村瀬彰吾がつづる新選組話題を含む日記&エッセイ。

今年も、惣次郎の季節がやってきた




「総司も一時期とはいえ、日野に居住していた関係もあり、また親戚もあるので、日野への出稽古は結構楽しかったようである」

この言葉は、佐藤彦五郎の子孫の(あきら)氏が「聞き書き新選組」の中で紹介した父俊宣の一文である。
これを最初に読んだとき、僕は、今だから正直に言うが、総司のことを本に書きたくなった。そして、本当に、本にする当てもないのに日野の総司を想定して書きまくったことがあった。この頃は、彼が小さい頃だから”惣次郎“と呼ばれていたに違いない。

惣次郎が天保13年生まれで、歳三が天保6年だ。7つ違いだ。
歳三が15~6の頃、姉の佐藤家に居候していて、近所に8歳ぐらいのやたら剣術の筋のいいガキがいるっていう想定で二人の出会いを作った記憶がある。事実、この頃、姉のミツが井上の分家筋に居住していたのは間違いないところだが、そこに総司郎も一緒にいただろう。
なぜなら、惣次郎とミツの両親が日野の井上分家と宮原家の出だと僕は見ているので、幼少の惣次郎がそこにいても当たり前なのである。

佐藤家は今の「日野宿本陣」で、井上の分家まで歩いても2~3分のところである。
佐藤彦五郎の長男俊宣は、幼少の頃源之助といった。この源之助は、自分の館で総司にじかに剣術の稽古をつけてもらったことがあったらしい。
佐藤彦五郎日記というものが存在していて、この中に、江戸の試衛館道場からちょくちょく稽古をつけに日野にやってきたことが書かれている。
先の「聞き書き新選組」に、次の一文がある。

 俊宣10歳のとき、総司が「坊、相手しようか」とからかい半分竹刀を交えた。
俊宣は大張り切りで、ぶつかっていったが相手は近藤道場の名手総司であるからどうすることもできない。
そうこうするうちに俊宣は竹刀を落してしまった。
そのとき、子供ながらに何かしなければと考え、咄嗟に小さい拳を腰に当て、今にも飛び掛らん勢いで総司をにらんだ。総司は吹き出したが、そのとき、近藤勇から「よくできた」と声があり、それから正式に入門したという。
総司、18歳の頃と思われる。

この「聞き書き~」という本は、推測で書かれている部分も多いし、氏ご自身がストーリーを作っておられるところもあるので、おいそれと全てを信ずるわけにはいかないが、あっても不思議はないと思われるところは、僕は信ずるようにしている。
惣次郎と歳三が幼少時から顔を合わせていたというのは、ありうることなので、今度は、僕がストーリーを作った。

歳三は、写真を見てもわかるように、美男子である。
当時から、モテタと伝えられている。歳三15歳の頃、近所の八坂神社で女性とお楽しみのところ、悪がきどもに襲われるという設定を作った。そこに、総司が助けにはいるのだ。
ここから先は、僕の本「人間土方歳三」を読んで欲しい。
読者の方々に、最初に読んで欲しかったので、冒頭の部分にもっていった。

今、何でこのことを思い出しているのかというと、数日前、《彦五郎通信》第3号というものが送られてきたからである。
これは『佐藤彦五郎友の会』というところから出されているのだが、その1面トップに彦五郎子孫の佐藤福子さんが『聞き書き~』を引用して文章をお書きになられていたからである。

思い起こせば、昨年のこの時期、立川の高島屋の入り口で、僕の所属しているバンドのライヴがあって、最前列でお聞きになられていたのが、おミツさん子孫の沖田周司さんだった。
これがきっかけで、彼を日野に御呼びして僕とトークをしたことがあった。
あの時は、井上本家もいらしたし、何よりも宮原家から初めておばあさまが参加してくれた。
彼女は、宮原家に嫁にきてからというもの、ズ~ト、『総司はうちの先祖だ』と聞かされてきたという。
僕は、それを信じてきている。

今年も、27日(日)に、同じライヴを同じ場所で11時から行なう。
再び、沖田周司さんはご夫婦で来てくれるらしい。
スポンサーサイト
コメント
総司忌
沖田周司さんと血縁の方、総司忌に参加されます。
私は、呼ぶのが好きなもので。
2008/06/12(木) 02:36 | URL | 伊藤哲也 #K5H6lFAY[ コメントの編集]
ライブはいかがでしたか?と野暮なことを聞いてしまいました。
私たち公務員はとかく3月~5月くらいまでなにかと忙しいもので、ついごぶさたしてしまいました。(いいわけです。)
なんだか、いろんなところから人とのつながりが広がっていくものですね。うらやましいです。
最近、読書がしたくていろいろ読みたい物があるのですが、読書に目覚めたのがここ何年かでなかなかいろんな物が読めません。時間もなかなかとれませんし。しばらくは時代ものを読んでないので、江戸文化に触れたいといいながら遠ざかっているような・・・・


歳三と総司の話、ぜひ読んでみたいですね~。もし書かれる気になったらぜひ!!
2008/05/01(木) 07:46 | URL | ごっちゃん #mQop/nM.[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
村瀬執筆 時代小説
プロフィール

村瀬彰吾

  • Author:村瀬彰吾
  • 2004年大河ドラマ「新選組!」の決定以来、新選組特命主幹、日野市立新選組のふるさと歴史館館長を経て芸術文化担当として歴史に触れる毎日の生活を送っている村瀬彰吾のブログへようこそ!
    日野市在住。2006年に小説「人間 土方歳三」を出版しました。小説の詳しい情報や通販はH Pに。
    サイトに関してのお問い合わせ(動作不具合など)は管理人までお願いします。
    村瀬へのメールはこちら






リンク
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリー
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新の記事
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード