村瀬彰吾がつづる新選組話題を含む日記&エッセイ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「第九」合唱団と「新選組」

今の僕のメインの仕事であるが、今年の暮れに「第九」コンサートを行なうことである。
今年の4月に市民から実行委員を公募して、15名でスタートした。その後、市民合唱団を公募して6月3日から合唱の練習を始めて、既に3月が経過したが、これで間に合うのかと、だんだん心配になってきた。

7月と8月は、梅雨と台風と夏休みで合唱団員の出席率が良くなかった。じゃあ、9月に入って戻ってくるのかというと、いま一つ思わしくない。人は、一度足が遠のくと行きづらくなったり、心が離れたりする。だから、こちらからそっと、気づかれないように連絡してあげたりすることが大切になる。ここのところ250名の登録者のうち、出席者は180名ほどである。

実は、この15名の実行委員会、内部で仲が決していいとはいえない。この組織を作る前に、2月から準備会なるものを作って下準備をしていたのだが、実行委員会の中でその人たちが役員に横滑りした。その後実行委員を募集したのだが、あとから入ってきた人たちも、合唱の世界では相当の経験者が多く(例えば、合唱連盟の理事長とか合唱団の団長とか、また日本の第九どころか世界の第九を歌い歩いている人もいる)、皆さん相当の自負をお持ちである。
だから、先行していた役員たちと意見の合わないことも多々あるのだ。

新選組は、芹沢一派を粛清した後は、谷三十郎や伊東甲子太郎など有能な幹部連中も入隊してきたが、試衛館当時のメンバー8人が事実上仕切っていた。この8人も、水戸をはじめとする一派がいるときは、いつ自分たちが殺られるのかと毎日が針のむしろだったかもしれない。何せ、芹沢を始め、新見にしても平山にしても、神道無念流の免許皆伝だったと伝わる。皆さん、腕が立つ。近藤らが先に、粛清されていたかもしれないのだ。だから、あせって暗殺計画を立てた。

この辺りの史実というのは、一体どうなっているんだろう。8月12日の芹沢らによる大和屋焼打ちで、京都守護職容保の堪忍袋が切れて近藤・土方に暗殺を命じたことになっているらしいが、ドラマのように、容保自身が暗殺を命じるなどということはないのではないか。腹心や用人から言わせるならありうるがーーー。
ソレより、本当に芹沢という人間、世に言われているような人物だったのだろうか。酒乱だの暴力的だの、物は壊すやら、一般市民まで斬り殺すなどということだが、「信じられない」のだ。そして、一説には顔にあばたがあって、梅毒説も。
この辺り、再度、こうした情報がどこからもたらされたものか検証する必要があるのではないか。歴史とは、生き残り、勝ち組の歴史である。都合の良いように改ざんも可能だ。永倉新八が証言すれば、ソレが史実になってしまう。八木源之丞が回顧して子母澤寛が書けば、それがバイブルになってしまう。当時の歴史的史実、背景などと照らし合わせて、その信憑性を再度図る必要がある。

それに、8月18日には、例の政変というものがあって、芹沢らの活躍もあって長州を京都から追い出したということになっている。それで、幕府や朝廷からご褒美が出たり新選組という名も貰ったということだ。だとしたら、その功績の第一は芹沢にあるはずだ。その芹沢を殺せ、と。
ふ~ん、
割り切って考えれば、そうなのかもしれないが。
どうも、しっくり来ない。何が、真実なのだろうか。

8月12日の相撲興行では、芹沢は、相撲で金をもうけようなぞと武士にもあるまじき行為として、近藤等をなじったと伝わる。その嫌がらせに、同じ日に大和屋を襲って火をつけたというのだが。
でも、一説には、芹沢本人が大和屋に金をせびりにいったという意見もある。大和で挙兵する尊攘派が、大和屋庄兵衛に天誅を加えると恐喝し、結果、1万両もの献金で和解したという情報もあった。それなら俺たちにもってんで、芹沢たちもせびりに行ったというわけだ。だが、居留守を使ったので、火をつけたといわれている。
この時代、放火の罪は重い。市中引き廻しのうえ火炙りの刑に処せられる。江戸の歴史は火事の歴史といっても良いほど、大きな火事が時代の節目になっている。それに、新選組は市中を取り締まる任務を負っているはずだ。その頭領が火をつける?
梅毒だから、って?
でも、あの時代、新選組にしてもあぶり出し戦術を使って民家に火をつけたといわれているし、長州にしても、禁門の変では街中火の海にして天皇を連れ出すという計略だけはあった。

あるいはこの間に起こった天誅組による大和挙兵騒ぎで意見の対立があったのかもしれない。いづれにしても、《尊皇攘夷を貫きたい芹沢一派対公武合体の近藤徳川派》の争いか、それとも、単なる主導権争いか。
新見は、清河と似たところがあって、西国の攘夷志士らとの親交が深く、京都で既に深く潜行して緊密な連絡を取り合っていたのかもしれない(京都霊山護国神社には新見錦の名が維新の功労者として載せられているということだーー未確認)。ソレを知った土方らにすれば、言わば、長州をはじめとした浪人共と同じ扱いにしたのかもしれない。だとすると、新選組からすれば、内情を探り密通する長州側の密偵ということになる。それで、9月4日に料亭山緒で切腹ということなのか(実際は闇討ちかもしれない)。この場合には、9月12日に死んだ田中伊織と新見が同一人物ということになっているが、別人ということになる。

この時点で、近藤の心境はどうだったのだろうか。
彼は、攘夷で京都に行き、芹沢らの主張に同調していた節もある。なんといっても水戸は、攘夷の総本山である。徳川斉昭のもと藤田東湖をはじめ、有能な学者が出ていた。あの西郷隆盛も若い頃はこの人たちの薫陶を得て運動を開始している。当時の感覚で考えると、芹沢らに対して、近藤には尊敬の念さえあったかもしれない。それに耐えられないのが土方であったと、考えてみてはどうだろうか。だから、芹沢暗殺については、近藤には内緒だったか、殺るとは言ってても何時とはいわなかったのかもしれない。
僕の、稚拙な推測に過ぎないが、つい謎が多いのでーーー。

組織とは、本当に運営が難しい。
土方は、新選組を運営するに当たって、常に「烏合の衆」と考えていた。この連中を束ねて功績を揚げ、生き延びるには、厳しい「法度」を作って、全て法度という尺度でもって処断してゆくと考えたに違いない。
法度の前には、権力も権威も身分も出自もない。みな“平等”である。たとえ芹沢でも近藤でも、新見でも切腹してもらうのである。だから、新見には死んでもらった。
土方らは、芹沢らからの報復の前に、水戸派を一掃したのである。

でも、「第九」の合唱団を新選組と同じに考えるわけにはいかない。
実は、昨晩遅く、私の家に一本の電話が入り、合唱団についていけないからやめたいと行ってきた女性がいた。
練習用のCDを直ちに渡すことにした。そして、再度一緒に頑張りましょうと。何とかなだめて継続してもらうことになったが、これが新選組なら、どうしただろうか。
規律や統制にかけている団体を『烏合の衆』というのだが、土方にとっては、新選組隊士というのは放っておけば、勝手なことを始める輩の集合体と見ていたから、厳しい掟が必要と考えた。

第九合唱団というのは、全く見ず知らずの人たちが200人以上集って、一つの目的に向かって突き進むのだが、コンサートが終えれば、即解散である。
でも、そうしないで、あのエネルギーを来年以降も継続していただいて、この地域の芸術文化活動の核になってもらおうと模索している。
この場合には、規律、統制というより、ず~と集っていられる魅力を作らないといけないのかもしれない。
スポンサーサイト

捨助子孫の松本一男さんは、歳三の子孫が正しい

そういえば、捨助子孫の松本一男さんは、歳三の子孫が正しい。
―――輪違屋糸里観劇記も言わなきゃね―――

ここのところ立て込んでいて、このブログもサボりがちになってしまっていた。
気にはしていたのだが、僕のは日記的なものとは違って調査したり数字を入れたりするので、結構エネルギーや時間が要るのだ。
今、一番書きたいのは『年金』と『ごみ』のことだ。
でも、ここのコーナーは”新選組”関連なので、それにあまり関係ないことは遠慮しようと心がけている。それでも、立場もわきまえずに、随分と言いたいことを言ってきているが。
今回、本当は、東京23区でこの秋から行なわれる「廃プラ対策」について書きたかった。でも、ソレは次回に譲って、強引にでも「新選組」関連を書く。

とはいえ、何日か前に浅田次郎原作の「輪違屋糸里」がテレビドラマ化されて放映されたばかりなのだから、僕だって、何かコメントを書かなければいけないと思っている。
でも、観る前から「いやな感じ」がしていて。
「”がっかり”なんだろうな」と予測していた通りになってしまっているので、いま、どうしていいのか、わからないでいる。

浅田先生ほどの方が執筆されたものなので、ソレに対してどうのこうのって、言いづらいですよね。特に、先生は壬生義士伝で一世を風靡した方ですから、司馬遼太郎などと並んで圧倒的にオーラがある。
評論や批評なぞ、できるものではない。
それに、あの方は日野にお住まいの人で、自分でははっきり言わないけど、きっと新選組が好きでこの日野に引っ越されたに違いない。それも、土方家菩提寺のお不動様近くにお住まいである。

「糸里」が主役とはいえ、あのドラマはヤッパ、「土方」じゃないの?
土方を演じた伊藤英明という俳優、確かにシブかった。土方らしいのだ。土方役で僕のお気に入りは、数年前のテレビ東京のお正月12時間ドラマ”壬生義士伝“の伊原剛が、ピッタンコに感じた。観ていて、腹が立つほど憎たらしかった。ソレが、土方なのだ。
今回は、2夜連続の合計4時間ドラマだったが、土方さん、結構両肘を組んでいるシーンが目立った。
土方という男、黙って両腕を組ませれば、それで形になってしまうのだ。
僕は、自分の本の中で、
《考え事をするときは、胸前に両腕を組むのがこの男の癖だ。正座して背筋を延ばし、視線を正面の壁に向け、細目でしかも動かさない。壁には赤字を染め抜いた”誠”の旗が掲げられている。》
みたいなことを書いたことを記憶している。
どこで書いたかは覚えていないが、多分、芹沢暗殺の直前だったと思う。

でも、出来れば、髪の毛は後ろへ垂らして欲しかった。
だって、それが“栗塚旭”だから。
ヤッパ、土方さんは栗塚さんなのである。三谷幸喜も栗塚さんを見て新選組を研究したといっていた。あまりに毎日、「新選組血風録」や「燃えよ剣」を見ていたから、奥さんの小林聡美さんがあきれていたという話を聞いたことがあった。

今年大学へ入った娘が、先日アメリカからうちへ帰ってきた。語学研修で、南カリフォルニアへ(どうせ遊び)行っていた。
久しぶりの日本で、CATV「燃えよ剣」を偶然見たらしい。勿論、栗塚さんヴァージョンである。
その娘が言っていた。「やっぱり、土方さんは、栗塚さんが一番だね」と。
ようやくあいつも、物事の”味”ってものがわかってきた、と思った。

このコーナーで、ブログを書き始めた頃は、土方さんといえば山本耕史だった。我が家の中は、日曜の夜8時になると、あの年は毎週山本耕史だった。
今は過去のことになってしまっているが、それでよい。彼はいろんな役をやるべきなんだから、過去でいいのだ。
でも、栗塚サンは生涯、土方歳三で仕方ないのだ。
彼も、一時期、自分が土方だけしか出来ない俳優と思われていて、相当に悩んだと、言っていた。最近では、女優藤村志保さんと老夫婦役を演じて、良い味を出しているが。
でも、「新選組血風録」や「燃えよ剣」で演じた土方は、フィルムで永遠に残る。あの人以上のはまり役は、二人と出ないであろう。

そういう意味では、今回のドラマ、配役に違和感を感ずる。
NHKの新選組が終わってから、まだ何年もなっていない。あの時、捨助役をやっていた中村獅童がなんと芹沢鴨役で出てきた。僕に限らず、芹沢だといわれても、即座に、そう思えない人も大勢いたに違いない。
あの捨助という役は、トンだ三枚目の役で、新選組に入りたくても入れてもらえない設定であった。その割りに、妙に僕らの脳裏に焼きついて残っている不思議な役柄だった。

浪士組が文久三年2月8日に伝通院に集合したとき、捨助は鎧兜(よろいかぶと)を着てやってきたが、土方に追い返されていた。
その後も京都にやってきては、入れてくれと懇情するのだが、入れてもらえない。三谷さんは、そこで創作話を挿入して、敵側の長州や見廻組に関与して京都に居残ったような筋書きを作っていた。

ドラマでは、滝本捨助という架空の人物にしていたが、彼は、実在している。
本名は松本捨助である。
武州多摩郡本宿村(今の府中市西府町)の出身で、庄屋の長男である。だが、生来の乱暴者で、小金井小次郎をはじめ、多摩地区のやくざ者との付き合いも深くあったと伝えられている。そんなことが原因だったのか、長男でありながら、家督を継ぐことができずに、松本家は歳三の甥の錠之助(隼人の四男)に継がせている。多分、歳三の差し金だろう。
そんな捨助であったが、甲陽鎮無隊には参加させてもらっている。あの時点では、誰でも良かったのかーーー。そして、各地を転戦して最後まで戦っていたと伝わっている。
その後、面白いことに井上源三郎の姪のモトを後妻に迎えている。
この辺りの(日野)新選組関係の結びつきには、強い仲間意識と姻族としてのつながりを感じるところだ。
この松本捨助は、大正7年まで生きている。永倉や斉藤一より3年先まで生きた。

偶然だが、僕は、松本本家の子孫の一男さんとはゴルフ仲間であった(錠之助子孫)。彼は日野市の職員だったからだ(定年退職している)。
この松本一男さん、NHKの新選組本編の後に放映される「ふるさと紀行」というコーナーでも、捨助子孫として出てきた。捨助の血は受け継いでいない。錠之助の血だ。
実際は、歳三の血を引いているーーー。

もう一人、山本太郎という俳優だ。
彼は、NHKでは原田左之助役で出ていて、赤フンに皮製の鎧のようなもので登場してきて、例のおまさちゃんと夫婦になる経過だったから印象は更に深いはずだ。
このたびは、なんと、芹沢と一緒に斬られる平山五郎の役である。
芹沢が斬られた日は文久三年9月16日の晩で、雨が降りしきっていた。この日、あの八木家の庭側から土方と沖田、それに源さんもいたのではないかと思うが、進入して芹沢と平山を斬る。玄関側から山南と原田が侵入して平間を斬る算段だったと思っている。
結果、平間は糸里と伴に逃走した。だが、平山は同衾中の吉栄と一緒に殺られた。原田左之助役だった彼が原田左之助たちに襲われて殺されたのだ。

あのドラマの筋書きにも、どうも解せないところがたくさんあってーーー。
土方に惚れている糸里が、土方はんのために平間の女になる。ソレも、初めての体験でーーー。その後も平間の女で。
平間は逃げ延びて、行方知れずになっているが、情報では明治以降、養蚕の専門家になったとされているが、どうだか。
でも、不思議なのは、その後も糸里は輪違屋で太夫を務めたのなら、土方との仲が取りざたされてもいいのだが、ソレは一切ない。むしろ、違う名の芸妓が、土方との仲を伝えられているのだが

僕は、いまだに新選組関連でわからないことが山ほどあるのだが、その中のひとつに、あの組織の財政面のことがある。
文久3年3月に京都守護職のお抱えになって、固定した給金はもらえるようになったってことはわかるが、江戸に帰って直参として抱えられた三人扶持25両の【新徴組】ほどは、待遇が良かったとは思われない。
ドラマや小説で描かれているような遊郭での遊興が、あのように連日行なわれえたのか、不思議でならない。最下級の遊女なら今のお金で3~5万円程度だっただろうが、太夫クラスとなれば、数十万円から百万単位の金を用意する必要があったはずだ。

以前、このコーナーで「すってん業平になった歳三」を書いたとき、吉原のことを随分と調べた。また今、京都の嶋原のことを調べてみたが、そもそも太夫というのは、
『正五位の官位にあり、10万石クラスの大名の格式を有する』とあった。
その上、
『帝に接見を許された地位を持つ』といい、『万芸に通じ、高い教養を極めた女性で、別称こったい』という。
『太夫の下には、大名、公家、豪商の人々が遊びに来るから、遊びに付き合えるだけの知識、人格、品位、遊芸などが高いレベルで求められた』と、ある。
そのため、日頃から『三味線、琴、茶道、書道、俳句、囲碁や様々な古典にまで精通している必要があった』と。
この格式が江戸の末期まで続いていたかはわからないが、それにしても、嶋原という郭の中で、たとえ芹沢といえども、超格式の高い”太夫”を斬り殺すなどという無粋なことは考えられない。その後も、いくら京都守護職お預かりといったって、立派な殺人罪なのだが、まったく問われていない。いくら小説の中のことだといっても、僕はいやだ。
でも、あのドラマは、そこから始まった。

遊女というのは、多くの借金を抱えて廓の中で年季が明ける(借金を返し終える)まで働く。通常、順調にいって27~8歳ぐらいまでかかるらしい。不思議なのは、ああした遊女たちが、自由に廓の外に出て寝泊りが出来たのだろうか。でも、確かに、糸里や吉栄らは八木家にいたんだよねーーー。
ちなみに、太夫クラスをお買い求めるには、なんと、50万~400万円ぐらいは必要で、身請けとなると、7千万円ほど必要なんだって。
近藤勇が、元治元年に大阪木津屋の女郎深雪太夫を、京屋忠兵衛の世話で身請けした話がある。一説には、500両を用意したとあるが、今の金で言うと1両10万円として5000万円だから、納得だ。ただ、そんな金、どこから調達したんだろうね。
村瀬執筆 時代小説
プロフィール

村瀬彰吾

  • Author:村瀬彰吾
  • 2004年大河ドラマ「新選組!」の決定以来、新選組特命主幹、日野市立新選組のふるさと歴史館館長を経て芸術文化担当として歴史に触れる毎日の生活を送っている村瀬彰吾のブログへようこそ!
    日野市在住。2006年に小説「人間 土方歳三」を出版しました。小説の詳しい情報や通販はH Pに。
    サイトに関してのお問い合わせ(動作不具合など)は管理人までお願いします。
    村瀬へのメールはこちら






リンク
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリー
カレンダー
08 | 2007/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新の記事
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。