村瀬彰吾がつづる新選組話題を含む日記&エッセイ。

山本耕史主演で「新選組」の続編が決定した。たのしみだ。

本来なら、土方歳三と大久保利通の続編を書かなければいけないのだが、やっぱり、この話題を先に触れないわけには行かない。

先々週の日野新選組まつりで、山本耕史さんと山村竜也氏のトークが行なわれたが、その模様を日野ケーブルテレビが中継していたので、僕はDVDに録画しておいた。
昨晩、改めてその模様を見てみたが、二人の会話の最後の場面で、続編の話題が出ていて、「正月に」「単発で」「2時間枠」程度で、など具体的な話をしていた。

今年に入って、1月に、僕はうちの市の市長と二人でNHKにご挨拶に伺った。
もちろん、大河のお礼だ。
番組制作局の局長さんはすでに替わっていて、今度は女性の人だった。
でも、広報局長や「新選組」プロデューサーの吉川氏を始め関係者は皆同じ顔ぶれで、お会いできた。

このとき、様々雑談をさせていただいたのだが、よく考えてみればあの時、「続編は考えていますよ」と、言っていた。
そのまま信じていれば、今更驚くこともないのだが、社交辞令で言っていたのかなあと、僕も市長も思っていたから、思いっきり期待はしていなかった。

だって、大河は確かすでに43作は行なってきているが、過去に『続編』なるものなぞ、見たことがない。にわかには信じられないではないか。
それに、役者さんのスケジュールなどもおさえなければいけないし、半端じゃできないことだし。
よくNHKは決心してくれたものだ。改めて感謝したい。

だが、こうした結果をもたらしたのは、一昨年の春から日野の商工会を始め、新選組同好会が中心になって『箱館まで』という署名活動を行なってきたからだといえる。
つい最近まで、それは続けていて、数万人の署名が集まっていたはずだ。

このブログをご覧になっておられる方々の中にも、『私もした』という人が大勢いるに違いない。
皆さんの想いがあのNHKを動かしたのです。

僕ら、一人ではたいした力ではないけれど、みんなの意気込みを結集すれば、過去に例を見ない快挙を得られることすらできるってこと、改めて身にしみた。

あの署名活動を、中心になって献身的に動いてくれたのは、同好会会長の峯岸さんだ。
改めて、頭が下がる想いだ。

ところで、三谷さんは新聞紙上で、すでに執筆に入っておられるといっていたが、どのような土方歳三を描くのだろう。
また、山本耕史氏は近藤亡き後、北へと転戦していく中で、どんな心持で演技をするのだろうか。
楽しみで、期待が胸を膨らませる。

山本さんは、和装より軍服姿がより似合うような気がする。
僕は個人的に、しっとりとした落ち着きのある土方が見たいのだが、これは、皆さんいろんな意見があって、闘い続ける男土方がいいなんていう人もいて、今から、議論百出だ。

でも、今からこんなに楽しませてくれるなんて、NHKもなかなか味なことをする。
こういうNHKなら、受信料支払い拒否なぞ、なくなると・・・思う・・・。

受信料、ずっと払うから、2時間なんていわないで、2時間×3日にしてじっくり見せて欲しいのですが。
スポンサーサイト
コメント
つぼみさんは、僕の娘と同じくらい?
僕は晩婚だったので、娘はまだ高二。
お父様と同じぐらいーーー、(複雑)。

青森へは、何回かいったのですが、駅周辺と町全体が整備されてすっきりしてきているようで、それでいて、何か寂しくなっているようでという印象があります。人が減っているのかなあ。前行ったときより、賑わいみたいなものが感じられなくなってきているようでした。

浅虫温泉という、誰が言ったか『東北の熱海』といわれているところへも泊まったことがありますが、熱海の割には宿の数もそう多くなくて、いまひとつ寂寥感が漂っていた記憶があるのですが……。水族館の近くの浅虫温泉ホテルだったかなあ。

でも、舟の汽笛が聞こえて、窓から見えるのですか。いいですねえ。
僕の寝室からは、富士山が見えます。津軽海峡が見える人と富士山が見える人がメールしてるのも趣を感じますね。
新選組つながりですか。
それとも歴史?
薩摩とか、会津とか、津軽、斗南、弘前藩など出てきて、とても楽しい。
これまで、西や東のことばかり勉強してきているので、これからはつぼみさんに東北や蝦夷についても教えていただこうかと思います。

『人間土方歳三』をお読みになりましたら、ご感想をお願いいたします。

2005/06/04(土) 00:06 | URL | 村瀬彰吾 #VvKxtd/k[ コメントの編集]
村瀬さんのプロフィール
今までさんざん遊びに来ていながら、本日初めて村瀬さんのプロフィールを拝見しました(遅くてすみません・・・m(_._;)m)。

今まで様々な活動をされてきたようで、感心しました。ちょうど私の親と同世代というか、ほとんど同じ齢です。ちょっと嬉しくなってしまいました(^_^)。歴史のことはよく父に質問しているので・・。

ところで、趣味のジャズのお話や高校生の頃に食べたラーメンのことなど、新選組とは関係ないですが面白かったです。青森では今でもメニューに「支那そば」と書いてあるラーメン屋さんが何軒かあります。そして、やはりメンマのことは‘支那竹(しなちく)’と言います。メンマと呼ぶ人のほうが少ないかもしれません。まあ、青森は鉄道のことを全て‘汽車’と呼ぶくらいなので・・・平均的日本じゃないかもしれませんが(笑)。

前に連絡船で函館に行ったと書いてありましたよね・・?私が今住んでいるところの窓からちょうど青函連絡船が停泊しているのがよく見えます。今でもちゃんと定時に汽笛が鳴るんですよ。これを聞くとホッとします。小さいころから聞き慣れているからでしょうか。

うちの母方の祖父は明治生まれの人ですが、函館から婿養子になって青森の商家に来たようです。父方の方は江戸時代までは弘前藩領内の豪農で名字帯刀を許されて土地と蔵をたくさん持っていた名主だったそうですが・・・農地改革で没落して今はふつうの生活をしています(笑)。どちらの家も明治以降は函館と青森の間での商売で生計をたてていたとのことです。

また周りを見渡すと、友達や学校の先輩などにも弘前藩の藩医の子孫、黒石藩の藩医の子孫などがいますし、母の友人が斗南藩士の子孫だったり・・・で、意外と身近なところに歴史を考えさせられる材料があるものだな、と最近特に思います。そしてそんないろんな身分、立場だった人間が知りあって友達になったりする今の世の中が面白くて好きですね。
2005/06/03(金) 21:52 | URL | つぼみ #6qw.JKg6[ コメントの編集]
稲葉式部様、鹿児島ですか。
昨年のツアーで、約800人ぐらいの方々をご案内したのですが、顔と名前が一致しなくて……。
すいません。
でも、流山からいらした人は覚えています。

鹿児島、それも徳之島出身ですか。
そう、西郷さんが流されましたね、沖永良部や奄美にも。
今、土方歳三と大久保利通の後半をブログに書いている最中でした。
僕は若いときから西郷さんのファンで、というより人生のよりどころとでもいったほうがいいのかもしれません。

人の優しさとか生き方とか本当の愛とか、敗者に対する思いやりなど、すべて西郷さんに学んできたような気がしてます。
そして、大久保利通。この二人、その存在だけで人生のお手本です。

また、日野に遊びにいらしてください。
有難うございます。
2005/06/03(金) 21:47 | URL | 村瀬彰吾 #VvKxtd/k[ コメントの編集]
覚えていらっしゃいますか?
 ひの新選組まつりの時に、流山から警備研修で参加させていただいた交通文化連盟の稲葉式部こと岸岡です!
 メンバーの子達が、日野の方から本をいただいてお礼に行った際にお話をさせていただいたのですが、覚えてらっしゃいますか?
 書き込みが遅くなってすみません!
実はブログに書き込んだ事がなくて、BBSを探していました(汗)
 大河続編決定うれしいですね?
私達も流山の商店街の皆様と協力したり、観光案内をしつつ署名も集めていたので、とても感激しました!!
2時間は短すぎですよね?!
「金曜時代劇」の枠だと数カ月やってくれたんですけどねぇ・・・でも正月からまた新選組で年が始まるなんて幸せです!
 鹿児島へ行かれていたとのこと・・・実は私、実家が鹿児島県内なんです♪
っと言っても、奄美大島の1つ下にある「徳之島」という離島で(あの辺りも鹿児島県なんです!)西郷隆盛も流されて来てるんですよ~!!
だから私も西郷さん好きです!
 「その時歴史が動いた」でやっていた「薩摩義士」の話は、もっと簡略されていましたが、学生時代、道徳か何かの授業でやりましたよ!
私達の島からも、人が駆り出された・・・とか・・・。
 祖母(沖縄出身)は、やはり黒砂糖を作らされていた時代に薩摩から酷い扱いを受けた話を聞いて育ったので、未だに薩摩嫌いですけど・・・。
 
 長くなってしまいました!
また是非、お邪魔させていただきます♪
2005/06/03(金) 20:28 | URL | 稲葉式部 #-[ コメントの編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2005/06/03(金) 01:25 | | #[ コメントの編集]
つぼみさん、読んでいただけるのですか
薩摩藩が課された木曽川の治水工事、大変な難事業で死ぬ人が続出しましたね。
薩摩は関が原の戦で、豊臣側についたので、徳川家康に石高を減らされても仕方ないのに、一石も減らされなかったんですね。
これはなぞで、何故だかよくわからない。
家康に何か特別な意図があったと思います。
長州は、120万石が36万石に減らされているんですよ。戦に参加しなかったにもかかわらず。
だから、幕末まで、恨みの嵩は膨らむ一方でした。だって、文久三年8月18日の政変で京都から追い出され、さらに翌年、新選組に池田屋で襲われ、翌月の7月19日には蛤御門の戦で負け、2回にわたる長州征伐を受けました。
長州が徳川を恨むのは当たり前でしょう。
でも、薩摩はあの治水工事以外、これといってひどい制裁はうけなかった。
薩摩藩の政治的センスの鋭さでしょうか。大変立ち回りがうまいですね。

でも、あの時(木曽川工事)の家老の平田さんて立派な人ですね。僕は、あの物語を最初に知ったのは、アニメの映画だったのですが、テレビで見ていて顔中ぐしゃぐしゃにして泣いていたのを思い出します。その映画、どこかにあると思いますので、是非ご覧になってください。例えば、図書館とか。そしてまた、お便りください。

ところで、『人間土方歳三』読んでくれるのですね。
僕のHP(http://shougo.net/)からでも申し込みを受け付けていますが、アマゾンでもお買い求めできますよ。
買いやすいほうでお買い求めください。

それにしても、『その時歴史がーーー』をご覧になってお便りくれるなんて、とっても嬉しいです。
あなたの日常生活の真面目さが感じられて。
2005/06/02(木) 22:38 | URL | 村瀬彰吾 #VvKxtd/k[ コメントの編集]
薩摩藩の治水工事のこと
こんにちは!あまり薩摩藩には詳しくない私ですが、昨日「そのとき歴史は動いた」は薩摩藩の治水工事がいかに大変な任務だったか、ということを取り上げていました。木曾川周辺の江戸時代の治水工事の話は以前にも少し聞いたことがあったのですが、あんなに切腹する人が
続出したとは知りませんでした。

外様藩の勢力を抑制することも兼ねてわざと有力な藩に無理難題を押し付けたらしいという印象でしたが・・・青森県も藩政時代に北方(蝦夷地)警備及び沿岸領域に現われる黒船対策費の負担金が増えに増えて最終的には経済破綻してしまったと聞きました。どの藩も大変な時代だったと思います。だから一概にどの藩がよくてどの藩がダメということは言えないなあ、と本当に最近感じています。

ところで、村瀬さんの著書を読んでみたいのですが、こちらのページから申し込むことはできますか?
2005/06/02(木) 14:04 | URL | つぼみ #6qw.JKg6[ コメントの編集]
耳緒さま、楽しいです
あの時、バスの中で随分とお話しましたね。
とても楽しい一日でした。

そうですか、薩摩好き。
僕は、なぜか西郷さんなのです。
あの人の人間的包容力、優しさ、どんな相手にも同じ愛情を注ぐ、たとえ敵でも、降参した捕虜でも、大事にする。

本当は戦争が大嫌いなのに、やらなきゃならない。
徳川の存続のために苦心した。だから、70万石で続いたのですが、西郷は100万石は遺してやりたいと思っていました。
でも、周りの意見にも気を遣わなければならなかった。

こんなこと書いていたら、また、鹿児島へ行きたくなりました。
2005/05/30(月) 19:32 | URL | 村瀬彰吾 #VvKxtd/k[ コメントの編集]
彪魅さま、楽しみです
420ページもある長い本ですから、読みのも結構エネルギーが要るんですよね。
ゆっくりお読みください。
本て、誰でも早くスピード出して読みたいものですよね。
だけど、私のは、ゆっくり味わってお読みください。

そして、ご感想を。
その頃また、お便り、お願いします。
2005/05/30(月) 19:20 | URL | 村瀬彰吾 #VvKxtd/k[ コメントの編集]
初めまして
初めまして、彪魅(あやみ)と申します。
「新選組!」続編、最高ですね!
私も、やるからには長時間で放送してほしいと思っています。
スペシャルを見た時、やっぱり物足りなさを感じていたので・・・。

ところで、一昨日こちらで注文した「人間 土方歳三」が届きました!
しかもサイン入りを送っていただけたようで、私はついその場で叫んでしまいました^^;
本当に嬉しいです!
本を読むのが遅い私ですが、早く読破したいです。その時はまた感想を書かせていただこうかと思っています。
ではまたお邪魔せさていただきます~!
2005/05/30(月) 18:30 | URL | 彪魅 #R5hB7C2k[ コメントの編集]
嬉しいです
こんばんわ、耳緒と申します。以前はレスありがとうございました。
高幡不動尊から日野宿本陣までのバス内で、不躾にいくつかの質問をしてしまったにも関わらず、ご丁寧にお答え下さって本当に感謝しております。
「新選組!」の続編決定の話題はこちらでも取り上げられてますが、本格的に発表されて嬉しい限りです。個人的ながら私も2時間では足りないと思います。近藤さんはもちろん、沖田君も源さんもいない中(慕って付いてくる隊士は当然いたし、彼らがどれだけ歳三さんの支えになったかは計り知れないにしても)孤立奮闘する歳三さんの様は、贔屓を除いても、もう圧巻としか言いようがないと思ってます。一体どれだけの人間が孤立無援に近い状態であの尋常でない馬力を出せるんでしょうか。
榎本さんはやはり本編で演じてらした、主役の方と同じグループの方がなさるんですかね? その他本編では出なかった人物のキャストも今から楽しみです。
ところで鹿児島に出かけていらしてとのことでお疲れさまです。実は私も薩摩好きなんです。木曽川のある地域に生まれ育ったもので薩摩には恩があるんです(西郷さんには直接関わりはないんですが…)。
2005/05/30(月) 00:32 | URL | 耳緒 #-[ コメントの編集]
副長助犬兼監察 MUNN 様、既成概念排除
そうですね、山本さんなりの新しい歳三を、思い切り見せて欲しいところです。

僕の歳三も、少しは役に立つといいのですが。
2005/05/29(日) 18:12 | URL | 村瀬彰吾 #VvKxtd/k[ コメントの編集]
北の大地を駈ける!
宇都宮-会津-仙台-宮古-箱館そして日野の人々はこの発表でやっと報われました。あきらめず署名を続けた関係者やファンの皆様の快挙です!!

土方附属、市村鉄之助には格別の働きを期待しています。これから登場する隊士の配役にもワクワクしています。

単発でも最低3時間→5時間→10時間→50時間でもファンはついてゆきます♪過去の既成概念のとらわれずお願いいたします。
2005/05/28(土) 01:44 | URL | 副長助犬兼監察 MUNN #HVDXY222[ コメントの編集]
あるゆさん、はじめまして。
決して贅沢なんかじゃありませんよ。
近藤さんが自首してから、勝海舟のところへ助命嘆願に行って、それから宇都宮、会津、仙台、箱館、宮古湾、再び箱館。この間さまざまなことが起こりますから、とっても2時間じゃ……、と僕は思うのですが。
はしょってダイジェスト版みたいにやるより、じっくり観たいですよね。
三谷さん、どう書くのかなあ。
三倍に増やしてよ。
2005/05/27(金) 19:15 | URL | 村瀬彰吾 #VvKxtd/k[ コメントの編集]
ここなつさん、よかったね。
でも、2時間じゃ短いよね。
まだ間に合うかもしれないから、みんなで大声出して『×3日』を合唱しようか。

でも、NHKのおかげで、あと1年間は楽しめますね。
2005/05/27(金) 19:07 | URL | 村瀬彰吾 #VvKxtd/k[ コメントの編集]
いきなりはじめまして、村瀬さん。
私も大河ドラマ「新選組!」続編発表に狂喜乱舞している1ファンです。
どうなるのかまだわかりませんが、函館までを放送するのに、2時間じゃとても足りませんよね!!
続編でさえ快挙なのに、こんなの贅沢でしょうか。
村瀬さんの仰るように、せめて3日間放送になると嬉しいです。
2005/05/27(金) 14:42 | URL | あるゆ #KdzxOijA[ コメントの編集]
村瀬さん、よくぞ仰ってくださいました!!(えらそーに・・・すいません) ホント、2時間じゃ足りません。 もっとーー!!・・
NHKの方にお願いしておいてくださいませんか??(笑)

あ、私も日野新の署名活動には参加させていただきましたよ。
ちっちゃいことですが、続編決定へ繋がったのかも・・・と思うと嬉しいです。楽しみですね!!ほんとうに。
2005/05/27(金) 08:04 | URL | ここなつ #WwsFi/EQ[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「新選組!」の続編放送決定&安室ちゃん&BoA子ミリオン!

NHK大河ドラマ「新選組!」のその後のストーリーを描く単発ドラマが、来年1月に正月時代劇として放送決定大河の続編は史上初 主演は土方歳三役の山本耕史で、脚本はもちろん三谷幸喜正月のスペシャルドラマを複数執筆中ってコレだったのね 安室ちゃんのニュー
村瀬執筆 時代小説
プロフィール

村瀬彰吾

  • Author:村瀬彰吾
  • 2004年大河ドラマ「新選組!」の決定以来、新選組特命主幹、日野市立新選組のふるさと歴史館館長を経て芸術文化担当として歴史に触れる毎日の生活を送っている村瀬彰吾のブログへようこそ!
    日野市在住。2006年に小説「人間 土方歳三」を出版しました。小説の詳しい情報や通販はH Pに。
    サイトに関してのお問い合わせ(動作不具合など)は管理人までお願いします。
    村瀬へのメールはこちら






リンク
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリー
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新の記事
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード