村瀬彰吾がつづる新選組話題を含む日記&エッセイ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

土方歳三の後姿

前回、地震、津波のことを書いた。
そして、続きを書こうと思っていたが、それは、いずれということにしたい。

というのも、
僕のこのブログに最近(3月7日)、書き込んでくれた〈にぽぽさん〉という人、あの方、新選組検定を受けるということでした。
その結果どうなったのだろうと、気になっていた。

親しくさせていただいている方から知らせがあって、驚いた。

2級、3級ともに合格。
それも、2級は合格者の中でも、トップの成績だったそうです。

僕も、早速、その問題をやってみた。
3級は、2問の間違いで済んだが、
2級は、約20問も間違えた。
恥ずかしい。
にぽぽさん、すごい。

来年からは、あの検定、1級も始めると聞いている。
きっと、大江戸検定並みの難しいものになるだろう。
勿論、彼女は受験するだろう。
きっと、良い成績で合格だろうね。

ところで、
この度、この検定合格者には、どんな特典が用意されているんだろうか。
高い受験料なのだから、それなりにと、思っていたのだが、どうやら、もっとお金を払うようになっている(僕の誤解でなければ)。

調べてみると、
合格者には、認定証というものが出るらしいのだが、認定カードに自分の顔写真入りにすることが出来るという触れ込みで、その値段が2,500円。
あと、名刺というのもあって、それが、100枚1セットになっていて、3,000円とある。
もっとすごいのは、
和泉守兼定も買えるというやつで、その値段が38,000円だって。

つまり、上記のものが買えるよ、という特典なのである。
何でも、『金』がかかる。

そもそも、受験料が結構高い。
今回、3級が4,700円、2級が5,400円、両方受験で9,800円だ。

今年、何人受験したか知らないが、相当な収入になっているはずだ。
最初の頃はものめずらしいから多くの人が関心を示すが、こうした検定の宿命で、年々受験者は減る傾向になる。
大江戸検定だって、減ってきている。
新選組検定は来年以降も、末永く実施して欲しい。
そして、

是非、来年の1級合格者には、魅力的なご褒美を与えて欲しいな。

例えば、

*日野市の新選組ガイドボランティアの資格を得る事が出来る。
*土方歳三コンテストの審査委員になることが出来る。
*1級合格者にしか与えられない特性の新選組Tシャツ。
*歳三使用の和泉守兼定の本物に触れることが出来る。
などだ。

僕なら、土方歳三資料館の館長に掛け合って、品物にじかに触れることが出来るような特典を用意したいな。
勿論、手袋はしてもらうが。
和泉守兼定が駄目なら、日野には、まだ他にも歳三使用の越前康継や様々な品物はある。


ところで、
5月7日から3日間、函館に行ってくる。
ここ数年行っていないので、そろそろ、行きたくなってきたのと、
他にいくつか理由はある。

僕の本「人間土方歳三」は、土方歳三が明治2年5月初旬、政府軍の総攻撃を前にして、自分の半生を語るという設定で書いたものだ。

当時の鴻池箱館支店手代、大和屋友次郎が「歳三を囲む会」を開催し、市内の商人42人だったか、八幡坂にあった料亭武蔵野楼に集めて大宴会をしたのだった。

この雰囲気を気に入って、僕の本をいまもって積極的に売ってくれているのが、土方歳三記念館だ。
記念館の人々には、頭が上がらない。
大感謝。
420ページもあるハードカバーだし、旅先でそんな重いものを買って、皆さん帰るのだろうか。
だって、今じゃ本屋さんにも置いてもらえないし。

その記念館にご挨拶も必要だし、新装成った函館奉行所にも行ってみたいし、新しい五稜郭タワーにも登っていないので。
それに、気候も新緑のシーズンになってきて、歳三が函館湾に釣り船を浮かべて、半島を眺めたそのシーズンだから、また、その感傷に耽りたいのだ。

僕は、歳三に対しては、
「男の後姿」というイメージを持ち続けている。
だから、本の表紙は表を出しているが、裏表紙は「後姿」である。
HPのトップも、歳三の後姿である。

このイメージは、僕には拘りがあって、デザイナーに何度か書き直してもらって、ああゆう姿にしてもらった。

歳三という人、
口では強気な発言ばかりで、行動を伴にするのも辟易とするのだが、その実、寂しくも悲しい男だったと確信している。

函館湾に浮かぶ歳三は、もう、自分を演じなくてもよいようになっていて、楽になっていた筈なのに。
近藤さんや総司のところへ行くことを考えていたのだ。
スポンサーサイト
コメント
No title
村瀬さん、こんばんは!
お邪魔してみたら、私のことが書いてあって、びっくりしました!
嬉しいです、ありがとうございます(^^
3級を受けた人数は1064人となっていました。2級は527人だったかな?でも私のような併願者が多いのでしょうね。
検定で用意された有料特典は、申し込まないつもりですが、村瀬さんの特典案なら大賛成です!!
実現すればいいのになぁ~(><)

今週末は、新選組まつりですね。
私はパレードに参加する友人を見物する予定です(笑)。

村瀬さんは、もう函館からお戻りでしょうか?
この時期の函館は、まだ桜が咲いていますし、松前城は桜まつり真っ最中だし、いい季節ですね。
函館のお土産話も、ぜひ聞かせてくださいね(^▽^)
2012/05/10(木) 23:37 | URL | にぽぽ #-[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
村瀬執筆 時代小説
プロフィール

村瀬彰吾

  • Author:村瀬彰吾
  • 2004年大河ドラマ「新選組!」の決定以来、新選組特命主幹、日野市立新選組のふるさと歴史館館長を経て芸術文化担当として歴史に触れる毎日の生活を送っている村瀬彰吾のブログへようこそ!
    日野市在住。2006年に小説「人間 土方歳三」を出版しました。小説の詳しい情報や通販はH Pに。
    サイトに関してのお問い合わせ(動作不具合など)は管理人までお願いします。
    村瀬へのメールはこちら






リンク
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリー
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新の記事
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。