村瀬彰吾がつづる新選組話題を含む日記&エッセイ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古都「京都」の保存論争

『玉木正之』と言う人のブログを読むのが好きだ。
この人、何が専門なのか、良く分からない。
最近の売れている著書を見ると、例の、あのダ・ヴィンチの鉛筆書きのような男の裸を表紙にした「スポーツ解体新書」や「日本式サッカー革命」というのがある。
マルチタレントで、様々な場面で活躍している。

最近、こういう人がやたら多い。
テレビで、バラエティー番組が盛んで、どこの局もお雛様のようなひな壇を作って、芸能人やスポーツ選手、お笑い芸人を並べて、ただ無意味に笑わせる番組だらけだが、「あの人、なにやってる人だろう」と、素性の分からない人も大勢出てきている。

こういう風に、ああゆうお笑い番組を批判的に言いながら、気が付くと、紳助の”トーク”にツイ引き込まれて、イツしか馬鹿笑いしている自分に腹が立つのだが、とにかく、何が本業なのか分からない芸人(?)が増えてきている。
玉木氏は、いつも視点が斬新で興味深く、立派なお方だと僕は尊敬しているのだが、最近の彼の主張で、どうも良く分からないのがある。
それは、【祇園町の「生活」=「文化」】というタイトルのブログの中のことだ。
こう書いてあった。
  いまから十年くらい前、祇園町で見習いをしていた舞妓が何人か、置屋から逃げ出すという事件が起きた。厳しい「お母さん」のしつけに耐えられなかったのか、はたまた、綺麗な衣裳に憧れてはみたものの、封建的なしきたりや人間関係が嫌になったのか、詳しい事情は知らないが、現代ギャルと伝統の世界のギャップという構図を思えば、さほど驚くべき事件とは思えなかった。
 が、その事件を報じた東京のテレビ局のニュース・キャスターの言葉には仰天させられた。
 「男たちの宴会を盛りあげる舞妓がいなくなったところで、何の問題もありません。それよりも、いま、京都で憂うべきは、京の町屋が次々と潰され、醜いペンシル・ビルに変貌していることです。そのような京都の町並みの破壊こそ大問題で・・・」
 その言葉を聞いたとき、わたしは、思わず「冗談じゃない!」と、テレビ画面に向かって叫びそうになった。
 「われしのぶ」の髷を結い、だらりの帯を絞めている舞妓は、「男たちの宴会を盛りあげる」ために存在しているのではない。その衣裳は室町時代の京の商家の娘の姿であり、地唄を謡い、京舞を舞い、華道、茶道、習字、日本画を学び、大谷崎(谷崎潤一郎)にも絶賛された舞妓たちの末裔である彼女らは、京の文化の実践的担い手にほかならない。

僕は、ここ数年、自分の仕事や著述のための取材で、京都へは随分行った。そのたびに思ったことは、町の景観のことだった。
何か、雑然としているのである。
整理されていないと言うか、統一性がないというか、成り行き任せで開発が進んでいるように感じていた。
京都府と京都市との共通認識があって、文化財の保存や都市整備なぞが行われているのかと言うと、全然違っていって、何の連絡もなく、むしろ互いに考えや意見が違ったまま、いがみ合いながら、つまり【成り行き】で行政が行われているらしい。
(このことは、これで殆ど間違いない。京都国立博物館で『新選組展』を行うにあたって、何度か会議を重ねたが、府の観光担当者と市の担当者は、全然会話が成立していなかったのを思い出す)

あの『燃えよ剣』で土方を演じた栗塚さんと「幾松」へ行ったとき、彼とそこの女将が京都の街中の開発や整備について、嘆いていたことがあった。
様々なお話をなさっていたが、確か、三条と四条の間の鴨川に、『フランス橋』なるものを架ける架けないでもめている話を、お二人がしていた記憶がある。
市と府が、とにかく、伝統的に仲が悪くてどうしようもない、だから景観も文化財保存計画も連絡調整がないまま進められ、いい加減だと落胆していたのです。
新選組同好会の横田氏も、同じような意味で嘆いておられ、彼自身が出資して、壬生に新選組関係の道標を建てたと嘆いていたのを思い出す。

僕は、京都へ行くときは、金がかかるので夜行バスが多かったが、あの京都駅の趣のなさには、今でもあきれるばかりだ。もう少し、古都にふさわしい発想があってもよさそうなもんだと思うがーーー。
あの駅舎のでかさは、今建設中の東京競馬場のスタンドに匹敵する。黒っぽくて、重厚で異様に迫り来るんだよね(変なたとえで、申し訳ない)。

おっと、いつもの癖で、またまた話がそれてしまった。
玉木氏は、思わず「冗談じゃない」と叫びそうになったらしいが、僕は、テレビのキャスターの言うことも良く理解できる。
そのとおりだと、言いたい。
むしろ、「京の文化の実践的担い手にほかならない」と言う表現に抵抗を感じる。
そうか?
まあ、そうかもしれない。
でも、彼女(舞妓さん)たちって、昔は、家の事情なぞで(殆ど人身売買的に)置屋に入ってきたのかもしれない。でも今は、(これは今川町のお母さんと言われる人にじかに聞いた話だが)親子で置屋にやってきて、最初は、事情聴取をする。
それから、娘さんが、まずは一週間お試しに一緒に暮らしてみる。それで大丈夫なら、さらに一月ぐらい、舞妓の修行に入ることをするらしい。最初は、京言葉から始まって、何よりもまず礼儀作法が大事だそうな。そして、歌舞音曲の稽古に励むし、確かに茶道や華道も身につけるらしい。だから、遊ぶ暇なぞは今でも殆どないのが実情だ。
これで、イヤなら、自分の家に戻るのも他の仕事を探すのも自由なのだ。
こうしなければ、今の15~6歳の娘たちは集められないといっていた。
こうした意味では、確かに「京の文化の担い手」と言うのもわからないではない。でも、キャスターの言うように、「男たちの宴会を盛り上げる」ための存在と言うのも、一面当たっている。それも、超が付くほどのお金持ちや企業なぞの(役所もか)経費でしか遊べないほど高価で贅沢なものなのだ。

こういう遊びをする人間と言うのは、それがその人のステータスであって、「俺は、舞妓を上げられるほどに出世した」「京都に芸子を囲うまでになった」と大概が、顔面に笑みがこぼれて、子分たちを従えて、ふんぞり返っている。
僕は、何回も京都へ行く機会があって、そういう座敷の末席に運よく座ったこともあったが、京の伝統文化を感ずるよりも、そいつらのいやらしさの方をより実感させられた記憶がある。

要は、どっちが大事かってことより、両方とも大事なことだと言うことか。だって、確かにペンシルビルってものが乱立しているのは本当だし、もう少し考えて欲しいなと、何度も思った。
また、舞妓さんが京都からいなくなったら、それこそ”趣”が失せてしまうのも、本当だ。

三条と四条の間に、フランス風の橋がかかるのは、僕的にはよして欲しい。だって、そんな橋が出来たら、せっかく京都まで来たのに、古都の風景を写真に収める気分になれないよ。
スポンサーサイト
コメント
ごっちゃん、ブログの本文を読んでね。
そうなの。
旦那がね~。
30000円ですか。

そういえば、一昨年の11月5日に、ここのブログに来てくれている方々と京都ツアーをしたんです。
最初は、輪違屋を入れて企画したんですが、途中で止めにしました。
皆さん、「行きたい、行きたい」って言うんで、強引に先方にお願いして、破格の値段でお受けしてくれたのですが、前金で約200万円僕が立て替えないといけない事態なので、到底無理だということになりました。

でも、その後、僕が本を書くときにお世話になった宮川町の置屋のお母さんに頼めば、今なら安く舞妓さんや芸者さんに来てもらえるんです。
ですから、これから、また、京都ツアーやってもいいかなって、今思っています。

それから、「日本の100人」
ブログの本文に、今、書きました。
ほやほやです。
読んでね。

村瀬彰吾
2007/02/14(水) 20:53 | URL | 村瀬彰吾 #VvKxtd/k[ コメントの編集]
夫が秋に伏見での会合行ったのですが、そのとき京都らしい宴会をということで舞妓さんと芸奴さんが来られたそうです。会費は30,000円で、ちょこちょこっと前菜のような料理が少~し付いていただけだったとか。楽しかった?と聞いたら「まあ普通体験できない世界だから」といってました。彼はきっと30,000円の方が気になっていたのでしょう。そんな庶民は行くべきではないのでしょう。でも私は行ってみたい。
 ところで、今回の日本の100人土方歳三さまでしたね。なんだかんだといって買い続けています、私。あんまり読んでないけど・・・
2007/02/14(水) 15:22 | URL | ごっちゃん #mQop/nM.[ コメントの編集]
その提案は撤回した?
そう、フランス橋っていう名称なのです。
でも、その案はどうやら止めにしたらしい。
否、その後、また浮上しているのかどうかわかりません。
一度は、京都市側も中止にしたらしい。
知っている人は、教えてください。

それから、僕の本文の中で「今川町」っていうの、「宮川町」の間違いです。
すいません。

歴史は難しい。
似合わない橋が架かってしまっても、それが300年ぐらい経過すると、そこにあるのが当たり前になって、それが文化になってしまいますね。

京都というところについて、よそ者の僕が大そうな事は言えないけれど、あそこの文化って、「江戸時代」までで、とどまっててほしいんだ。
幕末の京都までにして欲しい。
譲っても、明治時代のレンガの建物までで、昭和に出来た駅前のタワーなぞ、ああゆうものは横浜にも神戸にもある。横浜は人気がなくて(マリンタワーだっけ)、壊したのかな。

兎に角、経済性を優先させた無機質な四角い、また細長いビルを無節操に建てるのはどうかと思う。
まだ、今のところ金閣寺や龍安寺からビルなぞが見えないからいいが、いつそうのような景観になるか知れない。
既に、規制する条例が出来ているのかなあ。

あの花見小路。
一力茶屋から入って、実に趣のある町並みが迎えてくれる魅力的な空間なのだが、よく見ると、下の道路、きれいな石畳になっている。
それがまた良くマッチしているように思えるが、あれ、聞いた話だけど、JRAがお金を出したらしい。
そうなんです、あそこを入ってしばらく歩くと歌舞練習場が左手に見えてくるが、その隣りは場外馬券場なのだ。
何で、あそこに馬券場があるんだ?って、思いません。僕は、あの辺りに必ず宿を取るんだけど、土日の朝9時以降から、馬券を買う人で大変な混雑なんですよ。
皆さん、あまりその時間には行かないからね。

その昔、東京には、美濃部さんという有名な知事がいた。ギャンブルは風紀上よくないということで、後楽園から競輪場が消えた。
その当時の都民は、その知事を圧倒的に支持したんですよね。
選挙で負けたのが、今の石原知事でした。
若い人は知らないかもしれないから、わざわざ書いた。
どっちがいいとは言わないが、(僕は競馬好きだし)でも、あの当時のいきおいってすごかったんだなあと、懐かしんでいるだけ。

今、東京じゃ暴力団の抗争が盛んですが、あれ、もともと関西からやってきてトラぶってるんですよね。
京都ってところ、外見は魅力的だが、去年、祇園祭の最終日のあと、八坂神社の前で本来の祭が始まった。
みこしが暴れまくる。
タクシーの運転手が、「アレは、ヤクザもんの争いだから、近寄らない方がエエヨ」と教えてくれた。
なんとも、複雑な気持ちだったのを、思い出した。
2007/02/10(土) 18:53 | URL | 村瀬彰吾 #VvKxtd/k[ コメントの編集]
ふらんすばし~~!?!?!?
何ですか?
フランス橋って・・・!
フランス?
何故に?

センスのなさが哀しいです。
センスと知性のない人間が役人になるとロクなことにならないからイヤです。
2007/02/10(土) 08:18 | URL | 絵美子 #-[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

藤崎マーケット「ラララライ体操」

今日は、明るく楽しく元気よく。藤崎マーケット「ラララライ体操」の登場です。
村瀬執筆 時代小説
プロフィール

村瀬彰吾

  • Author:村瀬彰吾
  • 2004年大河ドラマ「新選組!」の決定以来、新選組特命主幹、日野市立新選組のふるさと歴史館館長を経て芸術文化担当として歴史に触れる毎日の生活を送っている村瀬彰吾のブログへようこそ!
    日野市在住。2006年に小説「人間 土方歳三」を出版しました。小説の詳しい情報や通販はH Pに。
    サイトに関してのお問い合わせ(動作不具合など)は管理人までお願いします。
    村瀬へのメールはこちら






リンク
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリー
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新の記事
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。