村瀬彰吾がつづる新選組話題を含む日記&エッセイ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大河ドラマ新選組の中で、印象に残った小道具類はなんだろう

ツアーで出るかにづくしにアレルギーのある人は、今なら間に合うので、僕にメールして欲しい。

前回書いたブログで、京都新徳寺住職山田一道さまからいただいただるまさんの絵と書のことを書いた。
これをやっぱり、皆様にご覧になっていただこうと思い、ここに載せることにした。
達磨

(画像クリックで元サイズの写真が開きます)

この方のだるまさんには、なんとなく眼力というか白目に迫力を感じる。
早速表装して、僕の家宝にしよう。

もう一つ、これはこのコーナーをご覧の方々にお願いなのだが、昨年の大河ドラマをご覧になった人で、印象に残った小道具類、様々な装飾品などで、「あれをぜひ、生で見てみたい」というものがあったら、僕にメールで教えて欲しいということだ。
それらが実現できるように、何とか努力したいからだ。
正月に放送される続編の中で使用されたものでもいいのだが、これはまだ放送されていないので、無理に決まっている。
でも、この間のスタジオパークでは、続編のPR版を一部放送したらしい。
その中で、印象に残ったものでもいい。

また、僕のツアーに参加される方々に、前回のこのお知らせで、初日の食事の場所が変わるお知らせをした。
かにづくしのお店に行くことにしたのだが、危惧していることが起こってしまった。
そう、かにの駄目な人がいたのだった。
早速連絡を取って、牛肉のメニューに変えてもらったのだが、その本人も自分ひとりじゃ気きが引けるかもしれないのである。
だから、このブログを読んだ人の中に、このツアー参加者がいれば、そしてかに以外のものがいいとの希望があれば、今のうちに言ってきて欲しい。


京都ツアー、後1名空きがあります。
今週木曜(20日)まで受け付けますので、思案中の方、お申し込みください。
スポンサーサイト
コメント
小道具リクエスト
ボロボロになった隊旗!と、
土方歳三のカツラ!
多摩時代・京都時代・洋装時代の
3種類が揃えば最高!
…小道具とは、ちと違いますが。
2005/10/21(金) 22:33 | URL | あ~る #lf7yvxRA[ コメントの編集]
ゆうちゃん、頑張ります
ゆうちゃんには、いつも、はっぱ掛けられているようで、緊張します。

鉄扇は、交渉します。
他の方からのリクエストにも、あの鉄扇は多いし。

松原の話し、あまりに出来すぎているので、僕は信じたくなかったのだけど、本当らしい。
そういいながら、自分でもちゃっかり物語の中に入れているのだから、僕も始末悪い。
だって、魅力的な話だから。
もっと、真偽のほど探ってきます。

それと、不動堂の場所、確かに説が別れていますね。
小学校のところとか、ホテルのところとか。
これも、これから京都へ行くたびに探ってみたいと思います。
新選組は、謎が多いけど、その分面白い。

また、みんなとお話しするのも、楽しいですね。
2005/10/20(木) 23:42 | URL | 村瀬彰吾 #VvKxtd/k[ コメントの編集]
キエさま、函館もいいね
今、NHKスタジオパークのビデオを見ました。
土方歳三が函館まで行くんだけど、番組の中で、耕史君が「誰もいなくなってしまって、寂しい」と漏らしていましたね。
本物の土方歳三もきっと同じ気持ちだったに違いないと。

そうだよね。
僕も、昨年、あの本を書いていたときのことを思い出してしまったのだけど、
書きながら、すっごく、寂しい気持ちになっていたのを思い出します。

日野から浪士組に参加した近藤、井上、沖田。
自分以外、その全員が死んでしまった。
そして、函館まで来てしまった。
歳三の寂しい気持ちを、僕はどう表現したか。
函館湾で釣りをしていたのだが、中断して小船の中に独り寝転がった。
空に浮かんでいた三つの雲が、その3人の顔に見えた。

「ソウジ、待っていてくれな。俺も今すぐ行くよ」てな、気持ちを書いた記憶がある。

その函館に行くんですね。
僕らは、来月早々、京都時代の土方歳三に接してきますね。
いづれ、一緒にお話しましょう。
2005/10/20(木) 23:32 | URL | 村瀬彰吾 #VvKxtd/k[ コメントの編集]
リクエスト
 私の小道具リクエストといえば、「新選組誕生!」で使われた芹沢鴨の鉄扇です。
 玉造には別バージョンはあるのですが、そのバージョンはなぜかありませんでした。
 この扇で剣を受け止める芹沢に、凄みを感じました。
 どうかよろしくお願いいたします。
 それと、京都頑張ってくださいね。松原の埋葬場所は現在線路の下という噂がありますね。確かに明治期の公図を見ると、見事に線路上に墓所がありますね。
 また、不動堂屯所の碑が別々の場所に3箇所あるそうです。現地に行ってないのでわかりませんが、村瀬説を期待しております。
2005/10/20(木) 17:42 | URL | ゆぅちゃん #fZQeSxjk[ コメントの編集]
Aki_1031 さま、そうでしょう
僕のほかに、あのだるまの絵を評価してくれる人がいて、安心しました。

すごく迫力があって、ソレでいて結構現代的な感触も感じられるだるまさんのように思えます。
この絵を描いてくださった山田一道住職は、当日、うまくおられるといいのですが、何せ、本山の貫主も兼ねていらっしゃるとのことで、忙しいご身分なのです。

松原の話し、困ったなあ。
あれ、僕もよくわからないので、先人のお話を踏襲したところがあります。
でも、ほんとに、あの墓の下に二人分の棺桶が入っているのかなあ。
じっくりみてきましょう。
2005/10/19(水) 19:25 | URL | 村瀬彰吾 #VvKxtd/k[ コメントの編集]
だるまさんの絵
こんにちは!
先日の新徳寺住職さんの達磨絵のお話を読んで、ああ見てみたいな~と思った矢先の記事UP。
楽しく拝見させて頂きました!
本当にすごく眼力がありますね~。
そして凛々しくてカッコいいっ!!
素敵な家宝(笑)で羨ましいです。
松原忠司の詳細のお話も楽しみに待ってますね♪
2005/10/19(水) 12:04 | URL | Aki_1031 #vqkEHkME[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
村瀬執筆 時代小説
プロフィール

村瀬彰吾

  • Author:村瀬彰吾
  • 2004年大河ドラマ「新選組!」の決定以来、新選組特命主幹、日野市立新選組のふるさと歴史館館長を経て芸術文化担当として歴史に触れる毎日の生活を送っている村瀬彰吾のブログへようこそ!
    日野市在住。2006年に小説「人間 土方歳三」を出版しました。小説の詳しい情報や通販はH Pに。
    サイトに関してのお問い合わせ(動作不具合など)は管理人までお願いします。
    村瀬へのメールはこちら






リンク
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリー
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新の記事
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。