村瀬彰吾がつづる新選組話題を含む日記&エッセイ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テナーサックス担いで社会奉仕活動開始2

団塊の世代の自分、テナーサックス担いで社会奉仕活動開始。
自分の親に再会した錯覚も~~有料老人ホーム訪問。         
―― その2 ――

そんな世代の僕らも、来年で還暦を迎える。
ひと時代前だったら、自分らが年寄り扱いされたものだが、今は違う。
この団塊の世代の連中を、社会の中でどう扱うかが焦点になってきている。様々なノウハウや技術を持ち合わせている”我等”をもっと有効に社会に役立てようって訳だ。

それが本音なのだろうか。
なんだか誤魔化されているようでならない。
今、大変な勢いで少子高齢化が進んでいる。まず手始めに、この団塊の世代の連中から、できるだけ老人の仲間入りさせないようにしないと、年金の原資をはじめ社会保障が持たないから、できるだけ先延ばしにさせようって魂胆じゃないのか、と、ひねくれた見方をツイしてしまう。

団塊の世代の技術力を生かしてなどと体裁のいいこといっているが、そうはいっても、大方が、技術なぞ持っていない。だから、リタイアーした後で自分が何をすべきか、見出せない人が殆んどに違いない。
また、それとは別に、生活面の問題もある。以前は、60歳で定年を迎えたあとは、厚生年金や共済年金で直ちに年金生活に入れたものが、今は65歳にならないと年金はもらえないシステムになってしまっている。経過措置はあるが、昭和23年以降に生まれた人たちは、すべて65までは年金がもらえない。60歳で会社などから放り出されたあとは、5年間どうしてゆくのだろう。
わが国の場合、最近、労働者側のパワーが落ちてきていて、経営者側と対等の関係にはないから、年金支給開始年齢までの保障を勝ち取れていないのだ。
だから、特別に何か持ち合わせているとか、優遇されている人以外はみな、心配しているはずだ。

僕は、これからどうしてゆくんだろう。
たまたま、若い頃から楽器をいじってきていたので、自分の生きがいとして、これで社会奉仕活動をしようと、ちと早いが、この秋から開始した。
あのCDは、施設の方々に聞いてもらうために作ったものだ。そしたら、うまい具合にいくつかからオファーがきて、既に、訪問を開始している。

有料の老人ホームなのだが、大概が平均年齢が90歳に近い。夫々、複雑な家庭、家族環境から、大きな決断をして施設にお入りになってきている。
こうした、人生の大先輩と一緒に音楽を楽しむわけだが、曲の選び方にしても、合間のトークにしても、結構難しいものがある。中には、認知症にかかってしまっている人もいるし、ライブをしていても、すぐ疲れてしまって、30分と持たない人も中にはいる。それに、日本中のあらゆるところから集まってきているし、これまでの環境も主義主張や好みの違う人たちの集まりなのだから、こういう集団をまとめるとなると、施設の関係者の苦労は並大抵ではない。

僕が、2~3曲演奏しては、合間にお話をするんだけれど、このあたり(日野)でやるときは、大概、日野の歴史や新選組のお話をすることにしている。大方が、まさかあの悪名?高い新選組の有名人が、ここの関係だとは知らないから、興味を示してくれる。

先日行った老人ホームでは、一番前の席に明治42年生まれのおばあちゃんがいた。この人が、熱心に僕の演奏を聴いてくれて、大きな拍手もしてくれた。合間のお話のとき、そのおばあちゃんとやり取りしたのだが、僕の母親が明治43年生まれだから、その人は、僕の母親より1年先輩で97歳である。そのご婦人は、もう100歳にも近いのに、周りにいる70代や80代の人たちと比べても、言語も、思考もはっきりしていらして、矍鑠(かくしゃく)としていた。
僕はそのおばあちゃんが、妙に、気に入ってしまい、一種自分の母親と話しているように錯覚さえしてしまった。
俺のおふくろが生きていればあのくらいなんだ、と思ったせいか、突然、郷愁に襲われ激しくいとおしくなってしまったのである。
今度そこへ行ったら、またそのおばあちゃんとゆっくり、昔話をしたいと思っている。

僕は、みなさんに楽しんでもらうために行ってるんだけど、なんだか逆に、不思議と、こちらがいい気分になれるんですよね。
貴重な体験が出来て、とても有意義な時間だった。今後が、実に楽しみだ。

それに、訪問といっても、コンサートをしに行っているのではない。
一緒に楽しいひと時を過ごしていただけるように、音楽をしに行っている。だから、一方的であってはならなくて、ともに楽しむように考えている。

一方的といえば、僕は、以前市民会館に勤務していたことがあるが、外国のことはよく知らないが、わが国でクラシックのコンサートを企画しても、とにかくチケットが売れない。中村紘子のコンサートのようにやれば完売なんてこともあるが、大概が大赤字だ。
その原因は、堅苦しくてつまらないからだと思っている。ステージの上から一方的な、時には押し付けがましい音の洪水で終わるからである。
客席とのコミュニケーションがない。このことにいまだに気づいていない関係者が多いから、クラシックの演奏会は、いまだにお客が入らない。
尤も、コミュニケーションをとれば、チケットが売れるってものでもないのだが。

僕は、今、この歳になってギターの練習を毎日している。施設の皆さんと一緒に、歌を歌うためにである。
生まれつき、歌はうまくない。
それでもいい。
みんなと一緒がいいのである。
この歳になって、今更、小学唱歌から同様、昔の歌謡曲を毎日練習している。上手になって、あのおばあちゃんたちと一緒に歌うのが楽しみなのである。

おわり
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
村瀬執筆 時代小説
プロフィール

村瀬彰吾

  • Author:村瀬彰吾
  • 2004年大河ドラマ「新選組!」の決定以来、新選組特命主幹、日野市立新選組のふるさと歴史館館長を経て芸術文化担当として歴史に触れる毎日の生活を送っている村瀬彰吾のブログへようこそ!
    日野市在住。2006年に小説「人間 土方歳三」を出版しました。小説の詳しい情報や通販はH Pに。
    サイトに関してのお問い合わせ(動作不具合など)は管理人までお願いします。
    村瀬へのメールはこちら






リンク
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリー
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新の記事
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。