村瀬彰吾がつづる新選組話題を含む日記&エッセイ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

≪新選組検定≫に思う

.


来月の3月18日に新選組検定なるものが行なわれる。
僕も、検定の出題をやってみたくて、問題を100問作ってその回答や解説も書いたことがあったが、これを実現させるにはいくつかのハードル、難問があって、それらをクリアーにすることがとても難しくて、棚上げになっていた。

そしたら、どこかで始まるという。
調べてみたら、
何と、僕の住んでいる日野市が『後援』のトップに上がっていた。次に会津若松市、函館市、調布市などが続く。
うちの市長がトップでコメントを書いていたが、検定に際して「おめでとう」的な文言があるのかと思ったら、検定に関することは一言も触れていなかった。
会津の市長も同じであった。
ただ、薄桜鬼というアニメを賞賛しているだけだった。
どうして、このアニメを賞賛するのか、不思議である。

この検定に関心のある人が言っていたが、3級問題の中に、薄桜鬼に関する問題が出るという噂もあるとか。

主催は、新選組検定事務局とあるが、実態は、運営のヒューマンソシリア(株)・日本出版販売(株)なのだろう。

この日本出版販売(株)という会社、略して「ニッパン」といわれるところだが、龍馬検定をはじめ、これまでに、二桁の検定を行なってきているという。

こういう検定は、社会的に関心事であることから、また全国的にマニアなどが多額の旅費をかけて受験しにきたりするから、責任感を持って執行しなければならない。

内容が歴史上の史実に基づくものであるから、そのすべてが真面目なものでなければならない。
果たして、新選組という題材が、歴史的真実に基づいて出題してゆくことが出来るのだろうか。
僕は、このブログでも何回も書いてきたが、新選組はわかっていないことが多い。
が、その割には、歴史的真実または史実のような伝え方がされてきているものもある。

まだまだ、映画や小説、聞き書きなどを持って新選組を語ってきている節が殆んどである。
新選組のバイブルといえば、子母沢寛の新選組3部作が挙げられている。
あの司馬遼太郎でさえ、それらを模範にして新選組を語ってきている。
元が間違えていれば、その後もズ~ト間違える。
試衛館の場所は、小石川になっている。
今では、牛込柳町が定説になっているのだが。

僕の友人で新選組ガイドをしている人が、『燃えよ剣』の中の記述の間違いが際立ってひどいので、大阪の司馬遼太郎記念館に電話して、その間違いを今からでも直したほうが良いという連絡入れたことがあった。
勿論、断られた。

土方歳三は、本当に腰に木刀を差して、背中に石田散薬の箱を背負って道場破りをしていたのだろうか。
石田散薬作りに、女子供を使って采配を振るっていたという史実はあるのだろうか。
それが、後の新選組副長の采配に役立ったという小説上の話が、本当のように子孫の間で伝わっているが。

石田散薬という名称も、甲陽鎮撫隊という名称も、明治期に入ってからつけられたものだという話もどうやら本当のようだ。

この新選組検定、新選組研究では第一人者のK.A.氏が監修するという。
彼の研究は真摯なものが多いから、僕も敬服している。
その出題者自らが講師となり直前の合格対策講座をやるらしい。
個人的には講座をやるなら、出題者以外の講師にしてもらった方がいいような気もするがーーー。

主催・運営者は儲けることしか、考えていないのかもしれない。
だって、受験者は、誰だって、出題者が対策講座をやるんなら、受けざるを得ないでしょう。
受けなきゃ、試験に絶対不利である。

僕は、『江戸文化歴史検定』を、始まって2年目に受けたことがあった。
そのことを、このブログに書いた。
かなり、酷評をした。
どうも、やり方が、商業主義的で、すべてに誠実さが感じられなかったからである。
あれは、江戸東京博物館が深く関与して始まったものだが、それなりのオーソリティーがあった。
が、いまは、その博物館も距離を置くようになった。学芸委員に聞いてみた。
「やばい」と、感じたらしい。

龍馬検定というのも聞いたことがある。
あれも、どうやら、ここ2年は開催していないようである。
『ニッパン』が主催している。
こういう、検定というものは、始めた以上は毎年開催する義務がある。
でないと、受験者に失礼である。
というより、背信行為といえる。
前年に落ちた人は、来年に向けて再び猛勉強に励むものである。
それが、開催されませんなんていうことが許されるのか。
そう思うのは僕だけだろうか。

皆さん、受験者は真面目なのである。
お金も相当に使っているのだ。
地方から、東京に出てきて受験すれば、結構な金額が必要だ。

この新選組検定も最初の2,3年で尻切れなんてことのないようにして欲しい。
来月行なわれる検定の出題を見て、再び、論評したい。

スポンサーサイト
村瀬執筆 時代小説
プロフィール

村瀬彰吾

  • Author:村瀬彰吾
  • 2004年大河ドラマ「新選組!」の決定以来、新選組特命主幹、日野市立新選組のふるさと歴史館館長を経て芸術文化担当として歴史に触れる毎日の生活を送っている村瀬彰吾のブログへようこそ!
    日野市在住。2006年に小説「人間 土方歳三」を出版しました。小説の詳しい情報や通販はH Pに。
    サイトに関してのお問い合わせ(動作不具合など)は管理人までお願いします。
    村瀬へのメールはこちら






リンク
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリー
カレンダー
01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -
最新の記事
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。