村瀬彰吾がつづる新選組話題を含む日記&エッセイ。

来週、19日から10日間、イタリアに行ってきます

僕の通った高校は(あの試衛館の近くの成城高校だが)、歴史が選択制になっていて、どういう理由か、世界史を選択した。
そこで、日本以外のこの地球上の国々の大まかな歴史を学んだのだが、そのときの勉学は、受験では大して役に立たなかったが、その後の人生では役立たった。
一番、印象深いのは、チンギス・ハンの蒙古帝国とナポレオンである。この二人の世界制覇の範囲の広いことといったら半端じゃない。その昔はアレキサンダー大王がすごかったのだろうが、時代が古くて実感が湧かない。
でも、世界の歴史を習っていて、神秘的で雄大で、最も魅力的なのは古代ローマ帝国であった。それは、ちょうど昭和40年ごろチャールトン・へストン主演の「ベン・ハー」という映画が話題を振りまいていて、観客を画面にひきつけて虜にしていたという理由もある。あの映画、特に、戦車で戦う競技場のシーンは有名で、あの大スペクタクルは、今後も永遠に語り草になることは間違いない。
あの映画は70ミリの画面で、当時、一種流行だった記憶がある。
丁度、ミュージカル映画も全盛期で、こちらも70ミリで上映していた。覚えているところでは「ウェストサイド物語」「サウンド・オブ・ミュージック」「マイ・フェア・レディ」などが続々と上映されていたのである。そしてこれらはみな、70ミリの大画面であった。銀座の丸の内ピカデリーという映画館でサウンド・オブ・ミュージックを見たが、空いていたから一番前の席に座ってしまった。
大失敗だった。
画面が大きすぎて、首を天井に向けて四六時中、首を回していなければならなかった。
でないと、一等右に立てに現れる日本語訳を読みながら映画も鑑賞できないからであった。

今、70ミリ映画というものはなくなってしまったのだろうか。
僕は、映画は全く知らない分野なので、わかっていないのだが、あの当時、「シネラマ」という画面も出来ていて、銀座のテアトル東京という映画館で見た記憶があるが、あの馬鹿でかいスクリーンもなくなってしまっている。ドームのような劇場に、半円形に幅広く画面が展開するのだが、同時に3台の映写機が回るらしい。
当時、あの画面をシネマスコープといっていたか。

ついでに、ステレオのことを思い出した。
僕の小学生の頃は、まだステレオというものがなかった。みな、モノラルの時代だったのである。
だから、初めてステレオ放送を聴いたときは、あまりに臨場感があってびっくりもし、あの頃、誰だってそのサウンドに魅了されたものだった。
ラジオ放送も、まだFMが普及していない頃なので、すべてがAM放送で、これはいまだにモノラルである。
あの頃、ラジオの文化放送とニッポン放送が協力してステレオの音楽番組というものがあった。
夕方の6時ごろの放送だったと思うが、2台のラジオを用意してくださいというもので、「左のラジオを文化放送に、右のラジオはニッポン放送にあわせてください」というアナウンスが最初に入る。試験的な音が聞こえたあと、音楽が始まるのだが、その立体的なサウンドに、子供心に胸がときめいたのを思い出す。

話を戻すが、あのローマ帝国。
僕は、古代ローマというものが、あまりに神秘的なので実感が持てないでいた。実際、どんな文明だったのか恐ろしいとさえ思っていた。そして、自分には全く縁のない違う世界のことで、遠い国の昔話、御伽噺のように感じてきていた。
今現在、ヨーロッパの国々に旅行することは別に特別なことではなくなった。だから、ローマ帝国のことは、自分の目で確かめることも簡単に出来る時代がやってきた。以前、ポンペイの街がベスビオ火山の噴火で一瞬にして埋め尽くされてしまう映画を見たことがある。アレはなんというタイトルだったか、「ポンペイ最後の日」みたいな記憶があるが、そのポンペイが掘り起こされて、当時の(アレは紀元70年の頃か)ままの姿が再現されている。
僕は、死ぬ前に、一度はそこへ言ってみたかった。
来週、いよいよその夢が実現する。その当時の文明なるものは一体どんなものだったのか。日本では、まだ弥生時代だったか。全く、文明度が違っている。まだまだ、未開の土地だった。

僕のイタリア紀行の感想も、帰ってきてからここのコーナーで紹介したい。
回ってくる都市は、ミラノ、ベローナ、べネチア、フィレンツェ、ナポリ、ポンペイ、カプリ島、ローマの順である。
あの国、とてつもなく魅力的だ。
なんてったって、文明度、またその芸術性の深さ、広さに驚かされる。古代からのものは勿論、中世から近世に向かっても超特大、余りあるほどの芸術遺産が残されている。ロマネスクやゴシックなぞ様々に時代によって建築様式に変化はあるが、いつの時代を撮ってみても芸術なのである。
特に、ルネッサンスの頃のものは、あのダヴィンチの絵画を始め、ミケランジェロやボッティチェリなどの作品をはじめ数え切れないし、彫刻、建築物なども群を抜いている。また、音楽にひときわ関心のある僕だから、オペラの殿堂もあり、パヴァロッティーなど有名なテノールの歌手もいて、その華やかさにはゲップが出てしまいそうである。それに、クラシック音楽の世界の大ベストセラーは、群を抜いてヴィヴァルディの「四季」らしいが、これも舞台はイタリアである。
どうして、そんなにすごい国なんだろう。
あの土地の空気だけでも、感じて帰ってきたい。
スポンサーサイト
コメント
お疲れさまでした
ご無沙汰しています。
イタリア10日間!羨ましいです。
私はローマとフィレンツェしか行ったことがないのですが、地中海沿岸の明るさがとっても印象的でした。是非再訪したいと思っているので、レポート楽しみにしていますね^^
2006/09/30(土) 13:36 | URL | もま #tHX44QXM[ コメントの編集]
おかえりなさい!
無事に帰ってらしたようでよかったです。ツアー飯、がっかり・・・わかります。私は初イタリアの時、なるべく食事のついていないツアーを狙いました。ツアー飯と自分で食べるご飯は全然違いましたよ。イタリア語のメニューを見ながら、カメリエーレとあれこれやりとりするのも、また楽し、となりに座った人とちょっとした会話をするのも楽しいです。

イタリアは統一されたのが、まさに明治維新の頃、それまでは小国の集まりでした。イタリア語もその頃に人為的に作られた言語だそうです。フィレンツェのあるトスカーナ方言が基になっているようですが。

ヴェローナよかったですか?私はまだ行ったことがないのですが、イタリアは実はこうした小さな街もとても魅力があります。私はマテーラやオストゥーニ、モンタルチーノ、シェナなどとてもよかったです。今年行ってきたポルトヴェーネレやチンクエテッレもよかったですよ。
あああ・・・イタリア話は止まりません。

時差ボケとお疲れがとれたら、またご報告をお待ちしてますね。
2006/09/29(金) 21:37 | URL | keiko #3hjG33lw[ コメントの編集]
keioさん、今さっき帰ってきました。
今日、成田へ帰ってきました。ローマからの直通じゃなくて、行きも帰りもフランクフルト経由でした。

あのエアポート、馬鹿でかい。だから、ヨーロッパを代表する国際空港なのだろう、あちこちから飛行機が集まってくる。
僕らも、ローマからここへ寄ったのだが、フライトの、なんと10分前になって機体を取り替えると言い出して、それから待合室で2時間も待たされた。でかい荷物は既に積んであるのに、ぜーんぶ、下ろしていました。

多分、僕の推測だが、爆弾でも仕掛けられたという情報が入ったのではーーーなんて、勝手に解釈した。
あの空港、ヨーロッパの中心で狙われていても不思議はない。だから危ないし、警戒も半端じゃなかった。僕も、ボディチェックで何回も触られた。

てな訳で、午前3時おきと合計13時間の長時間のフライトで時差ぼけと寝不足で、今、頭が働いていません。

イタリアの報告は、これから何回かに分けてご報告します。

でも、さわりだけ。言います。
行く前にも、ここに書きましたが、ホント、すごい国です。行ってホントニよかった。
『国』といいましたが、彼らには国という意識が乏しいそうです。ガイドが言うには、1861年のイタリア統一ということなので、明治維新と7年しか違わない。
それまで、あそこの地域は小さい王国どおしで対立、いがみあいが続いていたそうです。日本とよく似ていますね。
その昔、コロンブスはヴェニスの出身だが、丁度その頃ジェノヴァとの戦いがあって、捕虜になったコロンブスは牢獄で東方見聞録を書いたらしい。そのほか、勿論ローマと周辺の戦闘もあった。
今でも、あの地域の人たちは、都市意識が強く、ローマっ子、ミラノっ子、ヴェニスっ子、フィレンツェっ子、らしい。イタリア国民としての意識より、その都市のプライドが強いといっていました。
ミラノは経済都市で、イタリアの収入の大半を稼ぐといっていました。それに引き換え、ローマは使う一方で、ミラノっ子は腹を立てているらしい。どこかの国も、そういう争いがあるらしいがーーー。

食べ物、僕は期待して行ったのですが、ツアーだったので、正直、ろくなものは出なかった。期待するほうがいけないのか。
ちょっと、がっかり。
それと、僕の入った団体は21人中、16人までがカップルでした。そのうち、一組を除いて新婚さんがすべてでした。
歩くときは、大概オテテをつないでいましたし、オレ、変なところに迷い込んだかなあ、と反省もした。でも、引き返せませんしね、10日間、一緒に行動しましたよ。
純粋に、一人の参加は、僕だけだったし。でも、楽しく過ごせました。
若者たち、変に気取りがなくて、良かったです。

絵美子さん、ベローナ、行ってきましたよ。
これ、嘘、偽りなしなんですが、今回の旅で一番得したのは、ベローナにいけたことです。ここ、正直、全然期待していなかった。
でも、行ってみてびっくり。
素晴しいところです。
ロミオとジュリットの舞台になったというんで、人がごった返していましたが、街が不思議なのです。静寂で美しい、おとぎの国のようで、全く別世界に入ったような中世の街そのままですね。ものすごく得した気分です。
あんな、素敵なところが世の中にあったんですね。
きげん1世紀にできたというコロシアムがあって、そこでは毎年、夏にオペラが上演されているということ。プッチーニのマダムバタフライやヴェルディの作品なぞが上演されるらしい。ムード満点ですね。
2000年も前の建物ですからね、ローマにもコロシアムがありますが、劇場としては使っていませんね。

夫々のすばらしさについては、これからゆっくり書きますので、見ててください。
2006/09/29(金) 00:44 | URL | 村瀬彰吾 #VvKxtd/k[ コメントの編集]
お久しぶりです。
明日からイタリアですか!
いいですねぇ。

10日間でこれだけ訪問するとなると結構忙しそうですが、イタリアの主要なところは一通り見て回れますね。

カプリ島にも行かれるのですね。私、ここ大好きなんです。景色も海も最高にきれいですよ~。青の洞窟にも入れるといいですね。
食後には是非、名物リモンチェッロをお試し下さい。

食事&ワインも楽しんできて下さいね!(私はこれでイタリアにはまりました)

Buon viaggio!

2006/09/18(月) 23:42 | URL | keiko #3hjG33lw[ コメントの編集]
初めてのイタリアなので。
初体験なので、ツアーに入って連れて行ってもらいます。
ベローナへは行きますが、滞在時間が長くはありません。例のロミオとジュリエットの話の家があるらしい。
とても、あの円形劇場でオペラを鑑賞する時間はないでしょうね。
たくさん回りますので、忙しいのですが、フィレンツェとミラノとローマは2泊づつなので、そのどこかでオペラでも鑑賞できればいいのですが。

「カプリ島」は、小学校のときに音楽の時間で歌で覚えたところですが、そこへ泊まれるなんて夢のようです。
後、ブログでも書きましたが、あの『ベン・ハー』の競技場、そのものはないでしょうが、似たようなものがあるらしいので、見てみたい。
なにせ、すごい国ですね。
一度いってみたかったので、期待が大きいのです。
帰ってきてから、また報告します。
食いしん坊の僕だから、きっと、いやだけど、食べた話になりそうでーーーー。
2006/09/15(金) 19:27 | URL | 村瀬彰吾 #VvKxtd/k[ コメントの編集]
いいですねぇ♪
私はこの夏にヴェローナの古代円形劇場で野外オペラを観ました。オペラ初体験でしけど楽しめました。タイムスリップしたような不思議な感覚でした。

カプリで「青の洞窟」が見られるといいですね。
私は二度目のチャレンジでようやく見られました。
こればかりは天気次第なので、幸運をお祈りいたします。
2006/09/15(金) 08:27 | URL | 絵美子 #-[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
村瀬執筆 時代小説
プロフィール

村瀬彰吾

  • Author:村瀬彰吾
  • 2004年大河ドラマ「新選組!」の決定以来、新選組特命主幹、日野市立新選組のふるさと歴史館館長を経て芸術文化担当として歴史に触れる毎日の生活を送っている村瀬彰吾のブログへようこそ!
    日野市在住。2006年に小説「人間 土方歳三」を出版しました。小説の詳しい情報や通販はH Pに。
    サイトに関してのお問い合わせ(動作不具合など)は管理人までお願いします。
    村瀬へのメールはこちら






リンク
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリー
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新の記事
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード