村瀬彰吾がつづる新選組話題を含む日記&エッセイ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

星野仙一と最後の将軍、その幕の引き方

徳川の第15代将軍は慶喜で、慶応3年10月15日に大政奉還を宣言し、260年以上続いてきた幕府政治の終焉を迎えた。
とはいっても、本気で政権を投げ出したわけではなくて、慶喜は以前にもまして権力に意欲があったと思うべきだろう。二条城での、例のあの大集会での発表に各大名たちは唖然としたらしいが、あれは一つのポーズであって、その後は連立政権を組んで、相変わらず彼がその中枢に居座るつもりでいたと、考えたい。
その後行なわれた大阪城での外人相手の会見でも、慶喜の言動からして意欲満々で、自分以外、ほかの誰もできるわけがないとの論調なのだ。
最後の将軍だったから、他人にはわからない様々な悩み事や苦しみがあったに違いないのだが、それにしても、立ち回りや言動、終わらせ方が下手だったといえるだろう。だから、大政奉還という英断をしても、一向に評価されない。
側近や老中、家来たちから信頼されていたとも思えないし、今はやりの篤姫や和宮のいる大奥からも総すかん状態であった。

慶応3年12月9日の「王政復古の大号令」というクーデターで辞官納地を要求され、鳥羽伏見の戦争を皮切りに戊辰戦争に突入させられてしまった。
西郷や大久保の策略に乗せられてしまったなどと、後世の人々は評論するが、慶喜に欲ばかりが強くて時勢を見る眼がなかったために、徳川にとって、哀れな幕引きをさせられてしまったと、僕は思う。

かつて、坂本龍馬は言ったらしい。
「日本国の将軍は次の世継ぎのことを考えて政を行っているが、アメリカの大統領は下女の生活が成り立つように政を行なっている」と。
デモ、将軍家というのは、それでよかったのかもしれない。
そもそも、関が原で、軍事力でもぎ取った政権で、おかげで長州なぞは、家康によって120万石以上あった領地がなんと、36万石まで減らされた。今の中国地方全部毛利家だったものが、長州、周防のみになった。
260年経って、今度はリベンジされて、薩摩長州に軍事力でもぎ取られた。
ただ、それだけのこと。
時の勢いであって、慶喜ばかりの責任ではない。

中心になる大名が、代わっただけのことなのだ。
本来なら、滅びるべき徳川なぞ、一石も与えられなくても文句は言えない。それどころか、頭領たる慶喜の首が飛んでも不思議はない。
西郷は100万石を残してやろうと甘い裁定をしたが、結局、徳川は70万石で残ったし、慶喜の命も助かった。
それは、せめてもの新政府側の温情であった。
それを、今はやりの「篤姫」では、天璋院と和宮の功績があったから実現できたと、ドラマ作りをするに違いない。
まあ、それはそれでよい。
「大河」とは、NHKのプロデューサーも言うように「所詮、ドラマであって歴史の教科書ではない」のだから。

ところで、幕引きといえば、昨日(10月22日)、星野仙一氏が来年3月のWBC日本代表監督を辞退したらしい。
複雑だ。
あの、北京オリンピックの結果以来、日本に帰ってきて殆んど連日、袋叩きにあっていると思うが、僕も、全試合を見たが、ゲームの進め方から選手の調整、コーチの選任、前後関係全てに不信感が残っている。
あとで、ナベツネ辺りが彼を擁護しているのが、もっと嫌だがーーー。
だって、世渡りが美味すぎる。
今度は、ジャイアンツの監督があっても不思議はないような雰囲気だ。
節操がなさ過ぎる。

僕的には、阪神の監督経験者が巨人の監督は引き受けてはいけない。
そのような雰囲気をかもし出しているだけで、嫌だ。
だから、星野氏本人の昨日のブログにあるように、長女が入院してしまうことになる。でも、それは、マスメディアやファンが悪いのじゃなくて、星野さん本人がそうさせたと思うべきだろう。
野村監督が、巨人の監督を引き受けては、絶対にいけない(ありえないが)。
古田だって、引き受けてはいけない(これは、ひょっとして)。
アンチジャイアンツで、ヤクルトファンやっている人も大勢いるのだ。その人たちは、長年、古田を応援してきた。その人たちの気持ちを、踏みにじってはいけない。

物事、引き際が最も大切なのだと、何度も、このブログで言ってきた。
マラソンの高橋尚子選手はあれだけの実績を上げていながら、幕の引き方を間違えたばかりに(小出監督のせいか)、決して良い余生を送っているとは思えないし、この間のオリンピックで負けてしまった柔道の鈴木けいじさんも、良い幕は引いていない。
もっと言えば、『柔ちゃん』だって、あれだけの実績を積んでいながら、北京で銅だったからTVの出演も殆んどない。
むしろ、フェンシング銀の太田雄貴の方が圧倒的に多い。

我国のマスコミの、アスリートに対する扱い方が極端に不公平だから、このような事態になる。
よく言われるのが、『ゴルフ中継』である。
女子プロなら、宮里藍や横峰さくら、古閑みほ、上田桃子などを映しっぱなしにする。どんなに実力があっても、不動さんの映る回数は少ない。男子なら、断然石川遼だ。他の選手は、トップを走っていても殆んど映さないかおまけ程度である。
だから、スポーツ中継として成り立っていない。
でも、それでいいんだ、今の時代は。
すべてが、バラエティーなのだから。
政治も、バラエティーだ。だから、弁護士でお笑い番組に出れば、大概は代議士や知事になれる。
テレビに出れる回数を多くしておけば、後に政治家は約束される。

視聴率や金が全てだ。それが基準になっている今の時代。
野村監督よ、もっと、ボヤケ!!。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

星野仙一 プログ

【送料無料選択可!】星野仙一物語 泣くなセン! 燃える男 / TVドラマ商品価格:4,392円レビュー平均:0.0 『星野仙一オンラインレポート』で広島の健闘について語っています。10・6付けの星... 『星野仙一オンラインレポート』で広島の健闘について語っています。10・...
村瀬執筆 時代小説
プロフィール

村瀬彰吾

  • Author:村瀬彰吾
  • 2004年大河ドラマ「新選組!」の決定以来、新選組特命主幹、日野市立新選組のふるさと歴史館館長を経て芸術文化担当として歴史に触れる毎日の生活を送っている村瀬彰吾のブログへようこそ!
    日野市在住。2006年に小説「人間 土方歳三」を出版しました。小説の詳しい情報や通販はH Pに。
    サイトに関してのお問い合わせ(動作不具合など)は管理人までお願いします。
    村瀬へのメールはこちら






リンク
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリー
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新の記事
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。