村瀬彰吾がつづる新選組話題を含む日記&エッセイ。

大病して、初めて見えてくるものとは


今日は、退院後初めて、病院に来た。
まだ、立ちくらみがするので、内科担当医の鎌田医師がMRI撮影の手配をしてくれていたのだ。

いつものことながら、レントゲンと血液の検査をしてからMRIで、すべての検査が終わるのに3時間はかかった。
相変わらず、あそこの病院は何をするにも行列である。

でも、本日は、とても嬉しかった。
鎌田医師は言った。
「今日撮ったレントゲン写真を見ても、4年前の写真を見ても殆んど変わりがありませんね」
「変化がないということですか」
「そう、病状が変化していない、進行していないということです」
目の前が、明るくなってきた。
先生は続けて言う。
「今後、突然、病状が悪化しても、この間の手術の結果で対応が明らかになるでしょうから、大丈夫」と。

最近、こんな嬉しい出来事はなかった。
まだ30歳そこそこのお医者さんだが、この人が神様のように思えてきた。

あまりの嬉しさに、信濃町の駅ビルにあるすし屋で、独り祝杯を挙げた。
このまま、まっすぐ家に帰るのもつまらないので、このあたりを散歩したくなった。
今日は3月27日で、今年はさくらの開花が早いと言うことだが、東京のど真ん中は、まだ3部咲きにも届いていない。
ココのところ気温が低かったせいだろうが、今日は、散歩には丁度良いほどにお日様が照っている。

信濃町の駅を南の方向へ歩くと右が神宮外苑で、左が結婚式場で有名な明治記念館である。
この明治記念館に道を挟んで対面が東宮御所になっている。
江戸の頃は、御三家筆頭と言われた紀伊家の屋敷あとだ。ココに、東宮御所と迎賓館が入っている。

抜けるような青空の下、独りゆっくりと迎賓館方向へ歩いた。
このあたりは東京の中心地だろうに、物音が殆んど聞こえないほどに静かである。
坂を下って、再び登る。
すると、今話題の『学習院初等科』の正門が左手にあった。
ココを右に折れると、迎賓館の正門が見える。

Image313.jpg
Image314.jpg
Image315.jpg


大病をして、初めてわかることがある。
月並みだが、『健康でいることの、ありがたさ』だ。
今、こうして、温かい日差しの下、自分の足で歩けることのありがたみである。

病院に2週間いたが、いろんな病人を見てきた。
中には、仰向けに寝たままで、口に酸素吸入器を当てている人も何人か見た。
僕も、いつかは、ああゆう風にと、思ったりもした。

健康の前には、どんな物欲も吹っ飛ぶものだと、最近開眼した。
アレだけ、物金に執着していた自分なのに、健康で外を歩けるなら、すべてを投げ出してもいいと考えたりもする。
病気になって、元通りに回復の見込みが亡くなった人にとっては、モノ金なぞ何の役にも立たないのである。
兎に角、欲しいものは、何も特別なものでなくてもいい。普通の身体、健康なのだ。

苦労して、築いてきた財産だって、例えそれが何十億、何百億あろうとも、自分が寝たきりになってしまったら、なんの価値もないのである。
「それらすべてを捧げますから、どうか神様、普段の自分に戻してください」と、頼む。
「家屋敷すべてをなくしてもいいです。そして、自分は昔のアパート4畳半暮らしでもかまいません」

そうしてまでも、人間とは、健康が欲しいのである。
これらは、自分が患って初めて気がつく。

そういえば、沖田総司はこのあたりで肺を患って、息を引き取ったはずだ。
慶応四年の5月末である。
だから、丁度いま時分の頃、この近辺で寝ていたはずだ。
千駄ヶ谷駅のすぐ横の、新宿御苑の端っこであった。
植木屋の離れに、独り寂しく寝ていただろう。

25,6歳の彼は、寝ながら何を思っていただろうか。
もっと、少しでも、生きたいと願ったのだろうか。
多分、そうじゃない。
心静かに、死を待っていたと思う。

「文久3年2月、試衛館の仲間内は、こぞって京都へ上洛していった」

沖田は、次第にかすんでいく天井を眺めながら追憶していた。
「残念にも、山南さんは慶応元年2月に死んだ。
自殺だ。
あの人は病に犯されていたし、それに、土方さんと兎に角、反りが合わなかった。
藤堂も、慶応3年11月に、内部抗争の末斬られた。
源さんは、淀の戦で命を落とした。
近藤さんも、この4月に板橋で斬首だったと聞く。
皆さん、待っててください。まもなく僕も、心静かに、皆さんのところに行きますからーーー。」
「それにしても、わからないのは、土方さん。―――あなたは、一体今、何処で何をしているんですか。周りの人たちに、嫌われていなきゃあ、いいですがーーー」
こんなところかな。

スポンサーサイト
コメント
熱燗です、そしてベルリンへ。
ヘルニアで、一月ですか。

う~ん、辛かったでしょうね。

人間、もし、寝たままになったとき、頭の中も
一緒に意識を失ってくれたら、まだいい。

でも、意識だけははっきりしていたとすると、辛いでしょうね。
自分は、これから何のために生きていくんだろうと、思いつめてしまうでしょうね。
毎日、寝たまま泣いて、体中の水分が全部枕に吸い取られてしまうかも。
生きている価値が何処にアルんだ、と。

だから、よく聞きますね、生命維持装置をはずしてくれって。
でも、それは今の法律では、出来ないんでしょうね。

こういうことを考えていると、今の自分はまだ幸せだなあ、と。
歩けるし、食べられるし、そして飲める。
アルコールです。
もともと、強くないので、清酒一合程度です。

今、まだ、ご飯を美味しく食べられますから、人生で、こんなにあり難いことはない。
食欲があるって、本当に感謝です。

僕は、今のうちだと思っているので、たくさんのことを元気なうちに経験しておこうかと思っているんですよ。
で、この6月に、ベルリンで行なわれる『第九コンサート』に、テノールで参加してきます。
あとで、寝たきりになったとき、『充実した人生だった』と思えるように、後悔しない為にも。
2010/03/31(水) 00:13 | URL | 村瀬彰吾 #VvKxtd/k[ コメントの編集]
経過が良好でなによりですね。
ところで祝杯と書いてありましたが・・・
アルコールですか?
よろしいんですか?

本当に健康で居られることはありがたいことですね。
小生も30年以上前に
椎間板ヘルニヤで1ヶ月以上寝たきりになったことがあります。
病室の白い天井を見ながら激痛と足の痺れでもうこのまま
一生歩行出来ないのではと思いました。
その時は本当に色々な事を考えました。
自分の足で歩けるって本当にありがたいことです。
どうぞお大事に養生して下さい。

Karajan でした。
2010/03/30(火) 08:12 | URL | Karajan #-[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
村瀬執筆 時代小説
プロフィール

村瀬彰吾

  • Author:村瀬彰吾
  • 2004年大河ドラマ「新選組!」の決定以来、新選組特命主幹、日野市立新選組のふるさと歴史館館長を経て芸術文化担当として歴史に触れる毎日の生活を送っている村瀬彰吾のブログへようこそ!
    日野市在住。2006年に小説「人間 土方歳三」を出版しました。小説の詳しい情報や通販はH Pに。
    サイトに関してのお問い合わせ(動作不具合など)は管理人までお願いします。
    村瀬へのメールはこちら






リンク
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリー
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新の記事
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード