村瀬彰吾がつづる新選組話題を含む日記&エッセイ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大河ドラマの主人公は、僕なら、兄の山本覚馬にするのだが―――

先日、吉祥寺駅のホームで、ぼんやり、KIOSKを見ていたら、
日刊Gというタブロイド判の夕刊紙の中刷り広告に、NHKの大河ドラマの視聴率がいよいよ10%を割りそうだと出ていた。

勿論、すぐ買ってそのページを開いた。
すると、同時間帯のテレビTにも視聴率では、負けてしまっているということだった。

へ~え、あの人気番組がそれ程―――。
でも、人気があったのは昔のことで、紅白と同じで、長い凋落傾向は変わらない。

今、僕が担当している講座でも、
会津の文久2年ごろから、つまり京都守護職を引き受けたあたりから話を始めたのだが、したくても、山本八重のお話は殆どできなかった。
つまり、
幕末のころは、まだ、八重は会津に住む普通の女の子だったわけで、多少、鉄砲に関心がある程度で、取り立てて変わったことのない人だった。
活躍は、明治に入ってからである。
だから話しても、おもしろくないのである。

でも、NHKは、主人公だから描かないわけにはいかない。
でも、これと言って面白エピソードもないのである。
だから、他愛のない日常を描いている。
今回も、子供が行方不明になった設定で始まっていた。
なんだか、となりのトトロのメイちゃんが行方不明になったパクリみたいに思えた。
あまりに、くだらないので、見るの止めた。

それなら、韓国ドラマを見ていた方が、よほど面白い。

そこへ行くと、兄の山本覚馬は、主人公にして十分面白い人物なのだが、主役とはならなかった。
確かに、山本覚馬と言っても、一般的には知られていないし、視聴率は取れないかもしれない。
でも、脚本次第だと思う。
あと、話の運びやエピソードの面白さで、徐々に人気は出ると思うのだが、あのまま、八重をどう描いていくのか、やや心配である。

こうまで、僕が山本覚馬を取り上げるからには、その理由を言わなければいけない。

僕が最初に山本覚馬という人物を知ったのは、土方歳三の勝海舟宛の手紙でである。

歳三は、元治元年9月16日付で、海舟宛に手紙をしたためている。
でも、これは、どういう理由かはわからないが、代筆で、明らかに歳三の筆跡ではない。

手紙ーー海舟

佐久間象山という幕末時に活躍した洋学者が、この年、7月11日に京都の高瀬川の近辺で暗殺された。
犯人は、あの、るろうに剣心のモデルになったといわれる川上彦斎である。
でも、その時点では、誰が犯人だか判明していなかった。
長州あたりの仕業だと思われていたのかもしれない。

だから、
象山の息子恪次郎は、名を三浦敬之助と変えて仇討のため、新選組に入隊した。
この斡旋をしたのが、山本覚馬であった。

歳三の手紙の本文にこうある。

――――、
  御甥三浦敬之助子、会津藩山本覚馬と申す仁より頼まれ、手前局中に引き受け、亡佐久間氏の仇 種々配慮探索のところ、この日承知つかまつり候は、すべて国賊長士の作業に候。
――――、
  亡父の仇 国家のために候えば文武研究し、我輩とともに尽力しかるべくと存じ、補育ほかならずまかりあり候あいだ、決してご心労なきよう頼み奉り候。
――――。

しかし、何故、歳三が海舟宛にこんな文を書いたのか。
それは、海舟の実の妹、順が象山の後妻に入っていたからであった。
順にしてみれば、夫が殺され、実の子が仇を討とうとしているのだが、それは、順の子ではなく妾の子であった。
それでも、順は義母に当たり、海舟は一応伯父にあたる。

だから、
歳三は、海舟宛に、「お預かりした」と書いたのである。

だが、何故、ここに仲介役として山本覚馬が登場するのか。
それは、山本覚馬が象山塾の門下生であったからであり、同僚や尊敬する先輩に吉田松陰や勝海舟、横井小楠などがいた。

崇拝してやまない象山先生が暗殺されたのだから、山本覚馬が仇討を手助けする気持ちになったのはやむを得ないか。
でも、象山の息子を仇討のために、新選組に入隊させる斡旋をしたという事実は面白い。
ドラマで描くきれいごとばかりではない、ということか。

これも、むしろ、ドラマで扱った方が逆に面白いと思うが。
れっきとした史実なんだし。

ついでだが、
この頃、敬之助は義母の順に手紙を出している。(元治元年9月12日付)

 近藤先生に、助役土方年三と申す人、至ごくしんせつにいたしくれ申し候まま、決してご心配下さるマジく候。

そして、海舟は慶応2年7月5日付の日記に次の一節を記している。

 近藤勇、土方歳三へ五百疋、山本覚馬へ五百疋。佐久間恪次郎、世話いたし呉候為、挨拶として遣わす。

僕が、山本覚馬を推す理由は他にもあるが、長くなるので、次回に回す。

つづく

スポンサーサイト

TAMA市民塾『新選組連続10回講座』始まる

この3月から、
東京の府中市にある多摩交流センターからの依頼で、講師をしている。

以前にも、新選組ばかりの連続10回講座を行なったが、評判が良かったのか、再び、今やっている。
毎月第2,4土曜日の2回を5か月続ける。
今、第2回が終了したところだが、タイトルは『土方歳三と新選組ウォーク』である。
だから、10回のうち4回も江戸、多摩地区を歩く。
栗塚旭さんの映画も2回見る。

第2回目は、歳三生誕の石田、高幡地区を歩いた。
次のウォークは試衛館から伝通院を歩く。
先日、
幹事さんとこのルートを歩いた。
幹事さんは26歳の若い女性と60代の男性だが、女性は、最近はやりの“薄桜鬼”というアニメに魅せられて、歳三にはまっている人だ。
そういえば、先日久しぶりに京都へ行ったが、壬生や島原地区で新選組のコスプレ姿の女性に何回か会った。
彼女たちも薄桜鬼ファンであった。

入口はどうであれ、その後、まじめに新選組を追及している姿に感激する。
こうした人たちが、どんどん増えていってほしい。

IMG_1942.jpg


そして、
歴史の“真”と“偽”の違いの分かる人たちであってほしい。
それが、現代の“真”と“偽”の違いを見抜く力に発展するに違いないからだ。
僕は、思うのだが、この辺りをごちゃまぜにしたままで、放っておく世の中になっているような気がしてならない。
だから、大河ドラマの責任は大きいのである。

大震災で集まった多くの金銭は“真”、真心である。
でも、その使い方は、“偽”であってはならないはずだが、危ない気がしている。
何処にどう使われるのか。
多くの予算が計上されているのだが、僕は、危ないと思っている。

今回の講座で幹事を受けてくれている女性、
初めて試衛館やら、伝通院を実感して大感激していた。
新選組は、こういう若い人たちに受け継がれて、永遠に語られてゆく。
それだけに、僕ら、先輩たちは、遊びの部分もよいが、正しい歴史を伝えなければいけないし、役割は重要である。


それにしても、あの長嶋茂雄と松井がダブルで国民栄誉賞は華やかだが、長嶋は引退の時、「ジャイアンツは、永遠に不滅です」といった。
そのことが耳についていてしようがない。
所詮、あの人は読売ジャイアンツの人なんです。
タイガースファンをはじめ、他球団のファンたちは、どう感じているんだろう。
手放して、喜んでいるとは思えないのだが。
みなさん、
このことになると、沈黙である。

プロ野球に貢献したっていうけど、喜んでいるのはジャイアンツファンだけ。
でも、偉大な人だから、皆さん、逆らえない。

貢献したっていうなら、
野村さんの方が、現役時代の成績もさることながら、弱いチームを強くしたり、『再生工場』と言われたくらい、一度挫折した選出を復活させているのだから、よほど貢献していると思うし、王さんの方が、長嶋よりずっと偉大だし、400勝投手の金田だって健在である。
何故、松井なのだろう。
日本という国は、まだ、野球はジャイアンツなのか。

なんだか、マスメディアが作っているとしか思えない。
皆さん、日本人なら、長嶋ファンでなきゃいけない、でなきゃ、非国民のような。
だから、今回の受賞は、全員が喜ばなきゃいけない、と。
テレビのアナウンサーやキャスターはこう言う。
「皆さん、喜んでください。すばらしいニュースが飛び込んできました。あの長嶋~~」という、口調である。
なんだか、北朝鮮のニュース番組に似ている。

昨年あたり、ほとんど完全にジャイアンツ一辺倒の野球中継は消えていた。
それまで何年もの間、日本テレビだけならいいが、他のテレビ局も全部がジャイアンツのみであった。
野球は、巨人だけでいいのだといわんばかりだ。
あの異常が、また、元に戻らなきゃいいが。

安倍さんに代わって、世の中、昔に戻ってきた。
いつの間にか、原発推進の雰囲気に変わってきている。
3・11を経験して、福島の一部の地域はいまだに廃墟で、人々は、もう生きているうちは戻れないほど危険なのだが、円高になったり、株が上がると、それもどこかへ。
そして、いつの間にか、電気料金値上げである。

『巨人、大鵬、卵焼き』の時代が、復活か。
そこへきて、オリンピック騒ぎである。
昭和30年代から40年ころを、思い出す。
オリンピックは、実現する見込みあるのか。
前回は、誘致に150億円が消えたというが、今回は、いくらか。

本当に、景気の良い時代に戻るのならいいのだが、どうでしょう。
先ずは、増税や物価高だけが先行しそうである。
その後、賃金だと言っているが、本当にそうなるのか。

昨日も卓球で、
”愛ちゃん”が、活躍していたけど、
ぼくは、この愛ちゃんとフィギアの浅田真央ちゃんには、いつも元気づけられてきた。
真央ちゃんがフリーの演技をする日なぞは、朝から落ち着かない。
絶対に、見逃せない。
演技中は、自分が親か親戚になったみたいに、胸がドキドキする。
でも、いつでも、さわやかな感傷を与えてくれてきた。
真央ちゃんには、本当に感謝している。
これは、我ら日本人に共通してもっている民族意識のような気がしている。
だから、
長嶋にあげるなら、『真央ちゃんでしょう』と言いたい。
長嶋ファンには悪いが。

ところで、
新選組人気は不滅である。
というより、ますます、じわじわ増えていっているように思える。
でも、それは、アニメ先行の物語風の風潮が強く感じられるので、気を付けないといけない。
やたら、剣を振り回したり大砲を撃ったりして戦い続けることが格好いいと、そうした部分が増幅されたりしている。
最近の憲法改正や軍備増強論議が重なって、嫌な実感が迫るのだが。


村瀬執筆 時代小説
プロフィール

村瀬彰吾

  • Author:村瀬彰吾
  • 2004年大河ドラマ「新選組!」の決定以来、新選組特命主幹、日野市立新選組のふるさと歴史館館長を経て芸術文化担当として歴史に触れる毎日の生活を送っている村瀬彰吾のブログへようこそ!
    日野市在住。2006年に小説「人間 土方歳三」を出版しました。小説の詳しい情報や通販はH Pに。
    サイトに関してのお問い合わせ(動作不具合など)は管理人までお願いします。
    村瀬へのメールはこちら






リンク
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリー
カレンダー
03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新の記事
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。