村瀬彰吾がつづる新選組話題を含む日記&エッセイ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャズの大巨人 Sonny Rollinsに学ぶ

 ~~「人生で、僕に影響を与えたこと?
9・11同時多発テロだね。
あの一部始終を、すぐ近くの39階の自分の部屋から見ていた。
そして、ずうっと考えていた。
自分に何が出来るんだろう、と」~~



僕の趣味の範疇のことで、のっけから恐縮だが、ジャズの神様的存在でテナーサックスの巨匠ソニー・ロリンズという人がいる。

モダンジャズの世界では、伝説的に崇拝されている人にチャーリー・パーカーと言う人がいて、このアルトサックス吹きからモダンが始まった。
その後は、テナーでは、ジョン・コルトレーン、ラッパではマイルス・デビスなど超人が出現したが、このロリンズも同じグレードに数えられる。

ビッグバンドでは、デューク・エリントンやカウント・ベイシー、古くは、グレン・ミラーやベニー・グッドマンというところだろう。
そして、ジャズの元祖としては、何といってもサッチモ(ルイ・アームストロング)であることは間違いない。

この巨人たちの殆んどが既にこの世にはいないが、未だに第一線で活躍しているのがロリンズで、日本にも毎年やって来るし、今年も来た。
大変な日本びいきの人である。
それに、仏様(仏教)の教えを至上のこととして尊崇している。
今年で丁度、80歳だ。
僕は、兎に角この人のプレイが大好きで、携帯のアドレスにrollinsの文字を入れているくらいだから。

今年の3月11日に、あの大惨事が起こった。
僕も、大きな地震があったので、近くのテレビのスウィッチを入れて、どんな状況かを確認したのだが、ロリンズと同じく、テレビではあったが、津波の一部始終を見ることになった。

ロリンズの心境と僕のそれと違うのは、9・11は、はっきり戦争とはいえないが、アメリカとアルカイダ?との戦いで、人間同士である。
しかし、3・11は、相手は大自然であった。

ソニー・ロリンズは、最近の雑誌の対談で9・11の時の心境を次のように語っていた。




(sax and brass magazine no17より)
「あれをみて、“人間は常に争いあうものなんだ”と気がついたよ。
人間の歴史は常に互いに憎しみ合い、殺し合い、爆弾を落しあうことの繰り返しだ。
これを個人が変える術などない。

その疑問に関しては、私は自分に問いかけることをやめたんだ。
その代わりに、
“自分は何なのか?”
“どうやったらもっと良い人間になれるのか?”
そう問うようにしている。
また、“自分の楽器をどんな風にプレイしたら、人々を心地よくすることが出来るのか?”
ともね。

つまり、私自身に出来ることは、それしかないんだよ。
~~この境地に到達するまでに、80年もかかってしまった」




僕は、このロリンズの対談を読んで、自分自身の心の持ち方を教えられたような気がした。
僕も、3・11のあと、ズ~ト、考えてきた。
「自分に何が出来るんだろう」、と。

思い起こせば、この3月26日に、吉祥寺の駅ビルで震災チャリティーのライヴを行なったが、あの時、聞いてくれたお客さんの中に、僕の演奏で涙している人もいたし、“万札を惜しげもなく義援ボックスの中に入れる人も何人かはいた。
コインは殆んどなくて、多くの人が札であった。

あの時は、自分も役に立って入るのかなあと、おぼろげながら実感していたが、はっきりとした輪郭はなくて、この気持ちは今日まで引きずっていたのである。
「何か、しなきゃ」なのだが、じゃあ、何が出来るんだということになる。
日本人の多くが様々な形で、東北の人たちにあったかい手を差し伸べている。『瓦礫の片付け』や『ヘドロの処理』など、出来ることを、しているのだ。

先のロリンズの発言で、目が覚めた。
そう、『自分のできることをすればいい』のだ。
僕の音色で、周りの人たちを、良い気持ちにさせたい。
それで、いいではないか、と。
戦争を止めさせる事も、津波を止めさせることも出来ないのだから。

さて、どうしたら、もっといい音出せるんだろう。
これから、毎日、基本練習に戻ることになるなあ。

スポンサーサイト

”藝術文化の薫るまちinひの“HPを立ち上げました

僕の仕事は、日野市で芸術文化をすることである。
これまで約5年間、この業務をしてきた。

日野市の直接の事業として、コンサートを毎年行なってきたのだが、昨年から、独立した実行委員会を立ち上げ、そこで事業を行なうことにした。
市は、側面からの援助ということになった。
僕は、その事務局である。

すると、実行委員会は、今度はコンサートの企画・合唱練習ばかりでなく、様々な交渉ごとからチケット販売まで責任を持つことになる。
合唱団員の募集からコンサートのPRなど、様々な形でしなければならない。

市の広報のほか地元のケーブルテレビでの宣伝、市の掲示板や公共建築物へのポスター貼付、そして、タウン誌に載せてもらうことも多かった。
ところがこのタウン誌、一番良く載せてくれて効果があったのがアサヒタウンズだったが、昨年廃刊となってしまった。
郷土の歴史的史跡の紹介から色々な市民生活の紹介、生活全般にわたる有名店やグルメ店などあらゆる身近な話題を扱って、長い間市民に親しまれてきたのに、残念だ。
僕らのコンサートも、団員募集からチケットの売出しまで、よく記事にしてくれたのに。

そこで、我ら独自のホームページを作ることになった。
作ってくれる人に頼んで、急いで一週間で完成させてもらった。
その間、僕も忙しかった。
立ち上げに必要な資料、データーをそろえなければならないからだ。
毎日がてんてこ舞いだったが、数日前に出来上がった。
皆さんにも見て欲しい。
URLは、つぎのようだ。

o0300015211467759443.jpg
http://hino-daichi340.net/


村瀬執筆 時代小説
プロフィール

村瀬彰吾

  • Author:村瀬彰吾
  • 2004年大河ドラマ「新選組!」の決定以来、新選組特命主幹、日野市立新選組のふるさと歴史館館長を経て芸術文化担当として歴史に触れる毎日の生活を送っている村瀬彰吾のブログへようこそ!
    日野市在住。2006年に小説「人間 土方歳三」を出版しました。小説の詳しい情報や通販はH Pに。
    サイトに関してのお問い合わせ(動作不具合など)は管理人までお願いします。
    村瀬へのメールはこちら






リンク
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリー
カレンダー
08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新の記事
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。