村瀬彰吾がつづる新選組話題を含む日記&エッセイ。

本日(8月6日)久しぶりに新選組パレードに参加したが、猛暑で

今日は新選組パレードで、横須賀へ行ってきた。
一昨年、横須賀市からの依頼で、『ペリー来航150年祭り』があったとき、初めて日野から新選組が参加した。

僕がお膳立てしたので、自ら参加したのだが、今日も、隊士姿のコスチュームで参加した。

今日は、たまたま茨城県の玉造町で行なわれたサミットと重なってしまったので、日野新選組同好会の隊士たちが分散されて人数が少なかった。
そのため、今回は、日野市役所の職員を23名募って日野新選組同好会の人たちと一緒にパレードした。
そして、パフォーマンスはLプロダクツの女性たちに加勢してもらって無事に責任を果たしてきた。

横須賀の街はなんとなくエキゾティックだ。
港が最初に目に飛び込んできたとき、バスに乗っていた我々日野市の職員たちが歓声を上げた。
平均年齢が30を超えている連中なのに、海が見えたからといって一斉に車窓の向うの光景に歓声を上げるなど、ちょっと変だが、理由はある。

天気がバカよくて海が美しかったのは言うまでもないことなのだが、港に停泊していた軍艦(古い?)にびっくりしてしまったのである。
潜水艦までそこにいるのだ。
横須賀は、日本で始めて造船所が設けられたところだそうだが、幕末に徳川の勘定奉行まで務めたあの小栗上野介忠順(ただまさ)がフランスの助けを借りて造船所の建設にかかった。
徳川の時代には完成できず、結局、明治になって落成し、明治政府が使用するようになったのだから、皮肉な現象になってしまったのだが、いまもその名残をとどめていて、港町であり、外人のいる町であった。

日野なぞに住んでいる人間には、ああゆうところの風景を目にすると、ちょっとした観光気分になれるものなのだ。
『開国祭り』だからそこいらじゅうに出店が出ており、中には黒人たちも混じって、公園のマーケットで自作の品物を売っていた。
海岸沿いのヴェルニー広場から歩いてパレード会場に行き、再びもとの場所に戻ってパフォーマンスしたのだが、アスファルトに照り返す日差しの強さにみんな参ってしまっていた。

一人の例外もなく、「あつい」「あつい」の連続で、気温はおそらく35度以上であったのではないかと思われた。

いよいよパレードの本番。
日野新選組が紹介されて歩き出すと、面白いもので、それまで暑さでぐったりしていた連中が、突然真顔に変身した。
沿道は、ぎっしり、人でうずまっていて、新選組に対して掛け声がかかる。
僕はこれまで、何回もこうしたパレードに参加してきたが、幸せなことに、贔屓目でもなく、新選組には特別声援が多いのである。
だから、出演者には特別なアドレナリンが出てしまうものなのだ。

今回は、地元から横須賀甲冑隊、そして川越、会津、函館などからも参加があったのだが、格別日野新選組に対する声援が多かったと思われる。
この現象は、会津でのパレードでも、京都でも、浅草でも何処でも同じだ。

日本人は共通して、新選組のあの羽織姿に格好良さを感じる何かがあるのかもしれない。
私たちが街中を歩いていたとき、ある工事現場の脇を通った。そこに働いていた工事人夫の人たちから、
「よお、新選組」と好意的に声がかかる。
4つ、5つの子供が、「あれ、着たい」と、親にせがむ光景もあった。
若い女性も、あのコスプレしたがる。
だから、歩いている我々も悪い気分はしない。
自然、『気』が入ってくる。
初めて参加した日野市役所の職員たちも、その意味合いが理解できたのではないか。
『新選組人気』とは、不思議である。昨年、NHK大河ドラマは終わってしまっているのだが、新たに獲得したファンがいまだに引きずっているらしい。
だから、来年、お正月に再び『続編』ということになった。
8日に、僕は当市の市長と一緒にNHKにいくことになっている。
頼みごとがあるのだ。
スポンサーサイト
コメント
見応えありました!!
村瀬さん、こんにちは、牛額草に続き、よこすか開国祭お疲れさまでした。日野市役所選抜隊、しっかり拝見しました。アーケードがダンダラ様式で日野でも採用して欲しいものです。「ペリリン」「オグリン」新キャラも光っていました。
日野ではPMの「鐵之助」「サイゾー」と話題の「亀太郎」が一押しです。サイゾーは総司のペット小豚です。

本日、日野市某所で宇都宮、会津の話を聴く機会がありました。続編も初めてで驚きましたがW大河もありかも。メイン会場もまだ健在です。日野には多摩川・浅川の二つの大河が幕末以降136年途切れる事なく流れ続けています。

「新選組!」海外放映某国営放送にお願いして下さい。仏語を話す歳三が楽しみです。
2005/08/08(月) 02:32 | URL | 副長助犬兼監察 MUNN #HVDXY222[ コメントの編集]
ままこっちさん、それは、ヒ・ミ・ツです
ここのところ、毎週のイベントで、疲れ気味ではあります。でも、結構気が入っているせいか、そんなに苦にならないんですよ。

続編ですが、このブログやコメントで3日間はやって欲しいなどと書いてきました。
『2時間×3日』ですね。
明日は、その話は出るかどうかわかりません。
まったく違うお願い事なのです。
それに、恐らく、もう間に合わないでしょう。
三谷さんは、とっくに脚本書き上げているでしょうから(いくら、あの人が遅いといっても)。

会津や宮古のシーン、どのくらい描かれているんでしょうね。
また、松前や江差なども。

それと、山本耕史さんの軍服姿も楽しみです。
2005/08/07(日) 22:31 | URL | 村瀬彰吾 #VvKxtd/k[ コメントの編集]
村瀬さん、毎週のイベント大変お疲れ様です。横須賀も盛り上がっていたようですね!
NHKに要望とは。。まさか「続編が90分では短いので、もうちょっとお願いします」ではないでしょうか!?今週の新選組(&歳三)ファンは90分ってどうなの、の話で持ちきりだったので。
2005/08/07(日) 21:42 | URL | ままこっち #-[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

長く熱い一日

いやぁ~今日も絶好調にええ天気でしたなぁ。街中トロけてましたわ~ ども、監察方・山崎です 横須賀開国祭りでの殺陣、無事終了しました。 関係者数名は前日金曜夜から横須賀入り。夕餉の後、会場を偵察がてら散歩してホテルに戻って軽く宴会(?)。 局長がええ感じに酔っ

■よこすか開国祭その1

8月6日(土)初めて、2005よこすか開国祭パレードを見学してきました。横須賀中央大通りを歴史行列、マーチングバンド、第7艦隊音楽隊など幕末開国をテーマ―に華々しく開催されました。煉瓦を運ぶ大八車レースなどユニークなイベントもあって7日の花火大会まで...
村瀬執筆 時代小説
プロフィール

村瀬彰吾

  • Author:村瀬彰吾
  • 2004年大河ドラマ「新選組!」の決定以来、新選組特命主幹、日野市立新選組のふるさと歴史館館長を経て芸術文化担当として歴史に触れる毎日の生活を送っている村瀬彰吾のブログへようこそ!
    日野市在住。2006年に小説「人間 土方歳三」を出版しました。小説の詳しい情報や通販はH Pに。
    サイトに関してのお問い合わせ(動作不具合など)は管理人までお願いします。
    村瀬へのメールはこちら






リンク
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリー
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新の記事
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード