村瀬彰吾がつづる新選組話題を含む日記&エッセイ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

芸術は間である。そういえば、栗塚旭の土方も、静寂と間の演技だったように思えるが

今日、「エル・プロダクツ」の代表の桑野さんがいらした。
最近よくいらっしゃる。
僕の大好きな女性のみの劇団のグループだ。
僕のいる歴史館の前には実践女子短大があり、道をちょっと行くと4大もある。
彼女たちの多くが実践の卒業生で、縁が深い。
出し物は新選組ものが多く、ツイこの間も恵比寿で公演があって、見させてもらった。
いつみても、この劇団はテンポがいい。
『水鏡』というタイトルで、お芝居をしていたが、この題名は土方歳三の俳句集豊玉発句集から取ったものだろう。
確認はしていないが。

この人たちは全員が女性の集団で、近藤さんが桑野さんで、以下、土方歳三から沖田、井上、永倉、原田などすべて配役が決まっている。
特に、土方歳三の雰囲気がいい。
胸前で腕を組んで、気難しそうに演技するあの姿が、僕は好きなのだ。
また、兎に角テンポがいい。
テンポがいいということは、間がいいのである。
芸術は、すべて間である、と言い切りたい。
僕はjazzを若い頃から演奏してきた。
自分の演奏は上手ではないが、大事なのは間であることはわかっている。
でも、うまくいかない。
とかくアマチュアは、不安だから空間を音で埋めたがる。
音が多いのは、うるさいだけである。
マイルス・デビスは、間の天才であった。
特に覚えているのは、「オール・オブ・ユー」だ。
皆さんに聞いて欲しいな。
オスカー・ピーターソンのピアノは、実に音が多い。
それでいて、すごいスウィングだ。
でも、飽きる。
対照的なのがカウント・ベイシーで、4小節で音がちょこんと4つぐらいしかないこともある。
ソレが、粋なのだ。
だから、ベースとドラムスのコンビネーションが浮き上がって、それにフレディー・グリーンのギターがかぶさる。
こうやって書いているだけで、その情景が浮かんできて、たまらないスウィング感が伝わってくるのだ。
僕は、ベイシーが日本にやってくると必ず見に行った。
あの爺さん。
ニコニコ笑って、ピアノに手を下ろしているが、顔は会場のファンの方を向いている。
実に楽しい。
日本古来の芸能、能や狂言も間が大切らしい。
歌舞伎もそうだと聞いたことがある。

さっきも、桑野さんとのお話しで出てきたのだが、あの演出はすべて彼女が行なっている。そして、随分と、その間について、気を使って稽古をするらしい。
『水鏡』は確か、3時間もやっている芝居だったが、普通なら飽きが来るのに、ちっともそんなことがなく、あっという間にフィナーレになってしまう。

その桑野さんが、僕の本を読了してくれた。
熱く感想を語ってくれたのが、今、一番嬉しいのだ。
近藤と土方の別れるところ、つまり、流山と綾瀬川のシーン、そして、山南の最後の場面を沖田と一緒に迎えた、あの、嵐山が特に気に入ってくれたらしい。
雪の嵐山が、湯豆腐の白さがシンクロしていいのだそうだ。
そうか、そういえば、渡月橋に花嫁が通る。
勿論、白無垢である。
僕は、その辺りは無意識で書いていた。
彼女からの指摘で、本日、初めて『白づくめ』を認識させられた。
そして、間を意識して、書いていたのを思い出す。
結果として、すごくよかった。
桑野さんも褒めてくれた。
だから、彼女にお願いした。
「おたくの劇団で、近藤と土方の別れの場面をやってもらえないか」と。

桑野さんがおっしゃるには、あのシーンはアップで見るべきところが多く、映像向きなんだそうだ。
芝居では、雰囲気が出せないと。
残念。

僕のいる歴史館は何度もお知らせしてきているように、この12月10日にオープンすることになっている。
大河に関する展示は勿論、大げさに、例のあの旗をはじめとして陳列するつもりだが、セレモニーのあと、午前と午後2回にわたってエル・プロの新選組芝居を見せていただけることになった。
今日、そのシナリオをいただいたのだが、またまた、面白いコメディーである。
吉本なんぞと違った面白みがあるので、皆さんお誘い合わせの上、いらしてくださいな。
きっと、満足行く内容になりますよ。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
村瀬執筆 時代小説
プロフィール

村瀬彰吾

  • Author:村瀬彰吾
  • 2004年大河ドラマ「新選組!」の決定以来、新選組特命主幹、日野市立新選組のふるさと歴史館館長を経て芸術文化担当として歴史に触れる毎日の生活を送っている村瀬彰吾のブログへようこそ!
    日野市在住。2006年に小説「人間 土方歳三」を出版しました。小説の詳しい情報や通販はH Pに。
    サイトに関してのお問い合わせ(動作不具合など)は管理人までお願いします。
    村瀬へのメールはこちら






リンク
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリー
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新の記事
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。