村瀬彰吾がつづる新選組話題を含む日記&エッセイ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

王さんと総司、歳三と菜葉隊 ---1

『なでしこジャパン』が国民栄誉賞
――王さんと総司、歳三と菜葉隊  ~~1~~



日本という国では、実績を上げ、名を挙げると、メディアが大騒ぎして人気がうなぎのぼりになって大事にされ、政府や行政からその競技に関する予算が倍増したりする。

尤も、あのワールドカップの優勝以来、ここ一連のなでしこの活躍は、そのくらいのことはあってもいいし、ここの所落ち込んでいた我ら大和民族に大きく勇気づけしてくれたのだから、それでいい。
でも、報道によると、どうもわが国はスポーツや、芸術・文化面に対する援助が貧弱らしい。

有能な若者が出たら、みなで支えて資金的な協力も今後必要に思える。国も地方行政も挙げて予算措置を願いたい。
只、彼女たち、これからが大変だよね。
ボクシングのチャンピョンと同じで、チャレンジャーのうちは世間の関心は薄いが、トップに立ったとたん、世界の強豪たちが寄ってたかって倒しに来る。

フロックだったといわれないように、ロンドンのオリンピックでは、どうしてもメダルをとらなければならない。
予選通過なぞは当たり前で、ベスト4ぐらいは行かなきゃ収まらない。国民栄誉賞に傷がついてしまう。
勝って、当たり前なのだ。

佐々木監督と彼女たちへのこの重圧は、計り知れない。
何とか、跳ね返して実績を作って欲しいが、これは何の競技でも同じことが言えて、上に立つものは、追うものよりも何倍もつらいものなのだ。
だから、上のものこそ、追うものよりもたくさん練習をする。

強いから勝てたのではなく、練習して強くなったから勝てたのだ。
この強さを維持しグレードを上げてゆくためには、もっともっと練習を重ねるしかない。

あの世界のホームラン王の王貞治も、現役時代の活躍を僕はその殆んどを見てきたが(当時は、巨人戦は必ずテレビ中継していたから)、彼でも、868本のホームランを打つまでは、何度もスランプがあった。
その都度、死の特訓を繰り返して偉大なる実績を作り上げた。それが常勝巨人軍の4番打者でホームラン王の責務だからだ。
王さんの本当の偉さは、その数字ばかりでなく、偉大なる責任感とそれに耐え抜いた忍耐と努力にある。
あのホームラン記録は、金田正一投手の400勝とともに、きっと破られることはないだろう。
今、年間20勝できる投手は一人としていない現状だ。
彼は、その20勝を20年間続けたことになる。
とんでもない実績だ。


沖田総司は、文久二年に何回か剣術を教えに多摩方面に来ていたが、ある時、当時流行っていた“麻疹”にかかってしまったことがあった。
周りの者たちが、兎に角大いに心配して病気の回復を願ったらしいが、その時のことを小島鹿之助が日記に残している。

7月12日に小野路の橋本道助宅(歳三の親戚筋)に教えにきたが、15日に麻疹にかかったという。
佐十郎が馬に乗せて布田宿まで送っていった。
橋本家の前に住む小島家では、これを深く心配した。
この頃、麻疹で多くの人が死んでいたからだ。
鹿之助は、

「この人、剣術が強く、将来は必ず名人になる人であるからーーー」

と、日記に書き残している。
総司が、京都に行く前年のことである。

江戸の時代から明治期にかけて、日本という国では、才能のある若者が出ると、それが剣術であれ学問であれ、兎に角大事にして、みなで応援したらしい。
否、もっと前からの慣習なのかもしれないが。

幕末に、江原素六という人がいた。
この人も、総司とは違って学問畑で優れた才能のあった人だ。だから、世間が放っておかなかった。
生まれは1842年というから歳三よりは7つ下、総司よりは一つ上か。
これからは、この人と歳三の話だ。


(長くなるから、続きは次回へ)

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
村瀬執筆 時代小説
プロフィール

村瀬彰吾

  • Author:村瀬彰吾
  • 2004年大河ドラマ「新選組!」の決定以来、新選組特命主幹、日野市立新選組のふるさと歴史館館長を経て芸術文化担当として歴史に触れる毎日の生活を送っている村瀬彰吾のブログへようこそ!
    日野市在住。2006年に小説「人間 土方歳三」を出版しました。小説の詳しい情報や通販はH Pに。
    サイトに関してのお問い合わせ(動作不具合など)は管理人までお願いします。
    村瀬へのメールはこちら






リンク
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリー
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新の記事
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。