村瀬彰吾がつづる新選組話題を含む日記&エッセイ。

西郷さんの写真

兵庫県の伊丹市に住む友人Hさんから、手紙が来た。
この人は、今から約5年前、NHKの大河ドラマ「新選組」の年に日野に来て、僕のガイドで一日お付き合いした人なのだが、その後もず~と、年賀状やその他で文通などしている。

この方とのつながりは、西郷さんである。
僕が最初に、西郷さんに関心を持ったのは26歳のときで、子母澤寛作「勝海舟」を読んだときからである。
勝が何故、ああまで西郷びいきだったのか、その本の中で納得できた。
そこには勿論、坂本龍馬も出てくる。
残念ながら、新選組は殆ど出てこない。

その本を読んだあと、西郷さんの本を読みたくて朝日新聞社発行のハードカバー版を買ったのだが、最後まで書かれていなかった。
海音寺さんが病に倒れて、途中までだったのである。
その後、お亡くなりになったので、未完のままで終わったと思っていたのだが、学研文庫から出されている「敬天愛人西郷隆盛」全4巻は完成まで書かれているとのことだった。
ぜひ読みたいと思っていたのだが、どういうわけか、これは絶版になっていた。
このことを、先のHさんに告げたところ、彼がその本を探してくれてプレゼントしてくれたのである。
今じゃ、これは、僕の宝物になっている。
というより、再版してくれて、誰でもが読めるようにしてくれたほうが良いのだが。

Hさんは、手紙と一緒に西郷さんの絵葉書を送ってくれた。

Image299.jpg


これは、鹿児島市立美術館にあるらしいが、床次正精作で明治の中頃画かれたものらしい。
これを見ていて思い出したのだが、つい数日前、テレビで西郷さんの写真のことをやっていた。

西郷は、写真嫌いで1枚も残っていない。
有名な肖像は、あれは描いたもので、キヨソーネというイタリア人が書いたものである。
それも、本人を前にして書いたものではなくて、弟の従道と従兄弟の大山巌を足して2で割って画いたものだと伝わる。

西郷隆盛
Image302.jpg

西郷従道
Image300.jpg

大山巌
Image301.jpg

この従道と大山巌を足すと、どうしてキヨソーネの画いた顔になるのか良くわからない。
僕には、ならないような気がする。
後年、誰かがそのようなことを言い出して、それがまことしやかに本当のことのようになってしまったように思える。

西郷さんの写真は残っていないが、肖像画は何枚か残っている。実際、西郷に出会った画家もいればそうでない人もいる。
でも、あの独特な顔の輪郭やあの目玉はどの絵にも共通している。
そして体格も。

キヨソーネという人は、イタリアから来たらしいが、明治8年に、明治政府に画家として雇われて来日したという。その時分、西郷は、鹿児島に帰っているから、出会っていないはずだという。だから、弟や従兄弟を参考に画いたと。
でも、ぼくは、このキヨソーネの描いた顔が好きで、これが西郷さんだと今後も思って生きてゆく。だって、あのすっきりした透明な眼差しは誠実で、迷いがなく、優しさにあふれていていかにも西郷さんらしいからだ。

それに、ほかの肖像画とも顔かたち、雰囲気など、一致している。だから、弟や従兄弟を参考にして画いたなどといわれなくても、本人でいいのだ。
本当の西郷さんは、ああゆう顔つきをしていたのだと、確信している。

ただ、幕末の写真でも、誰がそう決め付けたのか知らないが、いい加減なものもある。
例えばこの写真だ。

Image303.jpg

これは慶応元年、長崎に集合した志士たちの写真であるという。
中央に、黒い着物で体格の良い人が立っているが、これが西郷だといわれている。その左となりが大久保利通、一番左に立っているのが勝海舟、そのすぐ下が中岡慎太郎、その手前で腕組みしているのが桂小五郎だって。
このほか、最前列右から四人目が坂本龍馬だということだ。
まだ、伊藤博文や即位前の明治天皇までいるというからあきれる。
み~んな、絶対違う。
いったい誰が、そんな嘘っぱちを。
でも、そういう触れ込みで実際横行しているし、ネットオークションでも高額で取引されているらしい。

これは、フルベッキというアメリカの宣教師が、明治2年に本国に帰るときに、弟子たちと一緒に、記念に撮ったものだといわれている。

次回、西郷さんと庄内藩、函館戦争、渋沢栄一などについて触れてみたい。
スポンサーサイト
コメント
カゴンマ
以前、もう、20年も前になるけど、日本TVで暮れに
毎年、時代劇を2日間で6時間ぐらい放送していたことが
あった。
白虎隊や榎本武揚、西郷さんなどもやっていた。
土方歳三役は、確か、渡哲也だった。
その時、西郷役で里見浩太郎は、薩摩のことを「カゴンマ」と
発音していた。
ヘエ~、あの頃から、鹿児島と言っていたのか、とその時思った。

一度はカゴンマへ。

歳蔵(僕のハンドルネイム)
2010/02/16(火) 23:18 | URL | 村瀬彰吾 #VvKxtd/k[ コメントの編集]
旅行に行きたい
鹿児島ですか・・・一度行ってみたいものです。きっといいところなのでしょうね。私は他県へ旅行したことが、あまりありませんので、本当にうらやましい・・・っ。温泉っていいですよね!(^_^)
2010/02/15(月) 16:46 | URL | お琴 #4/ZU6LZ6[ コメントの編集]
田丸麻紀のこと
やはり、あの「お琴さん」からだったのですね。

ウ~ン、思い出す。
もう、今から5年も前になりますか。
NHKの大河ドラマ『新選組』
歳三の恋人役のお琴さんは、田丸麻紀さんでした。

その田丸さんが、日野のイベントのオープニングにやってきて、
中の施設を案内した男がいた。
それが、私でした。
それまで僕は、その女優を全く知らなかった。
ただ、やたら、背の高い女の人だと思った。

そのときの写真が、まだここにあって、今見ても、みっともない。
私が、貧弱なのです。
僕より、10センチは背が高い。
その後、あの人は、よくTVに出るようになった。
特に、ヴァラエティに。
ドラマでは、どうでしょうか。
あまり、印象はない。
よく、紳助の番組に出ていました。

おっと、余計なことを長々と書いてしまいました。
来週、鹿児島に行ってきます。
2~3年に1度は行かないと、なんとなく身体の調子が
悪い。
それに、金港湾に浮かぶ桜島を、温泉に入りながら
眺めるのがサイコー。
それと、良いゴルフ場があるので。
これも、余計でした。

鹿児島の加治屋町というところ、不思議なところです。
西郷や大久保をはじめ、幕末から明治にかけて、歴史を動かした人物を大勢排出させています。
若し、行ったことがなければ、一度は行ってみてください。
島津家別荘の磯庭園も見事ですし。
魅力的なところです。
2010/02/13(土) 01:55 | URL | 村瀬彰吾 #VvKxtd/k[ コメントの編集]
西郷隆盛さんの写真については、よくテレビなどでも特集されますよね。私は、大久保利通さん達(他の方は忘れてしまいました)と一緒に写っている人物が西郷さんではないか、という話を聞いたことがあります。写真の裏に西郷さんの本名が書かれているとか。でも、その写真の西郷さんは、肖像画とは全く違う細いお方で、むしろ大久保さんのような感じの方でしたので、本当なのかはわかりません・・・。その写真からは、肖像画のような西郷さんのやさしさみたいなものは感じられませんでした。なので、私も肖像画の西郷さんが一番好きです。

先日してくださったコメントのお返事です。
お褒めの言葉をいただき光栄です。私も新選組が好きなので、土方さんの初恋の人、お琴さんからとらせていただきました。私の本名にも「琴」という字がついていますので・・・。これからも歴史の事について語っていきましょうね。よろしくお願いいたします。
2010/02/12(金) 17:06 | URL | お琴 #4/ZU6LZ6[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
村瀬執筆 時代小説
プロフィール

村瀬彰吾

  • Author:村瀬彰吾
  • 2004年大河ドラマ「新選組!」の決定以来、新選組特命主幹、日野市立新選組のふるさと歴史館館長を経て芸術文化担当として歴史に触れる毎日の生活を送っている村瀬彰吾のブログへようこそ!
    日野市在住。2006年に小説「人間 土方歳三」を出版しました。小説の詳しい情報や通販はH Pに。
    サイトに関してのお問い合わせ(動作不具合など)は管理人までお願いします。
    村瀬へのメールはこちら






リンク
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリー
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新の記事
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード