村瀬彰吾がつづる新選組話題を含む日記&エッセイ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『江戸に学ぼう』―――ごみとリサイクル

以前、僕は日野市民会館に勤務していたことがあり(約12年前まで)、近隣の公共施設の仲間と定期的に連絡会を開催していた。
八王子市では市民会館やいちょうホール、府中市では府中の森芸術ホール、調布にはグリーンホール、その他昭島市民会館、立川アミュー、秋川キララ、多摩パルテノンなどである。
こういう会館の事業というのは、市民や業者が、発表会や興行を行なうための貸しホールとしての役割のほか、それぞれのホールが財団などを作って自主的に興行を行なうなどして、地域住民に文化芸術に関する総合的な啓蒙事業を行なうこととして、その役割を果たしてきている。

在る時、先の連絡会(公立施設文化協議会といい、通称”公文協“という)の席上で確か、調布グリーンホールの担当者だったと思うが、こんなことを言った。
「うちでは、三味線や踊りの発表会の時の弁当のカラは、これから持って帰ってもらうことにしました」、と。
「えっ、大丈夫か」
各施設の担当者は、ささやきあった。
「でも、そういう際に出るごみというのは、(ホールの)貸し料金の中に含まれていると考えるべきじゃないのですか」
と言った出席者もいたのだが、グリーンホールは強行した。

民謡や三味線、踊りなどの日本古来の芸能に関する”名取”などの襲名披露発表会は厳粛なもので、お金も使うが気も使う。特に、家元なぞに出演依頼している場合には、尋常ではない。来場者には、プログラムのほか、手ぬぐいなどの粗品のほか勿論弁当付である。その数、1,000人前後になることは、普通である。だから、弁当のカラもその数だけでることになる。

それからしばらく経って、再び、同じ公文協の席上、グリーンホールの担当者は、
「あの、ゴミ袋の持ち帰り、やっぱり、止めました」
と、発言した。
随分早いなと皆、思ったに違いない。
聞けば、
「苦情が多くて」
皆は、ホールを借りた三味線の主催者からの文句だと思ったのだが、実際は違っていて、ホールの近所の住民からだった。とりわけ、農家からだったという。
よく考えると、だんだんわかってきた。
そう、ホール側から言われて、一旦は素直に聞いて持ち帰ったが、自分の家に帰った時には手元にはないということだ。
畑が、ゴミ捨て場にされていたというのだ。

こういう事例は良くあって、一番顕著なのは、行楽地でバーベキュウなどをやって、そのごみを河原なぞに捨てられなくなってきている昨今、一旦は車にごみを積むが、帰る途中のサービスエリアに子供の紙おむつなどと一緒にまとめて捨てるという、あれである。

僕は、市民会館に勤務した後、図書館に配属になり、1年もしないうちに突然リサイクル推進課長を言い渡されて、”ごみ改革”をやってくれと命令された。
自分では、改革をやり遂げたと思っているが、最近、ごみ問題でため息をつきたくなることがずいぶんとある。(そういえば、安倍首相も“改革”といっているが、あまり支持されているとは思えない)

本日、職場でこういう記事を眼にした。九州のある市の施策である。

 「マイはし運動」と「マイバッグ運動」に、市長や副市長、臨時職員らを含む全職員が率先して取り組み、環境問題への意識を高める狙い。

   マイはし運動では、昼食をとる際に弁当などについている割箸を使わず、自宅から持参した箸を使う。マイバッグ運動はーーー。
   同市は、2001年から地球環境問題への取り組みとして、「環境率先行動計画」を開始。庁内でごみの減量化・資源化を進める運動などを実践してきた。市環境政策課は、「外食時も箸を持参するなどして、積極的に取り組んで欲しい」と話している。

マイバッグ運動は、当日野市では、僕がリサイクルの課長の頃から(約7~8年前)始めていて、すでに当たり前のこととして定着して(?)いるが、マイ箸のほうは全く取り組んでいない。
この「マイはし運動」なるもの、どう考えるべきなのか、僕も本音のところ迷っている。

でも、その答えは、「江戸の庶民の生活」の中にあった。
江戸時代の江戸は、男の独身者が多く住んでおり、従って、自然と外食産業が栄えた。特に屋台での食事が大賑わいで、昼も夜も屋台で済ます人も少なくなかったようだ。
特に人気があったのは蕎麦屋、すし屋、天麩羅屋、うなぎ屋などで、その他おでん屋、団子屋などである。このうち、すし屋や天麩羅屋なぞはじかに手で食べたり天麩羅なぞは串にさして食べたから箸は使わないですんだが、蕎麦だけはどうしても箸が必要だ。
江戸の頃から割箸は使われており、屋台でも出した。否、正確に言えば、割箸は高級料亭で出していたらしい。では、その箸は、現代のように使い捨てだったのだろうか。あの時代のことである。そんなわけはない。使用済みの箸を専門に引き取る”箸処“という業者が、ちゃんと存在していた。引き取った後、四角い断面の割箸を丸く削り、所謂丸橋にして再び使用されたのである。その後はどうしたのだろうか。江戸の頃は、箸に限らず実は何度でも「リ、ユース」する。
その後は、再び業者が引き取って、丸橋のまま今度は漆を塗るのである。
今は、あまり見なくなったが、僕らの子供の頃は漆塗りの丸箸ってものが結構流通していた。家庭でも外食でも、箸立てというものがテーブルの真中にあって、そこに何本も差してあったのを思い出す。江戸の屋台では、ソレを使っていた。

終戦後、我国は「消費が美徳」といわれて、国民の多くが「大量生産・大量消費」に走った。使った後は、すべてごみとして捨てればよかった。その先、どう処分されたのかは、関知しないで済んでいた。
だが、昨今では、ソレが許されなくなった。ごみの最終処分場が満杯状態で、もって行き場がなくなってきているのと、廃棄物の中に危険な物質が含まれているからである。
僕は、ごみの仕事をしていた頃、よく市民の方々に申し上げた。「大量生産・大量消費の後は、大量廃棄ですよね。でも、それで終わりではなくて、その後、大量焼却なり大量埋め立てってものが待っていますよ」と。

燃やせば、清掃工場の煙突から大量のダイオキシンが排出される。じゃあ、そのまま埋め立てればいいのか。
この埋め立てが、今じゃどうにもならなくなってきている。
僕が住んでいる多摩地区では、日の出町の二ツ塚という場所に最終処分場を作ってお願いしている。日本中どこだって、単独で埋立地を持っているか、なければ近隣の自治体が共同で処分場を確保しているはずだ。
だが、近年、ごみの物質の中には大量の化学物質で出来たものが多く、不燃物や焼却灰の中にダイオキシンが含まれている。
だから、分別をきちんと行なって、危険物質を埋め立てにまわさないようにするのだが。それでも、不燃物として排出したごみはそのまま埋め立てられている。
大丈夫なのか。危険はないのか。
この辺りの解決方法は、実は、江戸時代のごみ処理に学ぶしかないような気がしてきた。

続きは、また、今度。
スポンサーサイト
コメント
毎日が、反省。
僕は、長い行政経験で、ただ1つだけ、『ごみの仕事』で輝かしい実績を残すことが出来、大満足です。
周りが、そのようなチャンスを僕に与えてくれて、本当に感謝しています。

じゃあ、日ごろから、模範的な『環境に優しい』人生を送っているかというと、これが全くダメで、ココ言うのも恥ずかしいくらいです。毎日のように、ペットボトルを飲んでいるし、割り箸だって使うし、結構ごみも出すし、車にも乗ってガソリンを消費するし。

日常では、
やるべきことはやらないで、後回しにする癖がいまだに直らないし、物事ぎりぎりにならないと動かないし。いつも、言い訳ばかり考えているし。
言うことは、立派だけど。
自分が、嫌いです。

直したいけど、所詮、人間は弱いんですね。
みんな、同じじゃないでしょうか。
いくつになっても、基本が身につかない。
僕は、楽器を何十年もやってきて、いまだに、毎日基本練習ばかり。
ダメ男なんです。
ちっとも、素敵なフレーズが出てこない。
だから、せめて、音色だけでも、世間の人を癒せるものならと懸命です。

決して、格好いいもんじゃない。
毎日、こつこつと基本練習ですね。
こんなことで、人生が終えるのかなあと、最近思います。
楽器かついで、老人ホームへ毎月行ってますが、いろんなお年寄りと接触してお話して、いつも帰りの車の中で、複雑な気持ちになって帰ってきます。
どうしても、『人生』を考えてしまうのです。
2007/08/21(火) 22:33 | URL | 村瀬彰吾 #VvKxtd/k[ コメントの編集]
反省することばかりです
本気で物事を為す、ということは本当にたいへんな努力が必要なのですね。でも誠意って伝わるものなんですね。自分は、うだうだ言うばかりで行動ができていない。
反省することばかりです。
できることからでもやらなければ、環境問題だけでなく、何事も、です。
でもそんなこともいつも思うのです。なかなかできない。
人間って、いや私ってダメだなあ
2007/08/21(火) 11:02 | URL | ごっちゃん #mQop/nM.[ コメントの編集]
リサイクル推進課長より
そうでしたか。
あの番組でね。
ルー大柴が、ゴミ袋を200円にですか。

思い出します、今から7年前。僕もその頃は若々しくて、やる気満々でした。
市長から言われて。「兎に角、ウチ(日野市)はワースト1だ。何とかしてくれ」と。
と、言われたって、、僕はごみのことなんか、その当時何も知らなかった。恥ずかしながら、可燃でも不燃でも、何処にどう捨てられて処分されていたかも、正直無知でした。

何故、そんな僕に、市長が任せたんでしょうね。
聞いたら、
「君は、変わっているから」だって。

その程度の僕が、ごみの有料化を考え、40リットル1枚80円の値を考えた。周りから、「おまえ、アホか」といわれた。
この袋の値段、多分まだ、日本で一番高いと思いますよ。わざと、そうしました。
そうすれば、市民の家、一軒一軒、玄関までごみや資源、取りに伺います、と、説明会で言った。
その説明会は、都合630回に及んだ。
どんなに少ない人数でも、リクエストが来れば出かけた。

僕が、自分の車で市長の家に迎えに行き、今日はoo自治会ですよなんていって、二人で説明した。

結果、大成功した。
本当に、ごみが半分に減った。
いろんなことが言えるけど、大切なことは、なんでも同じですね。
『気』です。
近藤さんは『気組み』といった。
それです。

人間のそれは、相手に、市民に伝わるものです。
この人たち、『本気』だ、と。
近頃、政治家も官僚も、企業マンも、みなさん『いい加減』。
それらは、国民に伝わるんです。
そして、この間の選挙に、如実に現れました。

年金ばかりではないですね、出鱈目なマンション建設から、不二家、白い恋人まで。み~んな、やっているんです。
見つかった奴が、運が悪かっただけ。
それが、日本の政治、社会。
こんな国にしてしまったんですね、明治維新で死んでいった人たちは、嘆いていることでしょう。
でも、まだ、今なら、取り戻せます。
どうにかしましょう。

村瀬彰吾
2007/08/20(月) 00:03 | URL | 村瀬彰吾 #VvKxtd/k[ コメントの編集]
とってもお久しぶりです。
つい先日、TVで「太田総理のなんやらかんやら・・・」すいません題名忘れました。を見ました。爆笑問題の太田さんが、総理になって、タレントが議員になって法律を立案しそれを他のタレントやら、現本物議員やらが討論して(議論)して決を採る、というものですが、その日はルー大柴の「ごみ袋を1枚200円の有料化にする」というものでした。

番組の中で、ゴミ問題に取り組み成功している自治体を紹介していましたが、なんと日野市がトップに出ていましたよ!!
「ああ、これ村瀬さんが取り組んだ結果かな~」となんだか感慨深かったです。

さて、以前にも書いたかどうだか忘れましたが、私も子どもが小さいとき、結構大きな公園に遊びに行きまして、大きな遊具の中にゴミが・・・なんか焼きぞばのカラやら空き缶やらが放置されていました。そのころ公共の場所からゴミ箱を撤去しよう!という気運が、叫ばれていたころでそのゴミを見ながらホントにこれでいいのかな~と思ったものです。そのゴミは持ち帰り家で処分しました。

ゴミ問題って本当に難しいですね。”リデュース、リユース、リサイクル♪”といわれてもピンと来ない人が多いに違いありません。本当に意識の問題だと思います。

江戸庶民の生活の本を読んでそのリユース振りに感心し、さらにくだらないですが、あるマンガを読んでもっとリユースしなきゃと思い、子どもの破れたパジャマで小さい雑巾を作ったりなんぞしてみましたが、その一方でペットボトルのお茶をついつい買っている自分がいます。意識を持つ、そして高める、これが出来なきゃホントのゴミ減量って難しいんじゃないですかね。

と生意気なごっちゃんでした。
2007/08/19(日) 23:06 | URL | ごっちゃん #mQop/nM.[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
村瀬執筆 時代小説
プロフィール

村瀬彰吾

  • Author:村瀬彰吾
  • 2004年大河ドラマ「新選組!」の決定以来、新選組特命主幹、日野市立新選組のふるさと歴史館館長を経て芸術文化担当として歴史に触れる毎日の生活を送っている村瀬彰吾のブログへようこそ!
    日野市在住。2006年に小説「人間 土方歳三」を出版しました。小説の詳しい情報や通販はH Pに。
    サイトに関してのお問い合わせ(動作不具合など)は管理人までお願いします。
    村瀬へのメールはこちら






リンク
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリー
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新の記事
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。