村瀬彰吾がつづる新選組話題を含む日記&エッセイ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その時歴史が動いた(おりょう)

2月7日

 坂本竜馬の妻、おりょうをNHKの『その時歴史ーーー』で放映していたが……

この間の水曜日、NHKの「その時歴史が動いた」で『おりょうさん』をやっていた。あの番組は好きな方なんだが、なんとなく不満が残った。おりょうが主役なのだから、もっと輪郭をはっきり彼女に当てて欲しかった。どちらかというと、龍馬に寄っていたような気がする。
これまでにも散々放送されてきている龍馬の一部始終を、再び繰り返えしていた。(ペリーがやってきたときの、あの黒船、ひょっとして、『新選組』で使ったフィルムじゃないの、って言ったのは、一緒に見ていた私の娘です)
その分、おりょうに割く時間が無く、中途半端だったような気がする。もっと、おりょうの幼い頃からの波乱の人生、その人となりを描いて欲しかったのに、付け足しみたいだった。
『おりょう』の研究といえば、京都国立博物館の宮川禎二さんを思い出す。あと、高知県立坂本龍馬記念館館長の小椋氏だが、偶然、このお二人とも仲良くさせていただいている。
また、解説の女流作家(名前は忘れた)も、よくなかった。松平アナの質問もよくない。あんな質問されたって、誰だって答えに窮する。それだけ、あの題材に気合が入っていなかったのかもしれない。例えばこんな風だ、
松平「日本で初めての新婚旅行、どうでしょうか」
女流作家「ええ、ううん、○△×▼#★♀」
松平「さて、いよいよ、今日のその時、慶応3年11月15日ですが、どうでしょう」
女流作家「ううん、○×△▼%#★♀」

質問の内容を、もっと具体的にしてあげればいいのに。
あの番組、打ち合わせってものしてないのかなあ、なんて思ったりもして。
「おりょう」の研究といえば、宮川さんなのだから、彼を出せばよかったのに。それに、『その時歴史はーーー』は関西のNHKで収録している筈だから、と余計なことまで思いをめぐらせた。
この不満は、昨今の海老沢会長辞任やプロデューサーの『自民党大物政治家実名入り』内部告発騒ぎとは関係ありません。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
村瀬執筆 時代小説
プロフィール

村瀬彰吾

  • Author:村瀬彰吾
  • 2004年大河ドラマ「新選組!」の決定以来、新選組特命主幹、日野市立新選組のふるさと歴史館館長を経て芸術文化担当として歴史に触れる毎日の生活を送っている村瀬彰吾のブログへようこそ!
    日野市在住。2006年に小説「人間 土方歳三」を出版しました。小説の詳しい情報や通販はH Pに。
    サイトに関してのお問い合わせ(動作不具合など)は管理人までお願いします。
    村瀬へのメールはこちら






リンク
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリー
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新の記事
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。