村瀬彰吾がつづる新選組話題を含む日記&エッセイ。

『石田散薬』の原料、みぞそば刈りを行なったのだが、楽しい子供たちで盛り上がった

昨日7月30日、新選組歴史館、郷土資料館、土方歳三資料館三者共催で、かねて募集していた「石田散薬作り」のみぞそば刈りを行なった。

親子で参加されたのは17人で、大人だけの参加は20人を超えていたから、総勢40人程度で、人数的にはちょうどよいものになった。
モノレール万願寺駅に朝9時に集合して、最初は土方歳三資料館、ついですぐ近くの「向島親水路」に移動して、皆で牛革草(みぞそば)を刈り取った。

昼は高幡不動尊五重塔の地下にある無料休憩所で休んでから、高幡不動駅前にある幕末飯処『池田屋』を訪れて、土方歳三丼のミニセットを皆で食べた。
僕はしょっちゅう食べているから、いつものことなのだが、初めて日野へ来られた方は、あそこで食べる歳三丼の味は格別に感じるみたいだ。

僕の担当は親子で参加された人たちを、新選組巡りにお連れすることなので、午後は高幡不動尊内の新選組関係資料の説明と石田寺でのご案内だった。

昨日はとにかく暑い一日だったので、皆さん夕方にはぐったりお疲れになった様子だったが、僕も昨年以上に昨日は疲労してしまった。
湿度が高く、じっとしていても常に顔中汗まみれの一日だったからだ。

牛革草は、浅川や多摩川なぞの一級河川沿いには生えていない。
脇に流れている用水沿いに群生しているのだ。
向島親水路は日野市が気合をこめて整備した水路で、水車小屋などもセットされていて、雰囲気のいい散歩道に出来上がっている。子供たちも積極的にはさみを手にして刈り取っていたが、中には就学前の子も何人かいて、びっくりしたことに、この子達みんなが新選組好きなのだ。

特に、川崎から参加されたWさんの一粒種は朗君といって、4歳だった。
昨年の大河ドラマ『新選組』にハマってしまって、いまだに毎朝あのテーマソングで目が覚める毎日を送っているというから驚く。
その上、連日のようにビデオを見ているというから、そんなことってあるのかと思った。
当時は3歳だったわけで、そのくらいの年齢でも新選組を理解できるのかと、驚愕したのであるが、その子を見ていると、あまりのはまりように唖然とする場面が随分とあった。

一番すきなのが原田佐之助で、次が永倉新八らしい。歩き方からすべての仕草まで、新選組隊士になりきっている。
保育園で、あれでは周りの子供たちとうまく遊べないのではないかと、お父さんに聞いてみた。
「いやいや、そんな心配はないのですよ。園の中で新選組好きを集めて、いまだに『ごっこ』をしているから」とおっしゃっておられた。

試衛館出身の隊士全員を知り尽くしている。
まったく驚いた。
昼に歳三丼を食べた後、自由行動にしたのだが、高幡不動に向かう参道のお土産屋の前で朗くんが道路に寝転がって泣いていた。
近寄って何が起こったのか、お母さんに尋ねたら、
「あそこにかかっている刀を買えと、言うこと聞かないんですよ」という。
「すでに、刀は持っているんですが、『あれは偽者だ』『本物がほしい』と駄々をこねているんですよ」という。

その土産物屋で売っている二本差しは、勿論真剣ではないが、ずっしりと重く、子供には本物に見えるのだろう。
それを買ってくれなければ、ここを動かないと道路に寝転がって足をバタバタしている。
土産物屋のおばさんは、僕もよく知っている人だが、
「随分とここでいろんなお客さんを見てきたが、こんなの初めてですよ」と笑っていた。

でも、さすが子供。
しばらくそこで泣きじゃくっていたが、5分もするとお父さんの背中でスヤスヤお休みになっていた。
その寝顔がまた可愛い。

午後2時過ぎには石田寺に移って、皆で歳三のお墓を囲んだのだが、朗君は一番最初に墓石ににじり寄って、手を合わせていた。
まだ4歳。

昨日は刈り取った牛革草を干すまでで、8月28日に再び顔を合わせて、今度は酒をかけて炒る作業と薬研で潰す作業を行なう。そして、袋詰めだ。
その後は、日野の地元野菜でバーべキュウをすることになっている。そして午後は、日野宿へ行って再び新選組巡りだ。

昨年の大河ドラマは、第1話から話が飛びすぎていて馴染めないという新選組ファン、大河ファンがいた。
でも、逆にああゆう風だから、親しみが湧いて、新選組が好きになったという人もいる。

朗君のような、かなり若いファンも獲得していたのだから、三谷さんの貢献度もたいしたものだと思った。
スポンサーサイト

土方歳三の語り口調は――――

僕の作品を読んで、読者の方から『歳三の語り口調』について、お小言をいただいた。
「一貫性がない」と。
その通りで、実は書いた自分でもそう思っている。
というより、わざとそうした。
そうせざるを得なかった。

『人間土方歳三』というあの物語は、歳三が箱館で、市内の大店42店舗の店主や手代を前にして、自己の半生を振り返って語っていくという設定だ。
出席者の大方が歳三より年恰好も上の人だったはずだし、分別をわきまえた土方歳三のしゃべりは『丁寧語』でなければならない。
しかし、ずっとその調子で書いたら面白くない。
歳さんの味が出ないのです。

彼は日野の出で、青年期は江戸に出ている。
基本は日野弁でそれに江戸弁がミックス。
京都では、各藩や公家などの重鎮と接触することもあったわけだから、敬語や武士に相応しい言葉遣いもしたはずだ。
だから、その場その場でいろいろな語り口調になってしまう。
一番自然なのは、隊内で、自分の部下に対して言い放つときのしゃべりだろう。

でも、僕は、京都で、敵ではあっても官位や種々の実力を持った相手に、「礼」を持って接するときの歳三の態度が好きだ。
僕の本の中では、この部分はそう多くはなかったのだが、市中見廻り中に出くわした相手には、相応の丁寧な言葉遣いであったと確信している。
土方歳三という男、利口な人だから。

武士の出でないだけに、わざわざ武士に対しては対等以上の威厳を放つ。
丁寧で、へりくだりさえ伴う。
「新選組」とは、決して、野放図で野蛮な集団ではないぞと、周囲に印象付けていたはずだ。

近藤さんとの会話は、どんなものだったのだろうか。
相手は局長である。
京都では、常に局長を立てて、自分は黒子に徹してきた。
控えてきた。
でも、日野の佐藤家で初めて出くわしてから、ずっと、兄弟分の中だった。
随所で、様々な呼び方をしてきていたに違いない。
近藤も、歳三に対してどのような口調だったか興味が湧く。
彦五郎の妻おノブさんの弟だし、それでいて天然理心流道場主の食客という存在でもある。
「歳さん」だったり「歳」だったりだろうと思う。

歳三は近藤を「近藤さん」を基本に、「勇さん」とか「勝五郎さん」だったに違いない。
決して、「かっちゃん」とは言わなかっただろう。

講演会のお知らせ

もっと知りたい・新選組!
新選組歴史館館長に就任された村瀬彰吾氏の講演会のお知らせ

7月9日、13:30から日野市多摩平の森ふれあい館(JR豊田駅北口徒歩5分)人間土方歳三 新選組副長秘め語りについて熱く語ります。¥500円

日野生涯現役を進める会主催
問合せ先042-581-7544 大山様

・・・・・・・

以上ムンさまからのコメントを独立させていただきました。

土方家と『石田散薬』を作ってみませんか?―参加者募集―

共 催
日野市立新選組のふるさと歴史館
日野市郷土資料館
土方歳三資料館

------------------------------------------------
眩しい陽射しの元で、歳三との夏の思い出を一緒に作りませんか?
土方歳三生家の家伝薬『石田散薬』を、土方家とともに作る体験です。
みぞそば採取日と、乾燥させた1ヵ月後の散薬作り、計2日の日程です。

二つのコースがあります。
Aコース:夏休み親子新選組づくしコース(親子20組40人程度)
  案内人―――新選組のふるさと歴史館館長 村瀬彰吾
Bコース:石田散薬再現コース(一般30人程度)
  (Bコースでは村瀬は案内致しません)

Aコースは、土方歳三家の子孫愛(めぐみ)さんと一緒に親子で石田散薬を作り、同時に日野市内の新選組めぐりを行ないます。
親子でなくても、参加可(ご友人etc.)。
Bコースは、Aコースの石田散薬作りを徹底して極めるコースで、原料のみぞそばの採取から完成までを行ないます。
------------------------------------------------
■日時
   A:2005年7月30日(土)と2005年8月27日(土)
   B:2005年7月30日(土)と2005年9月3日(土)
------------------------------------------------
■日程
●Aコース
7月30日(土)(1日目)
 Aコース
 9:00集合(モノレール万願寺駅)――土方歳三資料館(見学とお話)――向島用水(みぞそばの採取)――高幡不動尊(昼食)新選組のお話――(バス移動)――石田寺――15:00万願寺駅(解散)

8月27日(土)(2日目)
 9:00集合(モノレール程久保駅)――(徒歩)――郷土資料館(石田散薬作り)――昼食(地元野菜でバーべキュウ)――(徒歩)――モノレール程久保駅――甲州街道口――(徒歩)――日野宿本陣――井上資料館――八坂神社――15:00日野駅(解散)

●Bコース
7月30日(土)(1日目)
 9:00集合(モノレール万願寺駅)――土方歳三資料館(見学とお話)――向島用水(みぞそばの採取)――高幡不動尊(昼食)――(バス移動)――郷土資料館(みぞそばの陰干し)――徒歩――15:00モノレール程久保駅(解散)

9月3日(土)(2日目)
 9:00集合(モノレール程久保駅)――(徒歩)――郷土資料館(石田散薬作り)――昼食(各自持参)――石田散薬完成まで――(徒歩)――15:00モノレール程久保駅(解散)
------------------------------------------------
■費用
Aコース:
  7/30 大人概算1000円、子供 500円(昼食各自)
  8/27 大人概算2000円、子供1000円(昼食込み・地元野菜のお土産あり)
Bコース
  7/30 概算700円(昼食各自)
  9/3 概算 なし(昼食各自) 
------------------------------------------------
■雨天決行、少人数でも決行します。
  台風や豪雨の場合は前日、もしくは当日の朝、電話にてご連絡致します。
■定員になり次第受付終了とさせていただきます。

7/8にマックでは表示されないとの指摘を受け、①をAコース、②をBコースとコース名を変更させていただきました。
内容は変わりませんので、あしからず。

長島・王=貴乃花・若乃花=土方歳三・山南敬助

先日の野球中継に、久しぶりに長島さんが姿を見せた。
彼の声がテレビを通して聞けるのかと期待していたが、やはり無理だった。
右半身が不自由なのか、左手で観客や視聴者に挨拶をしている姿が、僕には痛々しく見えたーーー。

ここ数年、野球人気が落ちてきていて、ジャイアンツ戦は、一時は20%の視聴率を越えていたものが、最近では10%を割ることもしばしばだ。
ジャイアンツ人気が落ちてきたのか、それとも野球人気が落ちてきたのかはわからない。
少なくとも、イチローや松井を始めとした大リーグへ行った選手たちの人気は、落ちているとは思えない。
以前、大リーグの野球なぞ、全く見向きもしなかった野球ファンたちが、最近は日本の中継よりも大リーグ中継を楽しんでいるらしいからだ。

僕が幼少の頃から数年前までは、巨人戦といえばチケットの奪い合いだったが、今では空席さえ目立つようになってしまった。

僕は小学生の頃、弟と二人で後楽園球場に野球を見に行ったことがある(昭和35年ごろ)。
前売り券を持っていなかったから、当日の外野席なのだが、入場券を買おうとしたら、試合開始の3時間前なのに、売り切れで買えないことがあった。
弟に、悲しい思いをさせてしまった。
僕だって6年生の頃で、悲しかった。
後楽園球場は水道橋駅の目の前だから、ナイター照明の明かりが駅の方に、強烈に差し込んでくる。
僕ら兄弟は、駅のプラットホームから、ナイターの明かりをまぶしく感じながら家路についた。
僕らの周りには、同じようにあぶれた人たちが何百にもいた。
弟に、ソフトクリームを買ってやった。

こうした経験は、東京の野球ファンなら、多くの人たちが経験していることだと思う。

ジャイアンツ人気を取り戻すために、いっときも早く長島さんに復帰してもらって、視聴率アップと観客動員に結び付けようという思惑が見え隠れしているように見えてならない。

長島さんは、読売巨人軍と日本テレビに利用された?
最も彼は、生え抜きのジャイアンツだから、こういう申し出には不満なぞなく協力したのだろうが、見ていた僕には痛々しく映ったし、ほかにもそう見えた方もいたに違いない。
息子の長島一茂氏も娘さんの美奈さんも、家族として猛反対だったそうだが、親族としては当然だろう。
日本テレビは、この日の放送のために何日も前からPRしてきたが、この日だけは負けられなかったジャイアンツだったが、広島カープに4-1で負けてしまった。
長島復帰は、首位のタイガース戦では駄目だったのか。
セ・リーグ5位と最下位チームの争いというのも、今の野球人気を象徴していて、野球ファンとしてはなんとも寂しさを感じるーーー。

ところで、長島さんと世界の王さんはその全盛期に9連覇を成し遂げ、二人でジャイアンツの3番、4番を交代で打っていて巨人軍の屋台骨をしょって立っていたのだが、決して仲はよくなかったらしい。
だからと言って悪かったわけでもないらしい。
両人が切磋琢磨して協力し合い、破竹の連勝街道を歩んで輝かしい成績を読売巨人軍にもたらした。

若乃花と貴乃花の場合はどうだろう。兄弟が切磋琢磨してとうとう二人とも、横綱になった。
すごいことだ。
だから、二人の人気、その好感度は大変なもので、現役時代はすごいフィーバー振りだった。
そんな昔のことじゃないから、多くの人たちの記憶にまだある。
そんな二人が最近、父親の双子山さんが亡くなってからおかしくなってしまった。
いや、何年も前かららしい。
その原因や確執の内容については、週刊誌やワイドショウのレポーターさんたちが鋭意、情報収集してくれているから、いずれ近いうちにその全容が明らかになるのかもしれない。

ところで、こういう確執という事になると、どうしても土方と山南のことが頭をよぎる。
あの二人の仲、対立などはどうだったのだろう。
二人は、試衛館時代から近藤の両腕だったに違いない。
沖田総司は師範代だが、歳が若く、道場主近藤の弟のような存在だった。
性格、思考、行動、理想など、すべてが正反対だったのではないかと思っている。
おまけに山南の剣は土方が大嫌いな北辰一刀流だ(僕が勝手にそう決め付けている)。
北辰一刀流は、例の清河八郎、伊東甲子太郎、藤堂平助たちの流派だが、この3人とも、新選組や後の見廻組のメンバーに殺された。
山南も、殺されたわけじゃないが自ら腹を切った(これも自説)。

とかく、トップの下に二人の実力者、あるいは同格の役職を置けば、必ず確執は起こるものである。
意図的にそうするのなら判らないでもないが、近藤さんはお人よしなところがあって、あの二人はうまくいっていると思い込んでいた。
片一方は尊皇攘夷の思想が熱く、教養もある。
弁も立つし誰からも慕われている。
仙台藩出身の立派な武士の出である。
もう一方は、出は百姓だが、頭脳は明晰で、事に当って冷静な判断と何事にも動じない胆力を持っている。
それに、なんてったって、二人とも剣の達人だ。
近藤はこの二人を副長に持って、自分は幸せモノだと思い込んでいた。
ところが、慶応元年2月23日、山南は腹を切った。
近藤さんは、山南の追い詰められた心のうち、不満なぞ、山南の最後までとうとう判らずじまいだったように思う。

僕は、山南さんの一生が不憫でならなかった。
だから、『人間土方歳三』の中で、思い切り山南の心境を吐露させてみたのである。

長島さんの再起から、話が土方歳三と山南敬助になってしまった。

『新選組歴史館館長』に就任しました

私事で恐縮なのですが、7月1日に「日野市立新選組のふるさと歴史館」の館長に就任しました。
これまでは、市の企画部というところで、新選組特命で仕事をしていたのですが、これからは歴史館の管理運営を行うことになりますので、責任が重く緊張します。

また、日野にはすでにオープンしている『日野宿本陣』(歳三の義兄、佐藤彦五郎の館)がありますが、ここも歴史館の分館ですので、僕の範疇になります。
今後は、今まで以上にお客様にご満足していただけるような館にいたしますので、皆様方もよろしくご声援ください。

「日野市立新選組のふるさと歴史館」は、この4月に条例化はされていたのですが、館そのもののオープンは10月以降になります。この歴史館は昨年の『大河』のときは、ふるさと博物館だったところなのですが、新たに名称を変えて再出発となるのです。

昨年まで、日野にいらしたことのある人は、その存在はご存知でしょうが、まだの方はこれを機会に是非日野へいらしてください。
でも、新選組の専門館として始まるのは、早くても12月以降になるでしょうから、このコーナーに注目していてください。

それから、6月29日に『日野宿通り周辺再生・整備計画策定協議会』というものが発足しまして、僕も関係者の一人として出席してまいりました。
これはその名の通り、JR日野駅周辺から甲州街道を立川方面へ向って約1キロ弱、いわゆる新選組に縁の深い建物や施設を対象として、いかにして『幕末の日野宿を再現、取り戻すか』ということをテーマに地域住民をはじめとして、新選組の子孫や関係者に集まっていただいて、協議を重ねてゆくというものです。

6月29日の第1回の会議には公民館に50人以上の人たちが集まって、日野宿への熱い想いを語ってもらいました。
これから約1年以上かけて、議論を重ねてゆくことになるでしょうが、その経過については、できるだけこのブログで報告をいたします。
まずは、近況報告でした。
村瀬執筆 時代小説
プロフィール

村瀬彰吾

  • Author:村瀬彰吾
  • 2004年大河ドラマ「新選組!」の決定以来、新選組特命主幹、日野市立新選組のふるさと歴史館館長を経て芸術文化担当として歴史に触れる毎日の生活を送っている村瀬彰吾のブログへようこそ!
    日野市在住。2006年に小説「人間 土方歳三」を出版しました。小説の詳しい情報や通販はH Pに。
    サイトに関してのお問い合わせ(動作不具合など)は管理人までお願いします。
    村瀬へのメールはこちら






リンク
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリー
カレンダー
06 | 2005/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新の記事
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード