村瀬彰吾がつづる新選組話題を含む日記&エッセイ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あわてて黒鉄ヒロシ氏の『京都見廻組』を読んだのだが

前にも書いたが、3月12日に日野の七生公会堂というところで、『新選組の集い』があって、そこで僕は京都見廻組組頭蒔田相模守のお孫さんを紹介した。
あの時、日野市内で、新選組については大概のことはわかるというMさんが、僕に聞いてきた。
「見廻組っていうのは、佐々木只三郎がトップじゃなかったのですか」
「ええ、実はその上に一万石の大名で、備中浅尾藩の藩主蒔田広孝という人が組頭として京都に赴任してきまして、組織の上ではこの人が仕切っていたんですよ。佐々木は実行部隊の責任者だったんでしょう」
と、僕は応えた。
彼は、
「しりませんでした」と言った。

日野には新選組に造詣の深い方が大勢いて、僕のこのブログを結構みているらしい。
というより、書く内容をチェックしているみたいで、とても緊張感があるし、また有難い。

きのう、僕の職場に今度はSさんが来て、
「村瀬さんは、まだ黒鉄ヒロシさんの『見廻組』を読んでないんですか。駄目ですねえ、必須ですよ」
と、たしなめられてしまった。
子母澤寛や平尾道雄、西村兼文などを読んでいないということで、指摘されるならまだしも、漫画で叱られるとは思いもよらなかった。
Sさんは親切にも、黒鉄さんのシリーズを何冊かお持ちくださった。
とても、有難かった。
『京都見廻組』のほかに、『新撰組』『幕末暗殺』『坂本龍馬』などであった。
とにかく、あわてて見廻組を読んでみた。
うーん、そうか。
変に納得した。
僕は、『京都見廻組』というタイトルだから、その誕生の経緯や理由などが詳しく述べられていると思っていたのだが、実は、坂本龍馬暗殺の経過、実行犯、そしてとりわけ佐々木只三郎について詳しく書かれていた。
組頭の蒔田相模守については、その名は出てくるものの、殆んど触れられていない。
「ははーーー」
だから、先ほどのMさんならずとも、「京都見廻組は佐々木只三郎が運営していた」と、多くの幕末ファンや新選組ファンが思ってしまうのだと思った。

京都見廻組は、物情騒然としていた文久二年暮に守護職が設置された後、譜代中の刀槍の達人を選んで、京都市内を巡邏、非常警戒をする目的で創られたものである。
これは当時、尊皇攘夷を標榜する不逞浪士が横行し、天誅と称するテロ行為が幕府側に向けられていたにも拘らず、京都所司代、町奉行の威令が行き届かなくなってしまっていた事に起因する。

守護職は大大名、所司代は中大名、見廻役は小大名と、3段階で警戒に当たったのだが、このほかに守護職お抱えの私設部隊として新選組が存在していた。
幾重にも重ねて警戒を厳重にし、会津藩まで動員せざるを得なかったわけで、いかに幕府が、京都の情勢に頭を痛めていたかがわかるというものである。

見廻役というのは、幕府がその任に当たる人材の役職で、寄合蒔田相模守広孝、交替寄合松平出雲守康正を見廻役として配属した。
元治元年(1864年)4月26日、幕府は見廻役の人事を発表したが、出雲守の方は人数をそろえられなかったので、5月27日、蒔田相模守を入京させ、警備につかせたのである。
御役高300俵であった。
見廻組とは、見廻役の下につけた組織の名称であろう。
見廻組組頭蒔田相模守の下に『京都見廻役勤方』がつけられ、与頭、与頭勤方、肝煎、伍長などの職階が置かれたが、佐々木只三郎は『与頭』である。
慶応3年6月10日に、新選組は直参に取り立てられたが、近藤は見廻組与頭格、土方は肝煎格であった。
この場合、『組頭』は(くみがしら)と発音し、『与頭』は(よがしら)と、僕は発音したいのだが、多くの書物は『与頭』を(くみがしら)と発音している。
だとすると、『組頭』はどう発音するのだろうか。
同じ言い方するの?

京都見廻組については、資料が少ないので、正確なところがよくわかっていない。
新選組だって『正確さ』という意味では、不明なことが多い。
物語が先行して言い伝えられてきたので止むを得ないのだが、やっぱり、本当のところが知りたい。
スポンサーサイト
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2005/07/18(月) 18:05 | | #[ コメントの編集]
ゆうさん、よい資料お持ちですね
いつも、適切なアドヴァイス有難う。
僕は、手持ちの資料が少ないので、あせって集めているのですが、思うように行きません。
3日は、都議選で、私は長い間選挙事務をしてきているので、1日中でなければなりません。
スズトウさんが行ってくれますので、よろしくお願いいたします。
2005/06/24(金) 23:24 | URL | 村瀬彰吾 #VvKxtd/k[ コメントの編集]
若干はあります
最近、見廻組隊士の資料が一括して市場に出回り、若干は残っているけど、目に触れないようですね。
隊士も旗本の二、三男と書いてありますが、元治元年の初期メンバーを見てると、正式メンバーは少数で、あとは「雇」と称して、伊賀者、火消同心等、小禄のものが多いようです。
 3日は都議選ですので、来場は難しいでしょうが、10:00~17:00まで開館しておりますので、よろしくお願いいたします。
2005/06/24(金) 17:06 | URL | ゆぅちゃん #fZQeSxjk[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

■市谷薬王寺ギャラリー

あさくらゆうさんからご案内頂いたポスターです。7月3日(日)10:00~17:00○市谷柳町、附市谷薬王寺町の歴史○市谷柳町と試衛館、新選組○昨年発足した「市谷柳町試衛館の歴史」○大河新選組!総司の池田屋着用羽織、佐藤家、今昔備忘記ほか当日は来場...

■佐藤彦五郎日記発売

■佐藤彦五郎日記がいよいよ7月1日に発売されます。日野宿名主、佐藤彦五郎俊正が記録した日記が発見され、日野宿本陣調査団が翻刻したものが今回発売されます。1857(安政4年)から1869(明治2年)が4冊見つかりました。ただし1861(文久元年)1月20日から1864...

柳町薬王寺ギャラリー続報②

 昨日もギャラリー会場での作業でした。 館長、および門人さまはパティーションの骨組みを行い、私はパネルの制作をしておりました。 パネルも12枚くらい作成し、だいたいのイメージ作りが想像できる状態となり、この面に何枚。この面には何枚~などと見当をつけています
村瀬執筆 時代小説
プロフィール

村瀬彰吾

  • Author:村瀬彰吾
  • 2004年大河ドラマ「新選組!」の決定以来、新選組特命主幹、日野市立新選組のふるさと歴史館館長を経て芸術文化担当として歴史に触れる毎日の生活を送っている村瀬彰吾のブログへようこそ!
    日野市在住。2006年に小説「人間 土方歳三」を出版しました。小説の詳しい情報や通販はH Pに。
    サイトに関してのお問い合わせ(動作不具合など)は管理人までお願いします。
    村瀬へのメールはこちら






リンク
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリー
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新の記事
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。