村瀬彰吾がつづる新選組話題を含む日記&エッセイ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

土方家と『石田散薬』を作ってみませんか?―参加者募集―

共 催
日野市立新選組のふるさと歴史館
日野市郷土資料館
土方歳三資料館

------------------------------------------------
眩しい陽射しの元で、歳三との夏の思い出を一緒に作りませんか?
土方歳三生家の家伝薬『石田散薬』を、土方家とともに作る体験です。
みぞそば採取日と、乾燥させた1ヵ月後の散薬作り、計2日の日程です。

二つのコースがあります。
Aコース:夏休み親子新選組づくしコース(親子20組40人程度)
  案内人―――新選組のふるさと歴史館館長 村瀬彰吾
Bコース:石田散薬再現コース(一般30人程度)
  (Bコースでは村瀬は案内致しません)

Aコースは、土方歳三家の子孫愛(めぐみ)さんと一緒に親子で石田散薬を作り、同時に日野市内の新選組めぐりを行ないます。
親子でなくても、参加可(ご友人etc.)。
Bコースは、Aコースの石田散薬作りを徹底して極めるコースで、原料のみぞそばの採取から完成までを行ないます。
------------------------------------------------
■日時
   A:2005年7月30日(土)と2005年8月27日(土)
   B:2005年7月30日(土)と2005年9月3日(土)
------------------------------------------------
■日程
●Aコース
7月30日(土)(1日目)
 Aコース
 9:00集合(モノレール万願寺駅)――土方歳三資料館(見学とお話)――向島用水(みぞそばの採取)――高幡不動尊(昼食)新選組のお話――(バス移動)――石田寺――15:00万願寺駅(解散)

8月27日(土)(2日目)
 9:00集合(モノレール程久保駅)――(徒歩)――郷土資料館(石田散薬作り)――昼食(地元野菜でバーべキュウ)――(徒歩)――モノレール程久保駅――甲州街道口――(徒歩)――日野宿本陣――井上資料館――八坂神社――15:00日野駅(解散)

●Bコース
7月30日(土)(1日目)
 9:00集合(モノレール万願寺駅)――土方歳三資料館(見学とお話)――向島用水(みぞそばの採取)――高幡不動尊(昼食)――(バス移動)――郷土資料館(みぞそばの陰干し)――徒歩――15:00モノレール程久保駅(解散)

9月3日(土)(2日目)
 9:00集合(モノレール程久保駅)――(徒歩)――郷土資料館(石田散薬作り)――昼食(各自持参)――石田散薬完成まで――(徒歩)――15:00モノレール程久保駅(解散)
------------------------------------------------
■費用
Aコース:
  7/30 大人概算1000円、子供 500円(昼食各自)
  8/27 大人概算2000円、子供1000円(昼食込み・地元野菜のお土産あり)
Bコース
  7/30 概算700円(昼食各自)
  9/3 概算 なし(昼食各自) 
------------------------------------------------
■雨天決行、少人数でも決行します。
  台風や豪雨の場合は前日、もしくは当日の朝、電話にてご連絡致します。
■定員になり次第受付終了とさせていただきます。

7/8にマックでは表示されないとの指摘を受け、①をAコース、②をBコースとコース名を変更させていただきました。
内容は変わりませんので、あしからず。
スポンサーサイト
コメント
ままこっち さん、暑かったですね。
昨年、大河の年だったので、僕は約1000人ぐらいのお客様をご案内しました。

史上始まって以来の暑さの年で、連日37,8度。
ぐったりした記憶があるんですが、昨日(7月30日)の暑さときたら、去年以上。
あの湿気、なんだったんでしょう。じっとしていても顔中汗がにじみ出てきました。

今年は行けなかったのですが、ここ数年毎年、祇園祭に行っていましたが、あの京都のベトつく暑さ以上でした。

でも、楽しかったです。
特に、お宅の息子さん。
彼については、いろんなこと書きたいので、改めて、僕のブログに書きます。一日待ってください。

来月27日のバーべキュウと日野宿巡りに、またあの子にあえるのかと思うと、わくわくします。
昨日は、ほんとに、有難う。
2005/07/31(日) 10:46 | URL | 村瀬彰吾 #VvKxtd/k[ コメントの編集]
今日はありがとうございました!
村瀬さんこんにちは。
今日は暑い中、ガイド役大変お疲れ様でした!
うちのチビッコが色々とご迷惑をおかけし恐縮でしたが、お蔭様で大変楽しい時間を過ごせました。
今日のレポを早速UP&TBしてみました。また素敵な企画を是非お願いします!
2005/07/30(土) 21:54 | URL | ままこっち #t50BOgd.[ コメントの編集]
東京エゴイストのVegaさま、コメント有難う
新選組の意外な一面が発見されることは、きっとありますね。

だけど、石田散薬はどうでしょう。
昨年、僕と東京薬科大学と薬剤師会で、土方歳三家に伝わる製法にしたがって、忠実に作ってみましたが、さほどの薬効は発見できませんでした。

山本耕史も大河の中で、「あれ、効かねえんだよ」という、台詞をはいていましたが、三谷さんもそう思っておられたのかも。

この実験結果は、福岡で行なわれた全国薬剤師会の研究会に発表されたんですよ。

でも、このたびの催しは楽しい企画ですから、多くの方に参加して欲しいですね。

機会があったら、新選組歴史館にお越しください。
2005/07/13(水) 20:20 | URL | 村瀬彰吾 #VvKxtd/k[ コメントの編集]
東京エゴイストのVegaさま、コメント有難う
新選組の意外な一面が発見されることは、きっとありますね。

だけど、石田散薬はどうでしょう。
昨年、僕と東京薬科大学と薬剤師会で、土方歳三家に伝わる製法にしたがって、忠実に作ってみましたが、さほどの薬効は発見できませんでした。

山本耕史も大河の中で、「あれ、効かねえんだよ」という、台詞をはいていましたが、三谷さんもそう思っておられたのかも。

この実験結果は、福岡で行なわれた全国薬剤師会の研究会に発表されたんですよ。

でも、このたびの催しは楽しい企画ですから、多くの方に参加して欲しいですね。

機会があったら、新選組歴史館にお越しください。
2005/07/13(水) 20:19 | URL | 村瀬彰吾 #VvKxtd/k[ コメントの編集]
はじめまして。
東京エゴイストのVegaと申します!
TBさせていただきました。

石田散薬を製造する体験、楽しそうですね。
日野では石田散薬の効用を再び調べる動きも高まっているそうですね。
新選組の新たな一面が発見されるように石田散薬の意外な効用も発見されるのでしょうか?今後が楽しみです。
機会があればイベントにも参加してみたいと思っています!
2005/07/12(火) 22:09 | URL | Vega #-[ コメントの編集]
MUNNさま、ありがとう
そうですか。
僕は、みぞそばについての知識は疎いので、大変参考になります。

その割には、自分の本の中で、石田散薬を歳三に作らせるシーンなぞ作って、無責任ですが。
勘弁してください。
自分の体験なのです。

また、勉強させてください。
有難う。
2005/07/11(月) 19:16 | URL | 村瀬彰吾 #VvKxtd/k[ コメントの編集]
ウエストコースト日日抄のwindowheadさん、お久しぶりです
前の『ふるさと博物館』にいます。
遊びに来てください。

これから、どしどし楽しい企画しようと持っています。
今後とも、よろしくね。
2005/07/11(月) 19:11 | URL | 村瀬彰吾 #VvKxtd/k[ コメントの編集]
牛額草
村瀬さん、こんにちは、講演会参加出来ずに残念でした。館長就任後の講演会で会場満杯だったと存じます。

石田散薬を史実に沿って収穫、乾燥、黒焼きまで体験できるイベントには大変興味を覚えます。牛額草の生育状況も順調なようです。例年秋になると河川管理上で刈り取ってしまうようですが休耕田等で大規模に育成して貰えればと思います。どんどん繁殖するので手間は要らない筈です。本格的な「石田散薬」再発売にも期待しています。
2005/07/11(月) 18:27 | URL | MUNN #HVDXY222[ コメントの編集]
すてきなイベントにトラックバック!
ウエストコースト日日抄のwindowheadです、ごぶさたしています。
館長さん就任おめでとうございます。
今回の企画があまりにすてきなので、さっそくトラックバックさせていただきました。今後も楽しい企画を続けてください。いつか、参加したいと思っています。
2005/07/11(月) 13:36 | URL | windowhead #-[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

打ち身、くじきに~石田散薬♪

↑採取中のミゾソバです行ってきました!石田散薬を作るツアー。。今日は曇りという天気予報だったので、外で草取りをするには良い塩梅と思っていた、のにのに超ーー蒸し暑いじゃねーかよっ(怒&疲)!!万願寺の駅にAM9時集合、で何とかたどり着いたものの、駅に着いた時点

石田散薬の秘密を解明!?

新選組歴史館の館長でもある村瀬彰吾さんのブログshogo.blogで、石田散薬を製造するイベントの開催が紹介されている。A、Bコースのうち、特にBの「石田散薬再現コース」は石田散薬の製造を極めるコースで、原料のみぞそば採取から完成までを徹底的に行なうそうだ。実は

夏の日差しの中で歳三体験とは!至福の汗がうらやましい。

ちょっとだけ土方からご無沙汰していたら、すごいブラボーなイベントが企画されていた。「人間 土方歳三」の著者で、日野市立新選組のふるさと歴史館の館長さんに就任された村瀬彰吾さんのブログにもうめちゃめちゃ私をそそるイベントの紹介が掲載されている。土方家と『石
村瀬執筆 時代小説
プロフィール

村瀬彰吾

  • Author:村瀬彰吾
  • 2004年大河ドラマ「新選組!」の決定以来、新選組特命主幹、日野市立新選組のふるさと歴史館館長を経て芸術文化担当として歴史に触れる毎日の生活を送っている村瀬彰吾のブログへようこそ!
    日野市在住。2006年に小説「人間 土方歳三」を出版しました。小説の詳しい情報や通販はH Pに。
    サイトに関してのお問い合わせ(動作不具合など)は管理人までお願いします。
    村瀬へのメールはこちら






リンク
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリー
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新の記事
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。