村瀬彰吾がつづる新選組話題を含む日記&エッセイ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12月10日、新選組のふるさと歴史館がオープンした

あの手拭欲しさに、暗いうちからファンが並んでくれていた。


昨日(10日)、オープンだった。
9時30分からセレモニーがあって、10時にテープカットして入場したのだが、今の時期にしては、お天気にも気温にも恵まれて、幸せな開館だった。

ただ、ああゆうのは、あまり経験したくないものである。
当市は今、関係する衆議院議員が3名もいて都議会議員が2名いるから、それだけで5人である。
この人たちの席順から、挨拶順、テープカットの並び、他の重鎮との発言や並び順の順序など、神経が疲れきってしまう。
また、招待状の出し忘れなどだ。
「やっべえー」などと、頭抱える。

11時と14時の2回、例のエル・プロの人たちによる芝居があった。
この間、このブログでも紹介したが、彼女たちの芝居はとても面白ろかった。
僕が、押し付けがましく、ここで言うのも変なのだが、でも、ご覧になった多くの方々が、「とてもよかった」「すごい」といってくれた。
どこかで、公演がないのか、見に行きたいという声が多かった。
プロだと思っている人たちもいた。
そのくらい、優れている。

ところで、展示内容だが、大河の展示については、このコーナーをご覧の方々はもう既にご存知の方が多いので、コメントはしないようにしたい。
でも、ちょっとだけ。
あの隊旗。
金色の刺繍してある高価なものだが、ボロボロに燃えてしまっている。
だが、神楽教授のコメントにもあったように、相当なインパクトがあると思う。
僕は、あの焼け具合を見たとき、京都での新選組の華やかさがもともとの旗の色だとすると、今の無残な姿は、土方歳三を象徴しているように思えて、どうしても、あの場所に飾りたかった。
大げさに言わせて貰うと、
日野の、うちの歴史館に、飾る資格があるような気がして、―――。
土方歳三のふるさとに、戻してやりたいのである。
最も似合うのである。
と、勝手に僕は思っていたから、ほかの事はともかく、あの旗だけにこだわって、NHKに交渉してきた。
その熱意が通じたのか、持ち主のT装飾が優先的に、半年間貸してくれることになった。
残念ながら、手に入れる(買う)ことは出来なかった。
今、T装飾の関係者が言っていたが、函館から「貸してくれ」との依頼が来ているとのコト。
先でよかった。

その旗の前に、今度のドラマ「最期の一日」で放映されるジオラマが置いてあるのだが、その意味がわからない人が多い。
まだ、テレビで映していないのだから仕様がないのであるが、五稜郭で、函館政府の幹部連中があの周りで軍議をし、結果、大鳥圭介がぶっ壊すらしい(と、僕は、関係者から聞いた)。
だから、今うちにあるものはかなり壊れている。
「なんだ、これ」
なのである。
早く、1月3日になってほしい。
そこから改めて、あのジオラマの価値がわかるのかもしれない。
《歴史街道》という月刊誌に、特集記事が載っていて、あのジオラマを囲んでいるシーンが載っていました。
立ち読みを。

大河の展示コーナーは、おまさちゃんの暖簾をググって、そこには竹箒が逆さに立ててあってなどと、完全にお遊びのつもりのスペースなのだが、それでも、歴史を好きな人たちでも楽しめると思う。
壁には、伝通院に張り出してあった幕府募集の浪士組の編成表、あのでかいのを飾ってある。
単に、ドラマだけにしないで、改めて、浪士組上洛の意味、意図を考え直して欲しい。
平日に、皆さん来ることをお勧めしたい。
とても静かで、ゆっくり座って物思いにふけって欲しい。
僕は、自分で作った閉鎖空間なのだが、今日もそこで、独りで、ものを考えていた。
とても、気が休まるのです。
目の前に、コルクが置いてあって、山南さんの位牌、野菊、両刀、土方歳三のあの小紋の刀、沖田が使っていた白鞘の刀もすぐそこですよ。
これだけそろっているんですから、来ていない人は、すぐ来なきゃね。
斎藤一が彫っていた、あの彫刻。
四つあるんですが、アレは、2月以降に飾ります。
そう、いっぺんじゃ、げっぷが出ちゃう。
小出しにさせてください。
そして、何回も日野に足を運んでください。

大河以外の展示物のことについては、長くなるから、次回にします。
スポンサーサイト
コメント
本、持って行きますよ☆
私の両親が旅行好きなので、だいたい毎年海外に行くんです。
でも、今年に限って、日数が多くて・・。旅行も好きなので、楽しみなのですが、やっぱり1月3日が気になって・・・。
「新選組!」が始まる前の年の年末も海外に行っていて、録画し忘れた「新選組!」の番宣を国際電話で「録画しておいて!!」と頼んだのを覚えてます。

「人間 土方歳三」は、絶対に持っていこうと思ってます♪
今、旅行の持ち物リストを作っていて、1番最初に書きだしました。
一緒に行った気になっていただけるなんて嬉しいです。
文才がないので、ひっちゃかめっちゃかかもしれませんが、感想文も頑張ってまとめます!
旅行、楽しんできます☆

私、好きなことになるとすぐに熱くなっちゃうみたいで。
学校では、あまりそんなことないんですけど・・。
学校で喋れない分、他で喋りまくって、熱くなってしまうみたいです(汗)
好きなものにはとことんはまってしまうんです。
特に新選組は今までの私の好きなものの中でも5本の指に入るくらいです。

歴史館、また必ず行きますね!!
行けるのを楽しみにしています♪

2005/12/13(火) 23:16 | URL | キエ #-[ コメントの編集]
OPENお疲れ様です!
村瀬さんいつもお世話になっています。
土曜日のOPENおめでとうございます、そしてお疲れ様です!
1日セレモニーや取材で大変でしたね。
我が家も2回お邪魔して、チビッコはまっちゃんの居合刀を借りて記念撮影。私も念願の?洋装を着させていただきました!
当日は人も多かったので、また平日にでもお邪魔して展示物をゆっくり見たいと思います!
2005/12/13(火) 00:59 | URL | ままこっち #-[ コメントの編集]
絵の具さま、ありがとう。
うん。あの、セレモニーは大変だった。
ああゆうことやると、大概、船頭が多くて、こうしろああしろと口出ししてくる輩がいるんですよね。
ソレも、当日、その場になって、突然変更しろなんて。

ソウナンデスネ。避けて通れない。
これからは、静かな毎日が続くと思います。

平日は良いですよ。
静寂な中に、大河の音楽が流れていますよ。
皆さん、あまり記憶にない曲もあって、新鮮です。
とても美しいクラシックな曲もあって、僕は好きです。

ゆっくり、来てください。
2005/12/12(月) 23:11 | URL | 村瀬彰吾 #VvKxtd/k[ コメントの編集]
キエさま、外国。
いいなあ。
僕も行きたい。
実は、僕はゴルフが好きで、下手なんだけど、ハワイでやったのがとても気持ちよくて、また行きたいのです。

でも、僕の本を、あんな重いものを持って行ってくれるんですか。
それで、僕も行った気に慣れますね。
そういうことなら、許します。
存分に楽しんできてください。

それにしても、キエさんは、熱いですね。
行間から伝わってきますよ。
また来てくれるのを、楽しみにしています。
2005/12/12(月) 22:57 | URL | 村瀬彰吾 #VvKxtd/k[ コメントの編集]
おめでとうございます&一旦お疲れ様
村瀬様。

まずはオープンおめでとうございます。そして10日は一つの節目ということで、お疲れ様でした。

冒頭にある「おえらいさん」の悩みは大変だったでしょう。避けては通れぬ道とでも申しましょうか。このあとは、5月まで順次展示物が変わるとの事で、まだまだ大変かと思いますが、御身体に気をつけて頑張ってください。では。
2005/12/12(月) 22:52 | URL | 絵の具 #-[ コメントの編集]
☆OPENおめでとうございます!!
OPENおめでとうございます!!
すごく楽しみました!!
今日、やっとテストが終わって、土曜はまだ、試験期間中だったのですが、どうしてもあの手拭が欲しくて、5時に起きて日野へ向いました。
家族は完全呆れてました・・。でも、その甲斐あって、見事にゲットしました♪♪

図々しく9時30分からのセレモニーにも参加させていただきました。
大河ドラマの音楽がかかりながらのテープカットを見ていた時は、本当にこの記念すべき瞬間に居合わせられて幸せだなぁと思いました。

やっぱり、「誠」の旗は良いですね。
新選組そのものを物語ってる感じがします。
土曜スタジオパーク(耕史くんが出た回)を見に行った時にわりと近くで見たのですが、更に間近で見ると鳥肌ものでした。私もこの旗を置くのはここがぴったりだと思います。あの旗は最期まで土方さんの所にあったのですから、日野が1番似合う気がします。

ジオラマも、スタジオパークで続編の撮影を見た時に、登場していたものなので、どのシーンで使われていたのかが良くわかり、私的には「これが!!あの時使っていた・・!」と、かなり感動しました。
その他も、コルク(特別にケースから出ていて感動でした!!)、刀(刀は何かいろいろなものを感じます・・。)、暖簾(普通にかけてあったことにかなり驚き!!&感動!!)・・・本当に近くで見れて嬉しかったです。
説明書きに、自分が「教えて下さいブログ」に書き込んだことが書いてあって、ものすごく嬉しかったです。大好きな新選組、しかも大河ドラマの小道具!!少しでも、関われて幸せです。

時間が許せば、何時間でも居たかったくらいです。

あと、大河以外では「土方さんの写真」に感動しました!!実物が見れるなんて!!それと、最近、天然理心流を習い始めたので、木刀にも興味をそそられました。一角に、天然理心流コーナーがあったのも、何か親近感がわきました。

本当に本当に楽しかったです。
私も、また行きたいし、行きたいと行っている友達がいるので一緒に行こうと思ってます。その友達は中学の同級生なのですが、よく、大河のシーンを真似して、私を笑わせていました。)

私は、来週の木曜からロサンゼルス、メキシコへ旅行に行ってしまいなんと帰ってくるのは、1月7日!!
リアルタイムで続編を見る事が出来なくてとても辛いです。
最初は本気で日本に残ろうかと考えました。
でも、続編を見る前に撮影で使われた小道具などを肌で感じられて、良かったです。

今年は、5月のひの新選組祭りから始まり、夏休みの石田散薬作り、会津、板橋、新宿、函館、・・・そして一昨日のふるさと歴史館で今年最後の新選組巡りの締めくくりができました。
気付けば、今年は日野に5回も足を運んでいました。

続編を前にこんなにたくさん新選組に関われて、今年1年間充実してたなぁと改めて感じます。

村瀬さんとも少しでもお話しできて良かったです。初日は、かなり大変だったと思います。お疲れ様でした。
また、今度ゆっくりお話させてください。
ふるさと歴史館で石田散薬ツアーをご一緒させていただいた方々とまた、お逢いできたのも嬉しかったです。
新選組の繋がりって素晴らしいと実感しました!!

函館ツアーも是非、企画してください☆楽しみにしてます♪♪今度は参加できるといいな・・・。

そして、ふるさと歴史館にも何回も行きたいと思ってます!

ずーっと「人間 土方歳三」の感想が送れなくてごめんなさい。今年中はもしかしたら、危ないかもしれません・・・。ここのとこ、本当に慌しくて・・・。
でも、いつかは絶対に送りますので待っててください。お待たせして、すいません・・。

今回の海外旅行にも、この本、持って行くつもりです☆続編が見れない分、少しでも海外でも新選組を感じていたくて・・。やっぱり、どこにいても新選組がないと落ち着かないんです(笑)


2005/12/12(月) 22:24 | URL | キエ #-[ コメントの編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2005/12/12(月) 18:45 | | #[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
村瀬執筆 時代小説
プロフィール

村瀬彰吾

  • Author:村瀬彰吾
  • 2004年大河ドラマ「新選組!」の決定以来、新選組特命主幹、日野市立新選組のふるさと歴史館館長を経て芸術文化担当として歴史に触れる毎日の生活を送っている村瀬彰吾のブログへようこそ!
    日野市在住。2006年に小説「人間 土方歳三」を出版しました。小説の詳しい情報や通販はH Pに。
    サイトに関してのお問い合わせ(動作不具合など)は管理人までお願いします。
    村瀬へのメールはこちら






リンク
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリー
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新の記事
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。