村瀬彰吾がつづる新選組話題を含む日記&エッセイ。

歳蔵の恋人―――5

前回の「歳三の恋人―――4」では、殆んど恋人らしい記述はなくて終わってしまった。
たった最後に

『浅草には、歳三と山内容堂と高尾太夫との三角関係の面白い話がある。』

という文章だけ書いた。

確か2006年だったと思うが、僕は、歳三が吉原に通った話を短編にしてここに紹介したことがあったと思う。
タイトルは、「すってん業平になった土方歳三」で、話の内容は、歳三と土佐の殿様山内容堂が、吉原の花魁“吉野太夫”を奪い合う物語であった。

その話の発端は、浅草の『駒形どぜう』の五代目の奥方からある贈り物をいただいたことからであった。
その方は渡辺栄美さんといって、何かの拍子に僕のことを知って、『老舗、駒方どぜう』で発行している「どぜう往来」という小冊子を送ってくれたことに始まる。

この冊子の最初に、“のれんと柳”という連載のコーナーがあって、そこに栄美さんが歳三と容堂が吉野太夫を巡って争った話を紹介されていたのである。
このことは、以前にもここで書いたので重複していて恐縮なのだが、古い話なので、再びこの話題を載せさせてもらう。

先月の20日に、僕が今担当している講座で、「新選組大江戸ツアー」を行なったのだが、新宿に集合して試衛館から二十騎町の近藤の旧宅跡を通過して伝通院まで、歩いた。
文久三年2月8日に、近藤や土方歳三、沖田などが実際に歩いたであろう行程に沿って歩いてみた。
約50分ほどで到着した。

この伝通院の隣りは、小石川という地名で、子母澤寛が試衛館の存在したところだと間違えたところである。
その後、司馬遼太郎も間違えたし、多くの作家たちが間違ってしまっている。

名称未設定-1

どうやら、永倉新八が小樽の新聞記者に語った内容がそれだったらしく、そのまま信用したからであろうが、日野の佐藤家や小野路の小島さんのところにある様々の資料から、牛込柳町に試衛館はあったということで間違いはない。
まあ、永倉さんだって、もう50年以上も前のことを思い出せといわれて、過去のことをまとめて話すのだから、こういうことも起こるだろう。

伝通院には、千姫を始め徳川家縁戚の人たちの墓が多くあるが、あの清河八郎の墓も阿連という恋女房と並んで奥の方にあった。
清河は、もともと出羽の最上川沿いの地方の出の人だから、伝通院とは縁もゆかりもないだろうに、どうしてここに墓があるのかわからない。
徳川ゆかりの菩提寺なのに。
清河が発起人となって実現した、浪士組の出発地点だったからだろうか。
山岡鉄舟あたりが気を使って、ここに弔ったのだろうか。

この伝通院を後にして、地下鉄の春日まで15~6分歩いて行き、東京メトロに乗って約15分ほどで『蔵前』に到着する。
蔵前といえば、江戸時代は米蔵が多く並んでいたことで有名だが、僕らは、蔵前国技館があったところで懐かしいし、大相撲はここと決まっていた。
今は、両国国技館だが。

蔵前駅から、ものの5分も歩くと『駒形どぜう』に到着する。
ここで、本来なら、昼食をとるべきだったのだが、何せモノが「どじょう」だけに、20人以上の受講者たちの中には難しい人もいる。
だから、仕方なく、昼食はてんぷらにした。

僕はメガホンで拡声して、駒形どぜうの前で歳三の話をしてしまった。
天気の良い土曜日で、赤い毛せんを敷いた縁台に並んで待っているお客があふれている中でである。
図々しいにも、程があるか。
ドジョウはグロテスクだが、外ににおってくるあの美臭は、うなぎにも引けをとらない。

5代目の御夫人栄美さんは、残念にも、僕に小冊子を送ってくれた直後に亡くなられた。
だから、僕は、一度もお会いすることが出来なかった。
息子さんの6代目越後屋助七氏が僕に、そのようなお便りをくれた。

きっと、浅草に、脈々と伝わる歳三と容堂の恋敵のお話は、これからも語り継がれていくことだろう。
このお話は、二度目で恐縮だが、ご覧になっておられない方も多いだろうから、多少脚色しなおして、もう一度「すってん業平になった土方歳三」を4回に分けて連載する。

(改)『すってん業平』になった土方歳三―――1
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
村瀬執筆 時代小説
プロフィール

村瀬彰吾

  • Author:村瀬彰吾
  • 2004年大河ドラマ「新選組!」の決定以来、新選組特命主幹、日野市立新選組のふるさと歴史館館長を経て芸術文化担当として歴史に触れる毎日の生活を送っている村瀬彰吾のブログへようこそ!
    日野市在住。2006年に小説「人間 土方歳三」を出版しました。小説の詳しい情報や通販はH Pに。
    サイトに関してのお問い合わせ(動作不具合など)は管理人までお願いします。
    村瀬へのメールはこちら






リンク
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリー
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新の記事
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード