村瀬彰吾がつづる新選組話題を含む日記&エッセイ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日でひと段落、あとは、『新選組誕生』だ

僕のブログのほかに、BBS(掲示板)というコーナーを作った。
皆さん、たくさんお便りを寄せてくれるので、とっても嬉しいのですが、僕ばかりでなく、お友達どおしでお話したい雰囲気も伝わってきますので、その方たちのために、直接話していただける掲示板を作ったのです。
今後は、そちらを大いにご活用ください。

ところで、もう昨日になるのか、9月23日から行なっていた『巽聖歌』展が、終了した。
子孫の方々と一緒に、5時過ぎから打ち上げを行なったのだが、アルコールは一切なしで、ケーキと白菜の漬物、お稲荷さんだった。
特にお稲荷さんは巽家に伝わる伝統のものだそうで、細長いもので、まるでサツマイモのような形であった。
たきびの作詞者だからって訳でもないのだろうが、なぜか、形が焼きいも風なのである。

これでひと段落ついた。
これからは、来月10日に迫ってきた開館特別展示『新選組誕生』に向けて、全精力を注がなければならない。
展示物も、大体めどがついてきて、後は展示するばかりになってきているのだが、僕の担当している『大河ドラマコーナー』も結構なものがそろいそうで、6ヶ月間、十分に楽しめる内容の展示が出来そうである。
ただ、大河ドラマに疎い僕には、展示物のコメントにいまひとつ自信がなく、全国でこのコーナーをご覧の方々にご協力をいただいて、進めることになるのかもしれない。
その節には、お詳しい方、『アレは、第何話のO〇シーンだよ』と教えて欲しいのだ。
乞う、ご期待。
スポンサーサイト
コメント
もうすぐですね
こんばんわ、耳緒と申します。
記念館のことは以前からこちらで伺っておりましたが、本当にもうすぐなのですね。年末に記念館を訪れるつもりでいます。
歳三さんの「ズーッと」は口癖として書かれていたのですね。試衛館の仲間、と言うか近藤さんと源さんと沖田さんと彼は日野から「ズーッと」一緒に走ってたんですよね。一番は近藤さんと。最後は一人でみんなの思いを背中に箱館まで、彼の中での時間は、京都からは濃密ながらあっと言う間だったでしょうけど。
私は御著作の中での、歳三さんと近藤さんが浅川で釣りの場面がやたらと脳裏に焼き付いてます。五月に浅川を案内していただいた時も、歳三さんもここを歩いてたんだと思うとすごく嬉しかったです。
2005/11/18(金) 00:18 | URL | 耳緒 #-[ コメントの編集]
キエさま、立待岬。ロマンチック。
立待岬というと、森昌子の歌、思い出す人が多いかもしれません。

あそこの岬、なんとなく寂しい。
僕にはそんな印象があります。
訪れたときが夕方で人も誰もいなかったし、丁度曇っていたときで、海もどんより鉛色でした。
あの時はおまけに、啄木の銅像を見たあとで、海岸沿いの墓を横切って歩いていき、なんとも悲しい岬だった記憶があって、僕の本では、あのような結末にーーー。

でも、あの最後は随分と考えました。
前半で、河合キ三郎の女を登場させて、伏線を張っておいて、最後に土方歳三のピストルでーーー、と考えるまで相当な時間を費やしました。

こういうと夢が亡くなる人もいるんです。だって、あの最期が、事実だと思い込んでいらっしゃる方もいて、僕は何と罪深い。
完全に創作なのですが。

でも、歳三が函館湾で、独り小船に寝転がるシーン、あそこは僕は大好きな場面で、自分で書いていても、そのときの情景がはっきり見えてきていたような気分でした。

自分でも、観光遊覧船に乗ってじっくり函館湾を満喫してきましたから、その上で、あの半島の坂道を確認したのです。
再びお読みになるときは、改めてご確認ください。

江差までいらしたのですね。
お疲れ様です。
僕も今年行きましたが、列車の本数が少なくて、帰りなぞ難儀しました。
松前には、列車が行かないし。

来年、函館のツアーを企画しようと思っています。
乞うご期待。
2005/11/17(木) 00:07 | URL | 村瀬彰吾 #VvKxtd/k[ コメントの編集]
松原君へ
まっちゃん、19日は6人ですか。
いいですよ。
うちの事務所の中が、大分賑やかになりそうですね。
大いに結構。
丁度昼飯のあとで、眠気が襲ってくる時間なので、まっちゃんの嵐をお待ちしています。

でも、昼なので、アルコールははいっていないか。
あなたの持ち味は、酒が入ってこそ輝きを増すような印象を持っています。
まずい印象かなあ。

ああ、昼飯ですが、この間julesさんたちと一緒に食べたイタリーのレストランが近くにあって、そこは昼のコースが丁度1000円なのだけど、うまいし量的にも満足できるですよ。
店の名は、『ラ・パラティーノ』です。
よろしかったら、行ってみたら。
お待ちしてます。
2005/11/16(水) 23:43 | URL | 村瀬彰吾 #VvKxtd/k[ コメントの編集]
美夕さん、泣ける?
あの旗、ゲットしてきますよ、きっと。
お楽しみに。

泣ける?
うん、最近、僕の本を読んで泣けるといってくれる人が多くなってきました。
とても嬉しい。
2005/11/16(水) 23:34 | URL | 村瀬彰吾 #VvKxtd/k[ コメントの編集]
こんにちは☆
函館行ってきました!!
楽しかったです☆

函館に行ってる間は、本当にいろいろな所へ行きました。
五稜郭(3回も行ってしまいました・・。)、土方歳三函館記念館、碧血碑、松前、江差、二股口などなど・・・。遠くの方にも足をのばしました。

「人間 土方歳三」も、もちろん持って行き、函館で全部読み終わりました。
読み終わる前に立待岬にも行っていて、最後の方に出てきたのでびっくりしました。
「人間 土方歳三」の中で函館湾で土方さんが小舟に横になって空を眺めるシーンがありますよね。
函館に行ってる間は、それをよく思い出してました。

土方さんが最期に戦った、函館にいるというのは何かとっても不思議な感じでした。
でも、いろんな事を感じ取れたような気がします。

五稜郭では、五稜郭公園の中に箱館奉行所を再建する計画が進んでいるそうですね。
新タワーも出来るし、また行きたいなぁと思ってます。

でも、京都も行きたかったです♪♪
今度は、是非ツアーに参加したいです!!

まだ、いろいろと忙しくて「人間 土方歳三」の感想を送るのが遅れそうです。ごめんなさい。
出来るだけ早く、お送りします。
2回目も読み始めたいとおもっています☆
2005/11/16(水) 22:41 | URL | キエ #-[ コメントの編集]
19日のことです
村瀬さん、こんばんは。
PCが一昨日からネット接続できなくなってしまい、ほぼ私物と化している会社のパソコンから書き込んでます。新選組関係の用事を入れると、その週必ず何かを壊すか失くすかするんですよね…。誰かの呪いか?!

19日ですが、総勢6人になりました。12時に日野駅で集まって、軽くお昼を食べてから伺うので13時くらいになるかと思われますが、よろしいでしょうか?

土方さんの軍服、自分には100%似合わないとわかっているので、似合いそうな友人を誘いました!皆とっても楽しみにしているので、よろしくお願いします。


2005/11/16(水) 21:40 | URL | まっちゃん #-[ コメントの編集]
村瀬さんo(^-^)oレスありがとうございます。
歴史館~歳三忌まで待ちきれそうもありません(>_<)誠の旗!絶対にgetしてください(^_^)v目の当たりにしたら、きっと泣いてしまいそう(;_;)
2005/11/16(水) 07:58 | URL | 美夕 #VwhHdBBk[ コメントの編集]
とこめぐさん、おかえり。
会津へ行っていたんですか。
ところで、このブログ、皆様が自由にコミニュケーションが取れるように、BBSという掲示板を作りました。
すでに、もう何人かそちらでコメントしていますよ。
この次からは、そちらもご利用ください。

江戸ツアー、文京区と台東区、どちらも魅力的な土地なので、僕は楽しみにしています。
もまさんと協力してよい企画にしてください。
期待しています。
2005/11/15(火) 23:26 | URL | 村瀬彰吾 #VvKxtd/k[ コメントの編集]
美夕さん、はじめまして
そう、来月の10日からうちの歴史館が、改めてスタートいたします。
僕も、この仕事についてはじめての展示会なので、かなり緊張していますし、準備に抜かりがないか今、毎日が大変なのです。

昨年の大河で使った小道具類で、NHKにあったものは、大方、僕が貰ってきましたのでご覧いただけるものと思います。
ただ、NHKにないものは関連会社を探し回ってこなければなりません。明日、そのうちの一つに行ってきます。
あの、シルクの誠の旗は絶対に手に入れますので、期待してお待ちください。

ただ、展示する点数が多くて、いっぺんには到底飾れそうもありませんので、半年を3回に分けて展示替えをする予定です。
全部見たい人は、旅費が大変ですね。
頑張ってください。

歳三忌まで、待てるかな。
2005/11/15(火) 23:21 | URL | 村瀬彰吾 #VvKxtd/k[ コメントの編集]
初めまして
村瀬さん、初めましてo(^-^)o新選組関連のホムペで知り合った方から、村瀬さんの事をお伺いして、こちらにお邪魔させて頂きました。来月の新選組歴史館の開館、とても楽しみです。来年の歳三忌の時に絶対に行きます(*^_^*)
大阪からはなかなか行く事が出来ないので、楽しみです。
2005/11/15(火) 22:21 | URL | 美夕 #VwhHdBBk[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
村瀬執筆 時代小説
プロフィール

村瀬彰吾

  • Author:村瀬彰吾
  • 2004年大河ドラマ「新選組!」の決定以来、新選組特命主幹、日野市立新選組のふるさと歴史館館長を経て芸術文化担当として歴史に触れる毎日の生活を送っている村瀬彰吾のブログへようこそ!
    日野市在住。2006年に小説「人間 土方歳三」を出版しました。小説の詳しい情報や通販はH Pに。
    サイトに関してのお問い合わせ(動作不具合など)は管理人までお願いします。
    村瀬へのメールはこちら






リンク
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリー
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新の記事
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。