村瀬彰吾がつづる新選組話題を含む日記&エッセイ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ご無沙汰でした。再び、始めます。


久しぶりのブログである。
こんなにも、間が開いてしまったのは、理由がある。
「肺」の手術をしたからである。

昨年の7月3日、突然左の肺に痛みが走った。
僕は、ここでも以前から書いてきたが、『間質性肺炎』という病気を持っている。
これがそうさせたのかと観念したのだが、近所の医者にその日のうちにかかったら、違うようである。

自然気胸?

その医者は、レントゲンを見てびっくり仰天、「すぐ、救急車だ」と看護師に命じて、立川の災害医療センターという国立の病院に運ばれた。
『自然気胸』という症状だった。

これは病気ではなく、一つの症状だという。
一口で言えば、肺に穴が開いてしまう現象だという。
若い男性に多いらしい。
なぜそうなのかは、医者でもわからないという。
僕は、決して若くはないが、何故こんなことになってしまったのか。
この症状は、原因は不明なことが多いらしい。
とにかく、空気が肺から漏れて身体の中に充満しているので、一刻も早くこれを体外へ抜かなければならない。
脇腹に即刻穴をあけてチューブを差し込み、中の空気を抜いたのだった。

親しくしていた指揮者が、後に言った。
「音大の管楽器奏者に、よくあることだよ」って。
「そうか」、そういえば、僕は、その日の前日にサックスを思い切り練習していた。それが原因で、穴が開いてしまったのかと。
僕が罹っている病気からではないらしいことから、先ずは一安心であったのだが、逆に、楽器を吹くことが出来なくなってしまった。
悲しいことでもあった。
それ以来、この半年間、サックスを吹いていない。

僕は、12歳のころからブラバンに入ってラッパを吹いたり、クラリネットを吹いたりして親しんできたから、今、もう楽器を吹くことが出来ないとなると、やるせなくて仕方ない。

8月末に左の肺の手術をして退院したのだが、3時間かかった結構な手術だったので、術後の痛みが激しかった。
肺の一部を切り取ったのだから、傷口が痛むのは仕方ないとしても、僕の場合は、『肋間神経痛』にかかってしまったことが最悪だった。

左の脇腹に3か所穴をあけて、内視鏡のお世話になったのだが、その際に脊髄から脇腹を通って胸の方に走っている肋間神経に触ってしまったのだろう。
それに傷がついて、神経痛になってしまったのだ。
この痛みが半端でなく、退院後も四六時中痛みが走っていて、家で唸っていた。
あまりの痛さに、医者に相談したのだが、今の西洋医術では治す方法がないというのだ。
この痛みが永遠に続くのかと思うと、普通の感覚ではいられなかった。
人に相談したり、様々に調べて医者を探した。

西洋でダメなら、東洋医術に頼ってみようと、指圧や針治療に出かけた。
東京の医者に7軒、8軒と伺って診てもらったが、どれも痛みは取れなかった。
昨日は中目黒の針、今日は銀座の著名な針の医者、明日は荻窪の指圧という具合だった。

9軒目だったか、『神経ブロック治療』というものにかかってみた。
僕の場合、これが良かった。
約一月かよって、ブロック注射を打ってもらったら、少しずつ痛みが減ってきて、お陰様で今は、殆んど痛みが無くなってきたのである。
一時は、この痛みと生涯付き合うのかと傷心の気持ちで打ちのめされていたのだが、なんとか元に戻ってきた。
なんと幸せなことか。
というのも、そのブロック治療に通っていたところ、世間にはこんなにも様々な痛みと戦っている人いるんだと、実感したからだ。
周りに、膝や腰の痛みがひどくて、そろりそろりとしか歩けない人が何人もいた。
ヘルニアや脊髄の治療の人も多い。僕みたいな、神経痛の人も幾人もいた。
若い女性たちも悩んでいる人が多く、隣りで首の治療していたが、こういう症状は、なかなか治らないらしい。
その中で、僕は、退院後3月程度で痛みが去っていったので、幸運だった。
治してくれたお医者さん(女医さんだった)に感謝なのだが、神様にもお礼を言うべきか。

病気の話が長くなってしまった。
入院していた時から、僕の「村瀬塾」の方々が複数回、見舞いに来てくれた。
まるで僕の家族と同じように、身体を心配してくれた。
この人たちのためにも、回復して、これまでと同じように新選組江戸ツアーをしなければと、真剣に思うようになった。

演奏はできないが、指揮はできる。


弱気になっている場合ではなかった。
楽器は当分演奏できないが、歴史のお話はできる。
以前にもまして、歴史書を読みふける日が続いた。
昨年の秋口から暮れにかけてすでに演奏依頼がいくつか来ていて、困ってしまった。
僕自身が演奏できないから、友人に頼んで代理を務めてもらったり、涙を呑んでキャンセルしたりした。
また、演奏はしないが、クリスマスコンサートでは、コンサートマスターとして指揮者で出演したりした。
murasesiki.jpg


また、昨年の暮れは講演が多く続いた。
どういう訳か、八王子方面からの依頼が何回かあって、そちらの歴史的なお話をした。
八王子と言えば代表的なのは、「松姫」である。
この人に関わる取り巻きは多いので、話は尽きない。

再び、『松姫』

松姫の婚約者は、あの織田信長の長男「信忠」である。
勿論、信長と信玄との政略結婚である。
7歳で婚約したのだが、信長の寝返りがあって3年で破約になってしまった。その後、信忠自身が武田を攻めて、高遠城で松姫の兄仁科盛信を死に追いやり、信玄の跡を継いだ勝頼も天目山に自害して武田は滅んだ。
かつての婚約者に殲滅させられてしまった松姫だったが、彼女は八王子に逃避することが出来た。
信忠は、松姫を改めて迎えたいと使者を送ったらしいが、その直後天正10年6月2日、本能寺で信長が討たれて嫡男の信忠も翌日死んだ。
かつての婚約者ではあったが、松姫は恋心を持ち続け、いくつかの祝言の話はあったが、生涯独身で通した。そして、信松院で信忠と武田の人々の霊を弔った。

八王子市と山梨県の上野原市の間に和田峠というのがある。ここは別名陣馬山とも言って、僕もハイキングに何回か言ったことがある。
この峠を松姫は幼い女の子3人を連れて、八王子方面に超えたのであった。
そして、上案下というところの尼寺『金照庵』に匿ってもらった。
その後、北条氏照の庇護を受けて心源院に移り、信松院に移って1616年に56歳で亡くなった。
八王子では、代官頭の大久保長安をはじめ多くの武田の遺臣たちに守られて、美人の松姫は独り身で通し、繭を育てて絹織物を名産とし、近所の子供たちに書を教えたりして、3人の幼子を育てた。

母の油川夫人が美しかったせいか、妹の菊姫(上杉景勝正室)も美形だったという。それだけに、近所の千人同心どもが連日訪れては、松姫様に面会を求めたという。

保科正之もーーー

松姫には、もっと伝説がある。
あの会津藩初代藩主保科正之が幼いころ、松姫に育てられたということだ。
これは姉の見性院に頼まれて幼子を預かったということだが、2代将軍秀忠の隠し子であった。
母の名は「お静」といって、神田の大工の娘だったという。
器量の良かったお静は、大奥に上がって将軍の手が付いた。でも、正室「お江」の手前産むことが出来なくて、外で生んだ。
家康が信玄の娘で松姫の姉の見性院に頼んで、育ててもらったと伝わる。

今年の大河「真田丸」とも縁がーーー

NHKの大河が、始まっている。
今年はなんと、あの「新選組!」の脚本を担当した三谷幸喜が再び脚本だ。
2004年だったから、12年ぶりか。
主役が、山南啓助役だった堺正人だし、あの時の役者が結構出るらしい。三谷軍団か。
真田幸村(信繁)は、1567年生まれだから松姫とは6歳下だ。
幸村はまだ10代の頃、上杉に人質として出された。
上杉景勝の正室菊姫は、松姫の妹である。
それに、幸村の父昌幸は、武田の人質として捕らえられていたが、むしろ、その才能を信玄にかわれて、武田の幹部に迎えられている。こう見ると、今年の大河、松姫とも縁が深いように思われてーーー。




スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
村瀬執筆 時代小説
プロフィール

村瀬彰吾

  • Author:村瀬彰吾
  • 2004年大河ドラマ「新選組!」の決定以来、新選組特命主幹、日野市立新選組のふるさと歴史館館長を経て芸術文化担当として歴史に触れる毎日の生活を送っている村瀬彰吾のブログへようこそ!
    日野市在住。2006年に小説「人間 土方歳三」を出版しました。小説の詳しい情報や通販はH Pに。
    サイトに関してのお問い合わせ(動作不具合など)は管理人までお願いします。
    村瀬へのメールはこちら






リンク
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリー
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新の記事
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。