村瀬彰吾がつづる新選組話題を含む日記&エッセイ。

被災地巡り

宮古で土方君と再会したが、被災地は、暗く冷たい空間だった。
すべて自粛ムードの中、吉祥寺アトレで最初に演奏したのは、自分だった。


昨日と一昨日、『被災地巡り』に行ってきた。
今、旅行会社では、大変な人気ツアーになっているそうだ。

僕が旅行会社に申し込みの電話を入れた今から約ひと月前、殆どのツアーが満杯だった。
なぜ、こんな人気に―――。
NHKの人気朝ドラの影響もあったのか、また、三陸鉄道が全面開通したからなのか、異常な混雑ぶりであった。

盛岡まで列車で行き、そこからバスで宮古の北、北山崎というとこらから南下するコースである。

p--1.jpg

ここいらは陸中海岸国立公園であるから、すべて、その景観は見事である。
三陸鉄道には、久慈市の南に位置する島越(しまのこし)という駅から乗った。
流された駅舎が、まだ完成していない。
駅のホームには、あふれんばかりの人である。普段は、1輛か2輌だそうだが、今日は月曜日だったが、特別で、4輛編成であった。
長すぎて、ホームをはみ出している。
だから、はみ出したところは、ドアーが開かない。

p--2.jpg

p--3.jpg

p--4.jpg

この三鉄、その大方がトンネルであった。約9割と言ってもよいくらいだ。
まるで、地下鉄状態。
だから、景色というものは、ほとんど見ることが出来ない。
完全に、生活のための鉄道で、観光用ではない。
でも、その鉄道が、開通したというので、全国からお客が殺到している。そのお客さんと僕の気持と、殆ど一致していたと思われる。
つまり、
きっかけは何でもいいのだ。とにかく、現地へ行って、生で見て、何かできることはないのか、という気持ち。

列車の終点は、宮古駅である。

p--5.jpg

浄土ヶ浜という美しい景勝地が、宮古近辺にある。
『極楽浄土』とは、こういう景観なのだというところから、その名がつけられたというが、それも理解できるほどの美しさだ。

ここで、土方君に出会った。
観光遊覧船の、乗り場の目の前にいた。

p--6.jpg

p--7.jpg

ここの【浄土ヶ浜ヴィジターセンター】には、伊藤さんという女性がいる。
彼女、2年前に、高幡不動で僕と栗塚さんがトークを行なった時に、宮古から救援依頼に日野へ来ていた人だ。
懐かしくお話をしたのだが、宮古市とは、新選組サミットでも当日野市とは縁が深い。

ここを皮切りに、海岸線を南下していった。
大槌、釜石の順であったが、僕は、学生の頃、釜石に貧乏旅行で行ったことがあった。
どこの地区へ行っても、海岸線の街は全く亡くなっていたが、釜石も同じである。

p--8.jpg

p--9.jpg

p--10.jpg

昔、製鉄所があったところで、最初は安政4年からである。その下地は、あの高島嘉右衛門が、父子で苦労して開拓したところである。

大船渡の惨状も見て、碁石海岸を経て陸前高田へ。
ここは、あの『奇跡の1本松』で有名になったところだ。

p--11.jpg

だが、この陸前高田、とてつもない大きな橋が建造中である。
陸地奥の山の土を、ベルトコンベアーで運んでいるという。
山を崩して平らにして、そこへ住宅を作るらしい。その土を海岸線近くに運んでいるというのだ。

p--12.jpg

p--13.jpg

何やら、家康の江戸入りの頃を思い出す。
江戸初期、
神田山を崩し運河を掘り、その土で、日比谷をはじめとした入り江付近を埋め立て、新しい土地を造成した。江戸の城下町を完成させるためだというが、実は、北条の影響を受けていない徳川独自の土地を創造していくことが目的だったとも。
家康は、北条ばかりでなく武田の遺臣たちにも気を配った。一揆なぞ起こさせないで、一刻も早く、徳川の威光を敷延させる必要があったからだ。
武田の遺臣たちを、多摩地区で『千人同心』として採用した。500人は多摩地区の地元からだが、遺臣からは500人雇った。郷士のような存在で、家禄は低いがれっきとした直参である。

幕末、
その千人同心らは、敗戦濃厚の幕府軍に従って戦った。慶喜が恭順した後も、上野の彰義隊なぞに加わり、また、会津、函館へと多くが死傷した。
土方歳三は千人同心ではなかったが、徳川さまに恩があると、命尽きるまで戦い続けた。

気仙沼も大きな代償を払った。
でも、ここは、被災者の皆さんが、頑張って魅力的なお店を開店させている。海岸線のみではあったが、街に活気が出てきていた。

この旅、『自分探しだった』『何が、自分にできるのか』を探すのであった。
結果、何していいか、よくわからない。

9・11、飛行機がビルに突入して、ビルが壊滅する状況をニューヨークのアパートの窓から見ていた人がいた。
テナーサックス奏者ソニーロリンズは、『人々はなぜこうも殺しあうのだろう』『人間の歴史とは、殺し合いの歴史なのか』と考えたそうだ。
『今、自分にできることは、音楽をやって、人々に喜んでもらうことだけだ』
それしか、出来ない、と。

次の僕のライヴは、6月1日(日)、吉祥寺駅ビル“アトレ”だ。
思えば、3・11の後、すべて自粛の中、あの駅ビルで最初に演奏したのは自分だった。

スポンサーサイト

五平新田金子家ご当主のご厚意

4月26日(土)、“新選組村瀬塾”が流山、五平新田、板橋のウォーキングを行なった。


慶応4年4月3日、近藤さんが自首をした流山から、その前に屯集していた五平新田に戻る形でツアーを行なったのだが、綾瀬駅を降りて金子家に到着して、珍事が起きた。

ここ、金子家は、甲陽鎮撫隊が敗走して八王子で解散した後、近藤と土方が先頭に立って集合した名主の屋敷である。おそらく3月13日ごろであったはずだ。

僕らが立派な門に到着し、立ててある表札を眺めていると、ご当主の奥様がちょうど帰宅された。この方が、幕末時の主、金子健十郎氏の直系の子孫である。
この人とは、僕は面識がある。
もう10年も前になるかなあ。日野の土方歳三資料館で、随分と長くお話させていただいたことがあった。
その時の写真が出てきた。

3nin_20140529165611630.jpg

真ん中が金子さんで、左が僕、右が綾瀬でウナギ屋さんを経営している増田さんである。

しばらく、帰宅した奥様と昔話をしていたら、ご主人も加わってくれた。そしたら、中へ入って見学してもよいということになったのだ。
庭に入るだけでも幸運で、随分と運の良いことだと感激したのだが、さらに、近藤、土方が腰かけたといわれる縁側の式台の石から家の中へ入ってもよいと、案内してくれた。

金子家ーー2

220.jpg

211.jpg

近藤、土方が金子家に入ったその後、徐々に隊士たちが集まり、とうとう200人を超える人数になった。
だが、いくら、3000坪の屋敷であったとはいえ、屋敷の中に、これだけの人数を収容しきれるものではない。近所の寺などに、分散して寝泊まりすることになったのだが、新選組の幹部たちは、壬生の八木家の時と同じく、この家の一等良い部屋に居座っていた。

おまけに、勝手に大工を入れて、風呂場などの改修を始めたというから、金子家にとっては結構な迷惑だったであろう。
その上、寝具や日用品、三度の食事まですべてを用意させられたのであるから、かなり焦燥したに違いない。
中には、おかずの味付けまで注文した隊士もいたというから、たまったものではない。

しかし、こうした風評を外に、現在のご当主は新選組に対する批判は少ない。
新選組がここを引き払う際、近藤もさすがに恐縮して二千疋(約5両)の金を置いて行ったというが、そんなものじゃ焼け石に水である。
でも、ご主人は言う。
「あの時代、官軍も徳川脱走軍も、国のために、必死に戦っていたんですから、どっちがいい悪いとは言えませんね」と、冷静に振り返っておられた。

ともすると、
僕らのような新選組ツアーなり、ウォーキングなりで、個人の家を訪れると迷惑がられることが多いが、金子家の太っ腹の対応ぶりには頭が下がる思いであった。

その後は、金子家のすぐ横にある『綾瀬川』に足を向けたのだが、今は高速道路が上空に走ってしまっているし、護岸はコンクリで固められているしで、まるで昔の面影はない。

ここの堤で、僕は、近藤と土方が最期の別れの会話を交わした情景を描いたのだが(本文111P)、もう終いだと殆んどあきらめていた近藤と、まだまだ意気盛んな土方歳三との対比を映してみたのだった。

この時とその後の流山では、土方歳三は必死に近藤の切腹・自首を止めにかかった。
二人の、生き方の違いが浮き彫りになった場面でもあった。

村瀬執筆 時代小説
プロフィール

村瀬彰吾

  • Author:村瀬彰吾
  • 2004年大河ドラマ「新選組!」の決定以来、新選組特命主幹、日野市立新選組のふるさと歴史館館長を経て芸術文化担当として歴史に触れる毎日の生活を送っている村瀬彰吾のブログへようこそ!
    日野市在住。2006年に小説「人間 土方歳三」を出版しました。小説の詳しい情報や通販はH Pに。
    サイトに関してのお問い合わせ(動作不具合など)は管理人までお願いします。
    村瀬へのメールはこちら






リンク
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリー
カレンダー
04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新の記事
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード