村瀬彰吾がつづる新選組話題を含む日記&エッセイ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

坂本龍馬を斬った男―――今井信郎?その1

前回、慶応3年11月頃の情勢について触れた。
昨年、NHKで龍馬伝を放映したせいか、まだその名残りがあって、先日もBSで龍馬暗殺の真相のような番組をやっていた。

相変わらず、一流といわれる作家が"薩摩説"などを唱えているが、発想としては面白いが、もう、あれだけ”見廻組実行犯“の証言が重なってくると、観念するしかないだろう。
その見廻組だが、以前にも何回かここで触れたが、僕には多少の縁がある。

2005年の3月16日付のブログだから、もう、相当古いが、京都見廻役蒔田相模守について触れ、彼と土方歳三が幕末の京都で親しく交わっていたらしい記事を書いた。

そして、その相模守のお孫さんが偶然日野に住んでいて、僕に手紙をくれ、その後親しく交わらせていただいている話も書いた。
その方は、蒔田障子(あきこ)さんという人だが、今では、もう90歳に近い。

お孫さんがご健在でおられること自体、不思議なくらい、幕末が近いことになる。
蒔田広孝という備中浅尾藩一万石の藩主は、慶応3年当時はまだ18歳だったというから、その孫が大正年間に生まれても不思議はない。
広孝は弟に領地を分けてやったりしたから、石高が1万石を割ってしまい、旗本に落とされていたものを、何とか大名に復活するために運動し、羽田沖の埋め立てで功績を残し、再び大名に復活した(高直し)ばかりだった。

会津藩が京都守護職に任命されて貧乏くじを引いたのと同様、浅尾藩も同様に貧乏くじを引かされたのだろう、その後直ちに、京都見廻役に任ぜられている。
慶応2年には、長州の第2奇兵隊らによって備中の浅尾陣屋が焼討ちにあっている。

これで、京都の治安も、大大名が守護職で中大名が京都所司代、そして小大名が見廻役という具合に組織的には、一貫して統制が取れたことになる。
いかにも、徳川幕藩体制の面目躍如なのか。

こう見てくると、幕府の閣僚たちは、前年(文久3年)に設立された新選組に対して、あまり快く思っていなかったのではとの想像が働く。
わざわざ、同じ京都の治安にあてつけがましく見廻組を押し付けてきたのだから。

判るような気もする。
だって、百姓かそれに近い分際のものに頼って治安を図るのでは、いかにも世間に見栄えが悪いからであり、実際、新選組は乱暴狼藉を働く浪人ばかりでなく、市民へも威圧的であったから守護職の評判もいまひとつだった。

でも、結果は、見廻組より新選組の方が遥かに体制維持のために働いた。
意地だ。
『武士以上に、武士らしく』という厳しい法度を設けて運営した戦略が功を奏した。

確かに、見廻組の組員は直参であり、講武所などでは腕の良い手練(てだれ)だったかもしれないが、でも、やっぱ、旗本の次男、三男である。
良家のお坊ちゃまなのである。
身体を張って、命を懸けて、戦闘部隊に参加するという点で、新選組ほど徹底は出来なかったのではないか。

それに、幕藩体制下の武士は、家格や家柄で役職が決められているから、出世という魅力がない。そこへ行くと、新選組は働きによって給料も上がれば、ボーナスも出るし、組頭程度には出世できる。
浅田次郎の『壬生義士伝』という小説は、吉村貫一郎の新選組入隊から貧困にあえぐ家族への仕送りの物語だった。

ところで、腕の良い講武所の指南役としていち早く思い出すのは、佐々木只三郎だが、今井信郎という男もいた。
佐々木については、2005年6月5日のブログで触れているので、今回は今井信郎だ。

この今井信郎という男、恐ろしく怪力の人だったらしい。

何でも、『片手打ち』という技が得意で、片手で相手の面を取って頭蓋骨を砕いて即死させ、以後、片手打ちを禁ぜられたと伝わる。
18歳で直心影流に入門し、僅か3年で免許皆伝を取得したというから、恐ろしいほどの大変な遣い手である。
講武所剣術師範から、慶応3年10月、見廻組組士となる。
見廻組に入ってからまもなく龍馬暗殺の命令が出たことになるが、100名以上はいたと思われる組員の中から、誰が刺客の人選をしたのだろう。

このとき、見廻組を取り仕切っていたのは、誰あろう佐々木只三郎である。佐々木は蒔田相模守組であったが、蒔田広孝は6月に辞任していたから、この時点での見廻役は小笠原長遠という人であった。
実行部隊としての権力は、佐々木がにぎっていたので当然佐々木の人選であろう。

龍馬暗殺の刺客として、後年今井が語ったところでは、佐々木を筆頭に今井のほか、渡辺吉太郎、高橋安次郎、桂隼之助、土肥仲蔵、桜井大三郎の名が挙がっている。
踏み込みの順序を決めるにあたってくじ引きをしたが、最初、今井は3番を不服としてやり直しを要求し、次に1番を引いたと伝わる。

慶応3年11月15日、午後2時に所司代千本通屋敷内の佐々木の役宅を出たとあるから、随分と綿密な計画を練って挙行したと思われる。
最初、東山の祇園社に武運を祈ってから祇園石段下の行きつけの料亭「久菊」に潜伏し、夜を待ったとある。夜8時に、料亭を出て近江屋に向かったらしい。

この料理屋は、異説もあって、先斗町の「瓢亭」だったという人もいる。そこに4時間ほどいて、見張りを近江屋の外に残した。伝令からの連絡で、一人の武士が入ったという。中岡であろう。
そして一人の少年が入り、もう一人の武士が入ったという。(これは土佐藩士の岡本謙三郎という人物らしい)
しばらくして、この少年と岡本は出てきたという。
これらから、坂本ともう一人の武士(中岡)が在宅していることは明らかだと確信したという。

近江屋の位置からして、祇園よりは距離的に先斗町のほうが真実味がある。



つづく

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
村瀬執筆 時代小説
プロフィール

村瀬彰吾

  • Author:村瀬彰吾
  • 2004年大河ドラマ「新選組!」の決定以来、新選組特命主幹、日野市立新選組のふるさと歴史館館長を経て芸術文化担当として歴史に触れる毎日の生活を送っている村瀬彰吾のブログへようこそ!
    日野市在住。2006年に小説「人間 土方歳三」を出版しました。小説の詳しい情報や通販はH Pに。
    サイトに関してのお問い合わせ(動作不具合など)は管理人までお願いします。
    村瀬へのメールはこちら






リンク
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリー
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新の記事
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。