国だが、今や、未曾有の円高に悩まされているし、借金が1000兆円だ。
どうするんだろう。


いや、実は、この話題ではなかった。
僕は、江戸の風呂文化について、書くつもりだった。
例によって、最初から話題がそれてしまった。

ペリーが日本にやってきたのが嘉永六年(1853年)だが、その後たくさんの外国人が渡来してきて、日本の風俗習慣について日記などに書き残しているが、その中に良く出てくるのが、公衆浴場についてだ。

ペリーが書き残した「日本遠征記」にはこう書かれている。

 「男も女も赤裸々な裸体をなんとも思わず、互いに入り乱れて混浴しているのを見ると、この町の住民の道徳心に疑いを挟まざるを得ない。
他の東洋国民に比し、道徳心がはるかに優れているにもかかわらず、確かに淫蕩な人民である」と。

江戸時代、最初は蒸し風呂で腰巻や褌をつけて入っていた。
宝永年間に真っ裸で入るようになったらしい。
そして、男女混浴だった。
松平定信の治世で一時混浴禁止令を出したらしいが、完全には守られなかったらしい。

この時代、一風呂浴びたあとは二階に上がってゆったり囲碁や将棋にふけった。
そのほか、湯女なども抱えていたというから、様々なサービスがあったらしい。

風が吹くと埃っぽくなるので、湯屋が儲かったといわれた。
そして、「風が吹くと桶屋が儲かる」といわれたが、本当のところは、「風が吹くと置屋が儲かる」が正しいという人もいる。
風が吹くと火の用心をしなければならない。
だから、銭湯の営業は禁止されたという。
困った客は、「置屋」へ流れたらしい。

それにしても、祝言を挙げてしまってからでは遅いから、間違いのないように、風呂屋で見合いとは、面白い川柳である。
村瀬執筆 時代小説
プロフィール

村瀬彰吾

  • Author:村瀬彰吾
  • 2004年大河ドラマ「新選組!」の決定以来、新選組特命主幹、日野市立新選組のふるさと歴史館館長を経て芸術文化担当として歴史に触れる毎日の生活を送っている村瀬彰吾のブログへようこそ!
    日野市在住。2006年に小説「人間 土方歳三」を出版しました。小説の詳しい情報や通販はH Pに。
    サイトに関してのお問い合わせ(動作不具合など)は管理人までお願いします。
    村瀬へのメールはこちら






リンク
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリー
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新の記事
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。