村瀬彰吾がつづる新選組話題を含む日記&エッセイ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

――海音寺潮五郎談――2

「土方歳三はなかなかの戦上手、驚嘆した」
「天才だ」
――海音寺潮五郎談――2

海音寺さんも、深く調査する前は土方のことを、たかが新選組の副長で、せいぜい剣に長じている暴れん坊程度ぐらいに思っていたに違いない。それが、調べれば調べるほど、軍人としての資質に長けている土方を再発見した驚きがあったのではないか。 

僕は、自分の作品と海音寺さんの文章とを、格が違いすぎて比較するつもりは全くないが、たまたま同じような感性で土方を見ていることに痛快な感情を持った。
実は僕も、自分の作品『人間土方歳三』の”歳三の喧嘩極意“という小見出しがついている部分で、似たようなことを歳三自身に言わせていた。

   P173、
   ……素手の喧嘩のときも、剣を使っての決闘のときも同じですが、明らかに敵が自分より上手だと感じたときは、自分の得意技で突進する以外ないのです。
     そのために、日ごろから得手の早業を見につけておくことが大切です。その技は何処の誰よりも、自分しか出来ない十八番(おはこ)にしなきゃいけません。
   
  なぜかといいますと、道場の稽古や相撲などと違って、喧嘩でも真剣勝負でも一本勝負ですから、しかも同じ相手と何度も戦うことはまずない。だから、1つだけ自分の得意技を身につけておけば全員に勝てるってことになるんです。
   ……喧嘩のときは、私は人並み以上に足が丈夫だったので、相手に足蹴りを入れることに集中していました。  
     敵が私より体格がいい場合は、まず突進して相手の懐に飛びこびます。この間、少しぐらい殴られたってかまいやしない。すぐ後あとには、何倍にもしてかえしてやらあという気組がありますから、痛くなんてない。

…………
  この場合には特に、やはり『気』というものが大切で、まず気で相手を圧倒してしまうことが大事なのです。
この極意は、偶然なんですが、天然理心流と全く一緒でしてね、あとで私が天然理心流に入門したときも同じことを言われまして、「なんだ、俺がやってきたことじゃねえか」と思ったことがありました。安政六年の春のことですが。
 
 次に剣の極意ですが、例えば、井上の源さんの場合は、何ってたって上から振り下ろす剣の早さ、その重いことといったら天下一品でした。
  示現流のように、何度も袈裟がけにすばやく振り下ろすんです。示現流は打ち下ろすばかりですが、源さんの剣は跳ね上げがあります。つまり上下往復って次第です。それが速くて重い、ですから、受けるこちらの手がしびれてしまいます。あの人は、日ごろの鍛錬で十八番を身に着けていたことが、京で役立ちました。
 
 物事、稽古事でも剣でも同じだと思うんです。
  うめえやつは最初から上手い。
  例えばお花を生けるんでも、踊りを踊るんでも謡をうなるんでも、笛を吹くんでも、後に剣豪といわれたような人でも、何とかの達人とかいわれた人でも、連中は努力して上手くなったんではなくて、最初から上手い。

  世の中皮肉なもので、一所懸命努力してきている人が、なかなか上達しないもんです。源三郎さんはね、小さい頃から剣の修行に励んでこられた。しかしあの人はすぐには上達しなかった。だが、不屈の努力で十八番を身につけました。そして天然理心流の免許までお取りになった人です。
  逆にね、今度は簡単に身につけた奴は、付け焼刃ってもんですから、源さんのような筋金入りの剣豪には勝てないんです。

土方は剣だけに資質があるのではなく(沖田や近藤、井上は多分、剣だけだ)、鉄砲を持たしても大砲を与えても天性の闘争本能で、連戦連勝してきている。
彼は、小さい頃から、喧嘩が強かったと僕は決め付けた。
そして負けない。生来の喧嘩屋なのである。
その上、京都では、歴史上かつてない未曾有の軍事集団を作り上げ、運営してきた。
恐るべし、土方、なのである。
こんな男に、魅力を感じないわけにはいかない。 
                                  つづく
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
村瀬執筆 時代小説
プロフィール

村瀬彰吾

  • Author:村瀬彰吾
  • 2004年大河ドラマ「新選組!」の決定以来、新選組特命主幹、日野市立新選組のふるさと歴史館館長を経て芸術文化担当として歴史に触れる毎日の生活を送っている村瀬彰吾のブログへようこそ!
    日野市在住。2006年に小説「人間 土方歳三」を出版しました。小説の詳しい情報や通販はH Pに。
    サイトに関してのお問い合わせ(動作不具合など)は管理人までお願いします。
    村瀬へのメールはこちら






リンク
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリー
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新の記事
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。