村瀬彰吾がつづる新選組話題を含む日記&エッセイ。

講演体験談 暮らしが織りなす地域の美―――4

近藤さんの攘夷思想についてだが、京都大学では、彼の書簡を紹介しながらすすめた。
でも、ここでは、最初に僕の本からそれにかかわる部分を紹介したい。
これは、『人間土方歳三』の73ページから74にかけて書いてあるところで、小見出しは“近藤の尊皇攘夷”となっている。
土方歳三が、大和屋友次郎の質問に答えて、以下引用。




  ―――というのはね、近藤さんが拘っていたのは新選組の存在する理由なんですよ。京都にいるときから、
「何でこの組織が必要なんだ」「何をするんだ」ということを常に問い続けていたんですよ。
 俺たちは攘夷の魁(さきがけ)集団なんだってことを看板にしていた。しかし、現実は市中取締りですよ。勤皇の過激浪士どもをお縄にすることだった。
 だが、近藤さんは強く尊皇攘夷思想を持っていましたから清河や芹沢、新見とも話があわないこともなかったし、伊東のような奴も幹部として迎えた。
 だがね、慶応も二年から三年になると、長州の制裁どころか、攘夷そのものがへこんできちまった。―――

 近藤さんの会う人、会う人が悉く同じようなことをいう。松本さんは最初からだが、大目付の永井さんも土佐の後藤さんも皆が変わっていった。それどころか、あの長州や薩摩までが攘夷の旗を降ろし、逆に武器弾薬をエゲレスから仕入れ始めた。その仲介をしたのが土佐の坂本さんですよ。―――





引用終わり。
以上は、僕の創作話だが、実際の近藤さんの書簡をここで紹介しよう。
実は、近藤さんの手紙は20通以上確認されていて、土方歳三と同じくその殆んどが京都からのものである。土方歳三と違って、政治向きの厳格な内容のものが殆んどである。
中には、試衛館時代、金に困って長兄の音五郎に借金を申し込んだのだが断られ、今度は総司に反物を担がせて、再び郷里の上石原に10両の借金申し込みをお願いしたが再び断られ、「兄弟とはいえ、こんなに冷たいものか」と嘆いている書簡もある。
このときの、総司の心境を測って、僕は沖田総司という人間を作っていった。何かと、使い走りや雑用を言いつけられる。まあ、食い減らしで近藤周助のところに預けられたのだから仕方ないが(9歳or11歳)。つまり、彼が一番、試衛館から逃げ出したかった人だ、と。
行き先は、京都でもどこでも良かった。近藤さんや土方さんは嫌いじゃないし、山南さんや藤堂とも仲が良かった。けど、近藤家の下働きのような立場から早く逃げ出したかったのだ。

さて、書簡であるが、最初は文久3年5月25日付のものである。

松平肥後守御預り壬生詰浪士三四名 学習院宛願書
 (老中板倉周防守と松平肥後守宛願書もあり) 

  「私共義、元来忠を天朝(天皇)に奉し、身を大樹公(家茂)に致し、一日も早く叡慮(天皇の意志)に基づき、攘夷の魁つかまりたく志願に候」

実はこの頃、全国の志士たちのあいだで最大の議論の的は、帝(みかど=天皇)と大君(たいくん=将軍)とどっちを優先するんだ、ということだった。尊皇攘夷である以上、天皇の下で攘夷を実行するということなのだが、これは、近藤さんのように徳川方にいる人物にこの悩みが多かったようである。
天皇のために働くのか、それとも将軍なのか、ということだ。
一方、薩摩や長州をはじめとした全国の志士たちからすると、自分の所属する藩主と天皇と意見が違ったときはどっちをとるのか、という悩み深い話である。幕末の薩摩には、誠忠組という若手の政治結社のようなものがあり、そのトップが西郷さんであり次が大久保であったのだが、そこでもこの議論は酒盛りが始まれば、当たり前のように繰り返された。

そこでは、『国(くに)』という概念論も盛んに論じられた。「くに」は六十余州日の本なのかそれとも所属する藩や「クニもと」のことなのか、だ。徳川政権が絶大で、平和で落ち着いているときはこんなことどうでもよかったが、ペリーが来航して騒然とした中では、藩から禄を貰って生計を営んでいた武士にとっては大変重要なことであった。

またこのことは、外国勢が、最も困っていた事柄でもある。
開国して、通商条約を結んで、種々懸案事項を国際的に処理しなければならないときに、日本の国を代表しているのはどっちなんだ。誰に交渉すればいいのか、ということになっていた。
文久2年8月に島津久光一行の大名行列にイギリス人リチャ―ドソン2名が横切って斬殺された生麦事件の賠償問題も、イギリス側は薩摩でなくて徳川政府に事の処理を申し入れ10万ポンドの金を払わせている。
元治元年8月に長州が発砲して起こった馬関戦争の賠償も、泣く泣く徳川が負った。気の毒なような話だが、自ら日本政府は徳川であると自認している以上仕方がないのだった。

さて、本題に戻さなければならない。
近藤さんは、忠義は天皇で、身は将軍に置いて、天皇のお考えで攘夷の先鋒を務めるんだと述べている。
また、同じ頃近藤さんは郷里の友人先輩たち18人に手紙を書いているが、先の文章と殆んど同じもので、『忠天朝に奉し、身は幕府に致し候』としている。

続きは、次回。(全5回予定)
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
村瀬執筆 時代小説
プロフィール

村瀬彰吾

  • Author:村瀬彰吾
  • 2004年大河ドラマ「新選組!」の決定以来、新選組特命主幹、日野市立新選組のふるさと歴史館館長を経て芸術文化担当として歴史に触れる毎日の生活を送っている村瀬彰吾のブログへようこそ!
    日野市在住。2006年に小説「人間 土方歳三」を出版しました。小説の詳しい情報や通販はH Pに。
    サイトに関してのお問い合わせ(動作不具合など)は管理人までお願いします。
    村瀬へのメールはこちら






リンク
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリー
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新の記事
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード