村瀬彰吾がつづる新選組話題を含む日記&エッセイ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年は、「第九」コンサートの年

僕の仕事は、昨年の3月までは『新選組のふるさと歴史館』の館長をしていたが、その後は、”芸術文化担当主幹”を命ぜられて一年を経過した。
  今年の初め、恒例の市長の年頭挨拶というものが市民会館であった。その冒頭、市長は「今年のテーマは、”藝術文化の薫るまち“にする」と発言した。
  その後、直ちに僕は呼ばれて、「何か相応しい事業を考えてくれ」といわれたので、数日後に、『第九コンサート』を提案した。
うちの市長はオペラに理解があるので、すぐにOKをもらうことができた。

実は、僕は以前市民会館に勤務していたことがあって、今から12年前にも『第九』はやったことがある。
そのときも、本番までの行程は大変な準備、様々なトラブルがあって相当苦労した記憶があるが、コンサートはすばらしいもので、自分は歌ったわけではないが、大きな感動を味わった記憶がある。
昨年から、僕が芸術の仕事に就いたことを知って、「もう一度、第九をやりたいね」という声が、以前歌ったことのある市民から度々寄せられてきていたので、この実現は、第九好き、コーラス好きの日野市民には大いに喜ばれたのである。

そこで、4月には、「第九実行委員」を募集し、5月には「第九を歌う日野市民の仲間」を募集した。
合唱団は180人募集だったが、あっという間に応募締め切りになってしまった。市民会館のステージには200人が限度だといわれているのだが、既に240人が練習に通ってきている。様々な事情で目減りすることを想定してのことだが、危ない橋渡りである。

それにしても、日野市民というのは、芸術文化的な雰囲気には特に敏感で、こういうことには大きく敏感に反応する。この間、第一回の合唱練習が行なわれたが、その熱気たるものは圧倒されるものがあった。
このとき、ケーブルテレビが取材に訪れてくれたが、いきなり第4楽章の、例の、「歓喜の歌」の部分から入った。指導者の粋な計らいだろうが、初心者は2~30人で、約200人は経験者だから、殆んどの人が歌えちゃうのだ。
あまりの迫力に、僕は圧倒された。ケーブルテレビのディレクターは、もっと驚いていた。
合唱団の募集は、日野の広報で最初にPRし、その後新聞などで補おうと考えていたのだが、補う必要が全くなかった。日野市民だけで240人なのである。初回から、本番前夜のような勢いがあり、この模様は翌日からケーブルテレビで放映された。

ちなみに、今回の「第九」の概要をお知らせしておく。
何しろ、ソリストたちが傑出していて、「地方で行なう第九のコンサートで、このソリスト陣はあまりに豪華すぎる」と、ご批判いただくほどの配役だ。
これは、テノールの村上さんが日野の出身で、以前からの知り合いであったから、彼の紹介で実現した。また、お母様の悦子さんも美しい声のソプラノであるが、僕は彼女を新選組フェスタのとき、一日かけて新選組めぐりでご案内したことがある。
次のようである。
 
ソプラノ 佐藤美枝子
20070630215449.jpg

アルト  森山京子
20070630215457.jpg

テノール 村上敏明
20070630215505.jpg

バリトン 堀内康雄
20070630215514.jpg


オペラ好きの方なら既にご存知だろうが、この人たち4人とも、今年のNHKニューイヤーオペラコンサートに、ソリストとして出演していた。また、1月に渋谷のオーチャードホールで行なわれた【ラ・ボエーム】でも、皆さん主役か脇役で出ていた。
指揮者は北原幸男、オーケストラはTAMA21管弦楽団である。
12月24日(月・祝)午後2時開演
日野市民会館大ホール
入場料 3千円(予定)
9月から発売予定
スポンサーサイト
コメント
ごっちゃんさんも、音楽好きでしたね。
僕は、声楽のことはよく知らなかったんです。
村上敏明という人は、10年以上も前から、近所なんで、そして以前【第九】を一緒にやったこともあったりして、近い人だったのです。
でも、近頃、すごい人気スターになっていました。
藤原歌劇団でも、人気があるらしい。この2ヶ月間も、イタリアでオペラをやって、声楽コンクールで優勝してきたということ。奥さんが、「むこうは今、ユーロが高くて生活が大変なのです。優勝した賞金で、助かりました」なんて、言っていました。

その彼が、第九のソリストとして、他の3人を決めてくれたんです。皆、友達だからだって。
僕は、知らなかったのだけれど、声楽やっている人に聞いたら、兎に角【すごい人たち】なんだって。
特に、佐藤美枝子さんというソプラノは、最近日本人でチャイコフスキーコンクールヴァイオリン部門で1位とかに入賞して人がいましたよね。
あのコンクールで、佐藤さんも1位を取ったことがあるんだって。日本人では、声楽部門では彼女だけらしい。
ソリストが素晴しいので、本番が楽しみです。
それだけに、今盛んにやっている合唱練習、レベルアップのために懸命です。参加者たちも皆さん十分気合が入っていて、やる気満々です。
良い作品に仕上がると、今から確信しています。
2007/07/03(火) 00:20 | URL | 村瀬彰吾 #VvKxtd/k[ コメントの編集]
オオ~、【第九】といえばカラヤンさん
そうでした。
あなたからコメントいただけるなんて、幸せです。
こんな相応しい人もいませんでした。

ふ~mm。
不思議ですね。
なんで、わが日本人は第九が好きなんだろう。

僕も、実は大好きです。
理由?
う~ん、ベートーベンのシンフォニーって、全部まとめて演奏するなんてこと、よくやっていますよね。
あれ、飽きないのかなあなんて思ったりするんですが、好きな人が多いいんですね。
そういう僕も、ベートーベン好きで、オーケストラものは全部好き。
シンフォニーは勿論、ヴァイオリンコンチェルトも、ピアノコンチェルト皇帝なども全部いい。
その中でも、特に、第九は別格で、突出していいのです。クラシックに詳しい人などからすると、かなりミーハーに見えるかもしれないけれど、どう見られたってかまわない。
好きなものは、好きなんだ。

僕、個人的に、ベートーベンものって、人間の生理に一番よくマッチしている音楽のような気がしてるんです。
そういう意味では、モーツアルトよりもっと天才。偉大なる音楽家というより、崇高なる哲学者。
モーツアルトは、兎に角「素敵」なんです。
ベートーベンは、僕らの人生そのものなんですね。第九は特にそれを感じさせる。その中でも第4楽章は、それまでの自分(ベートーベン)の音楽を否定してかかるような、流れを逆流させるような強烈なインパクトを聴衆に与えています。
じゃあ、第3楽章までの存在はなんだったんだろうと思ってしまうほどの、変わりよう。でも、振り返ってみるとその3つの楽章全部がまたいい。

ナポレオンが良くて【英雄】を描いた。でも、彼に裏切られた。期待しすぎた。ベートーベンという人、常に、社会に対して、問題意識を持っていた人なんじゃないでしょうか。そして、いつも、女にはふられてばかり。そこがまたいい。共感できる。
そのときそのときの喜怒哀楽を第1級の音楽に仕上げてしまう。

僕だけなのかなあ。
兎に角、生理的に、いいんです。
神が、ダヴィンチやミケランジェロを、この地上に誕生させたように、やはり、神がベートーベンをわれらに与えてくれたみたいな。
第九好きが多いのは、きっと、僕のような凡人が多いのでしょう。
特に、この日本に。
2007/07/02(月) 23:45 | URL | 村瀬彰吾 #VvKxtd/k[ コメントの編集]
そういうところはいっぱいあると思いますが・・・
我がT山県は毎年年末に「第九」が催され、(読売フィルとかくるのかな?)合唱をする県民を募ります。
私はずいぶん前に友人が歌ったので、見に行きましたが、すごい人数、迫力で圧倒されましたね。
ソリストももちろん有名な人(でも知らない)がきていらっしゃる・・・思います。えっでも今やってるのかな?
そういえば何年か前に1000人とかで第九を歌う企画もあったような・・・
第九って聞くだけでもすばらしいし、参加もできるし、企画もいろいろ考えることができて楽しみがありますよね~。
2007/07/02(月) 16:33 | URL | ごっちゃん #mQop/nM.[ コメントの編集]
しかし日本人は
本当に第九好きですよね。
いったい何故これほどまでに
日本人の心をとらえたのでしょうか?
さまざまな理由が挙げられていますが、
兎に角理屈抜きで
年末に腹から大声をだして
圧倒的大音響の中で終わりを
迎える
これぞ正しく日本人
ご成功をお祈り申し上げます。

Karajan
2007/07/02(月) 07:42 | URL | カラヤン #-[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
村瀬執筆 時代小説
プロフィール

村瀬彰吾

  • Author:村瀬彰吾
  • 2004年大河ドラマ「新選組!」の決定以来、新選組特命主幹、日野市立新選組のふるさと歴史館館長を経て芸術文化担当として歴史に触れる毎日の生活を送っている村瀬彰吾のブログへようこそ!
    日野市在住。2006年に小説「人間 土方歳三」を出版しました。小説の詳しい情報や通販はH Pに。
    サイトに関してのお問い合わせ(動作不具合など)は管理人までお願いします。
    村瀬へのメールはこちら






リンク
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリー
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新の記事
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。