村瀬彰吾がつづる新選組話題を含む日記&エッセイ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

荒川静香選手、メダルありがとう。でも、――――

今朝(2月24日)は、まだ暗いうちからテレビのスウィッチを入れて、気合を入れて女子のフィギュアスケートを観覧した。
結果は最高、皆さんご存知のように、荒川選手が見事『金』だ。
うれしい。
そうなるだろうとは思っていたのだが(彼女がとるだろうと)、心情的には、お母さんの病気と自分の病気を、金を取って治したいと願っていたロシアのイリーナ・スルツカヤにあげたい気もあったのだがーーー。
彼女は、実質これまで、世界のフィギュア界をリードしてきた実力NO1の選手なのだし、ただ運がなくオリンピックで金を取れなくて、今回も銅だった。
なんか、寂しい。
二人に金をやって欲しいくらいだ。

トリノオリンピックが始まって、あれは確か2日後に、ここのブログに僕の意見を書いたことがあった。

「あと何日かで、オリンピックは、当たりまえだが終わる。
傷心の気持ちで、ズタズタになって帰ってくる選手たちで空港は一杯になるだろう。
マスコミは、そんな選手たちに冷たい。
勝手に騒いでおいて、(メダルを)取れなきゃ責めはしないが、似たような質問を浴びせる。
若し、メダル獲得者が一人か二人だったら、彼らは大英雄として空港からテレビ局へと優遇されるに違いない。
複雑だ。」と。

何か、やな予感があって、それがあたらなきゃいいのに、------でも、やはり、傷心の気持ちで帰ってくる選手たちは多いことだろう。
安藤選手や村主選手には、一切さわらずにそっとしておいてあげて欲しい。
でないとまた、「楽しんできました」「よい、経験になりました」などと、あらかじめ用意した、心にもないお応えを聞かなければならないからだ。
聞いているほうも、辛い。

僕は、このコーナーでスポーツのことを書くことが多い。
野球や、ゴルフ、マラソン、その他相撲まで。
わが国のスポーツの方向、あり方、特にマスコミの取り上げ方、姿勢にものを申したい。
これは、何年も前から「ズーッと」(土方の口癖)思ってきたことだ。
最初はいつだったか、女子のバレーボールの実況で、赤坂何とかというキャスターが出てきて、まるでバラエティー番組のように騒ぎまくった。
そして、最初は『砂利タレ』の騒々しい、それもキンキラキンの照明で、バレーコートの周りで歌いまくる。
これから、ロシアや中国、キューバやブラジルなどの強豪と、真剣勝負するべく、極限の状態で選手たちは緊張感を持続してきている直前にあのようなショウが始まった。
この現象は、最近でもまだ続いている。
そして、セットとセットの合間で、キャスターが会場に向かって吠える。
「みなさーん、あともう一歩です。日本を応援しましょう」
「ニッポン、チャチャチャ」
会場にいる皆さん、迷惑に感じないのかなあと思ったりもするのだが。
「俺たち、私たちはもっと真剣に、騒がないで応援したいのだが」と、思っている人もいるはずだ。

こういう傾向が、だんだん一般的になってきて、日本で行なわれる世界大会、選手権では大概が最初、ショウ的なものが行なわれるようになってしまった。
女子プロレスのビューティーペアーを思い出す。
あれは、あれでいいのだ。
ショウなのだから。
でも、バレーボールの世界選手権は、チガウダロウー。

一回だけ、元プロレスのアナウンサーで今ワイドショウキャスターをしているFさんが、女子マラソンの実況をしたことがあった。
約2時間30分間、彼はプロレスの実況中継と同じテンションでしゃべりっぱなし、見ているほうが疲れてしまったことがあった。
解説は、増田明美さんだった。
彼女、我慢の限界だったのか、F氏の言うことに逆らう場面があった。
気味がよかった。
多分、彼女も、「これは違うと」感じていたに違いない。
その後、マラソンでは、うるさい実況は一切なくなった。
元に戻ったのである。
テレビ局でどのような反省があったのかは知らないが、多分、視聴者からの反発があったに違いない。

少なくとも、オリンピック種目に挙げられているスポーツでは、お祭り騒ぎのショウはやめにして欲しいものだ。
その日、その時に向けて、長い間汗と涙で、血の滲むような練習と苦難を重ねてきている選手、アスリートたちを冒涜しているような気がして。
そんな、軽いものじゃないんだと。


でも、最近、テレビ局は彼らをタレント扱いしていないだろうか。
だから、一流のアスリートに対して、
「スポーツ選手にしておくのはもったいない」なんていう、発言が平気で飛び出す。
上方のY興行のお笑いタレントのほうが、ステータスが高いとお思いなのだろう。
今回の安藤美姫さんは、まだ若いということもあるが、ご自分の実力が発揮できたとはいえない。
あれは、周りが騒ぎすぎ。
彼女自身の「気」を、競技に、全神経傾けることができなかったのではないか。
こういうとき、浜口親子みたいな人が応援に行って、一喝するか、はたまた、猪木に同行してもらって、ほっぺたでもひっぱだいてもらったほうが、返っていいのかもしれない。
安藤美姫さんに対しては、もう少しそっとしてあげたほうが。

本人が、スポーツをやめてタレントにでもなるというんならそれでもいいが、彼女はこれから何年もの間、次のオリンピックへ向けて精進しなければならないのだ。
過酷な人生が待っているのだ。
4回転ジャンプという非凡な才能を持っているのだから、それを伸ばしてあげるのが、世間の役目じゃないのかな。

今回のオリンピック、日本選手団は総勢112名らしい。
韓国が40人で金が今のところ4つ、メダル8個だ。
中国も78人で8個だ。日本はようやく1個で、これから先はもう期待が持てないらしい。
ところで、日本からは選手団のほかに役員が行っている。総勢、なんと、126人らしい。この多さはなんだろう。
国会議員や県会議員が海外視察を自粛する雰囲気が、最近出てきているが、オリンピックでこんなにも関係者が必要?
そして、その費用は、―――。
多分、税金。
今、確定申告の最中だが、皆さん、税金の使い方に注文出しましょうよといいたい。
その上で、増税といって欲しい。
何かが、違うぞ。

アテネのオリンピックのときは、30人、水泳の選手の出場枠があったが、21人しか行かなかった。
いっても無駄な奴は、連れて行かなかったのである。
役員を含めて物見遊山のような参加は税金の無駄遣いとして戒めたのだ。

よかった。

でもこのたびは、代表選手の選び方にも疑義が寄せられていて、実力主義ではなく、情実、派閥、勢力争いらしい。
特に、スノーボードの選手らは、自分たちがタレント気分になっていて、選手村では連日飲んで騒いでいた。
これには、さすがにJOC関係者も閉口して怒り心頭だったらしい。
でも、マスコミは、スノーボードではメダルは男女とも硬いような報道をしていなかったか。
こんなことで、メダルが取れたら、かえって困る。
とれなくていい。
日本全体が、出直したほうがいいのとチァウか。

こういう日本という国、世界から一体、どのように見られているのだろう。
終戦後、勤勉で優秀な製品を生み出す良質な国、国民と思われてきたのではないか。
今は、きっと違う。
多分、うそつきな国、信用できない国になってしまったのではないか。だから、国債の評価なぞが極端に低い。
原発の事故隠し、姉歯、ヒューザー、木村建設の耐震強度の偽造。ホテルの改造、はたまたホリエモンの逮捕などによる株式市場、経済構造などへの不信感など。

『基本』とか『基礎』とか、『芯』とか『軸』とか、底辺に横たわる一本背筋がとおっているものがないのである。
『道』がないともいえる。国際的には『武士道』が注目されているのだが、今の日本人にはほとんどなくなっていて、過去の時代のことになっている。
商売とは汗水たらして稼ぐものであって、マネーゲームで設けるものではない。しかし、最近は違ってきていないか。
ホリエモンは、楽して儲けすぎた。
少なくとも、そう見える。あの年で、すでに自家用飛行機である。3000万円や1億円、他人に上げたって『屁』でもないだろう。
マネーゲームがあってもいいが、そこにはご自分の「本分」というものをわきまえた上のことであるはずだが、欠落しているのである。
いまの日本という国は、この「欠落」の上に成り立っている。
砂上の楼閣。
だから、震度5程度で崩れてしまうかもしれない。
中身のない、うわべだけなら、メダルなぞなくて当たり前である。
せめて、荒川選手一人だけでも、「芯」を感じさせてくれる人がいた。
よかった。

本日は、金メダル効果で、ちと、興奮しすぎました。
次回から、自粛します。
スポンサーサイト

俳優の竹脇無我さん、本日僕とビデオ撮りしたが、実は土方歳三を演じていた

今日(2月16日)、テレビのビデオ撮りがあった。
テレビ朝日の「いま得!」という番組で土方歳三を特集するからだ。
これは毎週月~金曜日まで9:55~10:30の枠で放送されるものだが、スタジオに斉藤慶子さんがキャスターでいらして、竹脇無我さんが案内役で日野を訪れると言うものだ。
放送は、3月3日。
歳三資料館では土方陽子さんが竹脇さんの相手をなさり、本陣で僕が話しのお相手をしたものである。
ビデオ撮りは、あと、天然理心流の9代目宗家宮川清蔵氏の指導、高幡不動、石田寺などを訪問する。

竹脇無我さんという俳優、皆さんご存知だろうか。
いま、もう62歳になるとおっしゃっていた。
でも、そんな風には到底思えないほど、若々しい。
この間、橋田寿賀子の「熟年離婚」ドラマで、渡哲也の友人で牧場主の役をしていたが、実際にお会いしてみて、ドラマで見る彼そのままで、穏やかな振る舞いといい、紳士らしい話しぶりで実に好感が持てる人でした。
よく知られている役は、古いが、加藤剛さんの大岡越前で小石川養生所のお医者さんをしていた。

実は、僕も知らなかったのだが、「土方歳三役」も演じていた。
彼が言うには、松方弘樹さんが近藤勇だったということだ。
早速、調べてみたら、あった、あった。

『新選組』
近藤勇 松方弘樹、 土方歳三 竹脇無我、沖田総司 東山紀之
昭和62年 テレビ朝日

日野宿本陣を訪問された竹脇さんを、僕が迎えて、屋敷の中をご案内しながら雑談をするという設定で、約30分もお話した。
実際の放映は数分に切られるだろうが、楽しい会話だった。
大人の会話ができて、僕も久しぶりにさわやかだったのだが、この感触、どこかで似たようなことがあったなと思い出した。
そうだ、あれは確か、明治座で上川隆也が『燃えよ剣』の公演をするにあたって日野を訪れたことがあったが、(あの時は風間杜夫も一緒だった)やっぱりあの時も、本陣の座敷に座って土方論議をしたのだった。


上川さんもやはり、とってもジェントルマンで、あの輝く瞳の奥から歳三の本質を何とか掴み取ろうとする、プロの役者根性を見たような気がしたものだが、彼は下調べも万全で、歳三の生涯ってものをすでによく知っていた。
それに、歳三のことが好きなようだった。
だから、熱く語った。
本日の竹脇さんは、根っからの役者で、台本を渡せば、それだけでご自分の役というものを理解し、自分のものにしてしまうほど、反応の早い人のように思えた。
正直、歳三についてそんなに深く知ってはいなかった。
ファンでもないだろう。
役者だから、それでいい。
でも、やれば一流にこなす。そして、常識的な知識は披露する。

こんなことも、おっしゃった。
「あの忠臣蔵で、吉良方は悪者扱いでよく言われてはこなかった。でも、吉良上野介といえば、高家筆頭で、徳川の中の位からしても相当高いはずです。負ければ賊軍なのですね。徳川も新選組も、この日野の地域の人たちも同じような扱いを受け、つらい日々を送ったのかもしれませんね」

竹脇さんという俳優、若い頃から、今で言う「イケメン」だったから(今でもか)、おそらく浅野内匠頭を始め、様々な美男子を数多く演じてきていたに違いない。これまでの役者としての人生、体験、蓄積が、今のこの人の人間性に現れているような気がする。
加藤剛が、どんな役を演じても、役そのままの人間性に語られるように。

あの、歳三が昼寝をしたという部屋で、二人で対談したが、あの人、新選組や土方に対するご自分なりの考え方、信念、これまでの評判などを披露していた。
それは、これまでよく言われてきた一般的なものであったが、一つの常識として成熟した大人の意見でもあった。
新選組への見方、考え方はいろいろで、それでいいのである。
持ち上げるばっかりが能ではない。

帰りに、快くスナップ写真に応じてくれた。
ああゆう、いわゆる良質な俳優さんだから、これまでにも支持者は多い。

僕が感じた竹脇無我、
”物静かで、穏やか、そして爽やかさを与えてくれる俳優“だ。
長くよい作品を、僕らに与えて欲しいものだ。




大河ドラマの小道具再チェックとトリノオリンピック

昨日、6日に模様替えしてから、新しく展示した小道具類の『コメント』再考を行なった。
1月14日に行なった『大江戸ツアー』に参加してくださった人たちで、大河については大概のことは知っていると自負してはばからない(?)一団が、DVD持参で10人以上もやってきてくれた。

総勢16人はいただろうか。
中には、お子様連れのお母さんも3人いた。
当然、子供たちは『走る』。歴史館の中を。
子供だしね。
みんな、そう思って大目に観てくれていた。

このたびの陳列には、僕には、訳のわからないものが数点あって、それらは何話のどのシーンで出てきたものなのか、さっぱりわからない。
だから、皆さんの力を借りて、コメントを作ったというわけ。
一番は『永倉新八』と書いてある板。
もう1つは、それと似ていて、同じような汚い引っ剥がした痕のある板なのだが、それには『近藤勇・山南敬助』と書いてあった。
こんなもの、と思って、何度か捨ててしまおうとしたのだが、捨てなくてよかった。
そういったら、彼女たちに叱られた。
『こんな、お宝を』と。
一人の人が、その板を見ながら、携帯で電話していた。
盛んに、その板のことを説明している。
「ほら、永倉さんが修行に出ていたときに彫ったあれ」
「それと、浪士組で上洛する途中の、あれ、なんていったっけ、芹澤が燃やしたでしょ、あのときの回で、みんなでいたずら書きしたじゃない。それから、最終回、原田がそれを見て、近藤さんを助けに行ったあれよ」

あとで、携帯の人に聞いた。
「誰とお話していたんですか」と
名古屋にいる友人だったらしい。
その名古屋の人は、電話で話を聞いていただけで『涙』したらしい。
それほどのものなのか、引率役の“せいじゅ”さんに聞いてみた。
「あたりまえです」
と、かえってきた。
僕の認識不足。

皆さん、今回は、その小道具類にコメントを書き込む目的のほかにもひとつ理由があった。
僕が、いつか、どこかで書いたラーメン屋『ミンミン』に行ってみたいということだった。
歴史館から、車で5分程度。
せっかく遠くから来てくださったのだから、僕は、10人の人をそこへご案内した。
こういのって、とても、やだ。
だって、村瀬彰吾の言うこと、書いていることが信用できるかどうか実地検分、判定されるようで。
まずかったら、責任あるし。でも、美味いとも言わせたいシーーー。
とても、緊張した。
でも、結果は、皆さん大満足「★★★★★」だったようです。



冬季オリンピックが、始まっている。
既になん種目かは終了しているのだが、いつもの通り、日本はメダルが5個はいけるとか、いや2つがいいところだとか、言いはやされているが、イヤな感じがしてならない。
今、女子のモーグル、男子のスノーボード、90メートル級ジャンプが終了しただけなのだが、日本から出場した選手たちの様子や表情を見ていると、気の毒な感じがする。
皆さんもご覧になられているだろうから、細かいコメントは避けるが、わが国の選手たち、懸命に頑張っているのだけれど、世界の壁が厚くてとてもメダルに届かない実態にあるように、僕は思う。
(なぜか、これらは幕末の志士たちの姿にオーバーラップしてしまう悪い癖が、僕にはある。いくらもがいても、押し寄せてくる外圧に勝てない徳川政権と、闇雲に攘夷を唱えて尊王を語る若者。どちらも勝算なぞ、最初からない)

特に、昨日行なわれた女子のモーグル。
里谷さんの試合後の涙が印象的だった。
彼女、まだ、モーグルなどという競技が日本人の中ではマイナーで、どんなもんだか殆んどの人が知らない段階で、金を取った。
4年後も銅を取った。
そして今回なのだが、どういうわけかよく言われない。
余計なスキャンダルまで飛び出てくる始末だ。
一方、オリンピックで一度もメダルと取っていない上村愛子は、マスコミの人気者でアイドル化されてきている。

昨日の競技で、上村が5位で里谷は8位だったか。
観ていたが、二人とも立派だった。
よくぞあそこまでエアーをこなした。身に着けた、と褒めてやりたかった。
しかし、モーグルは第1にスピードで、50ポイント。次にターンで25ポイント、そしてエアーが25らしい。

僕は若い頃からスキーが大好きで、冬になると毎年のようにスキー学校に通っていた。上越の浦佐や万座のスキー学校に。
スキーをやる人はみんな同じだと思うが、究極はモーグルの人たちのようにこぶの斜面を直線的に滑って降りてきたいという願望と、新雪を舞い降りたいという願望がある。そのために、みんな懸命に練習する。
だから、上村や里谷を見ていると、あの美しさは、神様のように、まるで菩薩が舞い降りてきているように思えるのだ。

ところで、エアーが完璧だといっても肝心のスピードに劣っていては、点が伸びないのだ。
特に上村は、あの超人的な、男子の体操で行なうようなウルトラCのような演技を行なったのだが、スピードでトップの選手とは2秒以上開きがあった。
だが、人間、あの大舞台であれもこれも気に止めて、すべてを完璧に演技するなぞは、到底、並の人間では出来ない。
でも、それらを克服した、出来た人間が、そして世界のレベルと比較してトップクラスになって初めてメダルの資格ができるのである。

あの大リーグの伝説的四番打者ベーブルースが言った。
「打席に入るときは、頭の中を整理して、1つのことだけを考えるようにした」と。

昨日、うちの歴史館で天然理心流の演武を、会館入り口前で行なった。
指導者の平井さんも、同じようなことおっしゃっていた。
「1つのことを集中しなさい」
「腕を動かしてはダメです。剣先を振るのです」と。
これは、意外だった。
何故なら、「人間土方歳三」の中でこのことを、まったく同じことを僕は永倉新八に言わせていたからである。

僕は、今だから明かすが、このヒントをゴルフのスウィングから取り入れた。
ゴルフのスウィングも剣のスウィングも、きっと同じだろうと考えた。
いや、同じに違いない、と。
この理論は、何をやるにしても同じで、例えばダンスでジルバを踊るときも、女性を美しく演舞させるには、円の中心にいる男は、自分が動いてはダメで、相手の女性を円舞させるがごとく思う存分演技させるのである。
そのほうが女性も踊りやすいし、見ていても美しい。
ゴルフのスウィングも円を描く運動だから、中心にいる自分が動いてしまっては、形が崩れるわけで、アドレスしたときの位置にクラブの先端が戻ってこれない。己の芯は動かさないで、クラブの先端を大きく振るのである。
この理屈は、きっと剣でも同じに違いないと確信し、本に書いた。
そしたら昨日、天然理心流の平井さんが同じようなご説明をしておられたので、実のところ、「ホッ」としたのであった。

いつもの通り、話が大きくそれる。
上村は、あそこまでエアーを演技したのだから、もういいじゃないか。
よくやったで。
二人とも、Body and Soulで、きっと、傷ついてしまっている。ここから先は、これまでの貢献を誰かがネギラッてやらなきゃね。
でも、日本という国、「メダルがいくつ」の国なんだよね。
里谷だって、3回のオリンピックですよ。
12年間お疲れ様。
よく、我々国民を長い間楽しませてくれた、と、心からお礼を言いたい。
彼女たちに、日本の国から『生涯年金』でも差し上げて欲しい。多分、体はボロボロになっているのだろうし、これまでの貢献度と重圧を考えたら、当然のように思える。
年金の貴重な掛金を、何千億・何兆円といかがわしく遣ってしまってその責任をいまだにとろうとしない人たちがいる。お陰で、これからの掛金や税金が大幅にupする。
こうした連中に取られるんなら、彼女たちに払ってやりたいのだがーーー。
『ご苦労様』と。

あと何日かで、オリンピックは、当たりまえだが終わる。
傷心の気持ちで、ズタズタになって帰ってくる選手たちで空港は一杯になるだろう。
マスコミは、そんな選手たちに冷たい。
勝手に騒いでおいて、(メダルを)取れなきゃ責めはしないが、似たような質問を浴びせる。
若し、メダル獲得者が一人か二人だったら、彼らは大英雄として空港からテレビ局へと優遇されるに違いない。
複雑だ。

宮里藍ちゃんを思い出した。
今、彼女は傷心の気持ちに違いない。
あれだけ日本のマスコミが騒いで、アメリカや世界のツアーで大活躍をすることを前提に報道しているからだ。
『やりすぎ、期待しすぎ』なのに。
期待に反すると、ヤッパ、たいしたことない奴だと放り出す。
放り出されるだけならいいが、この国、批判を始める癖があるのだ。
「楽しみましたとはなんだ」
「いい勉強になりましたとはなんだ」
「お前は、日本の国を代表して、世界に出て行ったのだろう」と。
プロゴルファーに、そこまでの自覚はないし、責任もないのだが、わが国の風潮がそうさせている。
二十歳そこそこの女の子には、とても気の毒でならない。

卓球の”愛ちゃん“にだけは、そこまでの期待をしないようにしてやりたい。
彼女、ぎりぎりのところで、自分を抑えているように思える。
そんなに、みんなの(日本の国の期待を)背負わなきゃいけないのだろうか。
あまりに、カワイソ過ぎるよ。
愛ちゃんの、あの今にも泣き出しそうなインタビューの悲しそうな表情を見ると、いつも、そう思うのは、僕だけなのか。
村瀬執筆 時代小説
プロフィール

村瀬彰吾

  • Author:村瀬彰吾
  • 2004年大河ドラマ「新選組!」の決定以来、新選組特命主幹、日野市立新選組のふるさと歴史館館長を経て芸術文化担当として歴史に触れる毎日の生活を送っている村瀬彰吾のブログへようこそ!
    日野市在住。2006年に小説「人間 土方歳三」を出版しました。小説の詳しい情報や通販はH Pに。
    サイトに関してのお問い合わせ(動作不具合など)は管理人までお願いします。
    村瀬へのメールはこちら






リンク
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリー
カレンダー
01 | 2006/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
最新の記事
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。