村瀬彰吾がつづる新選組話題を含む日記&エッセイ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『大阪城の近藤と土方』2


「……」
「……」
土方も、容易に次の言葉を発しない。
「こんな身体になっちまった俺に、どうしろってんだ」
「……」
「おれは、藤堂を殺っちまった。その上、源さんもいなくなった。総司も長くはない……」
「……近藤さん、それは間違ってる」
土方は、珍しく寝ている近藤の顔に向かった。そして、想いの全てを吐露し始めた。
「俺たちは……、全てを捨てて上方へやって来た。少なくとも、俺や総司はそうだ。だから、いつ死んだって悔いはない。だが、あんたは違っている。……奥方のツネさんやタマちゃんがいるではないか。亡くなられた周斎先生の連れ合いフデさんもいる。この人たちの生計一切の面倒は、誰に頼んできたのかね。これだけじゃない。あんたは、天然理心流の宗家を継いだ身だ。この流派は、初代の内蔵助から二代目の三助、そして周助と続いた。あんたが四代目だ。そして、この流派は末永く続いていかなくてはならない。いや、その責任が、近藤勇にはあった」
膝に置いた手のひらが、袴の生地を握り締めた。
「……だが、あんたはそれを投げ出した。無責任にも、その道場をたたんでまでこの地へやってきた。あの試衛館の弟子たちは、誰が面倒見ていると思ってるんだ。……日野の佐藤夫婦や松五郎さん、そして、小野路の小島、橋本をはじめとした多摩の人たちのご厚意に甘えてあんたはこの地へやってきているはずだ。……多摩の人たちが、何で、……こんな我儘、身勝手を許してくれたんだ。それは、誰のためでもねえ、国のために働きたいというあんたの気概に惚れ込んだんじゃなかったのかね。『攘夷』を実現するまで、この日の本を守るために、一身を捧げる。あんたは、その日がやってくるまで互いに身を切り裂いても闘おうと、佐藤と小島と義兄弟の契りを交わした」
少し冷静に帰った土方、再び腕組みをして大きくため息をついた。
「だが、……この京地へやってきた5年前と今とでは、確かに情勢は変わっちまった。異国嫌いの孝明帝が亡くなり、大樹公もお亡くなりになったんだから変わるわけだ。……徳川幕府が攘夷を止めちまったんだから、どうにも立つ手がねえ。おまけに、大政の奉還までしちまった。それでも俺たちは、今、晴れて直参だ。しかもあんたは、お目見え以上の旗本待遇、徳川に抱えられている俺たちが、上に逆らうわけにはいかねえ。これで、あんたの義兄弟の契りも、盟約不履行になっちまうって寸法だ。……だがな、あんたには、多摩に帰って、やることが山とある」

陰っていた日差しが、部屋に差し込んできた。
「俺たちは、どっちにしろ、どの面下げても帰れねえ。だから、死ぬまで戦い抜くことになるだろう。俺や総司は死ぬことが出来ても、あんたはそういうわけには行かないはずだ。……辛いだろうが、これから俺たちと一緒に江戸へ帰ろう。そして、戦力を立て直して再び戦おうじゃねえか。戦って死ぬならともかく、決して、自ら死ぬなんて了見は許される場合じゃねえんだぞ。……俺はまだまだやる、戦い抜く」
大きくため息をつく土方歳三、寂しい言葉で締めくくった。
「それしか、俺には生きる算段がねえんだ」
仰向けに天井を眺めていた近藤、首だけ、土方がいる反対側に向いた。正月の冷たくも弱々しい陽光が、大阪城の一室の障子越しに差し込んでいる。

近藤の脳裏に、郷里の僚友の顔が浮かんだ。日野の佐藤彦五郎、小野路の小島鹿之助、橋本正直、連光寺の富沢忠衛門、小山村の西村一平、相原村の青木勘次郎なぞだ。
みんないい人たちだ。
江戸を出る時に、多大な餞別をもらってきている。いや、そればかりではない。これらの人々には、残してきた家族の面倒から天然理心流の弟子たちの面倒まで多くをお願いして旅立ってきた。
大変な世話になって自分は京地へやってきている。
簡単に、自害なぞで切る立場にはないのである。
寂しさ、虚しさ、焦燥感だけが、近藤の胸を駆け巡った。
近藤の右耳に、同時に二筋の流星が落ちた。

徳川の政治は、慶応3年10月15日をもって大政を奉還してしまっていたのだから、事実上終わっていた。終わったといっても、15代将軍慶喜はまだまだ政権に未練が強く、いずれ近いうちに、朝廷から徳川に政治の主導権をとるように依頼があると高をくくっていた。それ程に、薩長の政権担当能力を疑っていたのであり、それが、一つの余裕に繋がっていた。だが、実態は大きく違っており、朝廷は西郷、大久保、木戸、岩倉等に政治向きのことは任せきりだった。
当時の徳川方の重臣たちの見通しの甘さもあったのであろう、革命軍は傘にかかって徳川を潰そうと攻勢をかけてきた。
鳥羽伏見の戦というのは、大政奉還の後、12月9日付で発表された王政復古の大号令の内実が、その引き金になっている。徳川の領地と将軍の冠位を取り上げるというものだ。これには、納得できるはずがない。当然戦争になる。
徳川方はお家存続だし、一方は壊滅させたかった。翌慶応4年4月11日、江戸城無血開城となったあと、結果として徳川家は70万石程度の存続となった。官軍大参謀の西郷隆盛は100万石は必要だとして主張したのだが、徳川に恨みを持つ各藩の反対にあって減らされてしまった。
関が原の戦で、長州の毛利は戦闘には参加しなかったのだが、領地を3分の1に減らされて36万石になった。一方、敗戦して命からがら逃げ帰った西軍の薩摩島津家は、一切領地を減らされていないのである。家康は、この時何を考えていたのだろうーーー。
こうした積年の恨みが長州にはある。薩摩は、だから、さしてなかったのだが、その後、木曽川の治水工事で徳川には辛酸を舐めさせられた。

無血開城後の徳川家臣たちの労苦を見て、ひどい仕打ちだと非難する人たちも居るようだが、それまでに、徳川幕府はなんだかんだと言いがかりをつけて、全国の大名たちを御取り潰しにしてきた歴史がある。それが、戦争に負けた徳川に、今、同じつけが廻ってきただけのことだ。
何も、理不尽ではない。
強い軍事力を持ったものが勝ち残る。やりたい放題、言いたい放題である。
都合の悪いことは、塗り替える。時には、全くでっち上げも平気でする。家系図も専門家に頼んで作り変える。そうして有難みを増す。
権力者とは、いつの世もそうしてきている。
それが歴史だ。
スポンサーサイト
コメント
ご返事、遅くなってしまいました。
昨日、下の娘の卒業式(高校)でした。
僕は、その後のパーティーで演奏を頼まれていたものですから、そちらの方で、頭が一杯でした。

でも、子どもの卒業式って、泣けますね。
一番泣いたのは、保育園のとき。
なぜ、あの時、あんな感傷的になってしまったのか、今でも不思議。
うちの子に限らず、小さい子どもたちがスッゴク緊張して卒園証書を受け取る姿、いいものでした。
一瞬に、いろんな思い出が頭をよぎって、過去に、いろんな人に出会って楽しかったのだが、その人たちとも、今日でお別れと思うと、余計に泣ける。
心が、豊かになります。
子どものお陰で、いい人生を遅らせてもらっています。

娘も大学受験が終わり、今、ホット一息ついています。本当は、京都のR大学へ行きたかったらしいのですが、見事落ちてしまい、あちこち受けて殆ど駄目で、一つだけ引っかかりました。それが、本人は不満なのでしょうが、僕にとっては大満足で、内心そこに行って欲しいなと願っているところでした。M妃殿下の出たところです(軽薄、バカなオヤジ)。
港区の広尾というところにあって、日野からは不便で、90分ほどはかかるのですが、でも、今は全てが終わってヒトダンラクです。

明日、また、新選組のお話を2時間ほどするので、今、猛勉強中です。内容は、この間近藤と土方のことを、大阪城を舞台にして書きましたが、二人の友情について話そうと思っています。でも、友情だけで2時間は持たないので、今回は特に、近藤の手紙を順に追って、彼の心情を解きほぐしてみたいと思っています。内容的に、堅いお話になってしまいそうで、飽きられないようにしないといけませんね。

近藤さんの手紙って、あちこちにあって、どうなっているのか、僕にも良く分からない。今、小島資料館の正孝さんが一冊におまとめになっているということですので、それを期待しています。

来週、又、次のブログ、考えます。
2007/03/16(金) 10:05 | URL | 村瀬彰吾 #VvKxtd/k[ コメントの編集]
待っていました。こういうちょこちょっと書いてくださるお話が大好きです。それにもしかして私のつたない思いに答えてくださったのでしょうか。そうじゃなくても、うれしかったです。
歴史ってホントにいろんな角度からいろんな見方があるのですから、新撰組や幕末の話や歴史は大好きですけど、偏った見方をしてしまわないようこれからも「楽しんで」いきます。
でもそれによって今の自分や世の中の状況も見極めていけるようになれたらいいなあと思います。
これからも待っていますね。ありがとうございます。
2007/03/14(水) 10:56 | URL | ごっちゃん #mQop/nM.[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
村瀬執筆 時代小説
プロフィール

村瀬彰吾

  • Author:村瀬彰吾
  • 2004年大河ドラマ「新選組!」の決定以来、新選組特命主幹、日野市立新選組のふるさと歴史館館長を経て芸術文化担当として歴史に触れる毎日の生活を送っている村瀬彰吾のブログへようこそ!
    日野市在住。2006年に小説「人間 土方歳三」を出版しました。小説の詳しい情報や通販はH Pに。
    サイトに関してのお問い合わせ(動作不具合など)は管理人までお願いします。
    村瀬へのメールはこちら






リンク
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリー
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新の記事
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。