村瀬彰吾がつづる新選組話題を含む日記&エッセイ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私たちは、江戸の生活に戻れるか---1

昨年の大震災から1年が経過した。
この間、僕らは多くのことを学んだ。
最も大事なことは、人として、大げさに言えば、人類としての生き方だろう。

大地震、大津波は大自然の現象で、私たちにはどうにも避けることが出来ない。
だったら、その被害を最小限にとどめるしかやりようはないだろう。
そういう意味では、地震や津波の予知に多くの資財を使うのも意味のあることだ。

只、津波に関しては、困った現象が起こっている。
昭和に入っても、明治期にも、江戸時代にも、大津波はあったし、そのつど、僕らの先人たちは、「ここより先には、建物を作るな」と、標識などを立ててくれていたのだが、僕らはそれを守ってきていない。
確かに、その忠告を守るということは、風光明媚な海岸線とか、漁業などを行なうのに利便性の良いところを犠牲にすることになるから、困難なことに違いない。

だけど、このたびのような大災害にあっても、再び、こうした教訓を無視して海岸線に建築物を建てるのか。
きっと、そうするだろう。
だって、そこには生活があり、仕事があり、学校もあり、病院もあり、生活全般があるからだ。
かといって、
海岸線に、波打ち際に、高さ20メートルものコンクリの防波堤をめぐらすのも、ありえない話だ。

じゃあ、次の大津波が来たときは来たときで、犠牲者が出るのを覚悟で、再び、海岸線に人々が生活するに必要なあらゆる建築物を創設していくのだろうか。

日本という国に生まれて、春夏秋冬がそれぞれ美しく、おいしい食べ物も豊富で、豊かな台地に育って大いに感謝しているが、世の中うまくしたもので、地震と津波には悩まされてきた。

日本の、過去2000年ほどの地震の統計をまとめている人がいる。
その人に言わせると、一定の周期があって、この21世紀の中ごろまでに、『東南海地震』が再来することは確実だという。
東海・南海地震に着目すると、飛鳥時代以来、以下のような「歴史地震」があったそうだ。




(西暦) (地震)(マグニチュード)  (被害)
684 白鳳南海地震8.0~8.3 死者多数・土佐で津波被害
887 仁和南海地震8.0~8.5 京都・摂津を中心に死者多数
1096 永長東南海地震  8.0~8.5死者1万人以上、伊勢・駿河で津波被害
1099 康和南海地震8.0~8.5 死者数万、土佐で津波により大きな  被害
1361 康安南海地震8.0~8.5 死者多数、摂津・阿波・土佐で津波  被害
1498 明応地震 8.2~8.4 死者3万~4万人以上、伊勢・駿河  で津波被害
1605 慶長地震 7.9~8.0 死者1万~2万人の津波地震、関   東~九州で被害
1707 宝永地震 8.4~8.7 死者2,800~2万人以上、関東~九  州で津波被害
1854 安政東海地震8.4  死者2千~3千人、房総半島~四国  に津波被害
1854 安政南海地震8.4  死者千~3千人、紀伊・土佐で津波  被害
1944 東南海地震7.9  死者・行方不明1,223人、伊豆~紀  伊で津波被害
1946 南海地震 8.0  死者・行方不明1,443人、房総~九  州で津波被害

20XX 想定東南海地震 ?30年以内の発生確率:60%、50年以内の発生確率:90%




でも、これは、東南海地方に限定したものだけである。
関東大震災や東北の津波などは入っていない。

江戸時代に入って、地震が多いように見えるのは、それまでより、被害が正確に記録されるようになったかららしい。
また、この海域の地震は100年から250年程度の周期で起こっている。すると、次は今世紀中頃になるらしい。

このほか、昨今、頻繁に報道されるのが、東京直下型地震だ。
上の統計は、東海地方と南海地方に限ったものだから、関東地方まで入れれば、もっと回数は増える。

こうした地震、津波、火山活動などは、自然と共存してゆく限り、防ぎようがないし、何れ、途方もない地殻変動が起こるかもしれない。
日本列島が、再び、中国大陸と一緒になるかもしれない。
なが~い地球の歴史から思えば、何が起こっても不思議はない。
私たち日本人は、そうした場所に住んでいるし、そこで生きているのだから。

只一つ、気になるのは、
『原発』事故のことである。
これは、確実に、人災である。
我ら、人類が作り起こした災害である。
これがまた、始末悪い。

あの放射線というものが、途方もない悪さをしている。
人間が作ったものだから、自分達がその被害にあったって文句は言えない。
電力の源になるものだし、「便利だから」という理由で、また、軍事的な意味合いから作ったものだから、仕様がない。
でも、この地球には、人間以外の動植物も一緒に生活している。

今回の大災害で、いやな映像を見た。
牛や馬や犬などが、野生化して、あの福島の第1原発の周囲を走り回っている実態だ。あの動物たちも、かなりの放射線を浴びているに違いないが、今後どうなっていくんだろう。

人類は、果たして、『万物の霊長』なのだろうか。
そんなに偉いか。
こんなことをしていると、
すぐにでも、大水がやってきて、この日本も、水の上に出ているのは、富士山の頂上だけなんてことも起こるような気がして。
この思い上がりが、次の大きな震災を引き起こす引き金になっているような気がしてならない。

つづく。
スポンサーサイト
コメント
台風、わくわく。雷が好き!
僕は、台風の、あの強烈な自然現象が、何となく好き。

ゴー、という、あの地響きのような強風、そして、強烈な豪雨。
なんだか、世の中の汚いものや淀んでいるものすべてを洗い流してくれるようで。

でも、川が氾濫したり、がけが崩れたり、人々の生活を大きく脅かしますね。
だから、あまり、顰蹙を買うようなことばかり言っていられない。

もう一つの雷も同じで、
あれ、大好きなんです。

目の前で落ちて、
樹木が避けるのを見たことがあるけど、それは、それは、怖い。
でも、
あのピカピカ、そしてバリバリ、ドカ~ン。

人々が、花火に興じるに似たところがある。
花火の魅力は、大きな大輪にもあるけど、僕は、あの馬鹿でかい轟音にあると思っている。
はらわたにしみこむような地響きがあります。

きょうは、
何か、変なこと書いている。

少しまともなこと言わないとね。
昨年の3.11のすぐ後、あの都知事の石原さんが「天罰」だといった。
世間から批判を浴びた。

僕は、正直、あの人、好きになれないけど、
でも、天罰だといったあの衝動的な発言、
よくはないが、
何か、わかる。

一番の犯罪は、やっぱ「原発」かな・
あんなもの作ってしまったことが、人類の最大の汚点だ。
原発を作って、必要だと言ってはばからない人たちって、どうみても、
経済、モノ、金を優先して考えている人たちだよね。

人間のことしか、考えていない。見ていない。
人類の幸せしか、眼中にない。
人間以外の生き物たちが、どれほど迷惑をこうむっているか。
きっと、ああゆう人たちは、そんなことは、どうでもいいことなんだよね。

ぼくは、
あの「人間土方歳三」の冒頭で、
そのことを、歳三に指摘させました。

アイヌの人たちは、
人間以外の生き物たちのことを、常に考え、
一緒に歩んでいることを教訓としている。
だから、大自然は当然だが、ほかの生き物たちの権利も
大切にしている。

歳三は、そのことを蝦夷という地にわたって、学んだ。
それを、最初に書いた。
ここに、気が付いてくれた人は、まだ誰もいない。

人間たちが、ほかの生き物の権利を考えない、そうした行動、思い上がった態度が、
天罰としてやってくる。

あの、石原さん、「原発大好き人間」なのが、どうにも困ったことですね。

歳蔵
2012/09/11(火) 00:25 | URL | 彰吾(癒部 次長} #VvKxtd/k[ コメントの編集]
彰吾さんこんばんは。

「天を恨まず」という、高校野球での宮城の生徒さんの言葉、

その通りだなと、私は思います。

天が、人間の傲慢さに怒りに怒った結果、その仕返しが、
地震となり、豪雨となり、落雷となり現われたものではなかろうか、と感じる。

ふむ、
人間は、自然を自分達に順応させ、従わせようと環境を破壊して、

さらに、自業自得ってやつで人間も破壊してしまった、哀れな動物であるんでしょうね。


原爆然り。酸性雨然り。ダイオキシン然り。原発然り。


今年の台風は変でしたね。

何故か、日本を避けている、何か生きもののような気がしてきた。

地球も惑星ではなく生物と感じてきた。


台風の来そうな時、わくわくするけれど、雷は、恐い。

けど、子供の頃よりは恐くなくなった。

小さい頃は、雷が鳴ると、布団や炬燵にもぐったり、泣きじゃくっていたのを覚えています(笑)


しかし、今は雷が好きです。

ただし、室内限定で。

2012/09/10(月) 23:43 | URL | うさぎ #-[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
村瀬執筆 時代小説
プロフィール

村瀬彰吾

  • Author:村瀬彰吾
  • 2004年大河ドラマ「新選組!」の決定以来、新選組特命主幹、日野市立新選組のふるさと歴史館館長を経て芸術文化担当として歴史に触れる毎日の生活を送っている村瀬彰吾のブログへようこそ!
    日野市在住。2006年に小説「人間 土方歳三」を出版しました。小説の詳しい情報や通販はH Pに。
    サイトに関してのお問い合わせ(動作不具合など)は管理人までお願いします。
    村瀬へのメールはこちら






リンク
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリー
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新の記事
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。