村瀬彰吾がつづる新選組話題を含む日記&エッセイ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

質のよい『武士道』に接すると気分がよくなるーーー1

僕の友人で、もう20年以上も前から一緒にゴルフを楽しむ仲間が3~4人いて、いまだに年に何回かはプレイするのだが(僕は、ゴルフは下手だ)、その中にSというパチンコの名人がいる。

奴は行き帰りの車の中で、パチンコで勝った武勇伝をするのが得意なのだが、最近は「北斗の拳」というのと「花の慶次」という台が調子がいいらしい。
特に「花の~」は打っていて楽しいと言う。

おまつリーチ3
http://www.newgin.co.jp/pub/machine/hanano_keiji/

僕は、その「花の慶次」に関心を持って、彼にどんな台なのかと聞いたことがあった。すると彼は、「戦国もの」だよと言った。

「特に慶次は実在の人物で、すごい奴なんだ」と、彼が言っていたことがあった。
もう約1年も前のことなのだが、僕はその前田慶次なるものを知らなかったが、「なんだ、村瀬さんともあろう人が知らないんですか」と言われてしまった。

僕が歴史を勉強しているので、当然その前田を知っているものと思ったらしい。
それからその前田慶次という人物を調べてみたのだが、実を言うと、俄然、今、僕は惚れ込んでいる。

僕は、ここのところ相撲道とか武士道とかについて書いてきたが、戦国武将となるとどうしても当時の武士道と言うものに関心を持ってしまう。
そして、その前田慶次という人物がどういう武将だったのかも興味を持ってしまったのだ。

回りくどいことをいっていても仕様がないから、かいつまんで言う。
彼は、加賀100万石の初代藩主前田利家の兄利久の養子である。
であるから、利家から見れば甥に当たる。
前田家の名門の出である。
前田慶次というのは、アニメの「花の慶次」で使った名であって、実際は『前田慶次郎』が正しい氏名だと言う。
背丈は6尺5寸(197センチ)もある大男であり、余りに文武に優れていて魅力的だったので、様々、諸大名家から士官の口があったが、全てを断って、今、NHK大河ドラマで、主役で話題になっている『直江兼続』と上杉景勝に惚れ込み、京から田舎の米沢に移り住み、上杉家のために働いた男である。


窮屈な金沢を捨て、京で自由に傾(カブ)いて暮らすようになる。
勝ち戦より、負け戦に助太刀したくなる胆力の座った男でありながら、恐ろしいほどの酒豪であり、風流な文化人でもあった。
伊勢物語を写本し、源氏物語を語り、千利休とも交流している。
それでいて一風変わった衣服を身にまとって、無頼な振る舞いもする。

彼は、所謂、『傾奇者』として当時、京の街では勇名だったらしい。
あの秀吉から『傾奇御免状』を貰っている。(実際、そういうものがあったのか不明だが、どんな場合でも、自分の我を貫き通してよいという許諾らしい)

『傾奇者』とは、

  「傾き者」「かぶき者」ともかく。
  “傾く”という字を書くことから、異風の姿かたちを好み、異様な様相で派手に振舞い、奔放な行動、ふざけ、戯れなどを粉って、人を驚かせるということか。
  只、単に、粋(意気)がっているだけではなくて、そこには何らかの、社会に対する(または権力)反抗なり風刺なりが混ざっていることが前提になっているのではないかと、僕は勝手に思っている。   
幕末の「ええじゃないか踊り」も、大人数で行なうものだが、よく似ている。

叔父の前田利家に逆らい、秀吉に反感を持ち、家康と戦う直江兼続を助けて米沢の上杉軍に味方して、敢えて都落ちをする。彼は、生涯を米沢で終えていて、墓もそこにある。

僕は、幕末や江戸を研究していたのだが、侍の時代のことなのでどうしても最後は『武士道』に行き着く。
すると戦国武将の武士たちの生き様を参考にせざるを得なくなる。
直江兼続も前田慶次郎も自らの『武士道』を貫き通した。
「利」より「義」を大事にした。

次回も、この二人について継続して書いてゆきたい。

良い武士道に接すると、こちらの気分も爽やかになる。
武士道とは、本来、人間の生き方そのものだからだ。
『生き方』とは『死に方』に通ずる。

昨晩、あのアカデミー賞で、映画“おくりびと”が外国語映画賞を受賞した。
マスコミは、また、例の調子で騒いでいるが、何であの作品が受賞したのか、冷静に受

け止めてみる必要があるような気がする。

外国の人たちは、あの作品から『武士道的なもの』を感じ取ったのではないだろうか。

人間誰でもやってくる『死』と言うテーマに取り組み、そしてそのことは、生ける者にとって常に「恐怖」として付きまとっているものであって、全人類の永遠の課題であることに関心を持ったのではないか。  

聞けば、納棺師という職業は世界中探してもないそうである。
また、たとえあったとしても、あのような厳(おごそ)かに美しく所作も見事に行なう日本独特の文化、風土に新鮮な関心を寄せたように思う。

あの映画を見た外国人は、これからやってくる自分の『死』を重ね合わせて、自分と遺族とのことを思いながら、「旅立ちのお手伝いをしてくれる納棺師」がいて「あのようにして黄泉の国へ旅立つのか」と感慨を深くした人もいるだろう。
日本という国に対して、改めて、尊敬の念を持った人がいるに違いない。
それは、経済大国日本などを敬うよりもっと崇高な感性によるものである。
それを見事に映画化したことに対する、喝采であるように思える。

僕は今、藝術文化の仕事をしている。

優れた藝術とは、
「人間の『生』と『死』、又はその『生き様』を必ずどこかで表現している」
スポンサーサイト
コメント
北前船
日本海側といえば、北前船ですね。
そういえば、北から南からこの船で海産物を運びましたね。

富山にも、きっと寄ったでしょうね。
だから、美味しいものもたくさんある。

富山には、前回も書いたけど、いきますよ。
でも、今月の25日から、プラハ、ウィーン、ブダベストへ行きます。
仕事が藝術なので、ヤッパ、このあたりは行っておかないとね。
また、お土産話、書きます。
2009/03/12(木) 22:52 | URL | 村瀬彰吾 #VvKxtd/k[ コメントの編集]
何もないけど・・・
「おくりびと」といえば、富山ですよ~。
監督の滝田洋二郎さんもそうだし、原作ではないけど元になったのは、青木新門さんの「納棺夫日誌」。この方も富山の人で、これに感銘を受けた本木雅弘さんが、映画化を切望したとか・・・
本木さんも青木さんに会いに富山まで来られたことがあるそうです。
私は富山が大好きです。そして日本も。
でも日本は文化や技術がとても優れているのに、それがきっと世界でも認められているのに、政治の世界ではどんどん日本をだめにしていっているような・・・。とても悲しい。政治のことは全然わかりませんが・・・
村瀬さんぜひ、富山にきてくださいね。景色だけはすばらしいですから、いえ、食べ物も最高です!!
2009/03/12(木) 19:10 | URL | ごっちゃん #mQop/nM.[ コメントの編集]
そうか。ごっちゃンは富山だもんね。
またまた、お久しぶり。

そうだよね。あなたは、まさに、今度の大河の
舞台にいるんですね。

前田慶次や直江兼続を好きになったきっかけが、パチンコや
アニメだと言うのも、なんだかいい感じはしないけど、でも、よい
ものを教えてくれたような気がして。

あの人たち、マイナーな武将なんだけど、実は、信長や秀吉や
家康なんかよりハルカに好感持てます。

以前から、僕はブログで書いてきたけど、「歴史は勝者が作るもの」ですよね。
だから、あの戦国の頃の真相も、大分、家康側に書き換えられたり塗り替えられたりしてきたのでは。
幕末の頃だって、まだ140年しか経っていないのに、随分と都合の良いように言い伝えられているところもある。
それは、官軍側にも敗者の方にもある。

前田慶次は、奇抜な格好をして傾いているのだけれど、当時の京都で、冷静に世間(社会)に反発している。
大男でやたら喧嘩は強いが、それでいて文学や茶道にも通じていて実に魅力的。
決して強い方につかない。
弱い方に、助太刀したくなるなんぞ、これぞ誠の『武士道』のような気がしますね。
わざわざ都落ちして、米沢に下った。
そこを自分の墓場にまでしましたね。
僕は、落ち着いたら、米沢や鶴岡、新潟方面に旅をしようと思ってます。
おっと、富山も。日にちがかかる~。
あと、最近の人気は酒田。アカデミー賞がらみでしょうかね。

今の政治家なんぞ、常に風を計算していて、強い方につきたがる。まあ、昔から、権力の座に着いたものは、そういう人たちなんだよね。

有権者がいけないね。
そういう人を選ぶから。
今度の選挙は、皆さん、前田慶次や直江兼続のような人を選びましょう。
2009/03/10(火) 00:21 | URL | 村瀬彰吾 #VvKxtd/k[ コメントの編集]
村瀬さんこんにちは。
また久しぶりになってしまいました。
いつも読んでいるのですが、なかなかコメントする時間がありません。
さて、「花の慶次郎」のCMをみました。私はパチンコはたしなみませんので(笑)CMだけですが、「愛」を兜につけた方がお隣に。
おぉ、直江さま!!
そうです。私も上杉&直江兼次にはまりつつあります。私の場合は大河ドラマですけど・・・・
大河で第1回を見てこれはおもしろそうだと、すぐに「直江兼次の謎」という本を購入しまた。難しい本は歴史の流れがわからなくなりそうなので、わかりやすいものを読んで上杉家のこと、直江家のこと、歴史の流れがなんとなくわかりました。
直江兼次ってすばらしい人ですね。いろいろありますが、またまとまってから、少しコメントしたいと思います。
なんといっても今はまりつつある理由はわが富山にとっても縁が深いこともあります。上杉謙信については知っているようで全然しらなかったんだなあと。
「天地人」今はお舘の乱が始まるところですが、前半のみどころのひとつに「魚津城の戦い」があるとか・・・
魚津城は、私の母校が跡地になっていまして、今観光客がたくさん?くるそうです。それもなんか身近に感じられます。とても楽しみにしています。
ちなみに私は、ドラマはドラマとして楽しんでいます。でも大河なんかはこうやって歴史のちゃんとした流れなんかをわかって見るようにしています。そうじゃないと誤解や思い込みでものを語ったりしちゃいますものね。それにその方がドラマを楽しめるっておもいました。
これからのブログも楽しみにしています。娘も剣道してるし、「武士道」考えてみたいです。
2009/03/09(月) 06:25 | URL | ごっちゃん #mQop/nM.[ コメントの編集]
日本文化、芸術。
ここのところ、再び円安に振れてきましたね。
僕は、円高になることがおかしいと思ってきました。
そんなにわが国が世界に誇れる状況なのか、という疑問からです。

デモ、僕の予想は見事に外れて、円高が進んで一時は80円台まで行きました。
ここで戻ってきた原因が、GNPをきっかけに日本売りが始まったかららしい。もともと、そんな対した経済状況でもないのに円高が進んだのは、外国の金融、経済状況が悪すぎたかららしい。

もともとこうした相場的なものというのは、僕にはよく分からない。
昨年、あの原油だって常識はずれの乱高下ですよね。そのたびに、私たちは翻弄されてきた。小麦粉をはじめ農産物のネダンもどうなっているんでしょうか。

なんだかすべてが、相場に動かされているような気がします。今回の円安も、どうやら、相場師がそろそろドルを買い戻そうかという動きらしい。

そういうことで、これから輸出が増えてくるのでしょうか。
何か、複雑。

僕らが幼い頃、西洋人は、魚を刺身では食べないと聞かされてきました。
デモ、今は、日本食が大人気で、すし屋も回転寿司まで主要都市にはあるらしいですね。

西洋人には、このジパングという国に対して、何か神秘的なものを感じているのではないでしょうか。
それは、東洋人でも、韓国や中国にはない日本独特の風俗習慣、文化、能や狂言、歌舞伎などの芸術。
その延長に、納棺師があるように思えます。

今後も、宜しくお願いします。
2009/02/26(木) 10:17 | URL | 村瀬彰吾 #VvKxtd/k[ コメントの編集]
「道」
実に日本人の好きな表現です。

「武士道」を筆頭に
体育会系なら
「柔道」「剣道」「相撲道」「弓道」
文科系なら
「華道」「茶道」「香道」「書道」
その他実に様々な「道」がある
日本人にとって「道」とは「生き方」のこと
それぞれの「道」を通し
己を磨き己の人生を見つけることを目的としている
そしてそれを見つけられたことを「極めた」と言う
しかしスポーツでも日本的でない競技には
何故か「道」は付かない
「水泳道」「スキー道」「体操道」とは言わない
もし勝ことが目的でなく「道を極める」ことが目的であるならば
どんなジャンルでも「道」と冠してもよさそうなものなのだが・・・
日本で育まれて来た様々な「道」には「道」とは呼ばれないもの
には無い何か所作事があるのだろう
「おくりびと」で表現されていた「納棺師」の動きがそれであるのかと思う

グローバルスタンダード(実はアメリカンスタンダード)と言う言葉が以前もてはやされました
日本の多くの企業もその波に乗り遅れまいとしましたが、それは
ある意味日本文化との決別を意味した訳です
結果日本の多くの企業がアメリカンスタイルの会社になりました
日本スタイルの企業では世界に物が売れなかったのでしょうか
「柔道」がオリンピックの競技になり似て非なる「JUDO」競技になって「柔道」が「JUDO」に勝てなくなったように
アメリカ発の不景気波に翻弄されてるように思う
「観音」の名を取った企業がその名に反すような人切りをするのはその現れではと思う

日本の文化が他の国とは違う特殊なな文化だとか
他の国より優れているとかと言う考え方は危険ですが、
個々に個性があるように世界の国々、民族の個性をそれぞれが
認め合うことこそが本当の意味でのグローバル化であると思う

アメリカも世界中を自国のスタイルに合わせようとしない国に
チェンジしてもらいたい
アメリカだけではなく世界中の国々が・・・
9・11の悲劇を繰り返さない為にも



2009/02/25(水) 17:27 | URL | Karajan #-[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

大河ドラマ 天地人直江兼続 弟

上杉謙信と直江兼続商品価格:882円レビュー平均:5.0 直江兼続について。知勇兼備の名将で義に厚く直江状の潔さ(勇ましさ)からカッコイ.... 直江兼続について。知勇兼備の名将で義に厚く直江状の潔さ(勇ましさ)からカッコイイなぁと思ってましたが知人に話したところ『...
村瀬執筆 時代小説
プロフィール

村瀬彰吾

  • Author:村瀬彰吾
  • 2004年大河ドラマ「新選組!」の決定以来、新選組特命主幹、日野市立新選組のふるさと歴史館館長を経て芸術文化担当として歴史に触れる毎日の生活を送っている村瀬彰吾のブログへようこそ!
    日野市在住。2006年に小説「人間 土方歳三」を出版しました。小説の詳しい情報や通販はH Pに。
    サイトに関してのお問い合わせ(動作不具合など)は管理人までお願いします。
    村瀬へのメールはこちら






リンク
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリー
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新の記事
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。