村瀬彰吾がつづる新選組話題を含む日記&エッセイ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「直江兼続」と「松姫もなか」、そして「八王子城」と「滝山城」と、いろいろ関連して---4

―――兼続の魅力―――

さて、いよいよ、直江兼続について語らねばならない。
でも、この人を考えていると、いろいろな有名人なしには説明がつかなくなって、またまた僕の悪い癖で横道の話が多くなってしまう。
勘弁を。

先ず最初に、西暦1600年前後、兼続が仕えたのは越後・会津・米沢あたりを本拠地にしていた上杉景勝で、勿論上杉家の当主である。
そのずっと後、西暦1700年の中頃、同じ上杉家に"上杉鷹山(ようざん)"というスーパースターが出て、この人がまた大変な人気者なのである。
また、景勝の父親はいわずと知れた"上杉謙信"で、超デラックス・エクストラ・スーパースターである。

2007年(平成18年)に、読売新聞が全国の自治体の首長に対して、あるアンケートを行った。
――理想のリーダー像は――
回答では、1位が上杉鷹山であった。

鷹山で思い出すのは2つ。
ひとつは、明治時代、内村鑑三というクリスチャン作家がいて、その人が『代表的日本人』というタイトルで海外向けに英語で、日本の文化を紹介する本を出版したが、5人を挙げている。
 
その「代表的日本人」とは、

 1、国を託するに値する人物とは・・西郷隆盛  
 2、上に立つ者としての心得・・上杉鷹山 
 3、人を動かすには・・二宮尊徳 
 4、教育とは何をもって・・中江藤樹 
 5、宗教の持つ意義とは・・日蓮上人 


の五人。

僕が、以前よりその復権を主張している西郷さんが入っていたのは、ほっとする。
ここに挙げられている5人は、いずれも、『自己の信念に基づいて、私心を捨て“誠の道”を歩んだ人』たちだ。

もうひとつは、ジョン・F・ケネディーである。
意外に思う人がいるかもしれない。
それは、こういうことだ。

ケネディーが大統領になってまもなく、「尊敬する日本の政治家は、Yozan」と、言ったという。
でも、その場にいた日本人が恥ずかしくも、「Yozanって、誰?」と逆に聞いたそうだ。
ケネディーは、先の、内村の「代表的日本人」を読んでいたに違いない。

鷹山の偉さ、すごさを細かく紹介するのが意図ではないが、ざっとは言う。

 まず、
財政危機に瀕していた米沢藩の藩財政を、徹底した行財政改革を行って立て直したことで有名である。
 
彼の産業改革の特徴は、家臣や領民を有能な人材に仕立てることに重点を置いたところにある。徳を重んじ、民を慈しんで善政を敷いたところに優れている。
 
行財政改革と言えば、昨年のリーマンショック以来、全世界的な大不況に陥ったのは周知のことだが、日本企業もトヨタや日本航空などをはじめ赤字企業が続出で、大変などたばた騒ぎである。
こうした大欠損を出したときは、日本企業のこれまでの習性として、まず最初に人件費のカットを行う。「派遣切り」から始まって、社員の一時帰休や「肩たたき」や「配置換え」など、さまざまな手法で”人減らし”“賃金カット”を行う。これらを見事に行った経営者が立派だと、評価される。
果たして、そうなのか?
 あまり報道されないが、こうした現象は、特に市町村や県などの自治体で顕著である。それは、当該の首長さんにとって、地域住民感情を鑑みて、公務員の賃金や職員数切りが一番受けのいい政策だからである。

直江兼続の善政の中で、特に学びたいのは、人減らしをしなかったところにある。
上杉家は、家康に逆らった罰で、会津120万石から、関が原の敗戦を通して米沢30万石まで減封された。
四分の一である。
企業で言えば、売上額が120億円から30億円に減ったことになる。これじゃあやっていけないから、倒産したくなければ、膨れ上がった従業員を減らすことをまず考えるのが、現代の企業経営者の一般型である。

直江兼続は、それをしなかった。当然苦しくなる。
兼続はその後、人民の生活が成り立つように、新たな土地の開墾を進めた。そして、治水事業に力を入れた。
米沢城下を流れる最上川上流には3キロメートルにわたって石が積まれ、川の氾濫を治めるために堤を設けた。これはいまでも、「直江石堤(なおえせきてい)」と呼ばれている。
新田開発の結果、表高30万石に対して内高51万石と言われるまでに成果を挙げた。また、町を整備し、殖産興業・鉱山の開発を推進するなど米沢藩の藩政の基礎を築いた。
ここまですると、大概は、現代の政治家のように私腹を肥やしたりするものだが、兼続は終始質素に暮らした。そして、子孫に家督を継がせることもしなかった。直江家は彼の代で絶えたのである。
尊敬する日本人とか、日本の偉人100人とかに吉田茂などが入っていることがあるが、彼は莫大な遺産を引き継ぎ、大変な財を残した。今、そのお孫さんがセレブな生活送っている。僕は納得がいかない。
「金も、地位も、名誉も要らない、という人間は最も始末に困る。しかし、そういう人でなければ、本物の仕事は出来ない。」「児孫の為に美田を買わず」ーー西郷隆盛
鷹山は、謙虚な人である。
自分の行った行財政改革は、直江兼続の行った善政をまねたものだから、正直に、世間に兼続の功績を評価したのである。
でも、皮肉にも、その評価は、現代に至っても、鷹山の功績になっている。
 次に、現代まで語り継がれている鷹山の言葉は、
 「生せは生る 成さねは生らぬ 何事も 生らぬは人の 生さぬ生けり」
 で、誰でも聞いたことがあるはずで、説明は要らないだろう。

 
 そして、「伝国の辞」というものが伝わっている。
  鷹山が、次期藩主に家督を譲る際に申し渡した、藩主としての心得三か条である。

   1 国家は先祖より子孫へ伝え候国家にして 我私すべきものにはこれなく候
   2 人民は国家に属したる人民にして 我私すべきものにはこれなく候
   3 国家人民の為に立たる君にて 君の為に立たる国家人民にはこれなく候

 

ところで、その鷹山の時代に(寛延四年(1751)7月20日~文政五年(1822)3月11日)直江兼続はどのような評価であったのかと言うと、これがてんで、冴えないものであったのだ。

当時は、『会津120万石あった身代を、米沢30万石に減封させた原因を作った男』として、また、『石田三成と通じて、主君の歩むべき道を誤らせた張本人』として、罪人扱い、奸臣なのである。

鷹山は、米沢藩の中興の祖として、現在でも米沢市民たちに尊敬されているが、その当時直江兼続は、法要すら行われていなかった。
しかし、その兼続を再評価したどころか、兼続の行った善政をそっくりま
ねて改革を行った鷹山は、「上杉家で、直江兼続夫妻の法要を行わず、香典も添えないのは、人情ではない」として、200回忌を挙行したと言う。

上杉鷹山こそ、直江兼続を正しく評価した最初の人物だった。

―――続く
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます
村瀬執筆 時代小説
プロフィール

村瀬彰吾

  • Author:村瀬彰吾
  • 2004年大河ドラマ「新選組!」の決定以来、新選組特命主幹、日野市立新選組のふるさと歴史館館長を経て芸術文化担当として歴史に触れる毎日の生活を送っている村瀬彰吾のブログへようこそ!
    日野市在住。2006年に小説「人間 土方歳三」を出版しました。小説の詳しい情報や通販はH Pに。
    サイトに関してのお問い合わせ(動作不具合など)は管理人までお願いします。
    村瀬へのメールはこちら






リンク
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリー
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新の記事
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。