村瀬彰吾がつづる新選組話題を含む日記&エッセイ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

総司と年金関係の話

沖田総司について、考えなきゃいけないのだが、それにしても、最近の年金関係の不祥事を聞くと、つい腹が立って。

来月の(6月)10日に、沖田周司さんと伴に、トークを行なうことになった。
僕の、ここ2ヶ月ほどの出来事を、日野宿文書検討会のMUNN様にお話したら、6月の例会に来て話をしてくれというので、沖田氏の了解を貰って二人で伺うことにした。
あそこのグループは、佐藤彦五郎の日記を毎回読んで、当時のことを研究しているのだが、その勉強会の後に、トークをすることになった。

そこで僕は、最初に1時間ほど沖田家のことについてお話しをするのだが、それがまたややこしい。
以前、このコーナーで(確か、去年の12月)4回ほどにわたって、 沖田総司関係の記事を書いたことがあった。
あの時も、いろんなことで議論が二転三転した記憶がある。僕が、川西正隆さんという人の文章を掲載したことが事の発端だった。

この人は、総司が京都守護職公用係に身上書を提出したと書いていた。そういうものが残っているのかを、僕は知らなかった。
お粗末!
でも、本当にあるのだろうか。
あるんなら、何べんでも頭を下げるから、是非、見せてほしい。たとえ写しでもレプリカでもいいから。

この川西さんという人、総司の母の名をはっきり「ミキ」としていた。しかも日野宿四谷宮原家娘としている。この宮原家のことについては日野の郷土史家の谷春雄氏が、つぶさに調査してそのことを述べられているので根拠のあることであるが、ミキという名はどこにも出てきていない。
すると、T.Yという作家が「自分が創った名」だと言い、川西氏が自分の文章を引用したと批判した。
川西氏が鵜呑みにして書いてしまったのがいけないのだが、 沖田総司ほどの、実在した歴史上のスターの母親の名を作ってしまっていいものか。T.Y氏ほどの人が書けば、誰だって信じる。川西さんが本当の名だと思い込んでしまったとしても無理も無い。創造した本人に責任は無いのか。批判する資格はないと思うが。

総司のこと、沖田家のことは大変興味深い上に謎が多いので、いろんな作家が「仮説」を立てて書いてきている。
それらが今や大混乱してきている状況であるが、今現在の僕の考え方を整理してみたい。
それを、来月の10日に沖田周司さんの前で発表するのは、他人のご先祖のことだけに気が引けるのだが、彼は、広い心の持ち主なのでお許しいただけるものと思っている。
沖田周司さんと僕とのことは、前回書いたからそれを見て欲しい。

ここで、蛇足なのだが、年金の話題を述べたい。
最近のニュースで、というより、今度の参議院選挙の争点になっているから、毎日「社会保険庁のお粗末」さが報道されている。
大体、5000万件もの不明な入金記録があるなんぞ、お粗末過ぎていて”笑ってしまう”ほど、あきれる話である。
こんなことが、この、世界でも有数の文明国で起こっていることが、国際的に大恥辱であるばかりか、今以上に諸外国から相手にされなくなってしまうのではないか。
国民年金の検認率(納付率)が悪いから、国民から強制的に徴収しようと、NHKの受信料とあいまって国の段階では相談しているらしいが、こんなことが知れ渡ってしまって、強行できるのだろうか。
参院選を前にして、絶対に言い出さない。
全ては、終わってから。

我国の『国債』の格付けが百何位だとかで、評論家や経済界、政治家が怒っていたのを覚えているが、こういうニュースが全世界に流されれば、日本という『国の信用』や『円の価値』が下がっていくに違いない。

僕は、何度もここで言ってきているが、過去に『国民年金』の事務をしていたことがある。
昭和60年当時だから、今の年金制度に改正(?)される直前で、こんな改革をしたら、将来大変なことになると何かに書いたことがあった。その当時は、大変な反抗者であったわけで、評価してくれたのは評論家の樋口恵子氏ただ一人だけだった。

だって、その当時から、我々担当者の仲間で【10】(イチゼロ)という加入者たちがまだ大勢いて、とにかく「やばい」から、早くこの仕事から「ずらかろう」と口々に言っていた。
この【10】という文字、コンピュータの整理上の記号なのだが、今まで黙っていたが、5000万件のことが浮き彫りにされたのだから、もう僕も言うが、【保険料を払っていても、将来年金をもらえない人】の事を言う。
「なんだ、それ」
と、誰もその意味がわからない。

国民年金というのは、「法」で60歳までに25年以上払わないと年金をもらえないことになっている。国民年金制度が始まった昭和35、6年当時、産めよ増やせよで、日本全国の役場の職員が住民のところを廻って、加入させた経緯がある。制度が始まった当時は止むを得なかったと思うが、35歳を過ぎている人でも加入させてしまった。
この人は、いくら払っても年金をもらえない人である。60歳まで、25年以上ないからだ。
このケース以外にも、途中で払わなかった期間があると、その後いくら払っても、25年に満たない場合もでてくる。この場合には、役所側が直ちに加入者に知らせる必要があるが、何年もほうっておいてから気がつくこともある。このとき、払ってしまった保険料は返してもらえるのか。

一切、ない。
払い損である。
こんな「やばい」話は、世の中にそうはない。
社会保険事務所や役場の職員も、そのことを言い出せないできていた。言ったら、大変なトラブルに巻き込まれることになるからだ。そもそも自分が悪いわけではない。先輩の職員たちがしてきたことなのだ。
だから、そっと、黙って、払わさせてきていた。
でも、行政側でも様々、裏技を工夫してきて、「免除期間」や「カラ期間」なぞを作って、「法」には触れるが、何とか25年にして支払ってきていたのである。

でも、最近、この「免除」を不当に作ったとして、社会保険事務所や担当者をやりだまにあげ、責任追及して罰則を科しているニュースがあった。マスコミも一緒になって、非難した。
でも、年金加入者に不当に不利益処分を科すよりも、救済を考えて「免除」期間を適用することは、合理的なことなのである。そうしていれば、5000万件も不明な納付記録を作らないですんでいたはずである。
尤も、多分、この不明な納付記録は、その殆んどが厚生年金に違いない。この辺になると、かなり専門的になるから言わないが、唯一ついえることは、もう何十年も前から、ほうっておいたら将来大変なことになるから、早いうちに手を打っておかなければと、担当者同志で密かに言葉を交わしていたことが、今思うと、たくさんあった。
スポンサーサイト
コメント
カラヤンさんの、演奏。
お返事、遅れました。

昨日は、朝から、沖田周司さんのお店が『ヴォイ・トレ』の会場に変身していまして、それを聞きながら、僕と彼とで、今度のトークの打ち合わせをしていました。

彼のお店は、商売気がないというか、せっかくのお休みの日なのに、ジャズヴォーカルの発声練習の場所として貸しているのです。

「ドー・ミー・ソー・ド・ソー・ミー・ド」などと繰り返している横で、僕らは、今度の難しいトークの内容を練ったのです。
『沖田が北辰一刀流だったなんて、そう簡単には言わない方ガーー』
でも、『少しづつ、検証しながら、長い目で進めましょう』などと、相談。

昨日は、その後、午後から、僕の所属しているs.o.s.jazz,orcheの練習が同じ立川のライヴハウスであったので、そちらに駆けつけ、夜は皆さんセッションに行ったのですが、僕は遠慮して、自宅へ帰りました。

《私も演奏会場に来られない人の為に、多くのレコーディングを
しました。》
とありましたが、そうなんですか?
貴方のお仕事を知らないので、なんとも言いようがないのですが、その手のお仕事なんですか。

《人は自分が生きる為に仕事をしているのは勿論ですが、
その仕事が少しでも他人の役に立っているのか。
この視点が今の日本人には希薄になっているのではと
思います。》

自分の仕事が、世間のために役立っているのかって、常に考えていなきゃならないのは、『政治家』ですね。
この視点に欠けている方は、どうぞ、おやめになって欲しいガーー。
でも、すべてとは言わないが、多くの政治家が欠けている。
かっかり。

今丁度、参院選を控えているので、すべてが選挙のためですね。でも、僕は、それはそれでいいと思う。
マスコミや評論家は、この点をよく批判しているけど、政治家は落選してしまえば、自分の主義主張を通せなくなりますから、選挙の為は仕方がない。

大事なのは、むしろ、当選した後、その人が公約を果たしているのかというチェックを、有権者側がしっかりしているのかということ。
この点に欠けている。
つまり、日本国民がサボっている、堕落しているってコト、じゃないかな。
我々に、責任がある。
尤も、これは、メディアに責任がたくさんあって、報道機関もこの視点にかけている。司会者やコーディネーターが持ち上げすぎる。
だから、いい加減な私利私欲の政治家が、平気で次回も高得票率で当選してくる。
そういう政治家は、わが国では出世するから、メディアはもっともっと持ち上げる。
われらは、知らずウチに、その政治家は『偉い人』のような錯覚に陥ってしまっている。

社会保険庁ばかりではないが、あのようなことは、何十年も前から指摘されてきているんです。
今頃になって、「サイテー」の形で、失態が暴露されてきています。
このことって、『他人から預かった金を、正しく、管理、保管していなかった』ってことでしょ。
アリエナーイ。

国民は、『国がしていることだから』って、安心して預けていたのに、一番信用できなかったのが国だったんですから、開いた口がふさがらない。
こういう国に、今、住んでいるってこと、---言葉が出ない。

だって、もう、何年も前から、年金で集めた140兆円ものお金を、湯水のごとく使い込んでいて、既に約50兆円ぐらいは消えているらしいですから、この時点で、今回の『記帳漏れ』みたいなコトだって予測できたんです。
だから、
「ヤッパ」なのです。

もうこの辺で、いい加減に、自分の我欲のためじゃなくて、他人のため、世間のために働いてくれる人を選ぶ時期にきているんじゃないかとーーー。



2007/06/04(月) 06:33 | URL | 村瀬彰吾 #VvKxtd/k[ コメントの編集]

人間は様々な欲を抱えて生きている動物で、
あれが欲しい、これが欲しい、権力が欲しい
楽をしたい、・・・etc
一方これらがあるから人間は様々な努力し、工夫をし
文明を発展させて来たことも事実です。
「技術は人なり」と言う言葉があります。
技術そのものに善悪があるのではなく、
使う人の心により善にも悪のもなる。
より高度な技術を開発したり、使うものは
自身を磨かなくてはならい。
きっと年金制度を考えた人は
国民が老後に何の憂いも無く生活が出来るようにと思い
この制度を考えたのでしょう。
しかしながら一番大切な「国民の為」と言う思想(志)が
無くなってしまい、無駄使いや、いい加減な仕事に繋がって
しまったのではないでしょうか。
今、この国は社保庁に限らず、
「官」も「民」も組織も個人も
「お粗末」のデパート、総合商社(ちと古いかな)状態です。
ヘンリーフォードは言っています。
「奉仕を主とする事業は栄え、利得を主とする事業は衰える」
フォードは車という便利な道具をより多くの人が購入出来るように
生産システムを考案しました。

私も演奏会場に来られない人の為に、多くのレコーディングを
しました。

人は自分が生きる為に仕事をしているのは勿論ですが、
その仕事が少しでも他人の役に立っているのか。
この視点が今の日本人には希薄になっているのではと
思います。

Karajan
2007/05/31(木) 10:51 | URL | カラヤン #-[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
村瀬執筆 時代小説
プロフィール

村瀬彰吾

  • Author:村瀬彰吾
  • 2004年大河ドラマ「新選組!」の決定以来、新選組特命主幹、日野市立新選組のふるさと歴史館館長を経て芸術文化担当として歴史に触れる毎日の生活を送っている村瀬彰吾のブログへようこそ!
    日野市在住。2006年に小説「人間 土方歳三」を出版しました。小説の詳しい情報や通販はH Pに。
    サイトに関してのお問い合わせ(動作不具合など)は管理人までお願いします。
    村瀬へのメールはこちら






リンク
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリー
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新の記事
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。