村瀬彰吾がつづる新選組話題を含む日記&エッセイ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10月から半年間、新選組の講座を受け持ちます

10月2日から、連続10回で新選組の講座を担当している。

僕の住んでいる多摩地区には、多摩交流センターという文化的な事業を行う組織があり、その中に「多摩市民塾」というカルチャーセンターのようなものが設置されている。

京王線の府中駅の近くにあるのだが、多摩交流センターは、(財)東京市町村自治調査会の中にあって、当然都からの援助によって運営されている。

僕は、その多摩市民塾の講師に選任されたので、約半年間、10回にわたって新選組のお話をすることになった。
今年は、坂本龍馬の年なので、新選組と龍馬を絡めて「多摩が生んだ新選組と坂本龍馬」というタイトルで、塾生を募集した。

Image362.jpg

30名を限定したのだが、申込が多くて抽選になった。7月の末に僕も抽選に立ち会ったのだが、落ちた人も大勢いて、なんだか気の毒で、別な企画で、その人たちを集めてお話したいくらいだ。

この市民塾は全部で19もの講座が用意されていて、それぞれみな人気があるらしい。
内容もあるのだろうが、何せ安い。
10回で、参加費が5,000円なのである。
だから、多摩地区のあらゆるところから申込が来る。
東京都のやることだから、安くて当たり前なのだが、ほかのカルチャーセンターのお客も吸収してしまっているかも。

今から半年も前に、カリキュラムを提出させられたのだが、すでに塾生には印刷して配ってある。

Image361.jpg

昨日、第1回目の講座があった。
男性が7割で、女性は3割と少ない。
こうしたカルチャーセンターには、大概、女性の申込が多く、男性は少ないものらしいが、どういうわけが僕の講座は男性が多かった。
新選組だからか。

ベリーが日本にやってきた嘉永六年あたりから話を始めた。
この年の3月に、龍馬が初めて江戸にやってきている。
彼は、土方歳三と同じ歳だから、天保六年生まれの18~9歳だったろう。

タイトルが新選組と竜馬になっているので、歳三と龍馬を引き合いに出しながら幕末を語った。

僕の話はいつも脱線が多く、レジメのとおりにはやったことがない。
昨日も、浪士組が出発する文久三年あたりまでは行きたかったのだが、龍馬が江戸に初めて出た嘉永六年のまま、そこからあまり進んでいない。
お話しているうち、あの大河ドラマの年のことが思い出されて、それを皆さんにエピソードとしてご紹介なぞしていたからだ。
「龍馬伝」をご覧になっている方は半分以上いたが、皆さん、多少、ご不満なようだ。
やっぱ、あのどたばた騒ぎと画面が見づらいらしい。
「篤姫のときは、しっとり落ち着いていて見ごたえがあった」、という声も多かった。

『生麦事件』も取り上げた。

あれは、文久2年8月21日、薩摩の殿様島津久光の大名行列が引き起こした国際紛争である。
(正確には息子の忠義が藩主で、久光は何も官位がない人なのだが、とにかく威張っていた)

この年の3月に薩摩を1000人の兵を連れて出発し、京都に乗り込んだ。全国の攘夷の志士たちが勘違いして、「いよいよ、薩摩が倒幕に立ち上がった」と、勢いづいた。
だが、久光という人は、公武合体を主張する日和見な人で、幕府と事を起こそうなんて考えは毛頭ないのだ。
それで、有名な「寺田屋事件」を4月23日に起こしてしまい、薩摩藩士同士で壮絶な斬り合いとなってしまった。
久光の厳命で、腹心の剣豪が斬りに向かったのだ。
そして、若い命が失われた。これは、維新史でも凄惨な事件として語られている。

清河八郎なぞも、この機会に事を起こそうと、京都に赴いていたのだが、この事件のあおりを受けて、再び関東に帰ることになった。

後に、同じ寺田屋で、龍馬が幕吏に襲われるという事件も起こったが、これはたいしたことはなかった。

久光は、天皇の勅書を持って江戸に向かった。
このあたりは、抜かりがない。
何も位がないから、江戸城に入る権限はないはずなのだが、天皇のお使いできたという大義名分がある。
徳川方もないがしろには出来ない。
この頃は、井伊大老が暗殺され、幕府の権威も失墜していて回復に努めたいときだったので、すべて孝明天皇の要求を受け入れることになった。

久光は、意気揚々と江戸から帰り道についたところ、相模の生麦村に差し掛かったところで、行列を横切った2人のイギリス人を有村俊斎などが斬ってしまった。
これが、国際問題に発展しないわけはなく、謝罪ばかりでなく賠償金として幕府に10万ポンド、薩摩に25000ポンドを要求してきた。

翌文久3年、当時世界でも最強を誇るイギリス軍と事を構えるわけにもいかず、幕府はとうとう10万ポンドを払わされた。
これは、当時の公式決定ではなく、幕府老中小笠原長道行が勝手に支払ってしまった、という措置にした。
イギリスの強硬姿勢に対して、なすすべもなく、弱腰な外交を批判されないよう、「あれは、小笠原が勝手にやったこと」として、事を収めたのである。

この始末、つい最近のわが国と隣国とのトラブルに似ていません?
「検察が勝手にやってしまった」と、始末した。4人の人質を取られてしまったのだから、やむを得なかった。
だが、賠償金までは払わないだろうがーーー。

温故知新。
これからの、日本を考えるとき、幕末に起こった様々な事件はきっと参考になる。
領土問題になっているこの一件は、北方領土でロシアや竹島で韓国とも同じことが言える。過去を正確に振り返ることだ。
歴史を検証することによって、何らかの解決の糸口が見つかるかもしれない。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
村瀬執筆 時代小説
プロフィール

村瀬彰吾

  • Author:村瀬彰吾
  • 2004年大河ドラマ「新選組!」の決定以来、新選組特命主幹、日野市立新選組のふるさと歴史館館長を経て芸術文化担当として歴史に触れる毎日の生活を送っている村瀬彰吾のブログへようこそ!
    日野市在住。2006年に小説「人間 土方歳三」を出版しました。小説の詳しい情報や通販はH Pに。
    サイトに関してのお問い合わせ(動作不具合など)は管理人までお願いします。
    村瀬へのメールはこちら






リンク
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリー
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新の記事
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。