村瀬彰吾がつづる新選組話題を含む日記&エッセイ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベルリン『第九』体験記-2

『第九』は、アマチュアが良く似合う。指揮者のベーンケさんは、そのことをよく熟知していた。

――― ベルリン『第九』体験記-2 ―――

前回、ベルリンフィルのホールについて、語らせていただいた。今回は、まず、コンサートそのものと第九事情について、僕の感じたことを申し上げたい。

先ず最初に、コンサートの概要から。

日時 2010年6月13日(日)
ステージリハーサル 12:00~15:00
着替え、休憩
ウォーミングアップ 17:00

会場 17:30
開演 18:00

【指揮者】
ケルシュティン ベーンケ

【ソリスト】
ソプラノ:
ジュリア ソフィ ワグナー

アルト:
ジャスミン エテツァツァデン

テナー:
ローレンス バスト

バリトン:
レイナー シェーラー

【オーケストラ】
ブランデンブルグ国立管弦楽団

【合唱団】
現地 ベルリナ カッペラ
日本 第九経験者特別派遣チーム

【演奏曲】
ベートーベン交響曲第9番ニ単調 作品125
合唱付き

IMG_1003.jpg

コンサートのポスター

僕は、第九はまだ3回目で、大した経験ではないが、ベーンケさんという女性指揮者の指導ぶりに惚れ込んでしまった。
年はまだ、40歳に届いていないのではないかと思われるほど若いが、指揮っぷりにキレがあってわかりやすいのと、何より、合唱団に対して優しいのである。

IMG_1122.jpg

僕とベーンケさん・楽屋で

ご自分でも、合唱団の指導をされているし、何より、彼女はソプラノの歌手から指揮者になったという人で、実際歌いながら指導をされていたが、その声の美しいの何の、惚れ惚れであった。

客席で聞いているお客さんにはわからないだろうが、第九の第4楽章の合唱部分になると、優れた指揮者は、合唱団と一緒になって歌ってくれる。
(恐らく、声は出していないと思うが、口パクだろう)
すると、合唱団は、わかりやすく、自分の歌い方も指揮者に合わせていればいいわけで、間違えないし、ずれることもない。
何より、自信を持って歌える。

ベーンケさんはそれより一歩も二歩も進んでいて、ソプラノの主旋律の部分ばかりでなく、テナーやバスの出ずらい所まで一緒に歌ってくれるのである。
つまり、あの人は、第九の歌の難しさ、歌いづらいところを熟知していて、僕らが間違わないように教えてくれているのだ。

指揮者によっては、合唱はオケのおまけぐらいにしか考えていない人もいるが、あの曲の4楽章は、特別合唱を大事に扱う指揮者もいる。

我国で催される『第九』演奏会は、その殆んどがアマチュアの合唱団で行なわれる。
それは、プロの合唱団が少ないのと経済的理由から来ているように思う。

だって、あの合唱団は人数的に、最低100名程度から数百名、多い時には5000人、10000人という規模であるから、プロの合唱団を使うなどという発想は出来ないだろう。
仮にプロだけで行なった場合、合唱団1人20000円のギャラだとして、100人で200万円、300人で300万円である。
合唱だけにそんなに払えるわけがない。
第九は、指揮者の謝礼のほかプロ・オケで少なくとも5~600万円、ソリスト4人全てに謝礼が発生する。
軽く、謝礼金だけで1000万円を超えてしまう。

そのほか、会場費から宣伝費、印刷費その他の経費を考えると、大変な経費である。
仮に1,200万円だとして、これをチケット収入でまかなうとすると、2000人のホールを満席にしたとして、一席の料金は最低6000円である。
今、第九のコンサートチケット6000円出して買う人は、そうはいない。
だから、合唱団は、アマチュアなのである。
いや、オケだってアマチュアが多い。

アマチュアのほうが良い場合もある。
僕も含めて、アマチュアの第九好きは、完全に暗譜している人が多い。
楽譜を見ながら歌うよりは、暗譜がよいのは当たり前である。

しかし、プロは、殆んどの人が暗譜はしていない。
譜面を見ながら歌う。
プロは、好きだから歌うのはない。
仕事なのだ。
その仕事は、たくさんの種類・量があるのだから、全てを暗譜できるわけがない。
それに、第九好きのアマチュアは、プロはだしの技量を持った人も少なくない。
だから、第九の合唱は、アマチュア向きなのだ。

ヨーロッパでも、こうした事情は似ていて、この曲はベートーベンのシンフォニーの中でも際立って演奏が少ないらしい。
何かお目出度い時とか、周年記念だとかの時でないと簡単には出来ないらしい。
今回だって、ベートーベンの生誕240周年とベルリンの壁崩壊20周年を兼ねて行ったものである。
日本では、毎年暮れになると年中行事になってきているが、向こうでは、そう簡単ではないということだ。
日本人ほど、第九に限って大好きだという人が多いわけではないからだ。

その日本でも、アマチュアだけに、本番の数ヶ月前から練習に入るのが普通である。
プロだったら、そんな流暢なことはやっていられない。

ベーンケさんという指揮者は、その辺の事情は熟知されていて、アマチュアで仕方ない「第九」を、芸術的水準にまで高める最良の方法を編み出しているのではないか。

しかも、日本とドイツの合唱団の合流で行なうという特殊編成だ。
これは、この度、僕は自ら本当に楽しくも素晴らしい体験をさせていただいたと思っている。
僕ら日本からの合唱団は、みなプレゼント持参で渡欧した。
交換のためである。
向こうの人たちは、小学校の音楽室での練習の後、校庭で歓迎の夕食会を披いてくれた。合唱団の人たちの手作りであった。

IMG_1006.jpg
IMG_1013.jpg
IMG_1015.jpg
IMG_1021.jpg
IMG_1026.jpg

日本人とドイツ人の交流

日本語とドイツ語だから、どちらも話が通じない。
だから、お互いに英語を使う。
こちらは、片言である。
向こうはというと、殆んどの人が、英語は話せるのである。
なんだか、日本人のダメさ加減を痛感させられた。
これは、イタリアでも同じで、イタリア人も(ドイツ人ほどではないが)大概は英語を理解する。
日本の、英語教育を、今更ながら考え直さないトーーー。

(続く)
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
村瀬執筆 時代小説
プロフィール

村瀬彰吾

  • Author:村瀬彰吾
  • 2004年大河ドラマ「新選組!」の決定以来、新選組特命主幹、日野市立新選組のふるさと歴史館館長を経て芸術文化担当として歴史に触れる毎日の生活を送っている村瀬彰吾のブログへようこそ!
    日野市在住。2006年に小説「人間 土方歳三」を出版しました。小説の詳しい情報や通販はH Pに。
    サイトに関してのお問い合わせ(動作不具合など)は管理人までお願いします。
    村瀬へのメールはこちら






リンク
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリー
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新の記事
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。