村瀬彰吾がつづる新選組話題を含む日記&エッセイ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年の瀬に、感動的な「第九」だった

001.jpg

「第九」を無事に行なうことが、今年の僕のメインの仕事だった。
無事どころか、かなりレベルの高い感動的な第九を行なうことができた。日野では、1996年に開催されて以降11年ぶりのことだったので、その感激はひとしおだったのである。

この1月から準備に入って、実行委員会を4月に立ち上げ、5月に合唱団を募集し、6月17日から合唱団の練習に入った。
この合唱団、上は82歳から下は9歳までである。今回は小学生からの参加を認め、子供たちにもあの感激を味わってもらうことをコンセプトにしてきた。あの子達が果たしてドイツ語で第九を歌えるのだろうか、それもすべて暗譜である。
しかし、それは取り越し苦労だった。

子供たちだけを集めて特別に補修をしたり、CDを与えて家で練習するように勧めた。みんな頑張ってくれた。
その結果、10月には殆んどの子供たちは暗譜していた。むしろ、大人たちのほうが、いつまでたっても覚えられなかった。
今年の夏は、例年になくさらに暑かった。それでも、皆さん頑張って練習に出てきたくれた。大雨の日もあったし、台風の日もあった。

250人の合唱団の中には、2~30回も第九を歌ったことのある人もいれば、初めての人も大勢いた。ベテランが初心者を引っ張って指導してくれた。そして、どうにか藝術の薫りのするレベルにまで到達することが出来た。

僕は本番当日、総合プロデューサーとして舞台下手や客席で聞いていたが、第4楽章の終了間際には感極まった。僕だけでなく、合唱している皆さんも顔をしわくちゃにして歌っていた。

約半年間、この日のために皆さん毎週日曜日を犠牲にして頑張ってきた。日野市民会館の大ホールが地響きして揺れるほど、限界ぎりぎりの声でハーモニーを響かせた。だから、歌っていた本人たちが感激していた。
珍しく、オーケストラの面々も感極まった。
日野市民会館は兎に角、音響が優れているホールで、ココで演じた人たちは大概その響きの良さに感心するのだ。上野の文化会館に匹敵するという人もいるくらいだ。僕も、ココで演奏したことがあるが、独特の響がする。
テノールの村上敏明氏は、ココで歌うのが大好きだといっていた。

それくらいだから、会場に来ていたお客さんも震えるほどの感激を味わった。
こんな経験は、滅多にできるものではない。

しかし、毎年第九をやっていたら、こういう新鮮味はなくなるだろう。だから、第九は数年に一度でいい。
来年は、違った趣向でやることになるだろう。

このブログも、今年は途絶えがちになっていた。
来年からは、また元通り、今後はお江戸のお話を中心に展開してゆきたい。
002.jpg

004.jpg

003.jpg
スポンサーサイト
村瀬執筆 時代小説
プロフィール

村瀬彰吾

  • Author:村瀬彰吾
  • 2004年大河ドラマ「新選組!」の決定以来、新選組特命主幹、日野市立新選組のふるさと歴史館館長を経て芸術文化担当として歴史に触れる毎日の生活を送っている村瀬彰吾のブログへようこそ!
    日野市在住。2006年に小説「人間 土方歳三」を出版しました。小説の詳しい情報や通販はH Pに。
    サイトに関してのお問い合わせ(動作不具合など)は管理人までお願いします。
    村瀬へのメールはこちら






リンク
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリー
カレンダー
11 | 2007/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新の記事
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。