村瀬彰吾がつづる新選組話題を含む日記&エッセイ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歳三がモーツアルトなら、近藤はベートーベンか

~~五年ぶりに、『燃えよ剣』を読み返してみた~~

歴史上の人物で、語りやすいタイプの人とそうでない人がいる。
幕末に限って言えば、坂元龍馬や勝海舟、西郷や大久保、近藤勇なぞは、偏見を持たずに真正面から研究すれば、大概が意見は一致するだろう。

だが、難しいタイプの人もいる。
その筆頭が、土方歳三だ。
冷静沈着で規律第一、組織の維持発展の前にはどんな犠牲でも払う。
土方歳三の発想や前進を妨げる連中は、たとえそれが大幹部であっても抹殺する。

山南であり伊東であり、藤堂であった。
それでいて、組織のためには、時には不公正な裁断もしてきた。永倉や斎藤などの幹部にはゆるいが、葛山武八郎や河合耆三郎のような下っ端には厳しく、極刑で対処したこともあった。
一切の私情、温情、例外を許さない。
すべては、軍団、組織のためであった。
だから、外部よりも内々から恐れられた。

それでいて、若い頃から俳句をたしなみ、彼の書は流麗で屈託がなく魅力的である。
僕は、あののびのびしていて、男性的な歳三の書を見るのが大好きだ。迷いがないのである。

彼の書体を見ていると、何のためらいもなくすらすらと、先へ先へと筆先が進んでいる様子が伺える。
そこへいくと、近藤さんの書は上手いが、上手く書こうという意図が十分に働いているような気がする。
誰だって普通は、そうである。

でも、歳三には、それがない。
自由気儘というか、まるでモーツアルトが天から与えられた旋律を即興で作曲していったように、混ざり気がないのである。
ベートーベンのような、消しゴムで何十回も消した痕がない。楽譜が美しい。
歳三がモーツアルトで、近藤がベートーベンか。

それが、近藤勇と土方歳三の生き方そのものであった。
片や流山で、迷いに迷って自首という選択をした。一方は、迷うことなく、どこまでも行き着くところまで行くという選択をした。
近藤は、もうこれ以上無駄な犠牲は払いたくないと思い、土方は、闘えるうちは何が何でも前に進むのであった。
(もしかして、近藤は、大久保大和という偽名を使って敵を欺こうとしていたかもしれないが、血風録の脚本を書いた結束さんはそう描かなかったし、僕もそう思いたい)

土方歳三は、近藤の自首を身体を張って止めた。
だが、無駄だった。所詮、二人の理念、生き方が違っていたのである。
僕は、『新選組血風録』の第25話"流山“を見るのが大好きで、見るたびに涙を流す。
二人の生き方の違いが見事に演じられていて、名演である。

土方歳三の才覚で、多摩の百姓を幹部にすえた新選組が京都で、最後は直参にまで取り立てられた。
一体、この人物に、どうしてこんな才能、才覚が備わっていたのだろう。
歳三の生まれや育ちを振り返ってみても、それは判明してこない。司馬遼太郎は、『燃えよ剣』を書く時、その根拠を石田散薬作り時に見せた歳三の采配振りからくるものだとした。
この経験が、後の新選組副長独裁の伏線になっていたと設定したのだろう。

僕は、この図式がなんとなく納得がいかない。
だから、自分なりに考えてみた。
その結果、為次郎という盲目の長兄に着目した。
この人は歳三より23歳も上の兄で、もう殆んど親と同じである。
(一説には、もしかして、この人が父親ではないかなどという説を言う人もいる)
歳三は、京都から20通以上も郷里へ手紙を書いているが、実家宛のものは一つもない。
殆んどが佐藤家や平家をはじめとした親戚筋である。
本家には、寄り付いていないのである。
理由は、わからない。

それと、よく言われている2回の奉公も実のところ良くわかっていない。
石田村の資料では(人別帳)、実家に住んでいることになっていたりする。

歳三は、すぐ上の姉さんの嫁ぎ先(佐藤彦五郎)に、若い頃から入り浸りになっていたとも言われている(今の、日野宿本陣)。
(余談だが、僕の父親というのが大酒のみで母に暴力を振るうので、小さい頃から家にいるのがいやだった。だから、3人の姉さんの嫁ぎ先に順番に泊まりにいっていたことがあった。不思議と、兄さんのところには行かなかった)

そして、俳号は豊玉である。
歳三の生まれた本家は、確かに先祖の代から俳句は盛んであったが、
俳句を義兄や長兄から教わっていたと思う。彼の俳号は、義兄の佐藤彦五郎(春日庵盛車)や長兄の為次郎(石翠)からもらったものと推測する。

為次郎が末弟の歳三の性格を見抜いていて、二人してよく彦五郎のところへ泊まっては、

「お前の性格では、頭目には離れない。二番手が良く似合う。統領へ補助する役目に徹してこそ、真価が発揮できる男だ」

「近藤さんを、引き立てるのだ」

と、言って聞かせてきたと、設定した。

だから、歳三の墓石に為次郎の戒名が彫られている。特別に、この兄とは、因縁があったのではないかと。

それから、歳三の男っぷりから言えば、女関係も考えなければならない。
この度、「燃えよ剣」を読み返してみて、その冒頭から、執拗に司馬さんは歳三の女好みについて触れている。
歳三の夜這いのやり方、薀蓄を大いに語っている。
こういう小説も珍しい。
のっけから、主人公の夜這い、くらやみ祭りでの情交なのである。
それでいて、この物語は、歳三の純愛小説でもある。
お雪さんという恋人を登場させ、函館までこの女性に行かせている。

その「燃えよ剣」が、新しくDVDになってこの度売り出されたという。
今、NHKでは、「新選組血風録」を新ヴァージョンでやっているし、結構そのモードに入ってきているのかも。

poster.jpg

この土方役を演じた栗塚さんが、もうあと10日もたてば日野にやってくる。
先ほど彼から電話があって、『栗塚旭を囲む会』で、僕がサックスを吹くかもといったら、自分も歌いたいといっていた。
彼は、ジャズもシャンソンも歌うんです!
もしかして、共演があるかも??

スポンサーサイト

『栗塚旭を囲む会』に、参加しませんか?

このブログの2月2日に、栗塚さんが日野にやってくることを書いた。
そして、詳細は後程お知らせしますと書いたままになっていたが、本日、主催者の「日野宿本陣文書検討会」のスズトウさんと打ち合わせして細かいことまで決めた。

5月5日(木)「燃えよ剣ウォーク」と『栗塚旭を囲む会』
   6日(金)「石田村ウォーク」と「石田散薬づくり」
   7日(土)「栗塚旭トークショウ」


となった。

本来、この週は、毎年日野新選組祭りを行う頃なのだが、今年は震災の関係で早々と中止になってしまった。
また、府中の大国魂神社で行われる「くらやみ祭り」も中止になった。

だが、私たちは、早急に決定をしなかった。
きっと、ひと月も経過すれば、「自粛」から逆に「活性化」するべきであるという風潮に変わってくるはずだから、様子を見ようと。

そして、やっぱりそのような雰囲気に変わってきている。
そして、上記のような企画に変えて行うことにした。
と言っても、僕は主催者ではなく、あくまで協力者に過ぎないが、この企画はズ~ット、スズトウさんと一緒に練ってきた。

「栗塚さんを呼んでくれ」と頼まれてokした以上、もう、主催者にならざるを得なくなってしまったからだ。
だったら、もう、思い切り楽しい催しにしようと。
そして、そのことで、楽しんだ分をチャリティーに廻すことが良いのではないかと考えた。

3日間のウォークとショウについては、日野宿本陣文書検討会のサイトに詳しく載せてあるので、そこを見てほしい。

suzutoo★nifty.com (★を@へ)
042-581-0111
鈴木まで

ぼくは、『栗塚旭を囲む会』について触れたい。

この会は、初日(5月5日)の「燃えよ剣ウォーク」が終了した後(大体午後4時ごろ)、一端、栗塚氏が滞在するホテル松本屋で休憩するのだが、その後直ちに午後5時から行われる。

場所は、そのホテルからほど近い大国魂神社横のイタリアレストラン「モナムール」の2階である。

1288002420.jpg

tizu.jpg

ここは、結構大きな店で、一階が確かケーキ屋さんで喫茶となっていた。
2階がレストランで奥がパーティー会場になっていた。
そこはグランドピアノまで置いてある、広いスペースである。
人数的には、立食で60名は入れるだろう。
申し込みは、上記の電話番号に。


ここで、『栗塚旭を囲む会』が行われるのだが、一通りの料理が出て参加費は3,000円である。
飲み物は、別料金。
ウォークの引率をしてくれるガイドの市川さん(女性)はここの常連で、美味しいという。

栗塚さんのトークやファンの人たちのコメントも聞ける時間もある。
サイン会も設定する。
そして、僕も数曲サックスを演奏させていただくかも・・・。
場違いかもしれないけれど・・・。

スズトウさんのところでこの「ウォーク」の募集を行っているが、全国から反響があって、既に60名を超えているという。
まだ時間があるので参加者は増えるだろうが、「囲む会」は人数に限りがあるので、早めに申し込んだほうが良い。

村瀬執筆 時代小説
プロフィール

村瀬彰吾

  • Author:村瀬彰吾
  • 2004年大河ドラマ「新選組!」の決定以来、新選組特命主幹、日野市立新選組のふるさと歴史館館長を経て芸術文化担当として歴史に触れる毎日の生活を送っている村瀬彰吾のブログへようこそ!
    日野市在住。2006年に小説「人間 土方歳三」を出版しました。小説の詳しい情報や通販はH Pに。
    サイトに関してのお問い合わせ(動作不具合など)は管理人までお願いします。
    村瀬へのメールはこちら






リンク
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリー
カレンダー
03 | 2011/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新の記事
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。