村瀬彰吾がつづる新選組話題を含む日記&エッセイ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歳三の恋人---1

―――幕末と新選組と市民講座―――

前回、多摩市民塾の講座のことをご紹介した。

先週の土曜日に第2回目があったが、例によって脱線の多い僕の話は、余り進んでいない。
いくら10回の講座だからといって、こんな調子では、新選組を最後まで語れないのではないかと、自分でも心配になってきた。

第2回目は、テレビドラマになった『燃えよ剣』の第1作目を見ながらお話をした。
これは勿論、司馬遼太郎原作で脚本、監督が結束信二さんで、いつ見ても心地よい雰囲気の作品である。
だから、僕の講座では、何回か連続の場合は必ず、どれかの巻をみんなで鑑賞することにしている。

ただ、司馬さんの小説が原本だから、創作話が多い。
どこまでが真実でどこからが作り話かを分けて楽しむことにしている。
それに、あの人の作品は必ず濡れ場が用意されている。
映画だから、あっても良いのだが、講座室で参考に見るには、少し刺激がありすぎることもある。
あの『燃えよ剣』は、栗塚さん主演だが、おゆきさんとのラヴシーンがよく出てくる。

この第1作は、『新選組前夜』というタイトルがついている。
この表題の通り、試衛館の面々が浪士組の中に入って、文久3年2月8日に小石川の伝通院を出発するまでを描いているものだ。
この小説は、のっけから濡れ場が出てくる。
今の時代では、どうってことのない仕草なのだが、いきなり「くらやみ祭り」から始まる。

この「くらやみ祭り」ってのは、府中大国魂神社の別名六所宮のお祭りで今でも続いているが、現代では5月5日に行なわれる例大祭である。

普段、農作業で忙しい男女が、この日ばかりは日暮れた境内の暗闇の中で、気に入った相手とねんごろになっても良いというありがたい風習が伝えられているが、本当にあったものか、僕は知らない。
面白いことに、僕の行なっている多摩市民塾のビルはその大国魂神社の目と鼻の先なのである。
司馬さんは、ここに何度も足を運んで燃えよ剣の冒頭の部分を考えたらしい。

歳三は、この第1巻で猿渡(さわたり)宮司の娘「さえ」と暗闇の中でよい中になるのだが、実はこの女、土方歳三を狙う七里研之助の女だった。
浅草だったか、手に入れた和泉守兼定で歳三がはじめて斬ったのが、この七里研之助である。
大国魂神社の宮司、猿渡家というのは今でも代々続いていて、神社の横の鳥居の目の前に大邸宅がある。
今、東京競馬場でレースが開催されていて、来週天皇賞が行なわれるが、僕は、今でも時々この競馬場に行くことがある。

この間、府中の駅から歩いて競馬場へ行く途中、この神社の脇を通ったときに、偶然、猿渡家の邸宅を発見した(府中駅から競馬場へ行く抜け道で、一番いいのはこのルートである)。
燃えよ剣の中でのことだと思っていたのだが、実際、今でもそこにあった。

でも、この辺りのお話は、全て司馬さんの創作話であり、実際にはそんな事実は全然ない。

僕は、自分の本「人間土方歳三」を書くとき、試衛館から京都へ行った人たちが、いつ頃から人を斬り始めたのか、どう設定したらよいのか悩んだ記憶がある。
司馬さんは、燃えよ剣の中で、当たり前のように歳三が人を斬るシーンを作っていたが、そんな簡単に斬れるものではないような気がする。

木刀や竹刀を使って、道場でしか経験のないものにとって、いくら腕が立つといっても殺人は全く別のものに違いない。

僕は、これから京都で行なわれるであろう幾多の修羅場を前にして、試衛館の面々はそれぞれに、試し切りつまり辻斬りを行なうことにして、夜な夜な街に出て行ったとした。
特に、あの頃は外人斬りが流行っていたので、それで試したと。
出なければ、いきなり京都で、恐怖の集団など作れるわけがないと思ったからだ。

新選組のお話をしていると、「はっ」と、息が詰まることがある。
それまで、当たり前のこととしてすごしてきていたことが、新たな疑問として浮かび上がってくるからである。
上記の真剣での勝負もそうだし、金の工面などもそうである。

文久3年の秋口の、土方歳三が郷里へ当てて出した手紙に、
『女にもてて、もててどうしようもない』
という内容のものがあったが、これらの女はみな、芸子や舞妓などのプロである。
一体、どうしてそのような贅沢できる金銭があったのか、不思議でならない。
まだその頃は、幕府も会津も、出来たばかりの新選組に対してそれほどの評価は下していなかったし、平隊士一人頭、せいぜい月3両の給金だったろうから。

最後に、菊池明氏が解読、解説してくれた歳三の文を紹介しよう。
これは、文久三年の11月に小野路の児島家宛に出した手紙の一節である。

Image374.jpg
Image373.jpg

  小島兄参

 なおなお、拙義どもを報告有志とめがけ、婦人慕い候こと、筆紙に尽くしがたく、まず京にては嶋原花君太夫、天神、一元、祇園にてはいわゆる芸子三人ほどこれあり、北野にては君菊、小楽と申し候舞妓、大阪新町にては若鶴太夫、ほか二、三人もこれあり、北の新地にてはたくさんにて筆にては尽くしがたく、まずは申し入れ候。

   報国の心を忘るる婦人かな
        歳三いかがの読み違い
   
   今上天皇
     朝夕に民安かれと祈る身の
       心にかかる沖津白波

歳三が、この手紙を郷里に送った同時期に、つまらないものとして
小包を送っているが、友人たちが空けてみると、芸妓たちの艶書、
つまりラヴレターが数通入っていたという。

続く。
スポンサーサイト
コメント
歳三という人間
いつの時代も、人類の歴史は、残念ながら「戦争」の連続ですね。
今、これだけ民主化が進んでいる時代になっても、地球上のあちこちで紛争が絶えませんね。

日本だって、島国で、近隣の国々とはいまだに国境問題で紛争の種を抱えていますね。
ここのところ、再びそれが顕著になってきました。
嫌な感じです。

ところで、「歳三」。
う~mm。

あの時代、若者たちは命を懸けて身を投じましたね。
それがどちら側であったかの話です。

関ヶ原の時は、戦う前は、豊臣のほうが断然有利とみられていました。
鳥羽伏見の戦だって、薩長は4000人程度の兵たちに比べて、徳川軍は15000人は大阪城に控えていたといわれています。

でも、徳川軍は負けた。
それも、大負け。
あれ、勝っていたら再び、京都に戻れたでしょうか。
きっと、それもないでしょうね。

だって、大政奉還した後だし、時の流れ、時代ってものは逆回転は無理ですね。

260年も続いた徳川ですから、多くの人が、「まさか」その時代が終わるなぞと思えなかった。
60年程度の自民党だって、終わるなんて思えなかった人が多かったのです。
でも、終わった。
それも、まるで、徳川が崩壊した時のように無残に、昨年の8月30日は、自民党支持者にとっては地獄だったに違いありません。

今から約140年前も、同じだった。
いや、もっと落胆は大きかったでしょうね。
徳川が終わるなんぞ、この世が終わるようなものに感じていた。
近藤や土方たち、会津の人たちはもっと落胆したでしょうね。

でも、それが時代ですね。
彼ら、新撰組の人たちは、あえて時代に逆行しましたね。
悲しい、男たちの運命でした。
滅んでいく集団に身を置いて、勝ち目のない戦だと知りながら、戦うしか己の生き方を見出すことのできない若者たちでした。

いつの世も、そういう運命の人達がいるのですね。

歳三もそうでした。
実家に帰るわけにはいかなかった。
意地でも帰れない。
行き先がないのです。

慶応4年4月に入って、近藤は投降を決めた。
でも、土方は、戦い続けることしか残されていなかったのでしょう。
戦うことが格好いいのではなくて、それしか残されていなかったのです。
そして、近藤が処刑され、総司が死んだ。
源さんも淀で亡くなった。

自分の死に場所を探すようになってしまったのでしょう。
悲しい男たちの終末でしたね。

明日、府中で、第3回目の「新撰組講座」です。
元治元年の頃のお話をしてきます。
それに、そのころの竜馬のことも。

竜馬は、勝海舟の弟子になって、神戸の海軍操練所の横で、勝塾の塾頭をしていましたが、そのころから真剣に蝦夷にわたることを検討していました。
皆さん、あまり、この話はしていないようだけど。
これが、竜馬の「世界の海援隊」なのです。

ながくなりました。
また、よろしく。
2010/11/05(金) 23:51 | URL | 村瀬彰吾 #VvKxtd/k[ コメントの編集]
初めまして。
 村瀬さん初めまして。
 先ほど、「人間 土方歳三」読み終わりました。
 本屋さんでは「絶版です」と言われ、よく行く図書館では「置いてありません」と言われ、そう言われると余計に読みたくなっていました。でも、通販で手にすることが出来、夢中で読みました。

 なぜ、私が新選組に興味を持ったか。なぜ土方歳三のことを知りたくなったのか。

 昨年の春だったと思いますが、本屋さんで永倉新八さんの「新撰組顛末記」に出会ったのです。読みました。私の知らなかった新選組。NHKのドラマもほとんど見なかったくせに、次から次へと本あさりを始め、史実とされるもの、小説等々読みました。
「へー!新選組って幕末の時、そういう働きをしていたのか。」
初めて、詳しく知りました。
                                私にとって日本史における幕末とは、大政奉還、廃藩置県・・・等、受験に関わることがその大半を占めていました。まして、私は西国の生まれで、「幕末の立役者は薩長土肥。それを妨害していたのが、テロリスト集団新選組」という構図ができあがっていました。おそらく、西日本に生まれ育った者にとっては、この捉え方が一般的だと思います。                               丁度その頃、NHKドラマ「陽炎の辻」が話題になっており、主演の山本耕史さんがかつて土方歳三役をされたことを知りました。当時のブログを読むうちに、どうしてもNHKドラマ「新選組!」が見たくなりDVDを手に入れ、初めて、通して見ることが出来ました。何かすごく悲しくなりました。よく言われる、勝てば官軍、負ければ賊軍なんだ。今まで私は、勝者側からの情報でしか見ていなかったこと。敗者の生き様をまるで知らなかったことに気づきました。もっともっと新選組について知りたくなりました。
 それと同時に、局長亡き後の約1年間を戦い続けた土方歳三の気持ちはどうだったのだろうか、知りたいのです。
 
 いろいろな方のブログに触発され、昨年の夏は壬生へ、今年の連休には日野の方へお邪魔しました。展示されている数々の遺品を目にしたとき、本当に生きて戦った人たちを実感しました。

 いきなりで恐縮ですが、村瀬さん、ここで秘め語りを終えないで下さい。村瀬さんの続きを教えて下さい。著書の中でも、書いておられますが、「土方歳三日記」でも見つかれば、京都時代の歳三の姿がもっとはっきりすると思いますが、村瀬さんの「続 人間土方歳三」を待っています。

 コメントとして書く内容ではないことと思います。申し訳ありません。
2010/11/05(金) 01:14 | URL | 良子 #-[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
村瀬執筆 時代小説
プロフィール

村瀬彰吾

  • Author:村瀬彰吾
  • 2004年大河ドラマ「新選組!」の決定以来、新選組特命主幹、日野市立新選組のふるさと歴史館館長を経て芸術文化担当として歴史に触れる毎日の生活を送っている村瀬彰吾のブログへようこそ!
    日野市在住。2006年に小説「人間 土方歳三」を出版しました。小説の詳しい情報や通販はH Pに。
    サイトに関してのお問い合わせ(動作不具合など)は管理人までお願いします。
    村瀬へのメールはこちら






リンク
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリー
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新の記事
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。