村瀬彰吾がつづる新選組話題を含む日記&エッセイ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日から2学期

9月1日、今日から学校が始まった。
今月は自民党の総裁選挙がある。もう、安倍さんで既に決まっている。憲法改正と増税路線らしい。あまり、いい印象ではない。だから、党では来年の参院選を心配しているということだ。
東京は、朝から小雨模様で、どんよりした空模様。何かもう一つさえない始まりのようだ。

ところで、夏休みって、あのじりじりした暑さが僕は小さい頃から好きで、思い起こせば、毎年海へ連れて行ってもらうのが最高の楽しみだった。東京地方では、昔は海水浴といえば湘南海岸へ繰り出すのが一般的で、電車に乗って江ノ島、鎌倉が一番人気だった。
近年車社会になって、遠方へも自由にいけるようになってからは、千葉や伊豆方面へも繰り出すようになったが、僕の小学生の頃は、どこの家も車なぞ持ってないから、押し合いへしあいで湘南電車に乗ったものだ。
あっ、その湘南電車だけど、今でもどこからどこまで走っていて、なんでこの名称なのかも知らない。東京駅から熱海辺りなのかなあ。
子供の頃から、なんとなくハイカラな電車という印象なのである。だって、戦後の電車といえば、暗い色のこげ茶のような印象ばかりで、湘南電車の「オレンジ色」と「緑色」のツートンがなんとも美しく写っていたのだった。

この間、暑い盛りに、鎌倉へ行ってみた。
この年齢だから、海水浴ではなく梅雨時の明月院である。アジサイを見に行ったのだ。そのときわざわざ、小田急線の片瀬江ノ島で降りた。そして江ノ電で鎌倉へ行った。
どうしてもアノ駅に降りたかったからだが、僕の小さい頃、アノ駅は竜宮城だった。今でも、竜宮城のつくりのままなのか確かめたくて降りたのだが、いまでもそのままだった。
あの当時、子供心に駅を見て嬉しかったのだ。

8月のお盆の頃になるとこの日野辺りは全く静かで、アノ静寂さが僕は好きだ。年末年始とゴールデンウィークと夏のお盆の頃は共通して森閑としている。
僕の住んでいる日野市には日野自動車の本社があって、自宅からすぐ近くだ。ここは、工場も兼ねているから、連休のときとお盆は一斉にラインが止まる。近くにはコニカ・ミノルタがあり、八王子の工業団地も近いので、この時期になると中で働く人々は皆お休みになり、周りの道路は朝から物音一つ聞こえなくなる。
子供達も夏休みだから、学校もやってないし商店も休むところもある。だから、世間は静けさの中に沈むのだが、ラジオを聴いていると、道路交通情報では高速道路が大渋滞だといっている。
僕の家は中央高速道路から約100メートルほどの距離のところにあるから、見に行くと、なんと、そこだけは満杯なのである。ひどいときは、大月辺りを先頭に高井戸辺りまで断続的に100キロほど渋滞になる。

しかし夏休みも昨日で終わって、本日から平常に戻った。
今日から2学期なので、子供達が一斉に登校する。
僕らは最近、「あいさつ運動」という名目で、たまに朝一番で学校の校門の前に駆りだされるのだ。緑色の腕章を渡されるのだが、それには『防犯』という文字が印刷されている。
任務は、7時50分から8時20分まで、登校してくる子供達に挨拶をするのだが、いまだに何のためにやっているのか、よくわからない。
僕は以前、教育委員会で学務課長という職務についていたが、当時、学区域と言うものをなくして、「選べる学校」制度を発足させた記憶がある。といっても、まだ5年ほど前のことだ。日野は先進市で、多摩地区では最初だった。
アノ当時から、僕は学校へ行くのが好きだった。
給食を食べるのが楽しみだった(ちゃんと金は払う)のもあるが、子供達の笑顔を見るのが楽しいからだ。

今朝も、あいさつ運動の目的はいまひとつわからなかったが、それはともかく、登校してくる子供達と「おはよう」と言い合うのがなんとも楽しかった。これも職務だから、威張ってできるのだが、関係ない人が校門の前でやったら大変だ。
変質者である。

本日が久しぶりの学校なので、親も子供も大変である。
付き添いでついて来る親の数が、実に多かった。中には、しくしく泣いていて、なかなか校門の中に入ろうとしない女の子がいた。泣きわめいている子もいた。親から離れられないのである。仕方なく、母親が教室まで連れて行った。お母さんも出勤時間が迫っていて忙しいのである。でも、子供の気持ちもわかるし、セツナイ光景だった。

でも、今日は特に楽しかった。
一年や二年生のまだ背の小さい子が、宿題の大きな作品をぶる下げて登校してくる。中にはお父さんやお母さんに手伝ってもらって運んでくる子もいて、大作もあった。
「ちびまるこちゃん」を思い出した。
8月31日になって、宿題を始める。おじいちゃんやおばあちゃんにも手伝ってもらって、夜中の12時を廻って夜中にようやく、おっつけで宿題が終わる。
次々と登校してくる子供達の中には、昨日の晩、家族総出で宿題をさせられた家庭もあったのだろう。

僕の隣りであいさつをしていた、まだ20代の女性の先生とその話をした。
すると、彼女も、「私だって、子供の頃は、31日になって宿題を家族に手伝ってもらいました」と笑顔でいっていた。
こういう経験のある先生に教えてもらう子供達はいいなあ、と思って市役所に向かった。
スポンサーサイト
コメント
絵美子さん、見ていてくれたんですね。
僕としては、9月1日のブログ、意外性のあるものだったと思います。

自分が本を書いて、まだ大河ドラマの名残りのあるころ始めたHPだったから、土方歳三もの、新選組もの、幕末にこだわったブログを書いてきました。
今後も、勿論それははずさないのですが、最近、新選組を取り巻く情勢がちと変わってきたようで、去年とは明らかに違ってきているようです。

山本さんは、この9月、会津へ行くんでしょうか。このあたりの動向も気になるんですが、何かが、昨年とは違ってきているんで、自分の書く内容も、少しづつ、本性を現そうかと、「ちびまるこちゃん」を書いたりしてます。
それに、この国全体の行く方向も気になりますシーーー。

このコーナーを見ていてくれる人達には、僕と同じ気持ちでいてくれる人も何人かはいるみたいで、コミニュケーションを交わしたいなと思ったりしてます。

幕末に、命を張って、若い人たちが頑張って、この国を植民地化されないですましてきたのに、その後の人たちが、してはいけない戦争を繰り返した。
その後も、経済は発展したけど、何かが変。
欠けてる。
だから、国際社会から疎外、むしろ馬鹿にされているようでならない。
それが、首相のプレスリー節に象徴されているようデーーー。やることやって、踊るんなら格好いいけど、やってないでやると、恥ずかしいの通り過ぎて、哀れ。
あんなことの前に、片付けなきゃいけないことが、山ほどある。
まず、アジアの中のどういう存在でいくんでしょうか。

僕は、歴史って、それだけで終わっちゃいけないと思うんです。
過去の偉人たちが残してくれた足跡、偉業を、現代に反映させ、いかに生かしてゆくのか、指導者は真摯に受け止めるべきでしょう。

なんだか、坂本竜馬を引き合いに出して『利用して』いるようで本人がかわいそう。
日本を変えるって言ったかもしれないが、意味合いが大分違うんじゃないの。

自民党を変えるって行ったけど、そして国民は多く、それに期待したけど、結局、その自民党は変わったのか。
むしろ、異常に膨らんでしまっている。
現在、与党の中では、小泉路線を継承すれば、再び票が取れると、今度の人も引継ぐらしい。有権者ってそんなにレベルが低い?
今、有権者は数を与えすぎたと、反省?しているんじゃないの。
なんだか、変。

今日は、ちょっと「変」な、お話になりました。
ご免。

村瀬彰吾
2006/09/06(水) 06:49 | URL | 村瀬彰吾 #VvKxtd/k[ コメントの編集]
村瀬さんお久しぶりです♪
ご無沙汰しております。
でも、このページは毎日見てますよ。

「公立校との違いを出さなければならない」私立校の我が勤務校では、始業式当日からバッチリ6時間授業でした。
教員も生徒も、まだエンジンかかってないまま・・・(笑)

間もなく文化祭。
この学校が活気づく季節が大好きです。
2006/09/05(火) 08:13 | URL | 絵美子 #-[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
村瀬執筆 時代小説
プロフィール

村瀬彰吾

  • Author:村瀬彰吾
  • 2004年大河ドラマ「新選組!」の決定以来、新選組特命主幹、日野市立新選組のふるさと歴史館館長を経て芸術文化担当として歴史に触れる毎日の生活を送っている村瀬彰吾のブログへようこそ!
    日野市在住。2006年に小説「人間 土方歳三」を出版しました。小説の詳しい情報や通販はH Pに。
    サイトに関してのお問い合わせ(動作不具合など)は管理人までお願いします。
    村瀬へのメールはこちら






リンク
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリー
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新の記事
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。